巻き かがり 縫い。 きれいな三つ巻きの方法

かがり縫いとは?ほつれ止めやフェルトの手縫いに使える縫い方のコツ [裁縫] All About

巻き かがり 縫い

しつけ他 置き(落とし)じつけ 平らな台の上に布を置き、片手で布を押えてもう一方の手に針を持ち一針ずつすくって縫っていく方法。 ミシンで縫う時、布がずれないようにしつけする時などに用いられます。 二枚落としじつけ 置きじつけと同じ縫い方ですが大きな縫い目と縫い目の間に小さな縫い目を一目入れるのが特徴です。 厚手の毛織物等の時に使用します。 この方法ですとしっかり止まりますので、ずれ易い布の場合にも使います。 斜めじつけ 2枚以上の布がずれないようにする為、糸を斜めに渡してしつけをします。 しっかり止めたい時は縫い目を細かくします。 八刺し 斜めじつけを繰り返すと縫い目がハの字に見えることからこの名前がつきました。 接着芯を使うことが多くなったのであまり使いませんが、芯を表布につける時に使います。 高級仕立てなどで使われる方法です。 裾始末 まつり縫い(普通まつり) 折り代の端を折り、折り山を止めつけるのに使います。 表地を小針 織糸を1本すくうような感じ ですくい、更に0. 2~0. 3cm先の折り山に裏面から針を入れ糸を引き抜きます。 これを繰り返し、表面から見て縫い目が小さく一直線になるように縫います。 流しまつり 普通まつりと縫い方は同じですが、斜めにかかるように縫い目を大きくし、ゆるくまつる方法です。 絹などの柔らかい布地に適しています。 縦まつり 折り代の裏面から針を前に出したら、すぐ上の表布をすくいます。 奥まつり 折り代の奥をまつる方法です。 縫い目が見えないので裏付きのジャケットやコートの裾始末に使います。 渡しまつり 折り山と折り山を突き合わせにして、ミシンの縫い目を開いた時のように縫い目を見せないで縫う方法です。 縫い目は細かくし、折り山に直角に糸を渡し、一針ずつ引き締めるようにします。

次の

スカーフ・ハンカチの手巻きふち縫い(よりぐけ縫い) トランテアンだより

巻き かがり 縫い

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?そのような時には、手縫いでほつれ止めをやってしまいましょう。 キルティングやサテンなどの布もほつれにくくなります。 少々手間はかかりますが、覚えておくと便利ですよ。 ほつれ止めとは? 布の端がほつれてこないよう、処理をすることです。 市販の布用ボンドは一時的な効果はありますが、塗った部分が固くなってしまい、洗たくにも耐えられないのでおすすめしません。 布用のテープもはがれやすく、洗たくすると取れてしまいます。 ミシンは色々な機能があり便利ですが、ここでは手縫いで行う方法をご紹介しますね。 ほつれ止めのやり方 正式には「かがり縫い」と言います。 布の種類によって少々違うので、画像を見ながらやってみてください。 キルティングや綿などの中くらい~厚い布 糸は綿やポリエステルとの混紡糸でもOKです。 なるべく間隔を狭くして、ほつれないようにかがっていきましょう。 画像では見やすいように色付きの糸で作業していますが、実際は目立たない色の糸を選んでくださいね。 キルティングの場合は、2枚の布の間からスタートさせ、玉結びを隠すと目立ちません。 キルティングの場合は、2枚の布の間に玉止めを作ると目立ちません。 他の布は裏側に出して玉止めをします。 シルクやガーゼ、シフォンやサテンなどの薄い布 糸はやや細めの方が向いています。 三つ折りにして軽くアイロンをかけるとやりやすいでしょう。 画像では見やすいように色付きの糸で作業していますが、実際は目立たない色の糸を選んでくださいね。 玉止めが三つ折りの内側に隠れるよう針を刺しながら裏へ引き抜きます。 その他の方法 かがり縫いの他にもやり方はありますが、少々大変な部分やおすすめできない部分もあります。 バイヤスにカットする 新しく何かを作る際に、布を斜め45度に置いてカットする方法です。 ほつれにくく、伸びにくくなりますが、使い方によってはほつれてくることがあります。 パイピングでくるむ 別布やバイアステープでくるむ方法です。 きれいに仕上がりますが、手間と時間がかかります。 ピンキングはさみでカットする 布の端をギザギザにカットする方法もありますが、だんだんとほつれてくるのであまりおすすめはできません。 クラフト用に貼って使ったり、裏に両面テープを貼ってシールにしたりする場合は大丈夫です。 まとめ ほつれ止めの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?手縫いでも充分ほつれ止めをすることは可能です。 万が一、糸がほどけてしまってもすぐに修復できますね。 間隔を揃えてかがることがきれいに仕上げるコツです。 これからも、手縫いの楽しさをどんどん見つけていきましょう! -.

次の

手縫いの種類・かがり縫い(ほつれ止め)のやり方!フェルトマスコットも

巻き かがり 縫い

巻きかがりで作るパッチワーク ペーパーライナーで巻きかがりする場合、 玉止めは隠さなくていいです。 角部分は同じ場所で 針をくぐらせしっかり縫います。 巻きかがりばかりで縫い繋ぐパッチワーク。 これで私はベットカバーサイズのキルトも作りました お花をすべてまきかがりで縫い繋いでいます。 そう思えばまきかがりってすごい ポーチの脇(パイピング部分)を縫う場合も同じように縫います 玉止めを縫い始めと縫い終わりに、見えないように 布にくぐらせ玉止めが見えないようにします。 ヨーヨーキルトも巻きかがりで縫い繋ぎます。 作りためたヨーヨーキルトを巻きかがり縫いでつないで繋いでいきます。 ヨーヨーキルトの場合接点の部分を2,3回かがり縫いしています。 あわせて読みたい ミシンがない場合布端の処理かがり縫い 枕カバーを作ったときの画像です。 2枚の生地を一緒に針の動きなど同じで、縫い代を巻くようにかがっています。 最後に玉止めをします。 用途によって布一枚をかがる場合もあると思いますが、それも同じようにかがります。 手縫いで縫う時の布端の処理になりジグザグミシンの代わりになります。 先ほどの巻きかがり縫いとは違う用途のかがり縫いとなります。 まきがかりのコツとしては間隔は均等にするときれいにできます。 きつく引っ張ると、布端がまるまってしまいますので、糸に少し余裕を持たせてかがってください。 まきかがり縫い手縫いやりかた最後に 巻きかがり縫いといえば、たっぷり縫ったをついつい 思い浮かべてしまいますが、 綿を入れた小物作りの口を閉じたりするときや、洋服の修繕などでも使えるので 便利な縫い方です。 *関連リンク*.

次の