全く やる気 が 起き ない。 やる気が起きない...... 行動を起こすには馬力がいる!...

仕事のやる気が出ない根本的な原因。やる気が出ないのは、自分がダメだからじゃない。

全く やる気 が 起き ない

『仕事のやる気が出ない』 『仕事をしていて、楽しくない』 『なぜ、この仕事をしているんだろう?』 などなど。 現状の仕事や職場に対して、こう思っている人の共通点は、 仕事のやる気がないこと。 もっと言うと、 仕事のやる気が出ないのではなくて、 やる気なんか、なくて当然なんだ。 そもそも、やる気なんかない。 なのに、無理に仕事へのやる気を出そうとしていたり、 やる気が出ない自分は、ダメな人だと 思い込んでしまう人がいる。 スタートの前提から間違っているだけなんだ。 だから、はっきり言う。 やる気なんてない。 なくていいんだ。 やる気ってなんだ? そもそも、 「やる気」って何??笑 やる気なんて存在しないんだ。 「モチベーションが上がらない」とか、 「モチベーションが下がる」なんて言葉を聞くけど、 モチベーションって言葉すら、始まりはビジネス。 モチベーションって言葉を作って、それで金を稼いだ人がいて、 時間の経過と共に、モチベーションって言葉が浸透しただけの話。 つまり、やる気もモチベーションもなくて当然。 だって、そもそも誰かが勝手に言い始めただけなんだから。 日本人はやる気がない。 現代の日本においては、やる気がなくて当たり前の環境。 生物として、生きるってことは食べること。 世界的に見ても、日本はその点では豊かな国だと言える。 食べるものも、 着るものも、 住むところも、 大体のことが、なんとかなる。 学校に行って、就職して、 適当に仕事をしていれば、 生きていくのに困らない。 就職をしなくても、バイトもあるし。 求人が全くないなんてことは、ない。 だから、生きていくのに困らないだけの金を稼ぐことができれば、 それで、 生物としての『生きる』 ってのはクリアなんだ。 最初に言ったように、日本の環境では、 やる気なんて、なくて当たり前。 やる気が、なくて当然。 やる気が、ないのが普通。 まずは、やる気がない自分をダメだと思うことをやめよう。 だって、やる気なんてないものだから。 定年後にうつになる60代 定年まで、仕事を続けて、 定年後にうつになる人がかなりいるらしい。 さらに、定年後にになる人も多い。 なんで、今まで仕事をしていたのに仕事を辞めた途端に 体調を崩す人がいるのか? ってのを考えた時に、 『やる気』 が大きく関係していると思う。 定年前までは、仕事に対して やる気を注いでた。 ある日、定年を迎えてやる気を注ぐものが無くなってしまう。 ただ、ここでの仕事に対しての『やる気』ってのは、 ニセモノ。 他人に、やる気にさせられていただけ。 そもそも、仕事にやる気があると思い込んでいただけで、 本当はそうじゃない。 だから、定年を迎えると ・うつ ・ ・体調不良 になったりする人が多い。 「病は気から」っていうのは、 本当で肉体的なダメージなんかよりも、 精神的なダメージの方が、圧倒的にでかいんだ。 自発的にやる気を出す方法 もし、今の仕事を続けて定年を迎える時が来たらどうだろうか? 多くの人は、自分で考え選択し、 決断して来た人生ではない。 だから、何をしていいかわからなくなる。 自分が、何をしたいのかもわからなくなる。 今まで、決められた時間に起きて、出勤して、 週に1〜2日の休日があって。 他人に決められた時間の中で、 生きてきた人が圧倒的に多い。 何度も言うけど、 「やる気なんてない」 やる気なんてのは、やってみて出でくるものなんだ。 一番簡単なのは、体を動かすこと。 これは、的にも証明されていて、体を動かすことで脳が刺激されて やる気が徐々に出てくるらしい。 筋トレなんかもそうで、 「今日は筋トレしたくないな〜」 「めんどくさいな〜」 なんて、思っていても とりあえず、服を着替えてみるといい。 それでも、やる気は出てこない。 でも、ジムに行ったり、外を走ったり。 してみると、不思議とだんだんとやる気になってくるんだ。 運動が苦手な人は、その場で1分間ジャンプをしてみてもいい。 これでも、やる気は出るから。 脳があたなを邪魔し続ける 体を動かせば、やる気が出る。 って言ったけど、体を動かす前までは、 「やりたくない」 って気持ちの方が強いはず。 これは、運動に限らず全てのことに共通する。 その原因は、、、 「あなたの脳みそ」 脳が必死に邪魔をしているんだ。 その行動を取らないために、 天才的な言い訳をいくつも考え出してくる。 「できる理由」よりも、 「できない理由」が、 いくつも出てくるのも、 脳が原因。 なぜなら、人間の脳は変化を嫌うからだ。 変化をすること=死のリスク 脳が、変化を嫌うのは体を守るため。 生命を維持するため。 脳は、死から体を守るために変化を避けるわけ。 だから、天才的な言い訳が出てくる時は、無視すればいい。 「脳が邪魔してるんだ」って思えばいい。 頭で考えるより、 体で感じることを信じればいい。 そうすれば、 脳に惑わされることもなくなるから。 やる気が出ない根本的な原因 ・仕事が辛すぎる。 ・仕事にやりがいを感じない。 ・仕事自体が楽しくない。 ・職場の人と合わない。 いろんな理由があって、 やる気が出ないんじゃないんだ。 最初から、やる気なんてないだけ。 どんどん、動いて経験しないとやる気なんて出てこない。 だからと言って、嫌な職場でも我慢しろなんて言ってるつもりは全くない。 むしろ、我慢するくらいなら辞めたほうがいい。 前にも書いたけど、我慢は最悪だから。 とにかく、やる気が出ないからって、 落ち込むことも、 責めることも、必要ない。 一番オススメなのは、 自分にとってのヒーローを見るけること。 そして、ヒーローの近くにいること。 これができれば、やる気なんて勝手に湧いてくるから。 とにかく、ガンガン進んでいこう。 やる気なんてないのが普通で、やる気を出そうとしている時点でヤバいわけだ。 ってことで、続きは に書いておくので、 『やる気が出ない』と悩んでいる人は読んでほしい。 <無料メルマガ> (『はじめの一歩』配信中) この記事を書いている人.

