三井 住友 信託 ダイレクト。 三井住友信託銀行のペイジー対応について(Pay

三井住友信託銀行のペイジー対応について(Pay

三井 住友 信託 ダイレクト

インターネットバンキングの安全なご利用のために三井住友信託ビジネスダイレクトのご利用にあたっては、以下の事項にご注意ください。 <安全なご利用のために> インターネット上では、さまざまな犯罪が発生しています。 中でもインターネットバンキングの利用者を狙い、大切な情報を盗もうとする手口が増えています。 そのような金融犯罪の被害に遭わないようにするため、以下をご確認のうえご対応いただきますようお願いいたします。 不正送金被害に関する補償制度 不正送金被害に関する補償制度はをご覧ください。 お知らせ 2020年5月27日 をご希望のお客様は、「三井住友ビジネスダイレクト」の設定が必要になりますので、をご参照ください。 2020年4月30日 2020年5月7日パスワード変更任意化およびオープンAPIによるデータ連携開始に伴い、利用規定を改定いたします。 改定内容につきましては、をご参照ください。 2020年4月27日 2020年5月7日より、「アンサー」の振込・振替サービスについて、事前登録方式で他行宛「その他」(別段預金等)への振込がご指定可能となります。 ご利用をご希望のお客さまはお取引店へお問い合わせください。 2020年4月20日 「三井住友信託ビジネスダイレクト(外為)」に、外貨預金振替、為替予約締結明細照会・電子コンファームの機能が追加になりました。 サービス内容はをご覧ください。 なお、新サービスご利用の際にはお申込みが必要ですのでお取引店へご相談ください。 2020年4月20日 弊社ビジネスダイレクト ヘルプデスクは、新型コロナウイルスへの対応として、シフト調整等を行い必要な受電体制の確保に努めておりますが、先般の緊急事態宣言の発令に伴い、十分な人員の確保が難しく、体制を縮小して業務を継続させていただいております。 お電話が繋がりにくい状況となっており、お客さまには大変ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解を賜リますようお願い申し上げます。 2020年3月27日 2020年4月1日の民法改正に伴い、利用規定を改定いたします。 改定内容につきましては、をご参照ください。 2020年1月20日 「三井住友信託ビジネスダイレクト(外為、りすなび・時価評価)」を開始しました。 2020年1月20日 「三井住友信託ビジネスダイレクト(伝送)」にて、ZEDIのお取扱を開始しました。 詳しくはをご覧ください。 2019年8月23日.

