化学流産だと思ったら。 化学流産した時の妊娠検査薬

4.流産後のケア もし流産をしたら、その後の手当てが大切です。|堀江薬局オフィシャルサイト

化学流産だと思ったら

化学流産。 それは妊娠の可能性がある性交を行った 女性自身も気付かずに起きてしまうものです。 受精はしたものの、着床せずにそのまま流れてしまうというもので、 それは生理と同時期または少し遅れて出血が始まるため、 「生理が来た」と思ってしまう女性は多いと聞きます。 そしてまた、これは流産数にカウントされないものでもあります。 婦人科の処置も必要ないもので、 「受精卵側の異常」「自然淘汰」とあっさり片づけられてしまうのです。 しかし、妊娠を望む女性ほど、この化学流産に気付いてしまうという 悲しい現実があるということを皆さんは知っていましたか? 妊娠を望み、妊活に励まれておられる女性は、 基礎体温を測ったり、生理予定日前後には そわそわしてしまったりしますよね。 私はその化学流産経験者です。 生理予定日前にはいつも月経前症候群に襲われる私ですが、 その時は何故か乳首の痛みといつも以上に体が火照っているのを感じました。 「あ、妊娠しているかも」と思ったのですが、 その時はちょうど主人と旅行中。 基礎体温計も忘れて出掛けてしまったために体温も分からず、 生理予定日前ということもあり、 「早く予定日になれ」と旅行中はずっと願っていました。 This entry was posted on , in. 旅行を終え、帰宅したあたりがちょうど生理予定日でした。 予定日当日は仕事もあり、 その月は基礎体温も測ったり測らなかったりと少し適当になっていたために、 いてもたってもいられず、仕事帰りに薬局で早期妊娠検査薬を購入しました。 何度も買っては、何も浮かんでこない判定窓にがっかりさせられていたので 「今日は検査をせず、もう少し待とう」とその日はトイレにこっそり隠しました。 翌日は休日、そして奇しくもオリンピック開催国が決定される日で TVはそのことばかり報道していました。 ふと思い立ち、検査をしてみようとトイレへ向かい、いつもと同じように採尿。 1分間、トイレの中でじーっと検査薬をにらみ続けていました。 1分が経過しても、判定窓は真っ白。 「また、思い過ごしだったのかな」と落ち込みながらも、 トイレを出て、洗い物をしていると 「子どもの名前は双方の父から一文字ずつ貰おう」 と考えている自分がいました。 今まではそんなことは考えもせず、好きな芸能人の名前がいいなとか そんな単純な命名を妄想するだけだったのに、不思議だと思いました。 そしてネットで姓名鑑定を試してみると私の脳裏によぎった名前は、 どの姓名鑑定でも良い名前でした。 This entry was posted on , in. 先に妊娠出産していた友人から 「妊娠検査薬は最低でも1日は保存しておくこと。 1分以内に判定が出なくても後に出てくる可能性もある。 」 と散々聞かされていたので、 トイレに置きっぱなしにしていた妊娠検査薬を ひとまず夫の目のつかない所に保管しようとトイレに再び戻り、目を疑いました。 先ほどは真っ白だった判定窓にうっすら陽性反応が出ていたのです! 慌てて子持ちの友人に電話をして現状を報告すると、 その友人も同じキットで検査を行った際、 すぐに判定は出なかったけれど2時間後に見たら出ていたというのです。 「やっぱりな」と思う自分と、喜びと不安が入り混じる自分と、 沢山の気持ちが浮かび上がり冷静ではいられなくなり、 仕事中の夫に電話をかけました。 夫は弾んだ声で 「本当に!? 今日は急いで仕事終わらせて帰るから安静にしていて!! 」 と何故か安静命令を出してきて「舞い上がってる」と思いました 笑 いつもより相当早く帰宅した夫は着替える間もなく、 検査薬を見せるようにせがむので夫に渡し、 2人で検査薬を見つめました。 「出てる…」 「だから言ったじゃない」 と会話を一言二言かわすと、愛しげに私の腹部を撫でる夫。 優しい表情の夫を見て幸せでした。 This entry was posted on , in. 夕食後も 「どこで産むか」 「まだ時期が早いから、受診は来週の夫の休みに合わせて行こう」 などと話し合い、夕方浮かんだ名前を夫に話すと大賛成してくれ、 まだ性別も分からないお腹の中の子に向かってその名を呼びかけていました。 何故か男の子だという気持ちしかお互いにありませんでした。 翌日、出勤時に信頼していて公私共にお世話になっている上司にのみ、 「妊娠している可能性がある」ことを告げました。 まだ報告は早いと思いましたが、嬉しい気持ちと 職場でも知ってる方がいてくれると心強いという気持ちで先走ってしまいました。 上司も勿論喜んでくれ、色々とアドバイスまでくださいました。 