はちま dmca。 はちま起稿とは (ハチマキコウとは) [単語記事]

[B! 著作権] はちまやJINのTwitterアカウントが相次いで凍結→任天堂名義でDMCA申請されてました

はちま dmca

『 はちま起稿』とは、の一つである。 概要 関連のと、それに関するの反応をしていたの1つ。 関連のとしては内最大級の数を持つ。 「」「ねつ造」「」の温床とかれている。 略歴 初代・清水鉄平がの時()に『鉢巻起稿』を開設。 同年に『はちま起稿』に名 当初はの個人としてされており、開設半年後から順調に数を伸ばしには『ブロガーア』を受賞し注を浴びる。 時にはで生活ができるようになり1浪後にに受かるが進学をやめに上する。 当初はで運用されていたが、後年に移転し、にはのを取得する。 当時から関連のショナルな記事を多く扱っていたため いわゆる に関わっているのではないかと疑問視されていた。 個人情報の漏洩と謝罪 、 清水鉄平のがによって漏洩し清水鉄平はを宣言。 また、親がをに設立し、となっていたことも判明。 住んでいたの住所には得体のしれない物が送られたという。 その後の記事についてがあったことを一部認め謝罪しの運びとなったが、には清水鉄平が『記事の品質管理の維持』のためと言いを宣言。 2ch転載禁止 同年、当時のによって、悪質な書き込みを行っているのひとつとして、「オレ的速報」「はちま起稿」「」「即」「」が 書き込み禁止の処置を受ける。 以降、はちま起稿はのみの掲載か、自体ののまとめに留まるようになる。 書籍の発表 に 書籍「」を発表するも、の評価はが二つとなっている。 書籍ではのについての謝罪が載っている。 DMMへのバイアウト問題 、 「」が「 はちま 起稿」を所有・していたことを発表。 しかしには「」(玄坂)に売却を決めすでに了していたようで、売却額はわかっていない。 しかし()付けで発表したプによると、同社ははちま起稿の売却を決定しすでに売却を終えたことが判明。 の会社はわかっていない。 アフィ収益 書籍には、ので売れたの本数の5が記載されている。 初代『はちま起稿』 0に開設。 開停止を確認。 二代『はちま起稿』 0に開設。 08:00に終了宣言。 開停止を確認。 Twitter 管理者 関連項目• (から同年まではちま起稿をしていた)• (にはちま起稿をから譲り受けた。 その後に、既に売却したことを発表したが売却先は開しなかった) 脚注• adget.

次の

DMCA悪用はなぜ問題なのか

はちま dmca

スポンサーリンク はちま・jinの凍結理由は任天堂DMCAで著作権侵害? 現在、はちま起稿、オレ的ゲーム速報のTwitterアカウントが相次いで凍結されているようです。 はちま起稿、オレ的ゲーム速報のTwitterアカウントが相次いで凍結(オレ的に至っては予備垢も)。 理由はなんだろうね。 こういう時に理由がわからんのがツイッターのよくないところだとおもう。 — rafin rafin01 遂にツイッターからも「悪質なまとめサイト」として認められたか?あるいはこれも「いくつかのツイートに「NGワード」が含まれてた」だったり? — 飛駆鳥(相互垢) gifuvictory はぁ? こういう奴らの不幸は蜜の味っすなぁ? ゲス顔 — おおわて・スプラ893・屑イックリン sukagizami スポンサーリンク 凍結理由は任天堂DMCA! そんなはちま、俺的ゲーム速報 jinのツイッター凍結理由は、 任天堂が著作権侵害としてDMCA虚偽通告をしたからでした。 オレ的ゲーム速報、任天堂に著作権砲打たれてて笑う — toad. 2222 Toad2222 はちま起稿も任天堂に打たれてやがるwww — toad. 2222 Toad2222 IT速報も任天堂に打たれてた — toad. 2222 Toad2222 一応、虚偽通報の可能性はあるんで要監視です。 — toad. 2222 Toad2222 DMCAは米国で2000年に施行されたデジタルミレニアム著作権法の略称で、著作権を侵害するコンテンツを通報する時に使われます。 つまり、任天堂がはちま、俺的ゲーム速報 jinの虚偽の情報にDMCA虚偽通告をして通報したかと推測されています。 ただし、まだ悪意のある方が虚偽通報の可能性もあるので、まだまだ油断はできません。 はちま・jinの凍結理由は任天堂DMCAで著作権侵害? 大手まとめサイトのはちま、jinですが、ついに任天堂本人からDMCA虚偽通告をされて凍結されたと推測されています。 ただ何度も言いますが、虚偽通報の可能性もあるので、今後のはちま、jinの凍結はどうなるのか注目ですね。 せばな~.

