昌平 君。 昌平君的角色经历_百度知道

历史趣谈:昌平君为何背叛秦始皇?昌平君和扶苏的关系

昌平 君

それが昌平君です。 呂不韋四柱の一人として登場し政とは敵対していましたが、後に政陣営へ加わり軍の総司令官という立場になります。 魏の廉頗を破り東郡宣言をする戦略や、合従軍との函谷関の戦いや、現在の鄴攻めの最初の戦略などを考え出したのが昌平君です。 このようにとても知略に優れたとても優秀な人材でした。 昌平君は、後進の育成にも熱心で自費で軍師養成学校を開き人材教育を行っていました。 ここでは、昌平君や蔡沢が講師を務めるなどとても豪華な講義が受けられます。 また、才能があると見込んだ人物に対しては、食客として迎えるなど人をとても重要視していました。 河了貂もこの昌平君の軍師学校を経て飛信隊の軍師として活躍していますね。 ここで、昌平君は史実にも登場する人物なのですが、昌平君という名前は本名ではありません。 昌平君という名前は所謂役職のようなものです。 昌平という土地を与えられたからなのか、昌や平の土地を封土として与えられて名乗っていたのかは定かではありません。 そのため本当の名前はわかっていないのです。 昌平君の性格 次回、現代の軍略囲碁ことバロニィ持って行くから対合従軍仮想戦の昌平君と昌文君ごっこやろう。 — Aキヤマヒデ忌 rokugentanto キングダムに置いて昌平君は常に沈着冷静で非情な人間のイメージが強いです。 しかし、自費での軍師養成学校の設立などの後進育成を行うなどとても熱い気持ちを持っている人物でもあります。 また、軍の総司令として当然と言えば当然ではあるのですが、合従軍との戦いで秦が絶体絶命の窮地へ陥っている時に、秦の生き残る可能性について死に物狂いで模索していました。 軍師たちと巨大な盤上で徹夜であーじゃない、こうじゃないと戦略を練っていた場面は真に迫っていてとても熱いシーンでした。 昌平君の過去 キングダムの呂氏四柱の描かれ方が本当に好き。 それぞれが全く違う形で目立っていてカッコいい。 この4人全員を抱えた呂不韋って本当に化け物だな。 — かき氷 HAMUDOOOO 昌平君は呂不韋四柱の一人として登場しますが、元々は楚の人間でした。 政の側近として登場する昌文君と昌平君は叔父甥の間柄でした。 昌文君は楚の考烈王の弟で、昌平君は考烈王と、秦の照王の娘の間に生まれた子供です。 そして、考烈王が秦の人質となった際にそばに昌文君と昌平君は王に付き添って秦へきました。 その後、考烈王は楚へ戻り楚王となりますが昌文君と昌平君は秦に残り共に相国へ昇進していきます。 「ろうあいの乱」では昌文君、昌平君で鎮圧したともあります。 昌平君の戦闘能力 昌平君好きな人リツイート — キングダムbot kingdom0609 昌平君は軍の総司令としてあまり戦場にでて前線で戦う場面は多くないのですが政のろうあいの乱時に呂不韋陣営から離反し、介億や昌文君らと共に咸陽へ千の兵を率いて駆けつけました。 その時の敵兵は3万。 千の兵ではどうしようもないと思いましたが、その戦場には軍師養成学校での教え子の河了貂もおり、昌平君の戦術に対し見事に反応し一気に昌平君は敵将ワテギの元にたどり着きます。 そして、人たちの元にワテギの腕を切り落とし、首をはねます。 この武力は圧倒的でした。 スポンサーリンク 介億曰く幼少期には蒙武よりも強かったと言われました。 現在はさすがに蒙武の方が上でしょうがそれでもその強さは衰えていないことを証明した形となりましたね。 知略も武力も兼ね備えた武人であり、趙の李牧と肩を並べる、もしくはそれよりもさらに上を行く存在であるかもしれません。 昌平君の魅力とは!? 「キングダム」で昌平君が呂不韋を裏切るシーン、超カッコいいんだよな。 