妊娠判明前は同僚の手抜きに苛々したりしていましたが、 穏やかな気持ちで仕事のカバーをしたり出来る自分に驚きました。 妊娠したというだけで女はここまで幸せな気持ちになれるのか。 と、信じられませんでした。 以前は気にも留めなかった、車の「赤ちゃんが乗っています」ステッカーを見ると、 「おー先輩だ」と勝手に顔も知らない人まで先輩だと認識してしまうほどに、 常にお腹の子のことを思い過ごしていました。 しかし、それはほんの束の間のことで終息へ向かっていたのです。 This entry was posted on , in. 数日おいて再検査をしてもうっすらとしか出ない陽性反応に、少し不安を感じつつ 「まだ生理予定日1週間経過してないから、薄いんだ」と、お腹を撫で 「来週の火曜日には君の姿をエコーで見ることが出来る?ママ楽しみだよ」 と自分に言い聞かせるかのように話しかけていました。 夫も妊娠が判明してからは、 寝る時に必ず私の腹部に手を当てて眠るようになっていました。 夫の手の温もりとお腹の中にいる私たちの子ども。 夫の幼少期のやんちゃぶりを義母から聞いていたのと、 私も大層なわんぱく少女だったからどちらに似ても、 相当な元気っ子だなぁと思いながら眠りにつきました。 翌朝、トイレに向かうと茶色いオリモノが付着していました。 暇さえあれば、妊娠のサイトを読み漁っていたので 「茶色いおりものは初期にあるというけど…これのこと?」と思いつつ、不安に襲われました。 気持ちよさそうに寝ている夫を揺さぶり起こし、 「茶色のオリモノが出てる!」と涙声で訴えました。 夫の休みの日だったので、 当初考えていた受診日より数日早く産科へ駆け込みました。 待合室には臨月間近であろう妊婦さんや、 母子手帳の交付方法を指示されている女性で溢れかえっていました。 This entry was posted on , in. 待合室は幸せに満ち溢れていました。 不安なんて誰ひとり抱えていないようにさえ感じました。 待合室の本棚には妊婦さん向けの雑誌やカタログなどがたくさん置かれており、 ファッション雑誌のようなものまでも妊婦さんや産後のママ向けのものが多く、 どれを手に取ったらいいのか分からず、 一番手前にあった雑誌を手に取り夫と眺めていました。 奇しくも、「妊娠判明から出産まで」というような特集をしている雑誌だったので、 不安を抱えながらも 「この月くらいには産休申請するか、ギリギリまで働くか」 と考えていました。 看護師さんに名前を呼ばれ、問診票を元に細かく内容を聞かれ、 採尿をするように言われたので採尿コップを持ってトイレに入ると… 尿と一緒に真っ赤な血が大量に出てしまいました。 尿は血で汚れてしまっているし、生理と同じような出血でした。 看護師さんにその旨を申告すると「一応これで検査をしてみます」と言われ、 順番まで相当時間がかかるとのことでしたので、 夫と一旦帰宅して再度出直すことにしました。 おりものシートは持参していましたが、 生理用ナプキンは必要ではないと思っていたので帰宅し、 慌ててナプキンを装着して、リビングで夫と無言で座りました。 This entry was posted on , in. 「もうこれは駄目だろう」と素人の私でも分かりました。 まだ胎胞確認できるかできないかの段階なのに、 この出血量は妊娠継続できずに流産してしまうと嫌でも脳裏によぎり、 涙が溢れて止まりませんでした。 夫はそんな私をなだめるように抱きしめて落ち着かせようとしてくれていましたが、 夫も同じように泣いているのが分かりました。 「でもまだ分からない。 駄目だと決まった訳じゃない。 なんせ俺らの子どもだからね!」 と励ます夫と共に受診の順番になる時間帯に再度、産婦人科に行きました。 ちょうどタイミングが良かったのか、10分程度で診察室に呼ばれました。 医師は初老の優しげな眼差しを持つ方で、こんな状況にも関わらず 「芸能人のあの人に似てるな」と思いました。 先に看護師さんとやり取りした問診票を眺め、「尿検は?」と看護師さんに聞き、 私に見えないように看護師さんは医師にだけ検査結果を見せました。 その後、簡単な口頭問診をし、いざ内診台です。 検診等で何度も上がったことはありますが、 出血している最中の内診は初めてだったのでとても緊張していました。 医師が優しく声をかけてくださいながらの内診検査でしたが、 どうしても不安が襲ってしまいました。 This entry was posted on , in. エコー検査まで行い、また診察室の方へ向かうとエコー写真を眺めている医師の姿に 「もしかして!」と期待をしながら、椅子に腰かけると、 医師はゆっくりとこちらを向き「尿検査では確かに妊娠反応が出ています。 」と一言。 