東京 ガールズバー。 東京都のガールズバーのバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

上野で可愛い女の子がいる人気のガールズバー3選

東京 ガールズバー

「仕方ないなぁ……お兄さん、コレ、特別だよ」 思わせぶりな口調で困ったような顔をしながら、風俗案内所の店員は携帯電話を取り出して、どこかに電話をかけた。 ここは新宿・歌舞伎町。 数年前に比べると恐ろしいほど街は〝浄化〟されてしまったが、やはりココには何かあるのだ。 「はい。 40代のお客さんなんですけど」 店員は電話を終えると、ニヤリと微笑み、 「いいところ教えますよ。 絶対、内緒っすよ」 これが全ての始まりだった。 案内された先はラブホテル街近くにある雑居ビルの地下だった。 何の看板もない。 一抹の不安を覚えたが、今さら後戻りも出来ない。 ドアを開けると鼻腔をつく果実系の甘い香り。 そして、お洒落な間接照明に包まれたバーカウンター。 「いらっしゃいませ~」 数人の若い女性の声が飛ぶ。 そこは見るからに『ガールズバー』だった。 (おいおい、俺は飲みにきたわけじゃないぞ!) とりあえずカウンター席に座ると……。 「何を飲まれますか?」 カウンターに立ったのは「Mちゃん」。 モデルを彷彿させるスレンダー美女だ。 聞くと21歳の女子大生だという。 カウンターの席の上にはメニューがあった。 バー並みの品揃えだが、料金は5千円飲み放題のみ。 キャバクラのセット料金だと思えば、そう高くない。 とりあえず、ビールを頼むと、 「こちらも見てくださいね」 Mちゃんはメニューを裏返した。 〈連れ出し90分2万5千円、120分3万円〉 なるほど。 そういうコトか。 風俗案内所の店員に感謝しつつ、品定めだ。 店内にはMちゃんのほかに童顔のムッチリボディとオッパイ小さめの清純派の女子が2人。 ビールを飲みながら妄想を膨らませて誰にしようか思案。 結局、抱き心地の良さそうなムッチリボディを指名した。 白い歯を覗かせて微笑んだ彼女の年齢は20歳。 オヤジの股間はすこぶる奮えた。 連れ出し料を払うと、彼女と外へ。 自然と腕を組んできた彼女とラブホテル街へ急いだ。 その道すがら、店についてアレコレ質問。 やはりソレ目的の違法ガールズバーなのだ。 ホテルに入ると、シャワーを浴びて、すぐさまベッドイン。 先ほどまでカウンターの奥で微笑んでいた〝天使〟が、色白モチモチ肌の肉感ボディを露わにした。 「可愛いねー。 タマんない」 オヤジ丸出しで彼女を抱きしめ、ディープキス。 ベッドに入り柔らかいマシュマロ乳を味わう。 恥毛に指を這わせるとそこはビッショリ。 「ああん……気持ちいい」 ゴム装着だったが、正常位で挿入! 歌舞伎町は風俗案内所ばかりが増えて、客の奪い合いが熾烈。

