ホトトギス ウグイス 托卵。 ウグイスとホトトギスの違い。育児放棄はどっち?!

托卵(たくらん)とは

ホトトギス ウグイス 托卵

ウグイスとは? ウグイスはスズメ目ウグイス科 ウグイスのからだの特長 見た目の色は、全身オリーブ色がかった茶褐色。 全長は、メスが14cm 大体スズメと同じ 、オスは15. 色はオスもメスも同じ色をしていますが、オスのほうが大きいです。 上面と尾は緑褐色で、胸腹部は汚白色をしています。 くちばしは、やや長いです。 ウグイスの生息地 ユーラシア大陸東部やサハリン・日本に繁殖分布があります。 日本では、ほぼ全国で、繁殖しています。 基本的には、渡り鳥ではありませんが寒い地方のウグイスが冬の間, 暖かい地方に移り住んで越冬するものもあります。 また、まれに中国南部・台湾・フィリピンに越冬のため渡っていくウグイスもいます。 ウグイスってどんな鳥? 平地や高山の笹やぶや下生えの多い林で繁殖をしています。 秋や冬には平地に移動し、公園や庭に姿を見せることもあります。 舌打ちをしたような「チャッチャ」という鳴き方をします。 この鳴き方はウグイスの地鳴きで、その鳴き声からか「笹鳴き」と呼ばれています。 またおなじみのウグイスのさえずりは、「ホーホケキョ」ですが、ホーは息を吸う音で、ケキョが鳴き声です。 「ケキョケキョケキョ」と続けて続けて鳴くのは、ウグイスの谷渡りといわれます。 この鳴き声はオスが警戒声として鳴いています。 ウグイスは、警戒するとき音を低くしたり、高くしたり、と状況で違う鳴き方をします。 ホトトギスとは? ホトトギスはホトトギス目ホトトギス科 ホトトギスのからだの特長 見た目はカッコウによく似ていますが、日本にいるカッコウ類4種の中では一番小さいです。 背面は、ねずみ色で、尾羽は黒くて、先端と羽軸の上に小白斑があります。 のどと上胸は灰色をしています。 下胸以下は白くて黒色の横斑がまばらにあります。 このほかメスには、赤色型もあります。 ホトトギスの生息地 ホトトギスは、アジア東部からマレー諸島まで分布しています。 ホトトギスは、渡り鳥で毎年5月上旬、東南アジアから日本へ渡ってきます。 日本では、山麓や少し高い山で開けた森林に生息しています。 ホトトギスってどんな鳥? 昔の人は、ホトトギスの鳴き方を「てっぺんかけたか」と表現しました。 実際よく聞くと、「キョッ、キョン、キョキョキョ」と 聞こえます。 どうして「てっぺんかけたか」だったのでしょう? ホトトギスは渡り鳥ですが、日本にくる春の渡り鳥の中で一番遅くきます。 渡ってくるとすぐに大きな声で昼・夜を問わず鳴きます。 そのため、ホトトギスが鳴く声を初夏の風物詩として、日本では古くから多くの和歌や俳句に詠まれています。 また、季節を表す鳥として、小説や物語にも多く書かれています。 では、なにゆえホトトギスは大声で鳴くのでしょうか? 実はホトトギスは、主にウグイスの巣に自分の卵を托卵(たくらん)するのです。 つまり卵を産みっぱなしで、あとはウグイスに預けてしまうのです。 ウグイスは気づくと育てませんから、ホトトギスは、いろいろなウグイスの巣に卵を預けます。 そこで、托卵するため、ウグイスの縄張りを含めて自らの縄張りを主張しなければなりません。 それも広い縄張りが必要なので、猛烈に昼夜を問わず鳴くのです。 【スポンサーリンク】 ウグイスとホトトギスの違い• 日本に生息しているウグイスは、渡り鳥ではなくほとんどが留鳥です。 寒い時期高山から平地に降りて生活をするウグイスもいます。 ごくまれに大陸へ渡るウグイスもいます。 ホトトギスは渡り鳥で初夏が近くなるころ、日本にきます。 ウグイスは雌雄同色で緑褐色をしていてオスがメスより少し大きいです。 ウグイスは14㎝~15. 5㎝ぐらいの大きさをしています。 ホトトギスの見た目は黒っぽく、黒と灰色の約28㎝の大きさです。 ウグイスは「ホーホケキョ」のほか「ケキョケキョケキョ」などと鳴きますが、オスの警戒声です。 ホトトギスは、ウグイスに托卵するため、広範囲の縄張りを主張して昼夜を問わず鳴きます。 ホトトギスは、自分で卵を育てず、主にウグイスに托卵します。 まとめ ホトトギスはウグイスの約2倍の大きさで、毎年ウグイスに托卵をするため日本にくる渡り鳥です。 ホトトギスは、托卵をするため縄張りの主張をして昼夜を問わず鳴きます。 それが昔から初夏の風物詩と言われています。 ウグイスは、ほとんど日本の笹やぶや林で生息しています。 春を告げるウグイスの「ホーホケキョ」は、実はオスの警戒声です。 それにしてもわざわざ海を渡って日本で子育てをするのではなく、ウグイスに卵と子育てを任せるホトトギスって、どうなのでしょうか?.

