東急 ana カード。 ワタシがANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作らない理由

ANA東急カードの申込みは、どのポイントサイト経由が一番お得か?

東急 ana カード

ANAサイトへ移動します。 TOKYU POINT Webサービス登録の流れ• 上部の「新規登録・ログインはこちら」ボタンをクリックし、東急ベルIDの各種規約に同意していただき、メールアドレスを登録すると仮登録が終了します。 「【東急ベルID】登録受付メール」を受信したら、メールに記載されているURLをクリックし、ID登録情報を入力します。 これで東急ベルID登録が完了です。 つづいて、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの情報を登録します。 これでTOKYU POINT Webサービス登録が完了です。 登録したメールアドレスに「【TOKYU POINT Webサービス】ID登録完了のお知らせ」が届きます。 TOKYU CARD ClubQ JMB• TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO• TOKYU CARD ClubQ JMB コンフォートメンバーズ機能付• TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO コンフォートメンバーズ機能付• JALカード TOKYU POINT ClubQ• JALカード TOKYU POINT ClubQ• スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」• TOKYU POINT CARD• 他のJAL提携カードで貯めたTOKYU POINTを経由してのANAマイルへの交換はできません。 東急百貨店の年間お買上げ額、ベースポイントの移行には手続きが必要となります。 詳しくは、東急百貨店各店のカスタマーセンターまでお問合せください。

次の

ワタシがANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作らない理由

東急 ana カード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを所有していますかね???通称「ANA東急カード」と呼ばれるクレジットカードです。 三井住友カード株式会社が発行する、ANAカードの1枚なのですが、 注目度が急激に上昇しており、ANAマイルを貯める陸マイラーがメインのクレジットカードにしてもいいようなスペックのクレジットカードです。 陸マイラーのポイント最重要マイル交換方法「TOKYUルート」が使える• 年会費が安い• 還元率が高い• 継続ボーナスマイルが毎年もらえる• フライトボーナスマイルがもらえる• TOKYU POINTがかなり貯まる などのメリットがあるので、 所有しておかないと損というか、 所有しておかないとTOKYUルートが使えない、つまり ANAマイルが全然貯まらないというレベルのマジで重要なクレジットカードなんです。 ANAカードの入門編としても、超オススメなので、是非「ANA東急カード」を所有してみませんか?メリット・魅力を総整理したいと思います。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費・還元率等の基本スペック まず、年会費やポイント還元率などの基本事項を一覧表にしておきます。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 国際ブランド Master 発行会社 三井住友カード 年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料) 年会費割引後 751円 マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上のリボ払いの手数料の支払いがある) 家族カード年会費 1,000円 家族カード年会費割引後 475円 ポイント制度 1,000円=1ポイントの ポイント有効期限 2年 ANAマイル移行レート 1ポイント=5 or 10マイル 10マイルコース登録料 6,000円 最大マイル還元率 1. 年会費が1,000円以下• 毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえる• 還元率は最大1. しかも、継続ボーナスマイルももらえないし、フライトボーナスマイルもないんです。 では、年会費や還元率などの詳細の説明です。 特にANAマイルの還元率が、 最大で1. 年会費1,000円以下のカードで、これだけの還元率のカードはないですからね。 ここは最後にじっくり説明します。 まず、ポイント還元率以外のメリットをしっかり説明しておきます。 なかなか魅力あると思いますよ。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは年会費が安い!!! まず、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードですが、三井住友カードの発行するクレジットカードには 年会費の割引というものがあります。 マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上のリボ払いの手数料の支払いがある• カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で年会費割引 という2つの割引があります(公式ページは)。 ただし、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、この2つの割引を重複して受けることができずに、割引の大きい方のみ適用になります。 割引が大きいのは、「 マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上のリボ払いの手数料の支払いがある」の方で、これを適用した後の割引後年会費は、• 年会費は最安値で、なんと 751円+税!!!これは安い。 では、次にこのクレジットカード「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」で貯まる3つのポイント• ANAマイル• ワールドプレゼント• TOKYU POINT についてもう詳しく解説しておきます。 ANAマイル、ワールドプレゼント、TOKYU POINTの3つのポイントが貯まり、すべてANAマイルに交換可能!!! ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、3つのポイントが貯まるのが特徴のクレジットカードで、そのどのポイントもANAマイルに交換し、ポイントをANAマイルに集約することが可能です。 3つのポイントというのが、上記の• ANAマイル• ワールドプレゼント• TOKYU POINT になります。 ANAマイルを貯めるためには、ANAマイレージクラブにアカウントを作成する必要があります。 アカウントは無料で作成することができ、誰でもANAやANAの提携航空会社(スターアライアンス系や、独自提携している航空会社)に搭乗した際には、ANAマイルを貯めることが可能です。 貯めたANAマイルの使い方としては、「特典航空券」に交換するのが圧倒的な人気です。 また、この ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは保有しているだけで毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえます。 そして、「」という制度があり、ANA提携店(ANA、高島屋、ENEOS、セブンイレブンなど)では、 カード利用とは別に100円=1マイル or 200円=1マイルが加算されるというサービスもあります。 10万円分のANA航空券購入なら、カードのショッピングマイルとは別に1,000マイルも加算されることになります。 つまり、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを所有することによるANAマイルの関するメリットは、• 継続ボーナスマイルが毎年1,000マイル• ANA提携店で100円=1マイル or 200円=1マイル加算 という3点になります。 1,000=1ポイント=10ANAマイル獲得できる。 さて、次はクレジットカードを利用してショッピング利用をした場合に貯まるポイントの解説です。 クレジットカードを所有するにあたり、1番気になるのが、このカード利用時のショッピングで貯まるポイント還元率だと思います。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを利用して貯まるポイントは 「ワールドプレゼント」という名称のポイントです。 基本的に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをショッピング利用すると、1,000円=1ポイントのワールドプレゼントが貯まります。 ワールドプレゼントは、1ポイント=10マイル(10マイルコース登録時)でANAマイルに移行することが可能です。 これがANAカードの大きな特徴で、三井住友カードなら、ANAカードでなくても、カード利用でワールドプレゼントが1,000円=1ポイント貯まるのですが、 ANAカード以外のカードだと、ANAマイルに移行する際には1ポイント=3マイルにしかならないんですよ。 ANAカードだから、ANAへのポイント移行が高レートになるという特色があります。 ちなみに、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをうまく活用すると最高還元率は1. 35マイル相当が貯まります。 この話は、非常に重要ですし、還元率を高くする方法を知りたい人も多いと思うので、この記事の後半でじっくり解説します。 TOKYU POINTもANAマイルに移行可能。 実は、このANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、東急系列(東急百貨店など)を利用する人には、更なるボーナスがあります。 