すがる思いで次の言葉を待つと、それは私が最も聞きたくない言葉でした。 「ただエコーでは袋も見えません。 出血量から考えても妊娠継続は難しいと思います。 子宮外妊娠の可能性もあります。 現段階では化学流産の可能性が一番大きいと考えます。 」 そう告げる医師の顔は辛そうな、申し訳なさそうな表情でした。 後ろで見守る看護師さんも同じような表情でした。 絶対に病院では泣かないと決めてきたのに、涙が出てきました。 その後、血液中の妊娠ホルモンを調べたいとのことで採血をすることと、 一週間後に再受診をしてほしいことを告げられました。 子宮外妊娠の場合は激しい腹痛が襲うので、 出血量が異常に増えたとか腹痛が出て来たら真っ先に病院へ来るようにも指示され、 診察室を後にしました。 お腹の大きい妊婦さんと談笑しながら採血をしていた看護師さんが、 無言で私の採血をしました。 それだけで十分すぎるほど、現実を感じなければなりませんでした。 This entry was posted on , in. それから一週間は仕事を休みました。 眠っていても夢に出てきてしまうほどの精神状態で泣いてばかりでしたので、 とても仕事が出来る状況にないと判断し、 申し訳ないと思いつつ「胃腸風邪で…」と職場には嘘をつきました。 家事も出来ず、一週間何をしていたか今となっては思い出せません。 ただただ泣いていました。 1つだけ覚えていると言えば、 家に閉じこもって過ごしていると、生理用品がなくなってしまい、 流石に夫にも頼めない物だと思い、 ボロボロの姿で近くの薬局へ買い物に行きました。 そこは、2週間前にドキドキしながら検査薬を買った場所です。 生理用品だけ持ってレジへ向かう途中、 幼稚園児を連れた妊婦さんとすれ違いました。 見たくもないのに、赤ちゃんのオムツやミルク売り場を目にしました。 車の中でまた1人、号泣。 何故、私なのだろう。 何故、生理用品を買いに来ているのだろう。 と自分を呪ったことだけは、今でも明確に覚えています。 一週間後、夫と共に再受診をしました。 夫は仕事をわざわざ休んで付き添ってくれました。 その頃には出血も止まり、普段の生理後のような状態でした。 一番行きたくない場所なのに行かなければならないことがとても苦痛でした。 This entry was posted on , in. 診察室に入り、一週間の様子を受け答えし、 内診台へまた上がることとなりました。 前回よりも長くエコーを診てくださっているように感じました。 それは医師も一抹の期待をかけてくれているのだという、 何よりの証拠だと思うとまた泣けてきそうになったのを覚えています。 その後、病院側の配慮なのか、別室に通され医師と対面しました。 医師は前回のエコー写真と今回のエコー写真を持ち、 私にゆっくり説明してくださいました。 「今回もエコーには何も映っていない。 血液検査の値もごく僅かの妊娠ホルモンで、継続妊娠しているとは思えない。 今回は受精卵側の都合で流れてしまった。 」 想像していた答えでした。 分かっていたとは言え、立ち直るまでにはかなりの時間を要しました。 正直に言うと、今でも辛く涙が出ることがあります。 これはきっと夫と私は一生忘れられないものになるであろうと覚悟しています。 「胎児」とも呼べない段階での流産ですが、 私たち夫婦にとってはかけがえのない「我が子」でした。 そして、生まれてくることは出来なかったし、 気付かずに生理として片づけてしまったかもしれない命に気付かせてくれたこと、 結果として悲しい結果にはなりましたが、親孝行の子だと思っています。 This entry was posted on , in. 今回、妊娠を望み、 妊活をしている方々にこのような聞きたくもない内容を執筆したかというと、 妊娠を望んでいる方ほど化学流産に気付き、落ち込んでしまうからです。 流産のサイトに行っても、化学流産を嘆く人は少ないです。 けれど個人のブログを見ると、やはり悲しんでいる方がとても多いことに気付きました。 化学流産は母体側ではなく、卵の異常とされています。 これから妊活をされていく上で、私のような思いをされる方もいらっしゃるかもしれません。 毎月、基礎体温の上昇下降に一喜一憂される方も多いかもしれません。 今回、自分の経験を元に化学流産を題材にさせていただきましたが、 私の経験から1つ皆さんにお伝え出来ることは、 妊娠しても100%出産できるわけでないということです。 それほど、妊娠出産というのは奇跡の連続です。 妊活をされ、すぐに授かる方もいるでしょうし、その反対もいらっしゃるでしょう。 妊娠反応が出ても、私のように化学流産をしてしまう人もいれば、 初期流産をしてしまう可能性もあるのです。 それは全ての女性に強いられた「母となるための試練」なのかもしれません。 