次の

ホトトギスの托卵に対抗するウグイス

ホトトギス ウグイス 托卵

ホトトギスは、もっぱらウグイスを托卵の相手(宿主)として利用します。 托卵を受けてしまったウグイスは、ホトトギスの卵・雛の世話をする羽目になるうえ、ホトトギスの雛がウグイスの卵を巣外に捨て去ってしまうために、自分の子をまったく残すことができません。 カッコウの宿主の中には、卵の模様や色からカッコウの卵と自分の卵を区別して巣外に捨てたり、托卵に気づくと巣を放棄して再び営巣したりして、托卵を拒否するものがいます。 しかし、ウグイスとホトトギスの卵はいずれもチョコレート色で模様がなく、区別が難しいのか、ウグイスがホトトギスの卵を区別して托卵を拒否する行動は見られません。 ウグイスはその分布域で広くホトトギスの托卵を受けていますが、ホトトギスがいない北海道では同じくカッコウ科のツツドリによる托卵を受けます。 ホトトギスはほぼウグイスのみに托卵します。 伊豆諸島では、イイジマムシクイ、ウチヤマセンニュウにも托卵していますが、主な宿主はやはりウグイスです。 ウグイスの巣は、ホトトギスの渡来期以降46〜54%が托卵を受けます。 繁殖期を通じての被托卵率は21〜24%です。 東京大学の樋口広芳博士はかつて、ウグイスの巣に人工の卵を入れて反応を調べました。 ウグイスは白やピンクの卵を入れると巣を放棄しましたが、なんと赤い卵は抱き続けたのです。 ウグイスは托卵を拒否しようとしていますが、ホトトギスの卵擬態が勝っており、卵を区別できずにいる状態のようです。 参考:Higuchi、 H. 1989. Responses of the bush warbler Cettia diphone to artificial eggs of Cuculus cuckoos in Japan. Ibis 131: 94—98.

次の

ウグイスの産卵期はいつ?