カード利用時には、1,000円=1ポイントのワールドプレゼント(=10ANAマイル)のポイントが貯まることを先ほど説明しましたが、実は 東急系列店でカード利用をすると、追加でTOKYU POINTも加算されるんですよね。 東急系列店• 渋谷・本店• 渋谷駅・東横店• 渋谷ヒカリエ ShinQs〈シンクス〉• HINKA RINKA 〈ヒンカリンカ〉 銀座• 吉祥寺店• たまプラーザ店• さっぽろ店• 町田東急ツインズ イースト1階 レ・シ・ピ町田• 日吉東急アベニュー 本館1階 食品売場• 二子玉川 東急フードショー• レ・シ・ピ青葉台• 武蔵小杉 東急フードショースライス• 東急フードショースライス 目黒駅店• 東急フードショースライス 自由が丘駅店• mikke〈ミッケ〉東急プラザ蒲田店• 東急百貨店をはじめとする系列店を利用している人には、めちゃくちゃ大きなポイントだと思います。 このTOKYU POINTですが、1ポイント=1円で東急系列店で利用したり、PASMOにチャージして利用も可能ですが、 このTOKYU POINTもANAマイルに交換することも可能です。 交換は、 1,000 TOKYU POINT = 750 ANAマイルです。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを所有している人だけが、ANAマイルへの交換レート75%と優遇されているんですよね。 東急圏で生活している人がかなり羨ましいです。 ワールドプレゼントも1. ということで、このANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、TOKYU POINT圏内で生活している人には相当強みがあるクレジットカードなのですが、TOKYU POINT圏内に住んでいない自分にも、実は 陸マイラー活動をする上で最重要のクレジットカードになっています。 それが、 「TOKYUルート」と呼ばれるものです。 陸マイラーは、「」「」といったポイントサイトをフル活用して、貯めたポイントをANAマイルに交換しているわけですが、そこで重要になるのが、 「TOKYUルート」になるんです。 そして、この「TOKYUルート」を利用するには、 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを保有していることが必須なんですよね。 スポンサーリンク ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの還元率を1. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、100円=0. 5マイル or 1マイルと思っている人はカードの基本中の基本は理解していると思うのですが、重要なところまでいきついていません。 ここでは、 還元率を最大の1. 3%にする方法を紹介&徹底解説しておきます。 なかなか、公式サイトの中には、ここを詳しく書いてくれていません。 公式サイトは、こういった技的なものはあまり書かない傾向にあります笑。 けっこう長い記事ですが、カードを発行したあとでもいいのでじっくり読んでみてください。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本は1,000円=5マイル or 10マイル ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友カードの発行するカードで、カードをショッピング利用すると 1,000円=1ポイントのが付与されます。 ワールドプレゼントをANAマイルに移行することで、ANAマイルが加算されるのですが(自動的に移行させるコースと、手動で移行させるコースがあります)、ワールドプレゼントは所有しているクレジットカードの種類に応じて、ANAマイルへの移行レートが異なります。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの10マイルコース加入時:1ポイント=10マイル• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの5マイルコース加入時:1ポイント=5マイル というのが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードからANAマイルに移行した場合の基本マイルになります。 さて、貯まったポイントをANAマイルに交換する際には、10マイルコースに登録して、1ポイント=10マイルにしたいですよね。 せっかく貯まったポイントを5マイルでの移行はもったいないですし。 年会費は安いカードなのに、ここでけっこうな出費になると痛いですよね。 これを 3年に1度で済ませる方法を、下記に整理しています!!! 基本は5マイルコースの応募方式にしながら、3年に1度だけ10マイルコースにする。 お得度を追い求めるなら、これがベストになりますので、上記記事で方法を確認しておきましょう。 (注)自分の場合に関しては、メインのカードとしてANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを利用はしておらず、年に数回の利用なので、5マイルコースの自動方式に設定しています。 