現在の私は軽度のうつがあるので妊活は一時ストップしています。 This entry was posted on , in. 私は、妊活というのは「赤ちゃんが過ごしやすいお腹にしておく準備期間」と考えます。 例えば葉酸摂取、適度な運動、ストレスをため込まないこと、 風疹などの抗体チェック… 挙げればキリがないと思いますが、 万全の体にすることが妊活において一番最初にすべきことであり、 また、私のような経験をしてしまっても、 いつか愛する相手の子どもを宿すことが出来た時、 きっと何事もなく出産された方より感じるものがあるかもしれません。 もし、妊活の間に周囲で先に妊娠された方がいたら、 恨めしい思いになってしまうかもしれません。 でもそれでもいいと思います。 「子どもを望んでいるのにこんなどす黒い感情を抱くなんて…」 と自己嫌悪に陥る必要もありません。 私も半年は妊婦さんや赤ちゃんを見るのがとても苦痛でした。 お腹の大きい奥さんを気遣いながら買い物に付き合う夫婦の姿を見ると 「ちくしょう!母体の体力を全く奪わないくらい安産で元気に生まれてきやがれ!」 「パパママ、じぃじばぁばに囲まれてアイドル気分を味わえ!」 「20数年後、孫抱かせて親泣かせてやれ」 と自称「呪い」をかけることにしています。 笑 10組夫婦がいれば、10パターンの妊娠出産があります。 焦らずゆっくり、空の上で遊ぶ子どもたちが 「あのおうちの子になりたい」と思ってくれるその日を穏やかに待てるといいですよね。 なかなか切り替えは難しいものですが。 This entry was posted on , in. Post navigation.

次の

化学流産とは?症状と起きる時期、その後の生理と妊娠の可能性を知りたい【不妊治療専門医監修】

化学流産だと思ったら

すぐに読める目次• 化学流産?妊娠検査薬が薄くなる!陽性反応はいつまでだった? 私の場合は、体外受精の受精卵の移植から6日後のET6(生理予定日の6日前)から妊娠検査薬を始めて、ET8(生理予定日の4日前)に陽性反応がでました。 といっても、くっきり線がわかるわけではなく、うっすら。 でも、目視でこれは陽性!と確認できるレベルです。 妊娠検査薬の画像はコチラ。 使った検査薬はドゥーテストで生理予定日の一週間後から使えるとされていますが、排卵日が正確にわかっていたり、生理予定日がほぼずれない人の場合、生理予定日の5日前から反応が出る人が多そうですね。 化学流産でどのくらいの期間、妊娠検査薬で陽性反応がでるかは着床できていた期間によりますが、一般的にはhCGが1000を超えると化学流産しづらくなると言われています。 妊娠検査薬は着床すると分泌されるホルモンであるhCGの多さによって、濃さが違ってきます。 hCG1000はだいたい生理予定日の1週間後くらいで、終了判定の線よりも線が濃くなると私の場合はhCGが1000くらいでした。 なので、排卵日がはっきりわかっていて、生理予定日の1週間後でも妊娠検査薬の色が薄いともしかして?と疑うといいと思います。 hCGは着床すると分泌されるのですが、hCGが低い場合、• 着床が遅くhCGの分泌がおそかったパターンと• 着床が維持できずhCGが下がってきているパターン(化学流産) があります。 ET10で正常に妊娠していると、hCGは100を超えていることが多いらしい。 生理予定日の1週間後だと1000以上の方がほとんど。 なので、hCGがこれより低かったり、下がっていたり、妊娠検査薬が薄くなっていると化学流産の可能性が高いです。 ただ、あくまでもこれは可能性のお話。 私のように無理だった…とあきらめたあと妊娠が継続していたパターンもあります。 生理予定日の3日後の再判定で化学流産は勘違いで妊娠継続が判明 上に書いた通り、妊娠検査薬が真っ白になり、hCGも低いとなると、化学流産の可能性大。 というか、もう絶対、確実に化学流産だと思っていました。 でも、病院で念のため次の判定日も来るように言われていたので、再判定のET15(生理予定日の3日後)に病院に行きました。 すると、hCGが100と伸びていて、妊娠の継続がわかったんです。 かなり驚きました。 ミクロの世界はわからないと言いますが、自分にこんなことが起こるなんてと衝撃でした。 化学流産はいつまで心配すればいい? 化学流産は、妊娠5週目~6週目までの時期まで妊娠が継続できないと化学流産とされます。 妊娠0週目は前回の生理開始日なので、妊娠5週目は生理予定日の1週間後くらいですね。 hCGが1000を超えると、化学流産の可能性はさがります。 そして、妊娠5週目~6週目に胎嚢が確認できる(hCG2000~4000で確認できることが多い)ので、胎嚢が確認できると一安心ですね。 