ある日、お姫様になってしまった件について75。 韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった 4』 (一般版) 原作:プルートス 絵:スプーン(初回限定附録:はがきつき)

ある日、お姫様になってしまった件についての75話を翻訳した方、内容を教...

ある日、お姫様になってしまった件について75

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の

韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった 4』 (一般版) 原作:プルートス 絵:スプーン(初回限定附録:はがきつき)

ある日、お姫様になってしまった件について75

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、イゼキエルがアタナシアに近づこうとすると、突然現れたルーカスによって止められる。 少年二人は互いを牽制しあう。 イゼキエルは帰り際、興味深い本がありますねと言い、彼女の手に触れながら図書館の本を渡し、自分もお茶会に読んで欲しいとささやく。 その本は隠し読みしていた恋愛小説で、ルーカスに取り上げられたアタナシアは、顔真っ赤で取り返そうとする。 図書館警備の騎士達にも見られ、恥ずかしい思いをする彼女。 その後アタナシアは、完璧なイゼキエルに嫉妬しているのかとルーカスに聞くも、俺の方が上だと言い張る彼なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話のネタバレ 後日、またも皇宮でお茶会が開かれたが、相変わらずのイケメン談議で、アタナシアはついていけない。 前回、クロードにお茶会は楽しかったかと聞かれたので、楽しかったと答えたら、カレンダーが変わる前にまたピクニックが開かれたのである。 前回もそうだが、政治・身分関係なく色々な令嬢たちを招いたようなので、クロードはただアタナシアに友達を作ってあげたいようだ。 今回も参加してくれたヘレナ令嬢は、よほどルーカスが気に入ったのか、毎晩彼の夢をみると話す。 これは運命、私のこれまでの人生は彼と出会うためにあったのだ、孤高の黒狼ルーカス様、と熱弁するヘレナ。 全く理解できないアタナシアは、少し休憩と言い、その場を離れる。 木陰で休むアタナシアに、彼女を気遣い声をかけるジェニット。 ジェニットは、令嬢らとの会話は時間を忘れるほど楽しいと言うのだが、では何故そこから離れて自分の所に来たのだろうかと、アタナシアは疑問を持つ。 令嬢達との会話は初めて聞く内容なので、面白くて仕方がないというジェニット。 とくにイゼキエルのことを優しいカリスマと話すのが面白く、彼に教えたのだそう。 彼は、そんな話何処で聞いたのかと聞くので、お姫様のお茶会だと教えたら、なんとも言えない表情をしたというのだ。 やはりジェニットは女主人公だと思うアタナシア。 彼の表情が本当に面白かったと朗らかに笑うジェニットに、面白そうですねと言い、少し和らいだ表情になるアタナシア。 令嬢達が大盛り上がりしていたので、先に戻って会話を楽しんでくださいと、ジェニットに戻るよう促す。 ジェニットは少し黙ると、お姫様は私のことがお嫌いでしょうかと言う。 直球の質問に、言葉がでないアタナシア。 ジェニットはひどく落ち込むので、アタナシアは慌てて、実は同性の友達がいなかったから、慣れていないのだと説明する。 特に嫌いというわけではないとアタナシアが言い訳すると、ジェニットはキラキラした目で微笑んだ。 ジェニットはもじもじしながら、私も同じです、不快に思うかもしれませんが、私とお姫様は似ていると思いませんかと言う。 初めて見たときから、ずっとお姫様とお友達になれたらと思っていた、失礼でしょうかと、照れながら聞くジェニット。 小説の中で、幼いジェニットが家族という存在に恋い焦がれていた描写は、何度もでてきた。 クロードを本当の父だと思っているだろうし、アタナシアのことも姉妹だと思っているのだろう。 姉妹という単語につられ、失礼ではないと答えるアタナシア。 ジェニットは本当に嬉しいと言い、とても愛らしく微笑んだ。 そのあまりの可愛さに、ジェニットを警戒していたアタナシアの緊張がほぐれる。 ジェニットは、一度招待してみたかったと、アルフィアス公爵邸に来ませんかと誘う。 機会があればと答えるアタナシア。 警戒心が解けたり、そう答えられたのは、クロードが前より怖くないせいなのだろう。 その後、ジェニットは、他の令嬢からイゼキエルの好きなものを聞かれるが、答えに困っていた。 ふと、草陰を走る黒っぽい何かに気がつく。 気になり1人でおいかけてみると、見知らぬ宮殿に迷い込んでしまった。 何者かと声をかけられ、ジェニットが振り向くと、そこにはクロードがいたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話の感想 アタナシアが全く理解できない、イケメン談義のお茶会がまた開かれました。 あのルーカスが異様に褒められているので、アタナシア的には聞くに堪えないようでしたね。 アタナシアの手が前回同様タコのようにぐるんと丸まっていましたが、韓国ならではの表現方法なのでしょうか。 耐えられなかったアタナシアは、少し離れたところに移動しますが、ジェニットが寄ってきました。 原作では、アタナシアから父の愛を奪った上に、間接的に命まで奪う人物なので、アタナシアはかなり警戒しています。 それでも、女主人公だからこその可愛らしい微笑みで、アタナシアの警戒心が解けていきました。 おまけにアルフィアス公爵邸宅に行く約束までしてしまいます。 アタナシアより上手のイゼキエルがいるだろうに、また彼が彼女にアプローチしてきそうですね。 アタナシアは気まずい思いをしそうです。 ジェニットはイゼキエルに、この前の茶会での内容を伝えたそうですが、アタナシアはあのとき皆をしらけさせないため、イゼキエルに好意的な発言をしていました。 それでイゼキエルはいてもたってもいられなくなり、アタナシアの図書館へ潜り込んだのかもしれませんね。 皇城から出してもらえないアタナシアなので、この訪問約束が実現するかが、まず問題ですね。 そしてジェニットは、女主人公の力なのか、迷い込んだ先でクロードに遭遇しました。 イベントを生み出しましたね。 もうアタナシアという愛する対象がいるクロード。 彼の目に、ジェニットはどう映るのでしょうか。 ジェニットは宝石眼を隠しているので、冷たくあしらわれてしまうのでしょうか。 次回が気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」31話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について75