こちらは、三井住友VISAのMyページにログインした状態です。 自分の場合は、所有しているポイントが、• 通常ポイント(獲得・調整ポイント累計残高)が847ポイント• プレミアム・ボーナスポイントが3,883ポイント になっています。 この1つ目の、通常ポイントが、カード利用時に1,000円=1ポイント付与されるです。 847ポイントは、847,000円のカード利用分になります。 さて、2つ目の プレミアム・ボーナスポイントって何でしょうかね? これをうまく獲得することで、ANAマイルの還元率を最大1. 3%にアップさせることが可能になります。 なので、還元率をとにかくUPさせたい人は、 プレミアム・ボーナスポイントの中身を理解しないといけません。 プレミアム・ボーナスポイントは何ANAマイル??? さて、プレミアム・ボーナスポイントはどうすれば獲得できるのかという話の前に、プレミアム・ボーナスポイントをANAマイルに移行すると何マイルになるのか整理しておきます。 プレミアム・ボーナスポイントは通常ポイントを異なり、 プレミアム・ボーナスポイント 1 ポイント= 3 マイルにしか交換できません。 ANA VISAプラチナ プレミアムカードを所有していても、ANA VISAワイドゴールドカードでも、ANA VISA一般カードでも、どれでも3マイルなんです。 10マイルには絶対にならないので注意して下さい。 ここまではいいですかね?通常ポイントとプレミアム・ボーナスポイントはマイルに交換するレートが異なるという点が重要です。 プレミアム・ボーナスポイントは「マイ・ペイすリボの利用」で獲得できる さて、次はプレミアム・ボーナスポイントの貯め方の解説です。 自分は、3,883ポイントのプレミアム・ボーナスポイントを保有していますが、このプレミアム・ボーナスポイントの獲得方法は、• マイ・ペイすリボの金利発生時のボーナス• 2020年のステージが確定している人(すでにカードを所有していて2019年のカード利用額でステージ確定済の人)以外の人、つまり今後カードを新規発行する人は無関係と思ってください。 ということで、ここからは1つ目の「 マイ・ペイすリボの金利発生時のボーナス」というものを詳しく解説します。 にマイ・ペイすリボのことが詳しく出ているのですが、このマイ・ペイすリボという制度を利用すると 二つのメリットがあります。 年会費が安くなる。 プレミアム・ボーナスポイントがもらえる。 という2つのめちゃくち大きいメリットがあります。 2,000円の年会費を安くすることが可能なんですよね。 2)マイ・ペイすリボのプレミアム・ボーナスポイントに関して こちらが年会費の割引以上に重要になる、マイ・ペイすリボのメリットなのですが、ホームページ上だと少しわかりにくいかもしれませんので解説します。 上記のように、三井住友カードのサイト内に書いています。 わかりにくい表現ですが、 カードをリボ払いにして、金利が発生したら、その月の通常ポイントと同等のプレミアム・ボーナスポイントあげますよって書いてあります。 別の表現をすると、マイ・ペイすリボでプレミアム・ボーナスポイントを獲得するためには、 1円でも金利が発生すればいいですよという解釈が可能です。 1円でも金利が発生すればいいというのがポイントです。 マイ・ペイすリボを利用して、「年会費の割引」と「プレミアム・ボーナスポイント」のメリットがあるとしても、毎年数万円もの金利が発生したら損だよね。 でも、金利が1円でも発生すればOK。 なので、金利をとにかく下げる方法を知っておくことが重要だね。 リボの残金が1,000円あれば、金利は12円ほど発生しますということです。 これでもプレミアム・ボーナスポイントがもらえるんです。 リボの残金が10万円で金利が1,200円でも、はもらえるプレミアム・ボーナスポイントは同じです。 なら、 リボの残金を減らして、金利をできる限り少なくしておくといいですよね。 なお、もらえるプレミアム・ボーナスポイントは、通常ポイントと同数のポイントになります。 つまり、10,000円のカード利用時に、• 金利発生なし:通常ポイント10ポイント• 金利発生あり:通常ポイント10ポイントとプレミアム・ボーナスポイント10ポイント となります。 これで先ほどから、最大でマイル還元率が1. マイ・ペイすリボで支払額の変更を行い、金利をトコトン下げる具体的手順 マイ・ペイすリボのプレミアム・ボーナスポイントを、できる限り金利の支払いを低くして獲得しましょう。 とにかく1円に近い金利で済ませたいところですよね。 以下は、カードが届いてから読むようにしても全然OKです。 今読んでも、わかりにくい内容かもしれませんので。 その際に、やるべき実際の手順の説明です。 1)まず三井住友カードのホームページからVpassにログイン 2)マイ・ペイすリボの月々の支払いを最低額の1万円にしておく こんな感じで元金定額コース1万円にでも設定しておきましょう。 これは1回やれば、以後行う必要はありません。 変更しない限り、最低額1万の設定が継続されます。 そうすると、月に30万円使っても、支払いは1万円で、翌月に残額29万円が回されます。 