ホトトギス ウグイス 托卵

この記事でどんなことが知りたいですか!?• カッコウ・ホトトギス・ツツドリの見た目の特徴の違いについて カッコウ、ホトトギス、ツツドリの見た目の特徴の違いについてまずはみていきましょう。 それぞれどのような特徴を持つのでしょうか。 大きさの違い 大きさの違いについてみていきましょう。 ・カッコウ 全長 35㎝ ・ホトトギス 全長 28㎝ ・ツツドリ 全長 33㎝ カッコウが一番大きく、ホトトギスが一番小さい鳥となっています。 色や模様の違い 見た目の特徴はどのように違うのでしょうか。 ・カッコウ 全体的に灰色がかった褐色のような色。 お腹と胸に横しま模様が入っている。 ・ホトトギス 青みがかった頭部と背中で翼と尾羽は黒褐色、お腹に黒い横斑が入っている。 ・ツツドリ スマートな体型で目はぎょろっとしている。 背中と胸は青みがかっている。 お腹には横斑が入っている。 それぞれの色や模様を紹介しましたが特に似ているといったことはありません。 唯一の共通点は 3種類ともお腹に横線の模様が入っているということでしょうか。 カッコウ・ホトトギス・ツツドリの渡来時期の違い 渡米時期はどのように違うのでしょうか? ・カッコウ 渡り鳥で日本には 4月~ 5月に繁殖のためにやってきます。 ・ホトトギス 渡り鳥で 5月頃に日本にやってきます。 ・ツツドリ ツツドリも夏鳥であり渡り鳥です。 3種類の鳥とも夏鳥であることが分かりました。 繁殖のために日本にやってきます。 スポンサードリンク カッコウ・ホトトギス・ツツドリの生息地・分布の違い 生息地・分布はどのように違うのでしょうか? ・カッコウ 山林、高原をはじめ住宅街などの平地に生息しています。 九州より北に主に生息しており、ユーラシア大陸にアフリカ大陸と広く分布しています。 ・ホトトギス 北海道南部、本州、四国、九州、伊豆半島、沖縄で繁殖を行い、林の周辺にある藪のある場所や草原で主に生息しています。 インド、中国南部、マダガスカル、アフリカ東部と広く繁殖しています。 ・ツツドリ 落葉広葉樹林に生息していることが多いです。 渡りの時期になると住宅地、公園、神社など木のある場所に生息しています。 シベリアから中国南部、ヒラヤマ地方で繁殖を行い、東南アジアからオーストラリア北部へと冬になると渡ります。 ツツドリも広く分布しています。 生息地はそれぞれ違っていますが、広範囲に分布していることが分かります。 カッコウ・ホトトギス・ツツドリの托卵相手の違い 3種類の鳥の共通点である托卵。 托卵の相手は違うのでしょうか?それぞれの托卵相手をみていきましょう。 ・カッコウ モズ、ホオジロ、オオヨシキリ、ノビタキ、アオジ、ウグイス ・ホトトギス ウグイス、ミソサザイ ・ツツドリ センダイムシクイ これらの鳥の巣に忍び込んで卵を産んでいきます。 托卵される鳥を見ていきますと、ウグイスはカッコウとホトトギスから狙われていることが分かります。 托卵は卵が似ている鳥そしてヒナが似ている鳥を狙って行われるそうです。 托卵をされた鳥は自分が生んだ卵でないことに気が付かないのでしょうか? 似ているのであれば気が付かない可能性もあります。 しかし中には明らかに違う卵が托卵されているといったケースがあります。 托卵された鳥はなんとなく気付いていると言われています。 しかし鳥の本能として卵を温めヒナに餌をあげているのであると言われています。 実際に気付いているのかいないのかは私たちには分かりません。 もしかすると気が付いていないというケースも考えられます。 鳥頭という言葉があるくらいですもんね …。 スポンサードリンク カッコウ・ホトトギス・ツツドリの鳴き声の違い それぞれの泣き声はどのように違っているのでしょうか。 ・カッコウ 「 カッコーカッコー」とくぐもった声で鳴きます。 かなり特徴的な鳴き声のため、この鳴き声が聞こえてくる場合すぐにカッコウだと気が付きます。 ・ホトトギス 「 キョキョキョキョキョ」となかなか独特な鳴き声で鳴きます。 ウグイスの鳴き声もかなり独特ですよね。 ちなみにこの鳴き方は求愛を行うオスの鳴き声です。 メスは「 ピピピピ」と鳴きます。 ・ツツドリ 途中でウグイスの鳴き声「 ホーホケキョ」が入っていますが、ツツドリの鳴き声はメスは「 ピピピ」とか細い感じの鳴き声です。 一方オスは「 ポポ ポポ」と鳴きます。 ツツドリは他の鳥と比べると鳴き声が小さいです。 鳴き声はそれぞれ違います。 カッコウ、ホトトギスは鳴き声を聞いただけですぐに「あっ〇〇がいる」と分かりますね。 まとめ カッコウ、ホトトギス、ツツドリそれぞれの違いをみていきました。 カテゴリー• カテゴリー•

次の