オセロニア 罠。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 罠駒対策!注意すべき罠を覚えておこう

【オセロニア】「罠」スキル持ちのキャラ駒一覧

オセロニア 罠

回復耐久デッキ毒デッキ 戦術とデッキコンセプト 序盤はフルカスやヨシノといった相手の残HP量に依存する攻撃で大きなダメージを与え、その後は罠やカウンターで相手のHPを削りながら、手駒ロックやスキル無効で相手のペースを崩して闘う戦術です。 デッキを組む際のポイントは、アヌビスとエクローシアなど、同一の効果を持った駒を複数枚入れて、できるだけ駒運に左右されずに安定して闘えるようにすることです。 リーダーにすべきキャラ 相手の残HP量に依存して特殊ダメージを与えるフルカスとヨシノがおすすめです。 これらの駒は初ターンから大ダメージを出せる数少ない駒で、相手とのHP差が離れにくい本デッキでは必須です。 同じような効果を持った駒はニューイヤーフルカスと進化アダラブルハがいますが、2枚以上返すという発動条件が大きなネックになります。 これらの駒は初手に出せないので、相手の特殊罠にかかる危険性があります。 また、2枚返しは辺を取ることが多いので、罠を設置する貴重なタイミングが失われてしまいます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 591 【魔属性】 超オススメ! A 初期キャラ魔コレクションガチャ キーポイントとなるキャラ 罠、カウンタースキルを持つ駒 このデッキでは中盤のダメージは全て、罠とカウンターによって出します。 罠には通常攻撃ダメージを返すタイプと特殊ダメージを返すタイプがあります。 ポイントとなるのは特殊ダメージを返す罠で、 最近流行りの神統一攻撃デッキに効果的なだけではなく、竜デッキ等の本来効果がないデッキに対しても警戒心を抱かせ続けることができます。 罠のダメージ量も重要ですが、様々なタイプの罠を編成することで相手を惑わせることができます。 特にひっくり返されて発動するタイプのカウンターを編成すると、相手を混乱させるだけではなく、罠ダメージを重複させることも可能です。 オススメはアゲハやギルタブルルで、ヘイランなどコンボが特殊ダメージの毒駒の隣に置いて返さざるを得ない状況にして大ダメージを出したり、ハーピストエンジェルなど、強力な特殊ダメージをコンボに持つ駒の導線上に置いて牽制することができます。 オススメキャラ 罠・カウンタースキルを持った駒はかなり多いので、現在取得可能、かつ超オススメできるキャラのみに絞って紹介します。 No キャラ レアリティ 入手方法 105 【魔属性】 超オススメ! アゲハ A 決戦イベント 無効スキルを持った駒 無効スキルとは、コンボスキルを使えなくするもので、竜統一速攻デッキや神統一攻撃デッキなど、コンボスキルを使ってダメージを出すデッキに対して、絶大な効果を持ちます。 相手をコントロールする上で、コンボスキルによる大ダメージは絶対に受けてはいけないので必須になります。 無効スキルを持った駒の種類は少なく、発動条件やコンボスキルを無効にする数によって差別化されます。 現状では発動条件は2種類あり、場に出ている同属性の駒の数によるものと、返した駒の枚数によるものがあります。 オススメは返した駒の枚数によって発動するタイプでアヌビスとエクローシアが該当します。 このタイプの利点は、速攻タイプのデッキによるX打ちに対応できることです。 エクローシアの場合、S枠を使いますが、後半に3枚消せるとほぼ全てのコンボスキルを消すことができ、相手が盤面の不利を覚悟で出してきたハーピストエンジェルなどに対応できるため、大きなダメージを受けることなくオセロ的に優位に立つことができます。 また、 2枚入れることで手駒に来る確率が上がるだけではなく、1枚目を使った後に相手の無効に対する警戒心をなくすことができます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 954 【魔属性】 超オススメ! A プレミアムガチャ逆転コイン 後半に火力が出る駒 罠やカウンターを中心とした攻撃は決定力が無く、相手も警戒して大きなダメージを与えてこないため、勝負が長引きHPも均衡することが多いです。 そのため、こちらから勝負を仕掛ける際に候補となる攻撃スキルは、 「ライフバースト系 HPが減少するほど大きな特殊ダメージを与える 」と「コインオルス系 盤面の駒の総数に応じた特殊ダメージを与える 」が最有力です。 相手は罠を警戒して一撃で削り切れるタイミングで勝負を仕掛けできます。 それまでに主要なコンボが潰れていればこちらのHPが3500から4000の時に仕掛けて来ます。 その時、フルカス分のアドバンテージがあるため、大体相手のHPは3000位なので、 その1ターン前の相手のHPが4000から5000の時に削り切れれば勝てるためそれを基準に駒を選定します。 理想はライフバーストではヴァイセ、コインオルスではアンドロメダです。 この2体は盤面や繋ぎ方次第では6000超えのダメージを与えることができます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 870 【神属性】 超オススメ! これらは辺に置いて使う永続的なデバフと違い、シールドと同じような使い方をします。 デバフはシールドと違い貫通できず、返されなくても効果が発動するため、1ターンを凌ぎたい時には効果的です。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 585 【神属性】 超オススメ! これらのデッキは大抵のデッキに対して主導権を握れ、どんな時でも一発逆転が狙えます。 これらのデッキと戦う際にそれらの利点を潰して戦うことが求められ、罠系のデッキはそれが可能です。 HPを常に同等に奪い続けるため、攻撃デッキに対して他のデッキでは奪えないようなダメージを与えられる利点もありますが、それ以上に相手が慣れていない展開に持ち込めるので戦力以上に混乱させられることが最大の強みです。 その反面、回復デッキとの相性が非常に悪く、盤面を有利に進めても最終的にHP差で負けてしまうことも多々あります。 一応戦術としては、いくら序盤でダメージを与えても回復されてしまうので、フルカス、コインオルス系、ライフバースト系を終盤まで温存して、コンボも利用しながら一気にダメージを与えることが挙げられます。 毒を使用していないのでミヤビなどを入れても面白いかも知れません。 このデッキの魅力は相手の戦力や行動を読みながら対戦する必要があるので、バフデッキや速攻デッキとは違った臨機応変な立ち回りができる点だと思います。 また、罠やカウンターは選択肢が多く、攻撃方法によって駒を入れ替えることもできるため、デッキを構成する自由度が高い点も魅力です。 オリジナリティがあるデッキを組みたい方は是非試してみてください。