ただ、そんなことすると29万円に金利1. これは損ですよね。 なので、 毎月、支払い額を臨時増額をして、金利を減らす必要があります。 先ほど書いた通り、 金利は 1 円でもいいのがポイントです。 3)毎月25日頃のメールが来た後に臨時増額する 臨時増額の方法ですが、毎月25日頃にメールで支払い額の決定が届くので、その後に変更しましょう。 全額は支払わないでください!金利発生しません!プレミアム・ボーナスポイントがもらえないですよ・・・。 追加支払いは1,000円単位で選べます。 追加支払い可能額が267,280円あるので、仮に266,000円追加で支払います。 すると残金は1,280円なので、金利は15円程度で済むのです。 これだけで、毎月通常ポイントと同等のプレミアム・ボーナスポイントがもらえます。 毎月1回の作業です!!! 少し面倒かもですが、マイルを貯めるために自分は必ずやります。 慣れれば簡単です。 そして、まじでお得です。 マイ・ペイすリボのボーナスポイント獲得はめんどう??? はい。 上記の方法で、ボーナスポイントを毎月獲得するのは、はっきりいうと面倒です。 が、年間300万円のカード決済の場合は、3,000ボーナスポイントが付与されます。 これは、1ポイント=3マイルなので、9,000マイルに相当します。 このマイル、あなたはほしくないですか??? 【注意】 自分のやったミス。 ボーナスポイントがもらえない??? 注意点を一つ。 上記にて、残額が262,927円あるので、262,000円追加で支払い、残金927円じゃダメなのという声が聞こえてきそうなので、注意点を。 自分のワールドプレゼントの明細です。 右の欄がボーナスポイントなんですが、毎月リボの増額支払いしていたのに、1月は0なんです。。。。 つまり マイ・ペイすリボのプレミアム・ボーナスポイントがついていない涙。 実はリボの金利を発生させるには、 残額が少なすぎると金利がつかないことがあるので要注意です。 自分は 残額を1,000~1,999円になるように毎月増額することにしました。 あと、臨時増額をし忘れて、1,000円以上の金利を払ったこともあります涙。 裏技で還元率を1. ここで、ちょっと手間はかかるのですが、 プレミアム・ボーナスポイントを1ポイント=3. 5マイルでANAマイルに移行する技 も紹介しておきたいと思います。 どんな技なのかというと、プレミアム・ボーナスポイントを直接ANAマイルに移行するのではなく、 複雑に見えると思いますが、上記のような方法を利用します。 5マイルになってしまうんですよね。 ただし、この方法を利用するには2枚のクレジットカードが必要になります。 JQ CARD セゾン(年会費初年度無料、2年目以降は1,250円+税だが年に1度のカード利用で無料)• 手間はかかるのですが、 還元率を1. 3%から1. まとめ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の魅力とは このANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、ANAマイラー初心者には 超いいカードだと思っています。 最高還元率1. 年会費最安値751円(別途10マイルコース登録料も最低3年で6,000円)• 継続ボーナスマイルが毎年1,000マイル とこれだけでも超魅力的です。 ただ、これは他のANAカードにもある魅力です。 ここに追加して、• TOKYU POINTが追加で貯まる• 最も価値があるのは、最後のTOKYUルートが利用できるという点です。 TOKYUルートが利用できるのは、ANA東急カードを所有している人だけなんです。 なので、もう所有しないと陸マイラーが始まらないんです。 すぐに発行しましょうね!!!!タイトルにメリット・デメリットなんて書きましたが、デメリットなんて特にないような万能カードではないですかね??あえて言うなら、ゴールドカードに比べると限度額が少ないとかあるかもしれませんが、陸マイラー初心者はこのカードからスタートが基本中の基本であることは間違いないでしょう。 はじめまして、福岡在住で、これからキャッシュレス、マイルを貯める、を考えているところなのですが、 噂の、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードかニモカにするかで悩んでいます。 他にJQエポスゴールドなどもインビ修行中なので すがまわりはTOKYUカード推し一択で、、。 2枚とも死蔵カードとしてもつことなども、この先あるかもしれませんができるだけシンプルにしておきたくて、 相談できるような人が身近にいないため、アドバイスいただければ幸いです。

次の

東急カードはPASMOで最強?メリット、デメリットまとめ2020

東急 ana カード

