ばね 定数 と は。 ばね定数とは?1分でわかる意味、公式、ヤング率、単位、求め方

ばね定数とは

ばね 定数 と は

ばねの種類 ばねは、使用箇所によりさまざまな形状のものが用いられます。 これもばねかと驚く形状のものもありますが、代表的なばねを以下に記します。 「ばね (スプリング)」 は ねじや歯車などの 機械要素と同じく規格が存在しますが、多くの場合市販品で対応できることが多いです。 市販品で対応できない場合、個別で設計し、仕様書を作成してばねメーカーで作成してもらいます。 ばねを選定および設計する際のインプット情報は以下となります。 取り付けスペース(外径/内径)• 最大荷重と最大のたわみ量• 取り付け時荷重と取り付け時のたわみ量 「取り付けスペース」 とは、ばねが設置されるスペースのことです。 一般的には 「シャフト」 や 「ざぐり」 を入れてばねを固定します。 これらの情報をもとに、ばねの各種寸法が決定されます。 また、これら寸法以外にも、使用環境や寿命などを考慮して材質、強度、表面処理の方法を決めていきます。 ばね定数kについて 先ほど示したインプット情報から「 ばね定数」が決まります。 ばね定数は、ばねに単位長さ伸縮させる力のことです。 ばね定数はフックの法則から求めることができます。 ばね用材料 ばね用材料は 「熱間成型用」 と 「冷間成型用」に大別されます。 前者は比較的大形の板ばね、コイルばねなどに、後者は冷間成形が可能な小形ばねに使用されます。 熱間成形用ばね材料 JIS G 4801に9種類のばね鋼 材料記号SUP が規定されています。 特殊な用途として工具鋼、高速度鋼、耐熱鋼などが使用されます。 冷間成形用ばね材料 熱間成形用に比べると多くの材料がJISおよびJSMA ばね工業会 規格に規定されています。 特に耐熱、耐食性が要求される場合にはCo基合金 Elgiloy、Nivaflexなど 、Ni基合金 モネル、インコネルなど が使用されます。