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードにエスコートしてもらい、デビューダンスを踊るアタナシア。 自信満々だったわりには、クロードの表情に気をとられ、何度も足を踏んでしまう。 クロードはアタナシアを冷やかしつつ、娘を思う優しい父の姿を周りに見せたため、貴族たちはとても驚く。 その後、同じくデビュタントを迎える少女たちが踊り始める。 ジェニットもイゼキエルと踊っているのだろうか、ジェニットがクロードの娘だと主張したら、クロードはどうするのだろうかと、切なくなるアタナシアなのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」31話のネタバレ アルフィアス公爵の方に視線を戻すと、公爵と話している黒髪の男性と目が合った。 一瞬だがその暗い瞳に奥に、宝石眼のようなきらめきがあることに気づくアタナシア。 すると2曲目のダンスが終わったので、貴族たちの歓声があがった。 次はその年にデビュタントを迎える女の子全員で踊るのだ。 先ほどの男性のほうにまた視線を戻すが、既にその場からいなくなっていた。 まさか宝石眼じゃないよねと不思議に思う彼女。 するとクロードが、全員のダンスに出てみろという。 アタナシアはクロードを見つめると、ふと、今日のような日に一緒にいてくれてありがとう、おかげでパパが言う通り楽しく幸せな一日になると思うと言う。 嘘ではなく心からそう思うのだ。 もしジェニットが現れてもう私のことを娘だと思ってくれなくなっても、クロードは自分の最初の父であり、それがずっと嬉しかったからだ。 このように純粋な気持ちでクロードにお礼を言えるのは今日までなのだろう、これからも私は生き延びるために、皆を騙さなければならない。 何かを察したクロードは茫然とする。 アタナシアが離れていくので、手を伸ばしかけたクロードに、じゃあねパパと微笑み、彼女はダンスする人混みの中へ消えていくのだった。 アタナシアは他の令嬢らに話しかけ、一緒にダンスをする。 すると腰で結んであるリボンが外れかかっていますよと、誰かがアタナシアに声をかけた。 私が結んでもいいですかと微笑むその声の主は、ジェニットだった。 気をとられ、思わずジェニットの足を踏んでしまうアタナシア。 慌てて謝ると、ジェニットは大丈夫だと言い、差しつかえなければ私が結んでもいいですかと言う。 アタナシアは、大丈夫、他の人に結んでもらうからと笑顔で返事する。 テンポ乱してしまったから移動するね、皆さんゆっくり楽しんでと言い、アタナシアはその場を離れる。 急ぎ会場を移動するアタナシア。 一体どうしてジェニットがいたのだろう、原作ではどのように登場したのか、あの瞳も青かったけど宝石眼ではなかった、クロードに会うときに戻すのだろうかと、アタナシアは突然のことに混乱していたのだ。 考え事しながら急ぎ歩く彼女の目の前に、このように正式に挨拶するのは初めてですねと言い、イゼキエルが現れた。 あの日、ルーカスに遮られてしまった次は僕がという言葉の続きは、直接会いに行きますから、というものだったのだ。 その後、イゼキエルとダンスを踊るも、動揺しているせいか、ここでも彼の足を踏んでしまう。 顔を真っ赤にし気まずそうな彼女に、心配いりません、足取りが羽根のように軽いから何も感じないと言う彼。 ところで私は何故イゼキエルと踊っているのだろうとパニックのアタナシア。 