TOKYUルートで必要なものって何!? ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのメリットが知りたい!! こちらではそんな悩みを解決するための記事となります。 【2020年5月24日追記】 三井住友のキャンペーンで 新規入会で1,000ANAマイルが貰えますよ! ソラチカルートの12月27日に封鎖されるというお知らせにより、陸マイラー界が騒然としました。 2020年以降の高効率マイル交換ルートとして脚光を浴びているのが「 」です。 各ポイントサイトで貯めたポイントを75%という高交換率でマイルにすることができるTOKYUルートですが、利用するためにはとあるクレジットカードが必要になります。 それが ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード(ANA TOKYUカード)です。 今日はTOKYUルートに必須のANA TOKYUカードについて、基本スペックやメリットデメリットを徹底解剖しました! ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本スペック ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、券面の通りANAとTOKYUとPASMOが共同で発行するマスターカードブランドのクレジットカードになります。 東急の電車やバスを利用したり、駅構内の売店や自販機利用、PASMOの利用で TOKYUポイントが貯まります。 基本スペックは下記のとおりです。 PASMO これだけを見ると、関東でしか使えないクレジットカードのように見えますが、ANAマイルも貯められますしマスターカードなので関東以外でも活用できるクレジットカードです。 ANA TOKYU マスターカードのメリットとは? ANA TOKYUカードが陸マイラー活動に必須のクレジットカードではありますが、実はそれ以外にもいろいろお得なメリットがたくさんあるんです。 まずはANA TOKYUカードのメリットを見てみましょう。 年会費が安い!マイペイすリボ利用で1000円以下に! まず初めにメリットとして挙げられるのは、ANA一般カードなのに年会費が安い点です。 基本的に年会費は税抜き2,000円なのですが、• 初年度:無料• 翌年度以降:税抜き751円 と年会費が次年度以降も1000円以下で保有できる数少ないANAカードになるんです。 ANAカードの年会費割引特典は2種類あります。 Web明細書サービス利用・・・税抜き1,500円(500円OFF)• マイ・ペイすリボの利用・・・税抜き751円(1249円OFF) 上記2種類は残念ながら割引の重複利用は出来ないため、割引率が高い方が採用されます。 というわけで、マイ・ペイすリボを1回でも利用すると次年度の年会費を税抜き751円に割引することが可能なんです。 マイ・ペイすリボを1回でも利用すればOKなのでこれはかなりお得! 陸マイラー必須のテクニックだよ!! 10月1日より優遇を利用するためにはリボ手数料の支払いが必須に! 10月1日より、マイ・ペイすリボ割引の規約が変更になりました。 これまでは、マイ・ペイすリボ登録後に1度カードを利用することで割引対象となっていたのですが、これからは マイ・ペイすリボ登録後1回以上リボ手数料の支払いがあれば割引適応 と手数料の支払いが必須となりました。 なので、割引適応させるために1年のうち1度だけリボ手数料の支払いをする必要があります。 リボ手数料と言われると、非常に高額になってなかなか元本が減らなさそう…とイメージされるかもしれませんが、うまく活用することで手数料も最小限にすることが可能です。 リボの手数料がかかるのは、リボ払いで払いきれなかった残り部分のみです。 例えば、リボ支払い金額を50,000円に設定していた場合。 51,000円のカード利用で、請求月に支払われるのは50,000円までです。 1000円が負債となり、この部分にリボ手数料がかかってきます。 なるべくリボ払い設定額からはみ出る額を小さくして、手数料が大きくかからないように工夫すればお得に割引利用を活用できますよ! 12円の支払いで1200円分年会費が安くなるならお得です! ANAマイルが貯まる!TOKYUポイントとワールドプレゼントポイントも貯まる! メリットの2つ目は、マイルだけでなくTOKYUポイントやワールドプレゼントポイントが貯まり、かつ相互にポイント交換することができるんです。 また、 ワールドプレゼントポイントも1ポイント=最大10マイルで交換することができるので、TOKYUポイントでもワールドプレゼントポイントでもマイルを貯めることができます! 3つのポイントが貯められて、そのすべてがANAマイルに移行できるってすごいですね。 カード利用で三井住友カードのワールドプレゼントポイントが貯まる ワールドプレゼントポイントは、三井住友カードのポイントシステムになります。 利用金額の合計1,000円(含む消費税等)ごとに1ポイントがプレゼントされます。 本会員およびご家族会員の方の利用金額を合計のうえポイント計算を行い、本会員の方にポイントが付与されます。 ワールドプレゼントポイントは直接ANAマイルに交換可能でコースの登録が必要です。 それなら還元率の良い10マイルコースの方が魅力的に見えますが、移行手数料が6000円(毎年)必要になるため、カードの利用頻度が多くない方でしたら5マイルコースで十分ですね。 マイルコースの登録は、三井住友カードので行うことが可能です。 