次の

三井住友信託銀行のペイジー対応について(Pay

三井 住友 信託 ダイレクト

「エマージング好配当株オープン」の繰上償還が決定し、2020年9月8日(火)に繰上償還します。 繰上償還にともない、スイッチングのお手続きは2020年6月23日(火)15時まで、購入のお手続きは2020年6月24日(水)15時まで、換金のお手続きは2020年9月2日(水)15時までとなります。 投信自動積立による引き落としは2020年6月25日(木)より停止します。 「アジア・ハイ・インカム・ファンド」は、2020年8月21日(金)に満期償還をいたします。 なお、スイッチングのお手続は2020年7月7日(火)15時まで、購入のお手続は2020年7月8日(水)15時まで、換金のお手続は2020年8月17日(月)15時までとなります。 投信自動積立による引き落としは2020年7月9日(木)より停止します。 「アムンディ・ダブルウォッチ」の繰上償還が決定し、2020年4月30日(木)に繰上償還いたします。 「シュローダー・グローバル・ボンド・オープン」の繰上償還が決定し、2020年4月24日(金)に繰上償還いたします。 「アジア・プラス」の繰上償還が決定し、2020年2月19日(水)に繰上償還します。 繰上償還にともない、スイッチングのお手続は2020年1月8日(水)15時まで、購入のお手続は2020年1月9日(木)15時まで、換金のお手続は2020年2月12日(水)15時までとなります。 投信自動積立による引き落としは2020年1月10日(金)より停止します。 本画面は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません(特定のファンドのご購入、換金、あるいは保有を推奨することを目的としたものではありません)。 本画面および本情報に関する著作権を含む一切の権利は、株式会社三井住友銀行ならびに株式会社QUICK、およびその提供元(「情報源」)に帰属します。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 本情報は過去実績に基づくものであり、将来の実績を保証するものではありません。 本情報によって生じたいかなる損害についても、株式会社三井住友銀行ならびに株式会社QUICKおよび情報源は一切の責任を負いません。 投資対象、投資地域、投資時期の選択等の投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報は、閲覧者ご自身のためにのみご利用いただくものとし、第三者への提供は禁止します。 また、本情報の内容について、蓄積、編集加工、二次加工を禁じます。 ただし、円建てMMF、外貨建てMMF、外国投資信託、単位型投資信託は除きます。 また、SMBCダイレクト販売額、SMBCダイレクト販売件数、販売額、販売件数、投信自動積立件数のランキング情報からは、商品性が相対的に複雑な通貨選択型ファンドは除いております)。 各ランキング情報の更新タイミングや基準等についてはをご覧ください。 各ランキング情報の更新タイミングや基準等についてはをご覧ください。 <影響を受ける端末>• ・2011年上期以前に発売のdocomo端末• ・Windows XP Service Pack3 Internet Explorer 8 以前のバージョン• ・Android OS 4. 3 以前のバージョン• なお、所定の手続の下で、金融機関の変更が可能ですが、金融機関の変更を行い、複数の金融機関で非課税口座を開設したことになる場合でも、各年において1つの非課税口座でしか公募株式投資信託等を購入することができません。 また、非課税口座内の公募株式投資信託等を変更後の金融機関に移管することもできません。 なお、金融機関を変更しようとする年分の非課税管理勘定で、既に公募株式投資信託等を購入していた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。 当行では、税法上の公募株式投資信託のみ取り扱っています(つみたてNISAは、税法上の公募株式投資信託のうち一定の要件を満たした商品のみが対象です)。 また、非課税投資枠の残額は翌年以降へ繰り越すことはできません。 そのため、短期間での売買(乗換え)を前提とした商品には適さず、中長期的な保有を前提とした投資が望ましいと考えられます。 また、当該分配金の再投資を行う場合には、年間非課税投資枠が費消されます。 勘定の変更を行う場合は、原則、暦年単位となりますので、ご留意ください。 また、ジュニアNISA口座開設後の金融機関の変更はできません。 当行では、税法上の株式投資信託のみ取り扱っています。 公募株式投資信託等の収益分配金の支払を受けた場合等は、当該分配金による当該公募株式投資信託等の再投資(自動買付け)を行えば、その分について非課税投資枠を利用することとなります(当該投資金額と当初買付分と合わせて年間80万円までしか利用できない)。 また、非課税投資枠の残額は翌年以降へ繰り越すことはできません。 そのため、短期間での売買(乗換え)を前提とした商品には適さず、中長期的な保有を前提とした投資が望ましいと考えられます。 収益分配金については、再投資ではなく受取を選択した場合でも、払出制限がありますので注意が必要です。 口座開設者本人の方等からの手続は受付しません。 また、口座開設者本人が成人になるまでのジュニアNISA口座からの払い出しにおいて、口座開設者本人の同意がある旨を確認します。 なお、払出制限解除前に払い出しを行った場合、ジュニアNISA口座が廃止され、災害等やむを得ない場合を除き、過去に非課税で支払われた配当等や過去に非課税とされた譲渡益については非課税の取扱がなかったものとみなされて、払出時に課税されます。 払い出しを行った資金を口座開設者本人以外の方が費消等した場合には、事実関係に基づき、贈与税等の課税上の問題が生じる可能性がありますので、払い出しについては十分ご留意ください。 このため、ジュニアNISA口座への資金拠出については、口座開設者本人の銀行口座等からの振替等や、口座開設者本人(法定代理人が口座開設者本人を代理して行う場合も含む)による現金での入金に限ることとし、ジュニアNISA口座からの払い出しは、口座開設者本人名義口座への振替等または法定代理人による現金出金等での払い出しに限ります。 これらは当行本支店等にご用意しています。 また、これらの手数料等とは別に信託報酬と監査報酬、有価証券売買手数料等その他費用等を毎年、信託財産を通じてご負担いただきます。 お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。 購入時と換金時の適用為替相場には差があるため、為替相場に変動がない場合でも、換金時の円貨額が購入時の円貨額を下回る場合があります。 各投資信託の手数料等の詳細は、目論見書・販売用資料等でご確認ください。 預金保険については窓口までお問い合わせください。 購入・換金等はご利用いただけません。