次の

圧縮コイルばね

ばね 定数 と は

バネとスプリングの違い 出典: 「バネとスプリングの違いは何か?」と問われたときに詰まることなく答えられる方は少ないでしょう。 それもそのはずで、実はバネとスプリングに明確な違いはありません。 むしろそれよりも 重要なのは、そのバネが圧縮か引張かの違いを見分けることです。 バネとスプリングの違いを強いて挙げるとすれば、バネはバネ製品そのものを指すのに対し、スプリングはバネのカテゴリ全体を指す総称だということです。 バネ製品を探すときは「スプリング」ではなく 「バネ」というキーワードで検索しましょう。 バネの選び方 バネの選び方は種類とサイズ、バネ定数の3つに分かれます。 このうち、種類は使い方によって決まるため、あらかじめご自身の用途を明確にすれば迷うことはありません。 サイズも同様です。 この3つの中で一番難しいのは、バネ定数です。 別名「バネレート」とも呼ばれますが、これを突き詰めて考えるには力学の知識が必要となります。 ここではわかりやすく、 バネ定数の計算式のみをご紹介し、商品を選ぶうえで何を考えるべきかに焦点を当てて解説していきます。 使い方に合わせた種類で選ぶ バネは大きく分けて圧縮コイルバネと引張コイルバネ、ねじりコイルバネの3つに分かれます。 これらは使い方によって種類が異なるため、まずはご自身が、どういった用途でバネを求めるのかを明らかにしておきましょう。 サスペンションに使われる圧縮コイルバネ(押しバネ) 出典: 圧縮コイルバネは別名「押しバネ」とも呼ばれており、バネ製品の中で最も使われている種類です。 押す力に対して反発する性質を持っており、主に衝撃吸収性を求められて使われます。 用途としては、車のサスペンション、ノック式ボールペン、押しボタン、寝具のマットレス、自転車のサドルなど、具体例を挙げればきりがありません。 圧縮コイルバネを選ぶうえで重要なのは形状です。 詳しくは後述しますが、円筒状のコイルバネや円錐状のコイルバネなど、その形状は多岐に渡ります。 とはいえ、円筒状のコイルバネ以外は用途が限られるため、違いがよく分からない場合は円筒状のものを購入すれば間違いありません。 ハンドブレーキに使われる引張コイルバネ(引きバネ) 出典: 引張コイルバネは別名「引きバネ」とも呼ばれており、 引っ張る力に対して反発する性質を持つバネです。 主にその形状記憶性を利用して、ハンドブレーキやレバーなど、あるものの位置を定位置に戻すために使われます。 圧縮コイルバネと引張コイルバネを見極めるコツはフックの有無です。 引張コイルバネにはフックがついているので、ここに注目すれば圧縮か引張かの見極めがつきます。 さらに、コイル同士が密着しているかどうか確認するのも良いでしょう。 圧縮コイルバネはコイル同士が離れているに対し、引張コイルバネはコイル同士が密着していています。 フックとコイル同士の状態を確認すれば、圧縮と引張を見間違うことはありません。 車のシートに使われるねじりコイルバネ(ねじりバネ) 出典: ねじりコイルバネは別名「ねじりバネ」や「トーションバネ」とも呼ばれており、車のリクライニングシートやドアノブ、クリップ、洗濯ばさみなど、 回転運動するものを定位置に戻すために使われます。 ねじりコイルバネは、アームと呼ばれる腕の部分が備わっているため、圧縮コイルバネや引張コイルバネと見間違う心配はありません。 アームの形状には直線状のものやフック状のものがあり、あらかじめ装着するものとの兼ね合いを考えて、形状を選びましょう。 サイズで選ぶ バネのサイズを決める場合は、自由長 自由高さ とコイルの平均径さえ確認すれば問題ありません。 バネは各部位が細かく分けてあるため、部位ごとの名称がとても多いです。 そのためサイズを選ぶ際、どの値を見ればいいのか分からないことが多々あります。 しかし、最低限自由長とコイルの平均径さえ見ておけば、バネが装着できないといった事態は避けられます。 逆にこの部分を見逃してしまうと、バネが使えない恐れがあるので注意しましょう。 バネの長さにあたる自由長 自由高さ を確認 出典: 自由長とは、 バネが負荷を掛けられていない状態での長さのことです。 主に、圧縮コイルバネでは自由高さという名称を用い、それ以外のコイルバネには自由長という名称を用います。 他にもバネの長さには密着長さと呼ばれる、バネに負荷をかけてコイル同士を密着させたときの長さを表す言葉がありますが、少なくとも、この自由長さえ確かめておけば、バネの長さが合わないことはありません。 バネの直径にあたるコイル平均径を確認 出典: コイル平均径とは コイルの内径と外径の平均値です。 単に部品として装着できるかどうかを判断する場合は、外径を確かめるほうが適切ですが、コイル平均径は後述のバネ定数に関わる重要な数値です。 また、コイル平均径と外径は僅差であることがほとんどであるため、この差分によって装着できるか否かが決まることはありません。 コイルバネの直径を調べる場合は、コイル平均径の方を確認しましょう。 定数で選ぶ バネには、バネ定数やバネレートと呼ばれる、バネの縮みやすさや伸びやすさを求める計算式があります。 