その後、• 稽留流産を心配する時期:心拍が確認できない• 前期流産を心配する時期:安定期の16週目を迎えるまで がありますが、化学流産の心配は終わります。 (いつまでも不安は尽きなくて…こんなに不安なんて不妊治療を始めるまでは知りませんでした。 ) 化学流産の確率と原因 化学流産が不安だった時期に化学流産の確率を調べまくったんですよね。 でも、化学流産は、病院などでは流産としてはカウントされないand気づかずに化学流産する人も多いので、正確な確率はわかりませんでした。 hCGが1000を超えていても化学流産する方もいるし、20代でも、30代でも、体外受精でも自然妊娠でも化学流産をする方もいました。 そもそも化学流産の原因はよくわかっておらず、まことしやかに染色体の異常(どんな人でも一定の確率で染色体異常は起こる)と言われているので、避けることができないことなのかなと思っています。 ただ、体外受精で不妊治療を行っている方のブログの記事数を見た感じだと、1割ほどの方は化学流産を経験してそうな印象です。 (あくまでも個人的な印象で根拠は全くありません。 ) 化学流産の後は妊娠しやすいらしい 化学流産するともう妊娠できないかも…と悲観的になってしまうかもしれません(私はすごく悲観的になり号泣しました。。。 )が、化学流産の後は妊娠しやすいと言われています。 yahoo知恵袋を見ても、不妊治療のブログを見ても、9割以上の方は化学流産をしたあと無事妊娠できて、出産しています。 そもそも不妊の原因は、• 卵管閉塞• 卵子のピックアップ障害(卵巣から排出される卵子を卵管に取り込めない)• 男性が原因の不妊(精子の運動率や質が悪い、とか)• ホルモンの分泌がうまくいっていない• 卵子が少ない• 卵子の質が悪い• 原因不明 など、いろいろありますが、 着床までたどり着けたということは、ほとんどすべての不妊の原因をクリアできていることになります。 あとは、たまたま起こった染色体の異常を避ければいいだけなので、数さえこなせば妊娠できるということになります。 まとめ このページでは、化学流産だと思ったら妊娠が継続していた体験談を妊娠検査薬の濃さとhCGの関係、化学流産の確率や原因と一緒にまとめました。 化学流産だと思ったら妊娠継続できていたパターンもある。 妊娠検査薬が薄くなる、生理予定日の1週間後でも終了判定の線よりも薄い場合、化学流産の可能性が高い• 着床すると分泌されるhCGが1000を超えていると化学流産の可能性は下がると言われている。 化学流産の原因は不明。 化学流産のあとは妊娠しやすい。 これを読んでいる方が少しでも早く希望の結果を得られますように。 辛い日々を過ごさなくてもすみますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

化学的流産2回連続です。不育症でしょうか?

化学流産だと思ったら

流産の中で最も多いのは、妊娠初期6~9週目に起こる稽留流産です。 稽留流産では、子宮内に胎児や胎盤が残っているため、掻爬(そうは)手術を行われることが多くあります。 掻爬手術を受けた際には、どうしても子宮内部に傷が生じることが多いため、しっかりと子宮の回復をさせる期間が必要です。 流産手術後は、3ヶ月待ってから妊娠するのが理想的です。 流産は、病気ということではありませんが、一度、妊娠状態になった女性の体は、大きく変化します。 漢方の世界では、出産のことを大産、流産のことを小産ともいいます。 流産といっても、小さな出産と同じで、体に大きな負担をかけているからです。 目には見えなくても、体はダメージを受けています。 しっかりと体を回復し、妊娠できる状態にきちんと戻してあげることは、とても大切なことです。 ぜひ、しっかりと心と体のケアに取り組みましょう。 初期流産の原因は受精卵の異常 初期流産の原因のほとんどは、受精卵の異常によるもので、お母さんのせいではありません。 お母さんお父さんの、卵子や精子自体にはとくに異常がなくとも、受精卵が成長する過程で高い確率で異常が発生するのです。 妊娠初期に出血などがあり病院へかかると、念のため「安静にしてください」と言われたり、止血剤を投与したりすることもありますが、すでに起こってしまった受精卵の異常を改善することはできません。 初期流産は、安静や生活習慣によって防げるものではないからです。 逆に言うと、正常に育った受精卵を、運動や不摂生により流産させることも出来ません。 お母さんが悪いわけではないので「無理に働きすぎたから」「妊娠に気づかずに生活してしまったから」と、どうか自分を責めないでくださいね。 初期流産後は手術をしたほうが良いのか 子宮内で赤ちゃんの心拍が止まったものの出血や腹痛などがない「繋留流産」や子宮内容物の一部が排出されずに残っている「不全流産」の場合は、子宮内容除去手術が必要になる場合があります。 