ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ。 【結果発表】『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』「あのキャラのアクキーが欲しい!!」開催!

【オペラオムニア】キャラ評価一覧【ディシディア/DFFOO】

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニアとは? ここではまず、【DFFOO】がどのようなゲームであるかなど、基本情報から紹介していきたいと思います。 FFオペラオムニアの基本情報• 配信元 スクウェア・エニックス• ジャンル RPG• 対応OS iPhone・Android• 料金 基本無料(アプリ内課金あり)• 公式サイト 【ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア(以下DFFOO)】は、2017年2月1日にサービスが開始された、スクウェア・エニックスのスマホRPGです。 2015年に発売されたアーケード用ゲーム【ディシディア ファイナルファンタジー】の正解感をそのままに、スマホ向けRPGとして配信したので、今作では【ディシディア ファイナルファンタジー】と同様に、 歴代のFFシリーズキャラのクロスオーバー要素を存分に他の楽しめる内容になっています。 基本はターン制RPG アーケード版のディシディアはアクションゲームでしたが、【DFFOO】はターン制RPGで、同シリーズでは初のRPGとなっています。 スマホRPGでよくある、メインシナリオやイベントシナリオをプレイするための「体力」や「スタミナ」などのプレイに必要なポイント消費の概念は基本的にはありません(幻獣関係のステージやマルチプレイの一部にはポイント消費があります)。 プレイが制限されることなく遊べるのが今作の大きな特徴のひとつと言えるでしょう。 編成はプレイヤーの自由 敵味方関係なく、歴代のFFキャラを仲間にすることで、パーティ編成はプレイヤーの自由であることも、このゲームの大きな特徴のひとつと言えます。 例えば【FF5】に登場する主人公「バッツ」と宿敵である「ギルガメッシュ」や「エクスデス」を仲間にすることができます。 この3人のパーティ編成でストーリーやクエストに挑めるなど、 オリジナル版では叶わない夢の編成を、プレイヤーの好みに応じて好きに組むことが可能です。 美麗グラフィックとフルボイス ゲームの構成を司るバトルも、高性能の美麗グラフィックとキャラクターボイスによって、臨場感溢れるアニメーションバトルを、迫力満点で楽しめます。 必殺技や魔法アクション、それを彩るエフェクトの数々は、見ているだけでもカッコ良く、またアクションも派手でBGMも高性能なので、RPGでありながらも爽快感を感じることができます。 DFFOPのおすすめポイント ここからは、個人的な感想ではありますが、【DFFOP】をプレイしてみた感想や印象から、【DFFOP】の魅力やおすすめポイントなどをお伝えしていきたいと思います。 FFキャラのクロスオーバーが楽しめる 一番の魅力とおすすめポイントは、上記でも少しありましたが、何と言っても歴代のFFキャラのクロスオーバーを楽しめる点だと言えます。 しかもただ単にパーティ編成によってバトルでコラボを楽しむといった単純なものではなく、 歴代のFFキャラが敵味方関係なくメインストーリーやイベントなどでしっかりと絡むので、これはFFファンからしたらたまらない演出です。 イベントが豊富 従来のスマホゲームと同様に曜日や月単位のイベントはもちろん、1人のキャラクターをフューチャー特別なイベントや、ユーザー同士で協力するレイドイベントなど、豊富なイベントが随時開催されています。 メインストーリーも定期的に追加更新されているので、これら随時開催されているイベントと合せれば飽きることなくプレイすることができます。 プレイ制限がない このゲームの大きな特徴のひとつがスタミナなどのポイント消費によるプレイ制限が基本的にはないことで(幻獣関係のステージやマルチプレイの一部などにはポイント消費があります)、メインストーリーやイベントなどを制限なしで周回プレイすることも可能です。 プレイ制限がないため、 好きな時間に好きなだけプレイできるので、自分のペースで遊べて、自分のペースでやり込むことができます。 ガチャが比較的甘い 今作にはいわゆるガチャの概念が存在し、キャラクターが装備する強力なスキルや必殺技は、ガチャによって入手する武器が必要となります。 これはあくまでも個人的な印象ですが、今作はその重要となるガチャが少々甘目のような印象を受けました。 ガチャは基本的に、ログインやミッション、課金などで入手する「ジェム」を消費するか、単体でガチャをひくことができる「チケット」のどちらかを消費して、ガチャに挑むことができます。 ですが、これまでプレイした個人的な体感では、 確立の低い単体専用の「チケット」でも、いくつもレア度の高い武器が排出されています。 また、単体でひける「チケット」は結構な頻度でもらうことができ、ジェムも頑張れば結構な数を溜めることができるので、レア武器をひけるチャンスは多いです。 結局何が言いたいのかというと、「無課金でも頑張ればそこそこのレベルで遊べるよ」ということです。 課金ありきではなく幅広いユーザーが遊びやすいやすい仕様になっていることが、このゲームの一番の魅力とも言えるのではないでしょうか。 【DFFOP】まとめ ここまで、【ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア】の基本情報やゲームの魅力・おすすめポイントなどを紹介してきました。 メインストーリーやイベントなど、今後も追加配信されると予想されるので、こちらの方でも気になることや最新情報などを今後も配信していきたいと思います。 関連記事 関連動画.