バネ定数はバネの線径やコイル平均径によって左右され、この数値が低いとグニャグニャとした柔らかいバネになり、逆に高いと芯がしっかりした固いバネとなります。 では、その計算式について具体的に見ていきましょう。 たとえば、バネに対し9. 8Nの力を加えたときの縮みが1. 5cmであった場合、バネ定数は0. 実際はより正確な値を求めるために、バネの線形やコイル平均径を考慮した計算式も使いますが、あくまで バネの縮みやすさや伸びやすさの目安を求めるだけなら、この計算式で十分です。 ご自身が使われているバネの部品交換をする場合は、あらかじめこの計算式によってバネの縮みやすさや伸びやすさ、あるいは固さや柔らかさを調べておき、それに近いバネを選びましょう 知っておきたいポイント 先ほど紹介した圧縮コイルバネと引張コイルバネについて、選ぶ際のポイントを解説します。 様々な種類があり迷ったときは、こちらを参考にしてくださいね。 円筒コイルバネと円錐コイルバネ 出典: 圧縮コイルバネの基本的な形は円筒状ですが、中には円錐状の円錐コイルバネと呼ばれるものもあります。 円錐コイルバネは圧縮すればするほど、反発する力が増し、さらに密着長さを短くできるというメリットがあります。 ただし、円筒状のコイルバネとは違い、負荷に対する反発力を一定にできないため、使用シーンは限られます。 圧縮コイルバネを購入するときは、基本的には円筒状のものを購入し、 負荷にあわせて反発する力を変えたいときは円錐コイルバネを購入しましょう。 引張コイルバネのフックの形状 出典: 引張コイルバネを選ぶ場合は、必ずフックの形状に目を向けましょう。 フックの形状は適材適所ですが、基本的に丸型のものはフックにかかる負荷が少ないです。 つまり、それだけフックが長持ちしやすいと言えます。 丸型以外の形状にはVフックやUフック、角フックなどがありますが、いずれも破損しやすかったり、フックが外れやすかったりとデメリットが多いです。 引張コイルバネを選ぶ場合は、丸型のフックを選ぶようにしましょう。 圧縮コイルバネのおすすめ人気ランキング2選 まずはじめに、圧縮コイルバネのおすすめ商品をご紹介していきます。 圧縮コイルバネは固さをある程度絞って選ばなくてはならないため、ここでは固さから選べるように商品をピックアップしました。 また、購入の際は必ずサイズを確認してくださいね。 1位 uxcell 圧縮ばね 304ステンレス鋼 シルバートーン 10個セット 線径:0. 4mm コイル外径:3-6mm 自由長:10-60mm 重量: 材質:304ステンレス 長さは43種類!欲しいサイズが見つかる こちらの引きばねは、43種類という豊富な種類の中から好きな長さを選んで購入できるのが特徴です。 さらにuxcellの引張コイルばねとは違い、線径が0. 4mmのもののみが用意されているため、固さや伸びやすさが常に一定であるというメリットがあります。 ねじりコイルバネのおすすめ人気ランキング1選 次に、ねじりコイルバネのおすすめ商品をご紹介します。 ねじりコイルバネは他2つのコイルばねと比べて商品数が少ない傾向にあるため、ここでは設置個所にとらわれない、万能タイプのねじりコイルバネをご紹介します。 1位 TRUSCO トーションばね 巻数2 角度90 2個入 TTS121848A2 線径:18mm コイル内径:12mm 長さ:48mm 巻数:2 重量:19g 材質:304ステンレス 設置個所を選ばないシンプルさ TRUSCOのトーションばねはねじりコイルばねの中でもかなりシンプルな作りで、設置個所に幅広く対応できる万能なばねです。 また同社からは、いくつかサイズ違いのねじりコイルばねも販売されているため、必要に応じてそちらの方も調べておきましょう。 圧縮コイルバネと引張コイルバネのセットのおすすめ人気ランキング2選 最後に、圧縮コイルバネと引張コイルバネがセットになったお買い得商品をご紹介します。 これを1つ購入しておけば、バネの部品交換がスムーズに行えるおすすめ商品です。 商品選びが面倒な方でも、これを購入しておけば間違いありません。 1位 GOOMAND 圧縮ばね・引張りばね 20種類 200pcs サイバネセット 圧縮コイルばね:8サイズ計76個 引張りコイルばね:12サイズ計124個 コスパに優れたコイルばねセット こちらのコイルばねセットは、GOOMANDのものよりもさらに値段が抑えられています。 また、GOOMANDのものとはいくつかサイズが異なるコイルばねも用意されているため、使用頻度の高いサイズのばねがある場合はこちらの商品を購入しましょう。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 608円 165円 4 563円 690円 790円 4. 5 1,040円 4 1,188円 まとめ バネを選ぶうえで、バネ定数は重要な要素です。 とはいえ、精密な機器に使わない場合や部品交換の場合は、そこまで正確な計算を求められることはありません。 バネ定数はあくまで、 バネの縮みやすさや伸びやすさ、柔らかや固さを判断する目安として考えるのが効率的なバネの選び方です。 バネを購入するときは、この記事を参考にご自身の目的にあったバネを選びましょう。