手術をするか自然に排出されるのを待つかは、医師の判断によりますが、患者さんの希望により選択されることも少なくありません。 子宮内容除去手術を行えば、長く続く出血や腹痛を取り除くことができ、突然の緊急入院や手術を防げる点がメリットです。 しかし、手術には以下のようなリスクも考えられます ・感染症のリスク 手術は、感染のリスクを最小限に抑えた清潔な環境で行われますが、流産から時間がたっての手術の場合は、まれに感染症の恐れがあります。 術後に発熱などの症状が見られた場合は、抗生剤の投与や適切な治療を行えば重症化することはありません。 ・ 頸管裂傷 とくに出産未経験の人は子宮頸を広げる頸管拡張処置を行いますが、その際に頸管が裂傷することがあります。 後遺症が出るようなことは少ないです。 ・子宮穿孔 ごくまれに処置を行う際に、子宮内に小さな穴をあけてしまうことがあります。 子宮収縮薬や抗生剤の投与で経過観察をしますが、穿孔が大きい場合は開腹手術が必要になることも。 ・子宮内容遺残 ごくまれに、手術を行っても子宮内容物が充分に排出できず残った場合があり、出血が続いたり発熱や腹痛が出ます。 子宮収縮薬で内容物を完全に排出させられれば症状はなくなりますが、再手術が必要になることもあります。 ・子宮収縮不全 薬を使用しても子宮が収縮せず、大量出血が起こる場合は、入院し適切な処置が行われます。 一般的にどんな手術もリスクが0ではありません。 しかし、感染症などは自宅で自然排出を待っていても大量出血により起こりうるリスクです。 手術中の出血やトラブルは、そのまま病院で早めの処置が受けられるため、重症化することはほとんどありません。 手術を行わずに、自然排出を待つ方法にもメリットデメリットがあります。 メリットは、自然に排出が行われれば、手術による体への負担がかからない点です。 その一方で、自然排出を待つ間に腹痛や出血が続く点や、突然の大量出血や強い腹痛が起き緊急手術となる確率が高いのは、自然排出のデメリットです。 このように、手術をした方がよいのか自然排出をした方がよいのかは、ケースバイケースです。 どちらの場合も感染症の発生率に差はないという研究報告があるので、どちらがより優れているということはありません。 医師に手術を指定された場合は、不安に思うことはすべて聞いてから手術に臨みましょう。 「手術でも自然排出でもどちらでもよい」と言われた場合は、医師とよく話し合ったうえで、どちらをとるのか決断してください。 かかりつけの病院が近い場合は外来で自然排出を待つのもありですが、自宅と病院の距離がかなり遠い場合などは、用心して手術を選択する判断も必要です。 後期流産の場合は、子宮を収縮させる薬を使い、出産と同様の方法で赤ちゃんと胎盤を取り出すので、外科的な手術は行われません。 流産手術の流れ 12週までの初期流産の手術は、麻酔をかけて行われますが、30分程度で終わる簡単なものです。 病院によって、日帰り手術の所もあれば、その後の経過を観察するために1泊入院となる所もあります。 腹痛や出血がおさまり(多少の痛みや出血はあります)麻酔からしっかり覚めていれば退院できます。 術後はシャワーなどを浴びても問題なく、大きな制限はありませんが、体には負担がかかっているため無理をするのは避けましょう。 流産後の生活 流産後のケアは、体力の回復だけでなく、その後の妊娠にとっても、非常に大切です。 流産後1ヶ月から100日までは、「流産後の養生」が欠かせません。 特に流産後1ヶ月以内にトラブルが出た場合は、100日までに治さないと、その影響は次の出産まで続くとも言われますし、この時期の回復が不十分だと妊娠しにくい体になってしまいます。 とにかく流産後の無理は禁物です。 初期流産の場合、妊娠したことを会社などに話していないので、 休みにくかったり・・・ 周囲に気づかれないように気を使ったり・・・ 気を紛らわしたくて普段以上に仕事をしたり・・・ そんな場合もあるかもしれませんが、できるだけ、休みましょう。 流産や処置からの期間での目安をまとめておきます。 あたためる 冷えは流産後の体に、大きなダメージを与えます。 また、 トラブルを引き起こす原因になってしまうので、くれぐれも、しっかりとあたためるようにしましょう。 服装 腹巻きは必須です。 毛糸のパンツなどもおすすめ。 首、手首、足首をあたためると体温を保つことができます。 ストールやレッグウォーマーなどを活用しましょう。 丈の短いスカート類は避け、なるべくパンツスタイルで。 夏場だと油断しがちですが、エアコンなどで逆に冷えるので気をつけて。 ナプキン できれば、布ナプキンをおすすめします。 