「余計な問答は必要ない。 察しの通りだ。 世話になった」と、彼は一切悪びれない。 【呂不韋に感謝や尊敬こそすれ、不満はない】のにも関わらず【より夢を見せてくれる王に寝返る】という最悪の裏切り。 なのに一切悪びれない。 — 堀元 見 企画屋 kenhori2 最初に登場した時は呂不韋の配下で敵陣営でした。 その冷静沈着な立居振る舞いはとても存在感があり、怖い存在でした。 しかし、政陣営へ移ってからはこれほど頼もしい軍師はいないと言えるほど頼もしい存在です。 そう思わせてしまうほどの存在感を持っていることが魅力と言えるのではないでしょうか。 また、知力に合わせて武力も兼ね備えておりその文武両道の姿もそそりますね。 そのようにとても優秀な存在でありながら自費で軍師養成学校を運営するなど自身のことだけでなく大きな視点で物事を視ることのできる器の大きさも持ち合わせているところも素敵だと思います。 昌平君に弱点はあるのか!? ずっと昌文君とか昌平君の発音も意味も間違えてたわ😳どんな緊迫した場面でもくん呼びなの何でだって1巻から54巻までずっと疑問だったよ!映画見てよかったよ。 — Manami sss9316s 昌平君に弱点はありません!個人的に大好きなキャラクターだからという理由は置いておいて…弱点の無い最強の存在として昌平君にはあってほしいと思っています。 その理由を次の項で述べます。 今後の昌平君について考察してみた! キングダムはいずれ昌平君が楚の王として反乱を起こすのをどう描くのかなというのが楽しみだが、まぁだいぶ先だろうなー。 (この時の楚の将軍・項燕が、項羽の祖父) — Hi! おしゃべり玉子様 hieveryone0 昌平君は元々楚からの人質のようにして秦へ来たことは前述しました。 そして、史実では紀元前226年に秦を去ることになっています。 その理由などはわかりませんが、楚に戻り楚王に即位し秦と敵対することとなります つまり、昌平君は秦の中華統一の最後に立ちはだかるラスボスとなる可能性が非常に高いです。 そのため昌平君には弱点のない最強のライバルとして存在しておいてもらいたいです。 また、昌平君は秦の軍総司令であったため軍内部まで事細かに把握しており本当の最強の敵と言えるでしょう。 史実では、信も昌平君と戦っています。 政は楚を責めるのに必要な兵力を信と王翦に確認。 王翦は60万人、信は20万人で足りると答え、政は信のその発言を頼もしく感じたのか信へ楚の侵攻の大将軍とします。 そして、その補佐として蒙恬を将軍として配置。 最初は快進撃をつづけますが策にはまってしまい大敗を決してしまいます。 その後、王翦が蒙武と共に60万の兵を率いて楚を滅ぼして天下統一がなったという流れとなります。 恐らくこの時に昌平君も死んでしまいます。 蒙武とは幼馴染でもありどのような気持ちで対峙したのでしょうか。 辛い戦いには違いなさそうです。 まとめ 今回は昌平君について詳しくまとめました。 昌平君は文武両道のとても魅力的なキャラクターの一人です。 今後の展開からおそらく最後の敵となることになりますが、秦軍の総司令を務めていたことからも内情をすべて知り尽くした相手であることから物語のクライマックスとしてはこれ以上にない強敵となることは間違いありません。 また、史実では信がコテンパンにやられてしまいますがマンガのラスボスを倒すのはやはり主人公である信であることが一番しっくりくると思います。 大敗する時に多くの味方もやられてしまう可能性も高いので、その最期を胸に昌平君と一騎打ちというシーンを思い浮かべるとワクワクが止まりませんね。 現在はまだ趙攻めの最中であり味方として頼もしい存在ですが、今後を考えるとその一挙手一投足まで目が離せないですね。 今後も期待して楽しんでいきたいですね。