次の

合成ばね定数とは?ばねの直列・並列の扱い方を教えます!

ばね 定数 と は

圧縮コイルばね。 標準的な円筒状のもの。 圧縮コイルばね(あっしゅくコイルばね、英語:helical compression spring)とは、圧縮のを受けて用いられるの一種である。 圧縮ばねと呼ばれることもある。 部品の中でも最も広く使用され、多くの機械や器具で使用されている。 主に、圧縮方向の荷重を受け止める、圧縮させて反力を利用する、圧縮方向の衝撃や振動を緩和する、といった用途に使用される。 円筒状のコイルばねが最も一般的だが、状や形に巻いたものなど様々な種類がある。 軽荷重用の小型のものから重荷重用の大型のものまで、大きさも幅広い。 コイル状にする素線自体には、主にが加わり、素線がねじり変形を起こすことで、ばねが全体として伸び縮みする。 ばねが変形するときの単位当たりのは他のばね部品と比較して大きく、エネルギー吸収効率が高い。 そのため、取り付けに必要な空間は比較的小さいという長所もある。 密着長さに達した状態 標準的な圧縮コイルばねは、 素線と呼ばれる棒状あるいは線状の材料を状に等間隔で巻くことで作られる。 圧縮コイルばねの各部位は以下のような名称で呼ばれている。 線径( d):素線の。 コイル内径( D i):コイルばね内側の直径。 コイル外径( D e):コイルばね外側の直径。 座巻:コイルばねの端面からばねとして作用しない部分までを指す。 「ざまき」とよぶ。 総巻数( N t):コイル全体の巻数。 有効巻数( N a):総巻数の内、ばねとして作用する部分の巻数。 圧縮コイルばねの場合は総巻数から両端の座巻数を引いた数となることが多い。 自由長さ( L 0):無負荷時のコイルばねの長さ。 特に圧縮コイルばねの場合は 自由高さとも呼ぶ。 密着長さ( L c):荷重をかけてコイル同士を密着させたときのコイルばね長さ。 特に圧縮コイルばねの場合は 密着高さとも呼ぶ。 実際には密着にならない範囲で使用されるのが普通である。 ピッチ( p):一巻した隣のコイルとの距離。 巻方向:コイルばねを巻く方向のことで、右巻と左巻がある。 また、以下のような寸法比も設計上の目安となる。 種類 [ ] 圧縮コイルばねの種類は多岐に渡る。 以下にそれらの分類を示す。 これらの種類の組み合わせも存在するので、可能性のある種類は膨大な数となる。 しかし、全ての組み合わせが可能なわけでなく、設計的あるいは製造的に不可能な組み合わせもある。 素線断面形状による分類 [ ] 長方形断面ばね 素線の断面形状はいくつかの種類があり、それによって次のように分類される。 円形断面ばね:素線断面がのばね。 大きな短所がなく、最も広く使用されている。 異形断面ばね:円形断面以外のばねの総称で、以下のような種類がある。 円形断面と比べると、いずれの種類も材料入手や製造が難しいという短所がある。 角ばね:素線断面がのばね。 長方形断面ばねとも呼ばれる。 他の寸法を同じとしたら、円形断面よりもばね定数を大きくできる長所がある。 楕円断面ばね:素線断面が形のばね。 密着長さを小さくできるなどの長所がある。 卵形断面ばね:素線断面が形のばね。 楕円断面と同じく、密着長さを小さくできるなどの長所がある。 より線ばね:複数の小さな素線をより合わせて一つの素線にしたばね。 小さな素線同士が擦れることで摩擦力によるが起こる長所がある。 荷重特性による分類 [ ] ばねの荷重とたわみの関係のことを荷重特性と呼ぶ。 荷重特性は、荷重とたわみの関係が直線で一定のと、それ以外の関係であるに分けられる。 荷重特性によって圧縮コイルばねは大まかに以下のように分けられる。 線形特性:等線径、等ピッチの円筒コイルばね。 ただし、このようなばねでも、荷重とたわみが厳密に直線関係となることはない。 たわみが密着長さに到達する前からいくつかの素線が接触しだし、見かけ上の有効巻数が減ってくる。 これによって実際の圧縮コイルばねでは、たわみが大きくなるほどばね定数もやや大きくなっていく。 非線形特性:以下のようなものが挙げられる。 いずれも形状変化によってコイル同士の接触を偏らせて起こし、荷重増加に伴って有効巻数を変化させて非線形特性を得ている。 コイル径が変化するもの:等線径、等ピッチだが、コイル径が変化するばね。 円すいコイルばね、たる形コイルばね、つづみ形コイルばね等がある。 線径が変化するもの:等コイル径、等ピッチだが、線径が変化するばね。 テーパばねと呼ばれる。 ピッチが変化するもの:等コイル径、等線径だが、ピッチが変化するばね。 不等ピッチコイルばねと呼ばれる。 ピッチが小さい部分から先にコイル同士の接触が起こり、たわみが増すにつれて有効巻数が減少していく。 これによって非線形な荷重特性となる。 