通常のナプキンには、経血を吸収するための高分子吸収体が使われています。 この高分子吸収体が液体(経血)を含むと、冷えピタと同じ状態になって子宮を冷やしてしまうからです。 可能であれば、布ナプキンに変えてみましょう。 カイロ ホッカイロは、手軽で直接下腹部をあたためてくれます。 暑いのに無理やり温める必要はないですが、冷える感じがする時は、ぜひ活用しましょう。 貼る場所は、おへその下辺りと腰。 前後からカイロのサンドイッチで温めると効果的です。 体の症状:10のチェック項目• のぼせ• めまい• 生理痛• 立ちくらみ• 生理不順• 血色が悪い• 経血量が減った• おりものが減った 上記のトラブルが流産後に出ている場合は、体がダメージを受けているサインです。 なるべく早く改善しましょう。 妊娠力の中心は、「血」です。 東洋医学でいう「血」とは、血液、栄養、ホルモンをまとめたもので、子宮・卵巣系の力の源です。 流産では、この血が大きなダメージを受けていて、トラブルや、不妊を招く原因になります。 『「血」を補い、めぐりをよくする』このことが、流産後に、また新しい命を授かる体に戻るためのとても大切なことです。 体の不調も、心の不調も血の状態を良くすれば、しっかりと回復して、本来のあなたらしい状態を取り戻していきましょう。 血を回復させるために必要なことは、流産後の養生法そのものです。 (養生法は上記です) ただ、『早く回復させたい』、『しっかりと回復させたい』、『次の流産はできるだけ避けたい』そんなふうにお考えの場合は、漢方や薬膳をおすすめします。 基礎体温からチェック 流産後、最初の生理がくるまでは、基礎体温を付ける必要はありません。 また、気持ち的に少し妊娠のことを考えたくない場合も同様です。 自分の気持ちが「赤ちゃんを授かりたいなぁ」そんなふうに、自然と考えられるようになった時がタイミングです。 それから体温を測るようにすればOKです。 基礎体温を測定を再開した時に大切なポイントがあります。 それは、 流産前後の基礎体温の比較です。 基礎体温の変化なし それまでと、基礎体温に大きな変化がない場合は、特に心配しなくても大丈夫です。 妊娠できたことは間違いないわけですから、自信をもって、次の妊娠に向かって行きましょう。 基礎体温が高くなる 流産後に不妊で悩まれる方に多いタイプです。 流産前に比べて体温が高くなっている場合、特に、低温期が36. 5度を上回るようになった場合は、注意が必要です。 低温期の体温は、通常36. 2~3度。 この体温だと卵胞が育ちやすいと言われています。 イメージとしては、『36度を切ると、たまごが冷蔵庫で冷えてる状態』『36. 5度を越えるとゆでたまごになっている状態』を想像してもらうと、わかりやすいかもしれません。 流産後に不妊で相談に来られる方で多いのが、体温が上がってしまう方です。 流産後のケアでは、血流をよくすることが大切なのですが、それが不十分な場合によく見られます。 漢方的には、余分な悪い熱が出てしまって「育てる力」が不足していると考えます。 冷えとか、生理不順といった自覚症状があまりない事が多く、本人の意識が体に向きにくいのも特徴です。 この場合は、体から悪い熱を追い出した上で、育てる力を補う必要があります。 漢方的対応としては、 『血流をよくする』、『育てる力を補う』ということを行います。 基礎体温が低くなる 流産後の体のダメージが取れていない方によく見られます。 特に、低温期が36. 0度、高温期が36. 5度を下回ってしまう場合は要注意です。 流産前に比べて経血量が減った・冷えがひどくなった・貧血・生理不順になったなど、婦人科系の不調がみられることもすくなくありません。 子宮・卵巣の力のもとであり、妊娠力そのものともいえる「血」が不足している状態です。 ポイントとなるのは3つ。 『温めること。 』『睡眠をとること。 』『栄養をとること。 』 毎日の生活を大切にして過ごすと血が増えて妊娠力がしっかりと高まってきます。 早め、早めに対処していきましょう。 心の状態からチェック 流産の時に感じた、喪失感・悲しみ・つらさ・怒り・不安・自分を責める気持ち・・・。 そういった湧き上がる感情は、自然なもので、その時の感情を素直に解放することはとても大切なことです。 泣いてもいい• ひとに感情をぶつけてもいい• 落ち込んでもいい• ぼーっとしてもいい そんなふうに、自分が感じていること、思っていることをゆるしてあげてください。 そして、気づいたこと感じたことを受け取り手放してみましょう。 流産のことは、忘れなくてもいいし、悪いことでもありません。 あなたが、あなたであること。 そして、あなたらしくあることを空に天使となって帰って行った赤ちゃんもきっと望んでいます。 