次の

仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

全く やる気 が 起き ない

やる気が出ない時は思い切って手を抜く 時には抵抗したり頑張ったりするのをやめ、 時間の流れのままにゆったりと構えるのもいいではないか。 (中略) 頑張ったところで押しとどめようもないものに対しては、 頑張らなくてよいのだ。 ずっと頑張ってきた人ほどプッと糸が切れたようにやる気が出ない状態に陥るケースがあります。 流れに逆らうのは強大なエネルギーが必要です。 時代の流れ、会社の方針、老化など様々な流れに抵抗し続けるのもいいかもしれませんが、時には手を抜いてその流れを楽しむことも大切です。 スポンサーリンク やる気が出ない時ほど一番身近な目標を達成する あまりにも大きな目標だったり、 10年先の目標しか定めていないと、そのやる気を保つことは至難の業です。 目標を追っている最中にやる気が出なくなってしまったら とにかく一番身近な目標を達成するようにしましょう。 やる気を継続させる効果もあり、大きな目標達成にもつながります。 やる気が出ない時は幸せなふりをしてみる やる気が出なくなる時は大体ネガティブ思考になっています。 そんな時は目の前の楽しみや幸せに目を向けましょう。 「病は気から」という言葉があるように 仕事終わりのビールを飲むことだったりにワクワクするだけで気持ちに変化が出てきます。 やる気が出ない状態になったら期待値を2割下げてみる 完璧を求めて自分を駆り立てることは必要だが、 「完璧でなければだめだ」と考えて自分を追い込んではいけない。 自分を追い込んで100%を目指せば目指すほど、 上手くいかなかったときの反動は計り知れません。 著者は期待値を2割下げることで 失敗したり、つまづいたりしても「こんなこともあるさ」と納得できると伝えています。 スポンサーリンク やる気が出ない時は欲しがらないものを決める 「隣の芝生は青く見える」とよく言います。 例えばあなたの友人や同僚が新車を買ったと聞いた時に、 「自分は車を買うことができないなんて情けないなぁ」 と感じる時はないでしょうか。 そして悲観的になってしまい、やる気が出なくなってしまうことはないでしょうか。 しかしあなたにとって車は本当に必要なものなのでしょうか。 本来必要ではないものに対する悩みほどムダなものはありません。 やる気が出ない時は自己評価を高くしすぎない 自分をもっとも高く評価してくれるのは誰だろう。 妻や恋人、家族、友人、会社の上司などを思い浮かべる人がいるかもしれないが、 答えはほかならぬ自分自身である。 ということは、「自分はこのレベルだ」と思うほど、 自分を人は評価してくれないということだ。 あなた自身を過剰評価しすぎると、 周りから評価は下がるばかりではなく、不満すら生み出します。 自分を評価しすぎないで、むしろ過小評価するぐらいのほうが 周りの評価と並び、メンタルストレスも軽減させるそうです。 スポンサーリンク やる気が出ない時は「昔は良かったなぁ」と思わない 過去に縛られる人は多くいます。 過去の思い出が強ければ強いほど、 行動できなくなり、やる気を失っていきます。 しかしその時間は本当に必要なのでしょうか。 過去の栄光に浸っている時間の代わりに 今を忙しくさせることに費やしたほうが気を途切れさせません。 やる気が出ない状態を防ぐにはやる気を奪う人を遠ざける やる気が出ない原因は何もあなただけではありません。 極力あなたのやる気を無くす人とは交流しないようにしましょう。 交流しなければならない時でも、 ふんふんと頷いてスルーを心がけましょう。 やる気が出ない時は「不満があるから満足がある」と思う 発明王エジソンにはこんな話があるそうです。 電気のフィラメント素材を見つけるまでに彼は、 三千種類もの物質を試した。 が、いっこうに思うような素材に出合わない。 友人たちはそんな彼に 「そろそろ諦めたほうがいい」 と助言した。 見るに見かねてのことだろう。 だが、その時エジソンは平然としてこう答えたというのだ。 「なぁに、世界にある物質は五千五百種類だそうだ。 すでに三千種類を試したのだから、残りはわずか二千五百種類。 もう、成功目前だ!」 今ある不満はいつか満たされる喜びだと思う が重要ということですね。 スポンサーリンク やる気が出ない時は一日一度は好きなことをする あなたには「これが好き」、「これをやっていると楽しい」というものがありますか? もちろんゲームでもマンガでも何でもいいので 一日の終わり、または1週間の〆に好きなことをやりましょう。 リフレッシュ感が全く変わってくるそうです。 やる気が出ない時は少しでいいから毎日遊ぶ これも上記同様、リフレッシュ感が大幅に変化します。 多忙な時ほど遊ぶべきだと本書では伝えています。 やる気が出ない時は元気を引き出すファッションにする ファッションでやる気は左右されます。 これを大いに利用しましょう。 いつもと同じではなく、 ちょっとあなたにとっては挑戦かもしれないな、 というようなファッションを取り入れると気分が変わります。 スポンサーリンク やる気が出ない時は仕事場以外の友人と会う いつも同じ人、会社の同僚や先輩後輩と飲んでばかりいないでしょうか。 時には仕事を離れて昔の友だちと会う時間を作ることをすすめています。 昔話をしたり、異業種の話を聞いたり。 自然とやる気スイッチが入っている可能性が高いです。 やる気が出ない時はペースを変えて集中力を保つ ずっと同じ仕事をし続けるとかなりの体力を消耗します。 それが長くなるとやる気もなくなり集中力も途切れがちになるでしょう。 そうなる前に、今のやっている仕事から離れて、別の仕事にとりかかるようにするとリフレッシュ感を味わいながら仕事を継続できるようになります。 な・・・と感じ始めたら ぜひ試してみましょう。 やる気が出ない状態から脱出する いかがでしょうか。 やる気が出ないことは本当によくあることです。 そんな状態に陥ってしまった時に、 抜け出す方法を知っているか、知っていないかでその後の効率が変わってくるでしょう。 やる気が出ないときはぜひ参考にしてみて下さい。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