全体形状による分類 [ ] つづみ形コイルばね コイルばねの全体的な形状で分類する場合は、以下のように分類がある。 円筒コイルばね:最も一般的な形状で、形状のもの。 製造し易さ、吸収エネルギー効率のバランスの良さなど、長所がある。 円すいコイルばね:端から片端まで徐々にコイル径が小さくなっていく形状をした、状のコイルばね。 コイル径が大きな側は大きくたわむので、先にこちらからコイルの接触が起こる。 これによって荷重・たわみ線図が右肩上がりとなる特性を持つ。 たる形コイルばね:コイル径が不等で、ばねの両端付近のコイル径が小さくなっており、のような形をしたもの。 つづみ形コイルばね:コイル径が不等で、ばねの真ん中付近のコイル径が小さくなっており、のような形をしたもの。 異形コイルばね:上記以外のもの。 以下のような種類がある。 片絞りコイルばね:ばねの片端側のコイル径が絞られた形状のもの• だ円コイルばね:コイルが円ではなく形に巻かれたもの• 発生応力 [ ] 荷重 P によってコイルばねに発生する最大せん断応力の計算には、次の簡略式がある。 応力修正係数にはいくつか種類があるが、その中でも次の ワールの応力修正係数がよく使用される。 この現象をと呼ぶ。 圧縮コイルばねにおいても細長いばねをある程度以上たわませると、ばねが折れ曲がり、座屈を起こす。 座屈のことを考慮して、縦横比は4以下にすることをでは推奨している。 使用例 [ ] 圧縮コイルばねは、部品の中でも最も広く使用され、多くのや器具で使用されているである。 使われている分野は、、、、、一般機械、などからやまでに至る。 主要な使用箇所の例として、の用、の用、用、用、用、その他用などが挙げられる。 特にエンジンの弁ばねは、2億回以上も伸縮を繰り返すまで使用されることもあり、とによるの影響も相まって、最も過酷な使用条件に置かれるといわれるばねである。 標準的な円筒形コイルばね以外の例としては、自動車でサスペンション全体の小型化のために樽形コイルばねが用いられることもある。 二輪車のサスペンションでは、不等ピッチコイルばねが使用されている。 また、のを利用しているというよりは、形状による安定性を利用するために、形コイルばねがやに使用されることもある。 圧縮コイルばねの使用例• , p. , p. 133. , p. , pp. 8—9. 171. , pp. 73—74. , pp. 2, 171. , p. , p. , p. , p. , p. 108. , p. , p. , p. 100. , p. , p. 175. , p. , p. , p. , p. 125. 村田発條. 2016年9月24日閲覧。 , p. 176. , p. , p. 166. , p. 173. , p. 121. , pp. 171—172. , pp. 7, 35. , p. , pp. 7, 36. , p. , p. 172. , p. 174. , p. , p. 128. , p. , p. , p. , p. 126. 日経テクノロジーオンライン. 日経BP 2010年1月25日. 2016年9月24日閲覧。 , p. , p. 124. 参照文献 [ ]• 日本ばね学会(編)、2008、『ばね』第4版、 丸善出版• ばね技術研究会(編)、1998、『ばねの種類と用途例』初版、 日刊工業新聞社〈ばね技術シリーズ〉• ばね技術研究会(編)、2001、『ばねの設計と製造・信頼性』初版、 日刊工業新聞社〈ばね技術シリーズ〉• 日本工業標準調査会、2015、『JIS B 0103 ばね用語』• 日本工業標準調査会、2009、『JIS B 2704-1 コイルばね-第1部:圧縮及び引張コイルばね基本計算方法』• 渡辺彬・武田定彦、1989、『ばねの基礎(訂正版)』訂正1版、 パワー社〈基礎シリーズ 5 〉• 蒲久男、2008、『絵とき「ばね」基礎のきそ』初版、 日刊工業新聞社• 門田和雄、2006、『絵とき「機械要素」基礎のきそ』初版、 日刊工業新聞社• 小玉正雄、1985、『ばねのおはなし』第1版、 日本規格協会〈おはなし科学・技術シリーズ〉• 村上敬宜、1994、『材料力学』第1版、 森北出版〈機械工学入門講座1〉• 山田学、2010、『めっちゃ、メカメカ! Erik Oberg, Franklin Jones, Holbrook Horton, Henry Ryffel, Christopher McCauley 2012. Machinery's Handbook 29 ed. Industrial Press. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - - 科学技術振興機構.

次の