【】 東急系列店舗でのカード利用でTOKYU POINTが貯まる ANA系列店ではANAマイルが貯まりますが、東急系列店舗ではワールドプレゼントのポイントに加えてTOKYU POINTが貯められます。 (例) 東急百貨店・渋谷ヒカリエ ShinQs :(年間お買い上げ金額に応じて)3%~最大10%TOKYU POINT(食品・セール品は一律1%ポイントがたまります。 ) 東急ストア : 200円(税抜)=1ポイント もちろんTOKYU POINTなので、75%の還元率でANAマイルに交換可能です! ワールドポイントもTOKYU POINTもANAマイルに交換できるので、ばっちりマイルを貯めることができますね。 しかも、クレジット利用なのでワールドプレゼントポイントも加算されるため、ANAカードマイル積算分とワールドプレゼント積算分の両方マイルを貯めることができるんです。 またANAカードなので、ANAでのお買い物もお得です。 機内販売10%OFF• ANA FESTA 10%OFF• 空港免税店5%OFF• 旅行商品5%OFF など、ANA便利用時に活用することでもお得に利用することができます。 入会ボーナス・継続ボーナス・搭乗ボーナスマイルが貰える! もちろんANA一般カードなので、他のANAカードと同様に入会や継続によるボーナスマイルも加算されます。 年会費も安いですし、継続ボーナスマイル目的で保有していても損しないカードですね。 TOKYUルート利用でANAマイルが75%レートで貯まる!! ANA TOKYU マスターカードが一躍有名になったのは、陸マイラー活動で貯めたポイントをマイルに高効率で交換するルートだからです。 と呼ばれる交換ルートは、このANA TOKYUカードが必須のルートになっています。 TOKYUルートのルートは下記の通り。 各主要ポイントサイト(、、等)からドットマネーに交換• ドットマネーからTOKYU POINTに交換• TOKYU POINTからANAマイルに交換 交換回数はたったの3回でOKとなっています! しかも約3週間でANAマイルにがっつり交換できるスピードルートなので、使い勝手もいいんです! 交換レートは75%ではありますが、実はポイントサイトのモッピーならエクスプレスキャンペーン開催中で実質86. こちらのキャンペーンは延長して現在は無期限となりました!! 今回の超お得なANAマイル交換86. 3%還元ですが、利用条件が3つあります。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行しておくこと• モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を発行すること• エクスプレスキャンペーン対象広告を15,000P以上利用すること 3つの条件をクリアすることで、86. 3%レートになりますね!! 先ほど説明しましたが、もし満額ソラチカルートを回せない人(毎月22,300LINEポイント)の場合ですが、今日からこちらのモッピーのキャンペーンに全力をしていった方がいいと思います。 こちらは10,000P交換で86. 25%なので、ポイント数が低くてもレートは高いのでこちらを優先させましょう!! モッピーへ入会すると今なら更に!!2,000Pが貰えます!! 【キャンペーン期間】 2020年5月1日 金 ~2020年5月31日 日 まで! 【入会キャンペーン特典の条件】 ・期間中にモッピーに初めて登録された方が、 2020年7月31日 金 までに 5, 000P以上ポイント獲得すること。 ミッションをクリアすると 2 ,000Pが貰えちゃいます!! ANA 東急 マスターカードのデメリットとは? ここまでメリットを見てきて、TOKYUルート以外にも魅力がたくさんあるクレジットカードだということが分かったと思います。 ではデメリットはないのでしょうか? 私なりに考察してみました。 ブランドはマスターカード限定 まず1つのデメリットとして挙げられるのは、カードブランドがマスターカード限定という点です。 すでにマスターカードブランドのクレジットカードを保有している人でしたら、出来ればブランドがかぶらないようにしたいですよね。 しかし残念ながらANA TOKYUカードは他のクレジットカードブランドを選ぶことは出来ません。 マスターカードなら日本だけでなく世界中で広く利用されているブランドなので、使えなくて困ることがない点はありがたいですね。 なるべく少ない額で手数料が支払えるように計算しましょう! デメリットをいくつか挙げてみましたが、それよりもメリットの方が大きいと思うので、やはりANA TOKYUカードは持っていて損のないお得なカードだと言えます! 陸マイラー活動にとってもTOKYUルートは必須ルートですしね。 ANA TOKYUカードをお得に発行する方法 そんなANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードですが、普通に発行してら損しますよ!! 普通に発行するより様々なキャンペーンを活用することでお得に発行することができます! 個別に紹介していきたいと思います。 マイ友プログラムを利用して500マイルゲット! 初めてANAカードを作成する人にぜひ活用していただきたいのが、 マイ友プログラムです。 