次の

三井住友信託ダイレクト サービス時間外

三井 住友 信託 ダイレクト

-・-・-・-・-・-・-・-• 三井住友信託銀行 ペイジーで地方公共団体への支払いをする 三井住友信託銀行のペイジー個人向けインターネットバンキング払い 個人向けインターネットバンキング:非対応 三井住友信託銀行のペイジー法人向けインターネットバンキング払い 法人向けインターネットバンキング:非対応 三井住友信託銀行のペイジーATM払い ATM:非対応 三井住友信託銀行 ペイジーで企業への支払いをする 三井住友信託銀行のペイジー個人向けインターネットバンキング払い 個人向けインターネットバンキング:非対応 三井住友信託銀行のペイジー法人向けインターネットバンキング払い 法人向けインターネットバンキング:非対応 三井住友信託銀行のペイジーATM払い ATM:非対応 金融機関名:三井住友信託銀行 金融機関コード:0294 (2020年5月8日現在) 三井住友信託銀行で利用できるペイジー(Pay-easy)について 三井住友信託銀行で使えるペイジーは支払い専用のサービス ペイジーは、税金の収納、各種料金の支払いなど「支払い専用」のサービスです。 三井住友信託銀行で使えるペイジー利用方法の種類 ペイジーは、税金・光熱費・通信費・保険など各種料金の支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコン・スマートフォン・携帯電話・ATMから支払うことができます。 パソコン・スマートフォン・携帯電話はインターネットバンキング、ATMの場合はキャッシュカード・現金で支払うことができます。 三井住友信託銀行で使えるペイジーは金額を間違う心配がありません 請求書や支払い依頼書が届いた段階で、予め支払先と支払い金額が設定されています。 通常の振込と異なり支払金額や支払先の入力をする必要が無いので、間違った相手に送金してしまったり、支払い金額を間違えるミスが発生しない仕組みになっているので安心して利用できます。 三井住友信託銀行で使えるペイジー手数料について 納税など国や地方公共団体へ支払う場合、手数料がかからない場合がほとんどです。 民間企業への支払い時は、手数料がかかる場合がありますので、支払先の企業や団体のホームページや請求書等で確認してください。 ペイジーでATM払いができる金融機関 ペイジーで国庫金の支払いを行う ペイジーでは、以下のような国庫金の支払いをすることができます。 ・行政手数料 ・源泉所得税 ・申告所得税 ・法人税 ・相続税 ・贈与税 ・消費税及び地方消費税 ・酒税 ・たばこ税及びたばこ特別税 ・石油石炭税 ・電源開発促進税 ・揮発油税及び地方道路税 ・石油ガス税 ・自動車重量税 ・航空機燃料税 ・印紙税 ・登録免許税 ・電波利用料 ・労働保険料 ・国民年金保険料 ・厚生年金保険料 ・船員保険料 ・関税 その他詳しくは下記を参照してください。 ペイジーの取扱金額が22兆円に! 2020年4月28日 税金や公共料金、各種料金などを、パソコンやスマートフォン、ATM 等を 利用して、「いつでも、どこでも、カンタン、安心」に支払うことができるペイジー収納サービスにおける2019年度の利用件数が、7,959万件、金額は22. 6兆円を記録し、サービス開始以来18年連続での増加となりました。 特に、国庫金分野では、「関税」での利用金額・件数が、昨年に引き続き右肩上がりで推移しました。 また、地方公金分野では、2019年10月から開始した、すべての都道府県・市区町村へ、自宅や職場のパソコンから電子納税できるサ ービスである 地方税共通納税システム での利用増加や、2018年下期から開始した地方団体による本格的な取扱い開始等により、利用件数、金額ともに前年度を上回りました。 2019年下期からは、新たに山梨県、香川県が自動車税(種別割)等に対応し、都内では練馬区、調布市が新たにペイジー収納サービスを開始するなど、対象エリアが拡大しています。 -・-・-・-・-・-・-・-• ペイジーとは Pay-easy All rights reserved.

次の