次の

東京都のガールズバー情報・最新ランキングならリンカーン

東京 ガールズバー

どうも!ガールズバーのバイトを紹介する専門家のみっくんです。 あなたは、 「ガールズバーの雰囲気や業務内容がよく分からない」と思っていませんか? 多くの女性は、 「ガールズバーってなんだか怪しそう」と決めつけてしまってます。 ハッキリ言いますが、ガールズバーは世間のイメージよりはるかにメリットのあるバイトです。 楽かどうかは本人やお店によりますが、全体的に見れば楽に稼いでる女性が多いです。 本当に楽に高時給を稼げるならガールズバーやってみようかな…ってなりますよね? ではさっそく、ガールズバーとはどんなところか見ていきましょう。 ガールズバーってどんなところ? ガールズバーはその名の通り、女性限定のバーのことです。 ガールズバーとは、「女の子とお喋りしたいな〜」と思ってる男性が訪れるバーです。 お酒を飲みたいのはもちろん、女の子と話したいと思って来るお客さんが大半ですね。 一般的に勘違いされやすいのですが、お酒作りのスキルはそこまで求められてなく、 お客さんとの会話がメインの業務となります。 冒頭でガールズバーが楽だと言ったのは、このように男性客と楽しくお喋りして稼げるからです。 ガールズバーの業務内容は? 全国にあるガールズバーのほとんどは、お酒作りと会話が必須業務です。 それ以外の業務を追加で任されるかは、お店によって異なります。 お店によって任される業務• 皿洗い• 灰皿交換• レジ打ち• イベントなど企画立案 上記の業務はどれも、男性スタッフが変わりに行うケースが多いです。 頭の片隅に覚えておきましょう。 ガールズバーとキャバクラの異なる点は? キャバクラは男性客の隣に座ってお喋りするお仕事。 それに対しガールズバーは、 必ずカウンターを挟みます。 カウンター越しということは、お客さんから体に触れられる心配がありません。 また、ガールズバーは指名ノルマがなく、色恋を使うなんてこともまずないですね。 そのため、キャバクラを経験した人にとって、ガールズバーは余裕だと感じるはずです。 キャバクラよりハードルが低く、水商売の入り口的なお仕事がガールズバーだと覚えておきましょう。 関連記事: バーテンダーとガールズバーの違いは? バーテンダーとガールズバーでは、 接客するのが女性限定かどうかの違いがあります。 一般的なバー店員は女性も男性も入り混じってますよね。 それに対してガールズバーは、 若い一般的な女性を売りにしたお店が大半です。 また、バーテンはお酒作りの玄人が多いのに対し、ガールズバーはお酒自体をあまり知らない素人ばかり。 プロを売りにしてるか、素人感を売りにしてるのか、その辺がバーテンとガールズバーの大きな違いですね。 関連記事: 職場の雰囲気は? ガールズバーは一見、 普通のバーより賑やかです。 店によってカラオケがあったり、団体客がいたりする影響で、ワイワイガヤガヤしてます。 ちなみにガールズバーはノルマや指名争いがないため、 女の子同士喧嘩が勃発するケースがほとんどありません。 自分から喧嘩を売ったりしない限り、人間関係が崩れることはないでしょう。 笑 どんなお客さんが訪れるの? ガールズバーのお客さんは様々なタイプがいらっしゃいます。 50代くらいの管理職の方や、大学生、フリーターなど…etc 全体的に学生より社会人の方が多いです。 基本的に年上男性が接客相手になります。 ちなみに、ガールズバーのお客さんはお金持ちがあまりいません。 笑 「キャバクラ行くお金がないからガールズバー行こう!」 みたいな男性がたくさんいます。 その分、「レベルの高い接客しなきゃ!」とか、変なプレッシャーがないのです。 それもあってガールズバーは、 比較的会話がしやすいと思います。 コミュ障の方は、『』をチェックして下さい。 ガールズバーで働く注意点はある? 「ガールズバーはお客さんとお喋りして、簡単なお酒作るだけで高時給が貰える!良いことづくし!!」 と言いたいところですが・・・ 当然デメリットもあります。 ガールズバーで働く注意点はいくつかありますが、そのうちの一つに、 お客さんとの接し方がありますね。 中には、「店外で会おう」 と誘って来る 口説き客は絶対避けられません。 でもこれって、誘いに乗らなければ良いだけの話ではないでしょうか? 接客を重ねるうちに、 口説き客のうまいかわし方が身についてくるので、さほど心配はいりません。 まとめ 結論、ガールズバーは普通のバーとさほど変わらないです。 女性の店員さんがお酒を作って、お客さんとお喋りするだけと考えれば、非常にシンプルだと思います。 「それやるだけ で普通のバイトより稼げるんだったら、ガールズバーをやってみよう」ってなりませんか? ただし中には 悪質店も存在するので、適当にお店を決めるのはいけません。 【重要】ガールズバーの求人を探してる方へ 『』でも説明してる通り、ガールズバーの求人サイトは嘘情報がほとんどです。 実際に面接へ行くと、「記載内容と違うやん…」となります。 その結果、自分に合うお店が見つからず、路頭に迷ってしまうでしょう。 それが嫌なら、ガールズバーの紹介会社を利用するべきです。 当サイト『ガルバー』は東京都内で、 評判抜群のガールズバーを紹介してます。 求人サイトみたいに嘘は付かず、正しい情報を元に相談者に合ったお店を提案してるんです。 お店選びの失敗を避けたい方は、ガルバーの紹介サービスを利用して下さい。 詳細を以下記事で解説しています。 関連記事:.