既存のANAマイレージ会員から紹介してもらうことで、ボーナスマイルが貰えるこのシステム。 ANA TOKYUカードでも、マイ友プログラム利用で 500マイルが貰えます。 ではマイ友プログラムを利用してANA TOKYUカードを発行する手順を紹介していきます! まずは下記のリンクバナーより「 」にアクセスしましょう! アクセスをしたページには利用条件などが書いてあると思います。 そして中段ぐらいのところに「登録用ページ」のバナーがあるので、そこをクリックしましょう! そうすると上記のような画面になりますので、紹介者情報の部分に下記の2つを記入してください。 紹介者氏名:フルイチ サトシ• 紹介番号:00009698 あとはあなたの氏名、生年月日を入れて登録をしていきましょう! これだけでOKです! マイ友プログラム利用で、 500マイルがゲットできるので初めてANAカードを作成される方はぜひ登録しましょう! ANA主催キャンペーンで最大35,000ANAマイルが貰える!! 2020年3月2日からANA主催のキャンペーンがスタートしました! ゴールドカードであれば最大35,000マイルの強烈キャンペーンとなっています! 最大35,000マイルの内訳は下記のようになります。 通常入会特典:2,000マイル• 特典1:5,000マイル• 特典2:最大27,000マイル• 特典3:1,000マイル 通常入会特典は先ほど紹介しているので そちらを除外して最大33,000ANAマイルになるわけです! そして今回の ANA主催のキャンペーンは参加登録が必須となりますので、必ずエントリーを忘れないようにしてくださいね!! 今回のANA主催キャンペーンですが、 提携ブランドを問わず、すでに対象ANAカードをお持ちのお客様は対象にはならないのでご注意くださいませ。 それではそれぞれの詳細を解説していきたいと思います。 【特典1】ANAグループ運航便に1回以上ご搭乗いただくと、もれなくボーナスマイルプレゼント! こちらは対象期間中に、ANAグループ運航便に1回以上搭乗することでボーナスマイルが貰えます。 ANAアメックスカード:1,000マイル• ANAアメックスゴールドカード:5,000マイル カードのグレードによって貰えるマイルが変わってきます。 対象期間:2020年3月2日(月)から2020年8月31日(月)ご搭乗分まで 事後登録は、2020年9月15日(火)23:59(日本時間)積算分まで 対象運賃:マイル積算対象運賃 対象路線:ANAグループ運航便 マイル付与時期:2020年10月下旬予定 こちらの特典1は比較的簡単にクリアが出来る特典となっているので誰でもクリアが出来そうですね! 【特典2】新規入会されたANAカードで ご利用金額に応じて、もれなくボーナスマイルプレゼント! こちらですが利用金額に応じて貰えるマイル数が変わってきます。 20万円以上50万円未満:3,000マイル• 50万円以上100万円未満:10,000マイル• 100万円以上:27,000マイル ここが一番ANAマイルが貰える特典となっています。 そしてANAアメックスゴールドの場合であれば、紹介入会の条件として100万円利用で58,000マイルがありますよね? つまりその条件を目指すのであれば、 この特典2のマイルも最大値である27,000マイルも自動的にクリアとなりますよ!! 対象期間:2020年3月2日(月)から2020年8月31日(月)クレジット決済分まで マイル付与時期:2020年11月下旬予定 【特典3】「ANAカードファミリーマイル」登録で、もれなくボーナスマイルプレゼント! こちらは「ANAカードファミリーマイル」に登録することでマイルが貰えます。 ANAアメックスカード:500マイル• ANAアメックスゴールド:1,000マイル 「ANAカードファミリーマイル」というのは、家族がANAカードを所持している場合に家族でマイルを合算できるサービスとなっています。 ANATOKYUカード新規発行で1,000マイル貰えるキャンペーン! もう一つANA TOKYUカードの発行会社、三井住友カードのキャンペーンですが、インターネット入会者限定でもれなく1,000マイルがもらえるキャンペーン実施中です! 1,000ANAマイルプレゼントがもらえる条件は下記の通り。 ANA TOKYUカードは初年度は年会費無料ですが、来年度の年会費を751円(税抜き)にするためには、マイ・ペイすリボでのリボ手数料の支払いが必須です。 入会時にリボ払いの上限を5万円に設定して5万円をちょっと超えるくらいの利用を行い、1回だけリボ払い手数料が発生するようにすることで• マイ・ペイすリボ手数料支払いで年会費割引ゲット• モッピーで「ANA TOKYU」と検索をしてみてください。 対象の広告が下記のように出てきます。 ミッションをクリアすると 2 ,000Pが貰えちゃいます!! まとめ TOKYUルートで一躍陸マイラーの人気者となったANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、クレジットカード単体としてみても非常に優秀なクレジットカードです。 特にANAマイラーとの相性はすこぶる良いクレジットカードだと言えます。

次の