次の

オペラオムニア初心者指南

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

1 ストーリーを出来るだけ進め、ジェムを貯める このゲームはストーリーを進めるならスタミナ制ではないので、いくらでも進められます。 序盤は簡単になっているので、とにかくガンガン進んでいき、ジェムを貯めていきましょう。 2 ジェムは1つのガチャに絞る ジェムが集まったら、このゲームで重要な武器をガチャから手に入れます。 このゲームはキャラも武器も多いので、色んな武器を満遍なく揃えるより、まずは3〜5キャラ分を狙って揃えた方が楽です。 3 武器レベルを上げる ガチャで武器が揃ったらまずはレベル上げです。 ストーリーを進めて手に入ったオーブやガチャから手に入った星3武器をどんどん合成していきましょう。 このゲームはキャラの強さはレベル、覚醒よりも武器の強さの方が重要ですので、オーブなどは気にせずどんどん使っていきましょう。 武器が強くなれば、行き詰まったストーリーがまた進められるので、1に戻るか、4に進みましょう 4 レベル、覚醒を上げるためにサイクルクエストを周回する 武器が強くなっていき、サイクルクエストが簡単にクリア出来ると思います。 サイクルクエストはキャラのレベル上げと覚醒上げにはもってこいのクエストなので、ここを周回して、キャラを強化して行きましょう。 5 幻獣の強化 幻獣界と呼ばれるスタミナ制のクエストがあります。 そのスタミナはプレイヤーランクに応じて上がってくるので、ある程度上がってくれば幻獣界も攻略できます。 幻獣界では戦闘をサポートしてくれる幻獣のレベルを上げることができます。 今後の強力なボス戦では必須ですので、忘れずに上げましょう。 オススメ幻獣 イフリート シヴァ 6 共闘イベントに参加する イベントでは貴重なアイテムが多く入手出来ます。 しかし、高難易度のイベントは共闘が多く、弱いキャラをゲストで参加するのはオススメしません。 足を引っ張って他のユーザーに迷惑を掛けてしまう可能性が高いため。 そのため、ホストになって、他の強いゲストに助けてもらってクエストを攻略していくのがいいでしょう。 以上のことを繰り返して行くのが初心者がいいと思います。 また何かありましたら追加していきます。

次の

【結果発表】『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』「あのキャラのアクキーが欲しい!!」開催!

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

キャラクター性能と各種アビリティについて クラウドは物理攻撃を主体としたアタッカーです。 いずれかに耐性を持つクエストに出撃する際は、クジャのように味方にエンチャントおよび敵に耐性ダウン付与可能なキャラクターと同時編成するといいでしょう(敵の属性弱点を突くことができると、攻撃タイプへの耐性を無視することができます)。 クラウドのアビリティの多くは単体対象が多いため、キャラクター性能としては基本的に対単体戦向き。 ターゲット以外にも合計HPダメージの20%ぶんHPダメージを与えたうえで、あと1撃で吹き飛ばし可能な状態にします。 全体的にクラウドのアビリティは使用回数が少めなので、状況に応じて通常攻撃からの変化コマンドもしっかり使っていきましょう。 そのパッシブ性能は「アビリティでクリティカルヒット発生時、対象のバフを1種消す」という便利なもの。 10枚でひとつ交換可能なため、所持していないならパワーメダル交換で入手してパッシブを抜き出しておきましょう。 クラウドはどのアビリティもBRV攻撃を有しているため、十分に恩恵を受けられます。 キャラクターの立ち回り方について クラウドは開幕からバフが4種付与された状態でスタートするため、開幕の立ち回りかたはかなり自由です。 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト• 最新情報• 新キャラ情報• 新武器実装&キャラ調整情報• 公式番組『オペオペEX』• 『オペオペ』美術館• イベントスケジュール• 攻略ライターのキャラ指南•

次の