次の

逆転オセロニア【攻略】: 罠とカウンタースキルを持ったキャラクター

オセロニア 罠

S駒とB駒のなかで使用頻度の高い罠スキルの駒は限られており、基本的にはひっくり返すことで安全に処理できるものが多い。 クラスマッチやコロシアムで使用頻度の高い駒は以下のとおり。 名称 発動条件 属性 2000以上のダメージを受けたとき 魔S 1300以上のダメージを受けたとき 魔S 相手の攻撃時 魔S 相手の攻撃時 魔B 相手の攻撃時 魔B ひっくり返されたとき 魔B S駒のベルフェゴール(闘化)やアアラブルハ(闘化)は、罠スキルが発動するまでに条件があるものの、効果は非常に強力。 ただ、S駒の枠にはアタッカーを入れる人が多いため、使ってくる相手は限られるが、罠スキルのB駒は様々な場面で見かける。 なかでもクリスマス・ベリトは通常よりもダメージを返す値が高く、コンボスキルも「囁き」系」となっているため、可能ならば早めにひっくり返してしまおう。 A駒の罠スキルは、魔デッキだけでなく混合デッキにも入っているほか、種類も豊富なので判別しづらいのが厄介なポイントだ。 名称 発動条件 属性 特殊ダメージで攻撃されたとき 魔A 2枚以上ひっくり返されたとき 魔A 2,000以上の特殊ダメージを受けたとき 魔A 2枚以上ひっくり返されたとき 魔A 通常攻撃で攻撃されたとき 魔A 特殊ダメージで攻撃されたとき 魔A ひっくり返されたとき 魔A これらの駒を見破るコツとしては、それぞれの特徴をまずは把握すること。 例えば、表内に挙げている駒は特殊ダメージに対して効果を発動するものが多く、どれも特殊ダメージが発生しない駒でひっくり返せば処理できてしまう。 ただ、カウンターと違って罠スキルは取られにくい場所に仕掛けるのが一般的であり、カミュのように通常攻撃に対して発動するものの可能性もある。 そのため、不安な場合は受ける被害が少ないB駒を出してダメージを最小限に抑えよう。 対人戦にて、ルキア対策としてレベルを調整した祝融やフェアリーフェンサーを作っている人も多いが、実は罠スキルでも似たようなことができる。 というのも、レベル最大時のB駒とA駒のATKの値は同じであり、ピリキナータのような手軽に入手できる駒は、スキルレベルさえ上げておくことで相手にB駒と思わせることが可能。 罠スキルで調整しやすい駒は以下のとおり。 ピリキナータ• イヴェット• ジルドレ• 罠駒対策として使う貫通スキルの注意点 特殊ダメージは貫通でも無効化されない.