勉強のやる気が全く起きないときの対処法

全く やる気 が 起き ない

自分でもワケがわからない位 全くやる気が出ないのですが どうしたら良いでのしょうか? 長文で申し訳ありません。 冗談みたいに聞こえるかもしれませんが 本気で悩んでいます。 普段から割と落ち着いて見られ、努めて明るくしているせいか 周りの人は気づいてないのですが 最近 落ち込み気味で 何も手につかづ 考えることも 友人に会うことも面倒です。 夜も明け方近くまで眠れません。 寝れても浅いです。 休みの日も よほどの用事がなければ家から出る気にもなりません。 気分転換できる趣味も今はないです。 以前は趣味だったことも最近では全く気持ちが向かいません。 でも何か 現状が不本意で本当にツライんです。 社会人ですので、すぐにでも解決しなければならない問題も多いのですが頭が働かず、 このままでは仕事に支障が出てしまいそうで(というより 出てますが・・・)心療内科にも 一度だけ診察に行ってみました。 医師に対しては 「現在仕事がうまくいかず 将来に不安を抱いている。 同居の両親と会話も少なく 恋愛も 最近は遠ざかっています。 全てを打ち明けられる 相談できる人もいません。 」 と、原因かもしれない今の心境をお話ししました。 診断結果は『特に異常無さそうだ』とのことでしたが 念の為と、薬(パキシル、グッドミン、リーゼ)を 処方されました。 いわれたとうりにしばらく服用してみましたが改善することなく、足がムズムズするだけで 余計に眠れなくなりました。 そして 病気ではないと診断され、 要するに甘えだと思い、気合も入れ直しましたが やはり無気力に変わりありません。 以前はこんな事なくて 仕事や趣味にも友達も 時間の許す限り没頭する事ができたのに・・・ 本当に病気とかではないのか また 単純に薬が合わなかっただけでしょうか? 詳しい方、アドバイスよろしくお願いします。 パキシル等のセロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)は3日や7日では効果が出ません。 一般的には20日程かけて効果を出す薬品です。 そこに至までに吐き気や倦怠感、無気力等の副作用があります。 リーゼはパキシルと違い即効性がありますが精神安定の持続時間が4〜5時間程度でリバウンドもあります。 その医師の判断はどうだったのかはわかりませんが2ヶ月は納得出来なくても同じ治療法を続けた方がいいと思います。 決して甘えではありません。 体がなんらなの危険情報を発しているのです。 その危険情報が真実なのか誤報なのかは体と向き合わなければわかりません。 統合失調に関する本はいくつも出ていますので最低2冊は違う著者の本を読む事をお勧めします。 ちなみに物理的検査は結構徹底的にやってもいいと思いますよ。 日帰り人間ドックにかかってみるのもいい方法です。

次の