次の

【キングダム】昌平君がイケメン!強さや声優を紹介!呂不韋との関係は?

昌平 君

ad 昌平君の位は? 昌平君は呂氏四柱の1人として登場し、その後に秦国の右丞相に就任。 同時に秦国の総司令官となります。 昌文君が左丞相ですからほぼ同じ位なのですが、この頃の秦では右丞相の方が左丞相より位が高いとされていましたので、昌文君より若干位が高いと言えるかもしれません。 頭脳明晰で知略は李牧並み 昌平君は秦国随一の頭脳を持ったキャラクターとして描かれます。 昌文君をして「軍略の天才」と言わしめるその才能は、秦国の誰もが認めるところです。 蒙毅、河了貂は昌平君の軍師学校で軍略を学んでおり、二人の師匠と言える存在です。 また、昌文君と同じくキングダム随一の頭脳明晰なキャラクターとして登場する李牧とも同じ程度の知略を持つキャラクターとしても描かれます。 合従軍編では、絶体絶命のピンチを乗り切る策を授けます。 寝る間を惜しんで何度も何度も模擬戦を繰り返し、100戦中20勝80敗の策を見つけ出します。 また経験豊富な蒙驁を函谷関の守備につける一方で、奇想天外な動きをする桓騎も同時に函谷関の守備に配置するというユニークな策を設けました。 結果的に昌平君のこれらの策がハマり、秦国滅亡の危機から国を救いました。 ad 蒙武並みの武力 頭脳明晰な司令官として活躍する昌平君ですが、40巻では武力も見せます。 その時に部下の介億が言った言葉がこちら。 ご存じないか 我が主は幼少期 あの蒙武より強かったのだぞ 秦国一の武力を持つ蒙武より、更に武力があったという昌平君です。 その戦いでは戎籊公の首を二振りで取ります。 河了貂は、昌平君の姿に思わずホの字になっています。 また、実は昌平君の武力は序盤から蔡沢がほのめかしていました。 とはいえ、昌平君自身は蒙武の武力に対してリスペクトを持っており、これらの事(蒙武並の武力である事)を自分で肯定する事はありません。 戎籊公の首を取った際の戦いでは軍の指揮を上げるための激も飛ばしており、その姿はまるで大将軍そのもの。 あくまで総司令官として知略を授ける立場におり戦場に赴く機会は少ないのですが、武将としての実力も疑いようがありません。 ad 呂不韋から嬴政の下へ動いた理由 昌平君は呂氏四柱の1人でしたが、39巻で描かれた加冠の儀で呂不韋と決別して嬴政に付いていく事を表明します。 昌平君は戦が終わった際、このように語ります。 私も中華を統べることを夢に描く男の一人だ 現秦王はその夢を預けるに足る器の王だからだ 昌平君が嬴政の語った思いと重なり、嬴政の下へ動くきっかけとなりました。 信の実力を早くから見抜く 昌平君は信の実力を早くから見抜いていた男です。 まだ信の名前が秦国に広まる前の段階で昌平君はこのように語りました。 この時から早くも先見の明を見せています。 趙への侵略の際には信・蒙恬・王賁の3名には独立遊軍という特別な権限を授けます。 またもや昌平君の判断が秦軍を救うことになりそうです。 ad 昌平君の部下 昌平君には部下が存在します。 作中で登場する主なキャラクターは介億と蒙毅の2名です。 介億 介億は昌平君の側近。 独特なM字の髪型とユニークなヒゲが特徴の軍師です。 昌平君の軍師学校で河了貂の先生をしていました。 蕞の防衛戦では助っ人に駆けつけ、北壁を守る指揮を取ります。 介億の絶妙な兵力の分散により、蕞は何とか合従軍の攻撃を凌ぎ切りました。 蒙毅 蒙毅は蒙武の息子であり蒙恬の弟。 河了貂と同じく昌平君の軍師学校に所属し、河了貂の兄弟子的な存在です。 昌平君はラスボス? ここからはまだ『キングダム』に描かれていない部分になります。 史実によれば昌平君は後に楚王に立てられる事になります。 そしてその後、蒙武と王翦に敗れて戦死するとのこと。 『キングダム』の作中でどのように描かれるかは分かりませんが、蒙武並の武力である事、蒙武と幼馴染で仲が良いという設定が伏線となっているのかもしれません。 秦にとって中華統一の実質最後の敵となるのが、紀元前223年に行われる楚との戦。 この時の楚王が昌平君というわけです。 秦国にとって唯一無二の存在である昌平君が敵に回る事を考えるとゾッとしますね。 昌平君は誰を連れて行くのか 昌平君がラスボス的存在だと仮定して、誰を楚に連れて行くのかも気になる所です。 昌平君一団である、介億はどうなのか?蒙毅はどうなのか? 軍略に長けた彼らがごっそり楚に行ってしまうとすれば、秦国は指揮系統を完全に失ってしまう事になりかねません。 蒙毅は父親や祖父が秦国の英雄である事を考慮すると秦国に残りそうな気がしますね。 もしかしたら昌平君がいなくなった後の秦国総司令は蒙毅に任されるのかもしれません。 昌平君が登場する原作コミックス紹介 キングダムのコミックス(電子書籍)はこちらから購入出来ます。 コミックシーモア、BookLive! 、ebookjapanでは初めての方は半額クーポンを貰えます。

