山梨コロナ女性渡辺麻友。 山梨20代帰省の女性「友達に売られてかわいそう」55号

山梨コロナテロ女とバス同乗女性もコロナ陽性!身元や行動歴は?

山梨コロナ女性渡辺麻友

東京都から山梨県内に帰省した20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。 山梨県によりますと、東京都在住の20代会社員の女性は 先月29日に高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。 女性は帰省した翌日、東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて 味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。 女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、 高速バスを使用して東京都内に戻りました。 2日になって陽性が判明したということです。 女性は山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町に滞在していました。 山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに再度、 不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。 引用: あれだけ政府や東京都が「」と言っていたのに帰省するとは…開いた口がふさがりません。 更に、不要不急の外出を控えろと言われているにもかかわらず友人とバーベキューって、いまする必要があったのでしょうか?頭悪すぎませんかね? 保健所にも虚偽の説明 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 (中略) ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「 陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 (後略) 引用: PCR検査で陽性が発覚した後に高速バスで帰京とは、もはやテロ同然ですね。 ちなみにこの女性は「 飼っている犬が心配だった」との理由で帰京したようです。 信じられませんね。 高速バスの運転手や乗客の事を考えたら、間違ってもそんなことはできないと思うのですが。 引用: 女性の証言をもとに該当する路線の高速バスの時刻表(詳しくは)を見ていくと、富士ハイランドバス停を10:18に出発する高速バスがありました。 運行会社が京王バスですから、これで決まりでしょう。 さらに家族ぐるみで嘘をついていたことも発覚し、身元を特定される事態になっています。 渡辺真由の兄貴 — 阿倍新蔵 Z6OL2S6wTKzdSuI• 名前:渡辺真由• 東京都新宿区在住• 誕生日は1996年5月16日• 実家の住所: 山梨県南都留郡鳴沢村大田和まで判明(詳しくは、電凸したい方は)• バーベキューを行った友人宅は 山梨県南都留郡富士河口湖町船津まで判明• 寄ったスーパーはTAC、河口湖オギノ• 他にゴルフ場、整骨院も行った模様• を卒業(メールアドレスは、電凸したい方は)。 も見てみましたが、あまり評判は宜しくないようでした。 学力もかなり低い模様。 を卒業した模様。 (メールアドレスは、電凸したい方は)• 勤務先は不明(パティシエ?看護師?職種も情報が錯綜しております…)• 友人男性1名も新型コロナ陽性。 セフレだった可能性も?• インスタのアカウントはと• Twitterアカウントはと• 過去に未成年飲酒もしていた模様• 彼氏は石井ひろしで確定か。 整備工の模様。 (詳しくは)• 彼氏とは不倫関係だった?.

次の

まゆゆ渡辺麻友の今現在の顔画像!病気?彼氏と結婚?妊娠で引退の声|消えた有名人今現在の画像管理システム

山梨コロナ女性渡辺麻友

山梨帰省女性の特定情報が掲示板に溢れる 一部の大型インターネット掲示板やTwitterでは、今回の20代女性の個人情報の特定について「顔画像」「自宅」「勤務先」などに関して「特定した」とする情報が多数投稿される事態となっています。 中でも女性のフルネーム、顔写真、勤務先名といった噂が複数出回っており、これに「もっと拡散を」「晒されるべき」と、そのままリツートされるものも。 一方でSNSでは 噂と共通点のあるユーザーに無差別に誹謗中傷のDMを送るなどの行為もあるため、安易な特定・拡散行為で巻き込まれる人がいるとして、注意を促す声も上がります。 色々特定されてますね。 ネットで晒し者になるのはあまり良いことではないと思うけど、今回に限っては自業自得と言うか仕方ないと思う… でも山梨県の他の渡辺さんにどうか被害が及ばないことを切に願います。 — ゆきんこ yukinko0443 出典:本人の顔画像だとして画像が複数の場所で拡散されている また、「特定」したと言われている女性のものと見られるTwitter 現在は削除 について、掲示板では「twitterを消したから本人確定」「消してもスクショが拡散されるから無意味」といった憶測が一人歩きするコメントも。 中には「 女性と一緒にBBQをした 友人の職業が保育士で、保育所が消毒された、家の窓ガラスが割られたらしい」「父親は大工」といった、 未報道の不明確な情報も複数投稿されています。 女性をめぐり意見を交わすチャットのスレッドは開設から1時間あまりで上限の1000件に達成し、「これはやりすぎ」といった声も一部では上がるものの、そのほとんどが女性の行動を非難・中傷する言葉で埋まる状態となりました。 出典: 「ごめんなさい」本人名乗る人物がTwitterで謝罪するデマも さらに、20代女性との関連性をほのめかすtwitterアカウントが作られ「渦中の〇〇です。 日本中のみなさん、私の身勝手な行動でご迷惑かけてごめんなさい。 前のアカウントでの誹謗中傷に耐えられず逃げてきました。 」などと投稿する人も。 その氏名が噂となっている人物の名前を指していることから、女性が指しているのは山梨の感染女性の一件であると予想されますが、のちに無関係であることが判明しています。 同アカウントでは「とりあえず前のアカウント消した。 」「職場は1ヶ月謹慎、実家には不審物が届いた」といった本人を装う記載がされていました。 出典: ネットの反応 山梨の女性、案の定特定されてるし本人も煽って燃料投下してた。

次の

まゆゆ渡辺麻友の今現在の顔画像!病気?彼氏と結婚?妊娠で引退の声|消えた有名人今現在の画像管理システム

山梨コロナ女性渡辺麻友

山梨県コロナ20代女性が富士吉田発の高速バス 京王バス で帰京判明 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 「帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 このときからネットでは大きな話題になっていましたが、当該女性は3日になって 保健所に虚偽の説明をしていたことを告白しました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 産経新聞ではこのように報じられており、ネットではさらに炎上。 この女性に対しての批判が殺到している状況です。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名 名前 は渡辺で爆サイ特定完了? 今回の報道が大きく報じられると、ネット掲示板を中心に特定活動がスタート。 おもに、 2ちゃんねると 爆サイなどの掲示板で特定作業が行われています。 実際、爆サイには 『新型コロナ感染した富士北麓の低能女を特定して追い込もう!』というタイトルのスレッドが立っています。 このスレッドでは、当該20代女性と思われる人物の名前と思われる記載がいくつも散見されます。 一部書き込みでは、家族の情報やバーベキューをやった友人の情報まで記載されています。 ただ、これらの情報はあくまでも掲示板に投稿されたもの。 出所も不明確で、この情報を裏付ける確かな証拠もありません。 そのため、現時点では信頼できる情報とは言えないでしょう。 これは女性の氏名、住所、顔写真などの情報を開示しないと取り返しがつかないんじゃないかな? バスの同乗者、山梨と東京での足取り、会った人間など対策できなくなってしまう。 同情するつもりは無いけど これから山梨で感染者が増えたら 原因がどうであれ暫くはこの女性のせいにされるんだろうな… 山梨に帰るのも異常だか、友人に会い、帰宅まで誤魔化すなんて。 いつもこんな生き方で過ごしていたんだろうな。 どれだけの迷惑かかんがえないだろ。 虚偽報告は無罪なの??.

次の