次の

「Twitterはクソ」だけでは済まないDMCA悪用の問題

はちま dmca

目次 1 2 3 4 5 6 どうやって悪用されるの? DMCAとは? DMCAの悪用について解説する前に、そもそもDMCAとは何か?についてご紹介します。 DMCAとは、Digital Millenium Copyright Actの略で、アメリカで1998年に成立し、2000年に改正されたデジタルデータの著作権保護法のことです。 著作権を侵害しているコンテンツに対しプロバイダーの責任が求められ、盗用された人がプロバイダーに削除を申請したり、盗用したサイトの管理者の情報開示を要求することができるというもので、日本でも2001年に情報開示を要求できる「プロバイダー責任制限法」が成立しました。 プロバイダー以外にも、検索エンジンであるGoogleや、SNSのTwitterやFacebookなどがDMCAをもとにした著作権保護をポリシーとしており、日本でも事実上、DMCAがWebコンテンツの基準となっています。 DMCAの悪用とは? 本来は、自分の運営するサイトのコンテンツを盗用された場合に、相手側のページを表示させなくすることを目的としたルールなのですが、たとえば、競合他社の運営するメディアや自社にとって都合の悪い内容が書かれたページを人の目に触れさせないために、実際には著作権を侵害されていないのに「侵害された」と偽って削除を申請するケースが起きています。 これがDMCAの悪用です。 悪用された時の影響範囲は? もし、運営サイトのコンテンツが、著作権侵害をしていないにも関わらず、他者からGoogleなどに著作権侵害をしていると訴えられ、それが認められてしまった場合、どのようなことが起こるのでしょうか? 次の2つのペナルティが課されます。 該当ページがGoogleの検索結果に表示されなくなる• ページ自体は表示されるが、著作権侵害とされる画像などが表示されなくなる 悪用の例として、掲載文章が盗用だと訴えたり、フリー素材の画像を使用しているにも関わらず画像部分が著作権侵害していると訴えたりといったことが挙げられます。 DMCAの悪用って、どうやって防ぐの? 結論からいえば、現時点では「著作権の侵害」を理由にしたDMCAの悪用を防ぐ手立てはありません。 ただ、もし、著作権侵害をしていないのに運営サイトからページが削除されてしまった場合、異議申し立てを行うことで再掲載してもらうことはできます。 異議申し立ての方法は、他者から削除を求める申請がなされた際にGoogleから送られてくる「DMCAに基づくGoogle検索からの削除のお知らせ」というメールのなかに記載されている「DMCAに基づく異議申し立て通知」のリンクからたどれるフォームへ移動し、入力項目を埋めて送信するというものです。 google. 悪用した際のリスクは大きい! 日本でも、このDMCAの悪用だといわれるケースが起きました。 2017年8月、ある企業が株式を上場した際に、この上場の仕方が社長と一部の取締役にしか利益をもたらしていないことを指摘したブログに掲載されていた同社の社長の顔写真が「著作権侵害である」として削除されたほか、該当ブログのURLが投稿されたTwitterが削除されたのです。 これは、著作権侵害のためではなく、同社の不評被害を防ぐための「逆SEO」ではないか?という指摘も出ましたが、同社はあくまで「著作権を有する画像の無断使用を問題視しただけ」とし、さらに批判を浴びる結果となりました。 DMCAを悪用されれば、削除されたページの運営者(SNSなら投稿者)がそれに気づかないわけがありません。 今度は「悪用されたのでは?」という意見がネット上に飛び交うことになり、風評被害は却って拡大してしまいます。 Google「著作権侵害による削除」の正しい申請方法 DMCA悪用のリスクがわかったところで、悪用ではなく本当に運営サイトのコンテンツが盗用されてしまった場合に、Googleに対して検索結果から削除してもらうための申請方法をご紹介します。 まず、削除申請には、Googleサーチコンソールへのログインが必要になります。 ログイン後、「」のフォームに必要事項を入力します。 【入力項目】• 会社名(任意入力) 著作権所有者を選択する部分では、申請者が本人の場合は、プルダウンから「本人」を選び、代理人の場合は「自分が代理を務める著作権所有者を追加」をクリックして著作権所有者の氏名を追加してからプルダウンを選びます。 著作権対象物の項目では、• (1)著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明• (2)当該著作物が許可を受けて掲載されている場所• (3)権利を侵害している著作物の場所 の3つを記入する必要があります。 (1)では著作権を侵害されているコンテンツの詳細(画像、文章など)と、どのように侵害されているか(まったく同じ文章がコピーされているなど)、(2)ではオリジナルの掲載されているURL、(3)では盗用しているサイトのURLを入力します。 もし、複数の著作物が侵害されている場合は、枠下の「新しいグループを追加」をクリックして、著作物ごとに入力してください。 まとめ 本来なら著作権を守るべきはずのDMCAが逆SEOのために悪用されている事実は残念なことですが、せめて自社のコンテンツは悪用に関わらずに済むように自衛しましょう。 Googleサーチコンソールのメール通知に登録しておけば、DMCA新規申請があるとすべて知らせてくれるので、自社の運営メディアに関わらず、DMCA申請の傾向に興味があるという方はチェックしてみてください。

次の