赤ちゃんにとってお母さんのしあわせや笑顔こそがすべてなのですから。 時間とともにいろんな気持ちを感じられるでしょう。 ずっと気になってしまって、このままでいいのか心配になったり 早く立ち直らないといけないと焦ってしまったり・・・ よくあることと聞いてはみてもどうして自分がと納得いかなかったり・・・ 偶然とはいわれても、やっぱりなにか悪かったのではと自分を責めてしまったり・・・ 理屈などではなく、時間が必要な時もあります。 気持ちを伝えてみる 流産について話したり、相談したりするのが難しいのも事実です。 心のなかに押し込んだままにして、ずっとしんどいままになってしまう人も少なくありません。 誰かに伝える。 聞いてもらう。 そのことで気持ちが楽になる方もとても多いのです。 なかなか身近な人には話しにくかったりもします。 専門のサイトやカウンセリングを使ってみることもおすすめです。 体から心を楽にする こころは、体の影響を大きく受けています。 特に、流産後に出やすい体質の影響で、「気持ちが前向きにならない(無気力)」「心配や、不安がおさまらない(不安)」「自律神経が不安定で感情がゆれる(イライラ、不安定)」の3つの感情が出やすくなります。 本来の自分の感情が、体質のせいで不調になっていることがとても多いのです。 もしも、こころの状態をまわりから言われたり、自分でもおかしいなと感じたら、一度、体質をチェックしてしっかりとからだを回復させることも大切です。 「本当の自分とは違う」 そう感じたら、体のケアに目を向けましょう。 同時に妊娠力のアップにもなり、こころとからだの両方が良い方向へ進んでいきます。 流産後に妊活をはじめる時期、年齢が高い場合は? 流産後に妊活をはじめる適切な時期については、年齢や体調それぞれのケースにより、医師の見解が多少異なります。 基本的には、子宮がしっかり元に戻る時期である「生理を2~3回見送ったあと」と言われることが多いようです。 しかし、年齢が高く不妊治療に通っている人等は、その限りではありません。 妊娠のチャンスが少ない場合は「生理を1回見送りその後の診察で問題がなければ妊活を再開してよい」という医師もいます。 その場合は、治療方針や妊活の進め方についてかかりつけの医師とよく相談しましょう。 流産後は、決して自己判断で早期に妊活を進めることのないようにしてください。 しかし、妊娠ごくごく初期の化学流産の場合は、医学的には流産にカウントされず体への負担はそんなに大きくありません。 化学流産では、病院にかからないことも多いので、とくに生理が何回という制限なく妊活を再開しても大丈夫です。 また流産したら、という不安を持つ人へ 流産後の妊活は、ふたたび流産を繰り返すのではないかといった不安が大きいものです。 流産を一度経験すれば癖がついて流産を繰り返すようになる、などということは一切ありません。 しかし、流産を二度三度繰り返す人は「不育症」の可能性があるので、病院で検査をすることが望ましいです。 検査は難しいものではなく、両親の染色体、母親の自己抗体、凝固系、甲状腺機能に異常がないか、などを調べます。 原因がわかれば、それに対する治療が出来たり、その後の妊活方法の方針も変わってきます。 ちなみに、染色体の異常は年齢が上がるにつれリスクが高くなるものです。 一度、流産をしたから異常が起こる確率があがる、ということはないので安心してくださいね。 なかなか妊娠しにくく、タイミング法のみで妊活をおこなっていた人は、この機会に病院と相談してほかの方法を試してみるのもよいかと思います。 精神的な不安やストレスは妊活にとってよくありません。 また流産するかもしれない…と「もしも」のことで不安を感じるよりも、妊娠のための体づくりや必要な検査や治療など、今出来ることをひとつずつやっていきましょう。 流産後は心と体のケアをしっかりと行い、時期を見て妊活を再開しよう 流産は誰にでも起こりうることですが、流産後はどうしてもネガティブな感情を抱いてしまうものです。 また、年齢による不安から、流産後の妊活を焦ってしまう人もいるかと思います。 ネガティブな感情のまま、体の回復を待たずに妊活をはじめても、よい結果はなかなか得られません。 流産後には、心と体を養生する期間が必要なのです。 体の回復を待っている間は、規則正しい生活や健康な体づくりを心がけ、ストレスがかからないように心をゆっくり休めてください。 流産後は、妊活に関する多くの情報が心の負担となることも少なくありません。 少しの間でも構わないので、いったん妊活について考えることはお休みし、体の回復を待ちましょう。 体と心は繋がっています。 日々を明るく元気に過ごせれば、自然と妊活を再開できる日はやってきますので、焦らずに養生してくださいね。

次の