次の

【オセロニア】罠スキルを持つキャラ一覧

オセロニア 罠

友達と!全国のライバル達と!白熱のリアルタイムオンラインバトルが楽しめる!! キャラクターの駒を置いて、挟んで、ひっくり返して、ダメージを与えよう! 相手のHPを0にすれば勝利!手に汗握る攻防で「大逆転」を狙え!! 個性的なキャラクター達のスキルやコンボの組み合わせは無限大!自分だけのデッキを編成し、練り上げた戦略で勝利をつかめ!! 0以上 CPU64bit、RAM1. 0GB以上 推奨 【免責事項】 1 推奨機種および、推奨OSバージョン以外での動作につきましては、サポートの対象外となります。 2 お客様のご利用状況により、推奨機種であっても動作が不安定な場合があります。 【その他のお問合わせについて】 ご不明な点がございましたら、DeNAゲームサポート事務局 [ game-support dena. com ] までお問い合わせいただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 笑 楽しくやらせて頂いてます!ありがとうございます! ・ガチャについて 皆さんが書いてらっしゃるように、ガチャを何十連してもS駒が出ないなんてことは多々ありました。 おい排出率!?!?なんて怒ってたことも…笑 でもほぼ毎日星のかけら1個でガチャを引かせてくれてるし、たまにそれでS駒が出てくれるので、今では怒ることは無くなりました笑 ・対戦について 自分は4年やっときながらデッキが完璧に完成している訳でもオセロが上手い訳でも無いので、まだ公式戦は400勝しか出来ていません… ですが、何万勝もしている方に必ず負けるという事も無いですし、自分より戦績が低い方に必ず勝てるという訳でもありません。 運ゲー、キャラゲー…うん。 批判も肯定も色んな方の意見があって、改めてこのアプリは凄いんだなって思いました、笑 自分はオセロニアが大好きです。 ・駒投げゲーではあるが、戦術を知らないと勝ちようがない、つまりpsや、判断力もちゃんと必要。 ・他のゲームに比べ、S駒 最高レア が当たる確率が高い。 殆どのガチャで20連程度行えば一つは当たる。 ・パック課金の値段が安いので、微課金でも行ける。 ・ これは初心者向けの良い点です 全体的に最近は運営が初心者歓迎ムードの修正をかけているので、すぐ強くなれる はず。 クエストなどで、基本的な打ち方 定石 も教えてくれます。 ・ 個人の意見です ある程度駒が揃ったら、ネタデッキを作って遊ぶのが楽しい!これはまじで楽しいです。 続いて改善点です。 ・煽りプレイをする人がどうしてもいなくならない。 どのゲームでもそうですが、通報機能の実装をして欲しいです。 ・最近は始めたばかりの人でも簡単にダイヤ ランクマッチにおいての最高位 に上がれてしまう環境なので、本当の上級者とその部分との区別化を図ってほしい。 ダイヤクラスの上を作るなど。 ・課金をしないと手に入らない駒が、あるデッキにおいての必須駒になっているのを改善してほしい。 ・ダイヤマスターの今になってもゴールドクラスの方と当たってしまうのを改善してほしい。 これは双方にとってあまり利がないです。 僕自身がやっててあまり楽しくないですし、ゴールドクラスの方もおそらく楽しくないので。 ・ここは改善点というより僕自身の要望なのですが、チャット機能、ギルド機能の実装を是非お願いしたいです。 これがあればより楽しくなると僕は個人的に感じています。 以上が僕がプレイしていて感じたこのゲームの良い点と改善点になります。 最後に他の方の低評価についてなのですが、ここはあまりゲームの内容と関係がない僕の意見なので見たくない方はここで見るのを止めてしまって構いません。 他の方の低評価理由 ・「これオセロ要素なさすぎ。 運ゲー」 これは事実です。 事実ではあるのですが、そもそもこのゲームをやるにあたって認識していただきたいのが、これは「オセロ」ではなく「オセロニア」です。 オセロニアは僕の認識としては、「オセロを模したカードゲーム」です。 オセロそのものを忠実に再現することを目的としたゲームではないと思われます。 ・「ジャンケンゲー デッキ相性の要素がありすぎる 」 これは同意です。 運営さんにはミラーマッチの確率を上げるなどの改善をしていただきたいです。 ・「駒操作してるだろ絶対」 わかりません。 駒操作をしていたとしても、我々にはそれを立証することができないのでそれを勝手に決めつけて低評価をつけるのには些か疑問を覚えます。 ・「課金ゲー」 運営が課金勢有利にするのは当たり前だと思われます。 たしかに上記のような、課金しないと手に入らない駒があるデッキの必須駒であるということについては僕も改善をして欲しいですが、課金による確定ガチャやパックの制度そのものは企業が運営している以上致し方のないことかと。 ・運営の対応等については、僕からは言うことはありません。 むしろ上に書いた理由で低評価をつけている方々の意見より今から始めるか迷っている方々は不具合等に対する運営の対応等についての評価をみた方がよろしいかと。 長文になってしまいましたがここまでご覧いただいた方はありがとうございました。 僕個人としてはとても大好きなゲームなので是非一度やってみてください。

次の