次の

東京スナック・ガールズバー徹底比較!

東京 ガールズバー

「仕方ないなぁ……お兄さん、コレ、特別だよ」 思わせぶりな口調で困ったような顔をしながら、風俗案内所の店員は携帯電話を取り出して、どこかに電話をかけた。 ここは新宿・歌舞伎町。 数年前に比べると恐ろしいほど街は〝浄化〟されてしまったが、やはりココには何かあるのだ。 「はい。 40代のお客さんなんですけど」 店員は電話を終えると、ニヤリと微笑み、 「いいところ教えますよ。 絶対、内緒っすよ」 これが全ての始まりだった。 案内された先はラブホテル街近くにある雑居ビルの地下だった。 何の看板もない。 一抹の不安を覚えたが、今さら後戻りも出来ない。 ドアを開けると鼻腔をつく果実系の甘い香り。 そして、お洒落な間接照明に包まれたバーカウンター。 「いらっしゃいませ~」 数人の若い女性の声が飛ぶ。 そこは見るからに『ガールズバー』だった。 (おいおい、俺は飲みにきたわけじゃないぞ!) とりあえずカウンター席に座ると……。 「何を飲まれますか?」 カウンターに立ったのは「Mちゃん」。 モデルを彷彿させるスレンダー美女だ。 聞くと21歳の女子大生だという。 カウンターの席の上にはメニューがあった。 バー並みの品揃えだが、料金は5千円飲み放題のみ。 キャバクラのセット料金だと思えば、そう高くない。 とりあえず、ビールを頼むと、 「こちらも見てくださいね」 Mちゃんはメニューを裏返した。 〈連れ出し90分2万5千円、120分3万円〉 なるほど。 そういうコトか。 風俗案内所の店員に感謝しつつ、品定めだ。 店内にはMちゃんのほかに童顔のムッチリボディとオッパイ小さめの清純派の女子が2人。 ビールを飲みながら妄想を膨らませて誰にしようか思案。 結局、抱き心地の良さそうなムッチリボディを指名した。 白い歯を覗かせて微笑んだ彼女の年齢は20歳。 オヤジの股間はすこぶる奮えた。 連れ出し料を払うと、彼女と外へ。 自然と腕を組んできた彼女とラブホテル街へ急いだ。 その道すがら、店についてアレコレ質問。 やはりソレ目的の違法ガールズバーなのだ。 ホテルに入ると、シャワーを浴びて、すぐさまベッドイン。 先ほどまでカウンターの奥で微笑んでいた〝天使〟が、色白モチモチ肌の肉感ボディを露わにした。 「可愛いねー。 タマんない」 オヤジ丸出しで彼女を抱きしめ、ディープキス。 ベッドに入り柔らかいマシュマロ乳を味わう。 恥毛に指を這わせるとそこはビッショリ。 「ああん……気持ちいい」 ゴム装着だったが、正常位で挿入! 歌舞伎町は風俗案内所ばかりが増えて、客の奪い合いが熾烈。

次の