何も感じないなら知らないふりできますかとアタナシアが言うと、ご希望ならそうしますと答える彼。 周りは美形二人のダンスに見惚れる。 だがアタナシアはパニック中である。 イゼキエルは、陛下がお姫様をとても大切されていると聞きましたが、その寵愛の深さまでは実際に目にするまでは分かりませんでしたと言う。 お姫様が踏んだ足の甲より、背中がヒリヒリするのだという。 事実クロードはものすごい形相でイゼキエルを睨んでいる。 大切にされているお姫様の手を、まだ他の人に任せたく様だと話すイゼキエル。 そんなわけないと思うアタナシアは、アルフィアス公爵がよく公子の話をするので、皇帝も興味を持ったのではと言う。 イゼキエルは、私こそいつも聡明で美しいお姫様のお話を伺っていたのでお目にかかれるのを楽しみしていた、実際噂通りでしたと話す。 私こそ噂の公子にお会いできたので不思議な気持ちですと答える。 彼は以前会ったことなど知らないかのように振舞ってはいるが、気づいているようだ。 曲が終わると、お姫様の大切な日に一緒に素敵な時間を過ごせることができ光栄でしたと言い、イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをした。 その様子に他の令嬢はときめき、アタナシアは注目を浴びる。 次にお会いするときを楽しみしています、天使様というイゼキエル。 驚き固まるアタナシアを、チラっと見てイゼキエルは微笑む。 幼い頃はあんなに可愛かったのに、と思うアタナシアなのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」31話の感想 アタナシアは足の裏が擦り切れるほど、毎日ダンスを練習していたのに、本番では他人の足を踏みまくっています。 後でルーカスにバカにされそうですね。 それもこれも、原作と違うことが、彼女が予想できていないことが立て続けに怒ったからですね。 ジェニットがあのようにアタナシアに接触するとは思ってなかったし、成長したジェニットを自分がすぐ見分けられるとも思ってなかったようです。 動揺し、ジェニットから離れるアタナシア。 そこへ現れたのは、イゼキエルです。 彼は彼女の正体を既に知っていて、26話のときに、次は僕が会いに行くと言うつもりだったのですね。 あの宝石眼をもつのは、皇帝クロードとその娘アタナシアだけですものね。 そしていつの間にやら踊りだす二人。 アタナシアはずーっとパニックです。 おまけに見たことのない表情で、クロードが睨んでいました。 自分をそこまで大切に思ってくれていることをどうしても認められないアタナシアは、理解できないことばかり続いて、大変なデビュタントになってしまいました。 アタナシア的には、今日ジェニットがクロードの娘だと打ち明けた後、クロードの愛情がジェニットに移ると考えているので、今しかきちんと挨拶できないと思い、別れを意味するような挨拶をしました。 クロードが呆然として手を伸ばしたのが可哀そうでしたね。 せっかくアタナシアとダイアナは違うと認識できたのに、ここでクロードの感情が前向きになったかもしれないのに、また目の前から大事な人がいなくなる喪失感を抱いてしまいました。 もう原作とは随分違うのだから、アタナシアは原作に振り回されずに、クロードに寄り添って欲しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の