次の

【キングダム】昌平君がイケメン!強さや声優を紹介!呂不韋との関係は?

昌平 君

スポンサーリンク キングダムのネット上の噂を見ていると、最後のラスボスは昌平君とだともっぱらの噂です。 他にも、桓騎がラスボスだという人もいますが、普通で考えれば昌平君がラスボスとなるでしょう。 最後のボス敵はだという人もいます、李牧の事は記事にしましたが、趙の滅亡の3カ月ほど前に郭開に讒言されて趙王(幽穆王)に処刑されています。 これが紀元前229年の出来事です。 これ以降も、もちろん歴史は続き昌平君が淮南で項燕により楚王に立てられましたが、王翦・蒙武に攻められて破れてしまうのが紀元前223年の事です。 この時の戦いで昌平君は死亡したとされています。 しかし、昌平君って謎が多い人物で、存在した事は間違いないのですが、イマイチ謎が多く分からない人物です。 ここではキングダムや史実に基づいて昌平君の謎を紐解いてみましょう。 名前がよく分からない 昌平君なのですが、昌平君というのは、本名ではありません。 役職みたいなものだと思ってもらえばと思います。 尚、昌平君の由来に対しては、「昌平」という地を与えられていたから、昌平君という説もありますし、「昌」という地か「平」という地を封土として与えられていて昌平君を名乗ったなど、様々な説があります。 昌平君の本名に関しては、熊啓という説があります。 「十七年丞相啓状戈」という秦代の銅戈が見つかっていますが、丞相啓が昌平君ではないか?と考える専門家もいます。 この話が真実であれば、昌平君の本名は楚王室の氏である「熊」と名前の「啓」で「熊啓」となります。 ちなみに、昌平君の分かっている事で、若くして楚から秦に人質で行ったと言う事です。 しかし、人質で言ったにも関わらず、相国(秦で最も位が高い役職)についてしまうのは、流石だと思いました。 とても人質とは思えませんね。 キングダムでは、呂不韋四柱の一人として登場するわけですが、呂不韋が昌平君を引きたてたのかも知れません。 しかし、昌平君がどのようにして成り上がったかについては、史書にも記録がなく分かっていない事が多いです。 スポンサーリンク 嫪毐の乱を鎮圧 史記にも記述があるので、これははっきりとしているのですが、嫪毐(ろうあい)の乱を鎮圧したのは昌平君です。 正確に言えば、と昌平君で嫪毐の乱を鎮圧しました。 当時の嫪毐は、大后(秦王政の母親)の愛人として、絶大なる権力を持っていました。 呂不韋に比肩するほどの権力を持っていて、秦の文官、武官、大臣達は嫪毐につこうか、呂不韋につこうかで話題になっていた逸話があります。 しかし、嫪毐というのは、結局は巨根で大后に気に入られていたのであって、切れ者の昌文君や昌平君に敵うわけもなく乱は鎮圧されてしまいました。 ここで、政のピンチを救った事で、かなり信頼されたのかも知れません。 軍師養成学校を開く 昌平君は、イケメンでカッコいいですが、いつも怖い顔をしています。 その性格は、どのような感じかと言えばキングダムでは、自費で軍師養成学校を開き人材教育にも熱心な面が見受けられます。 ちなみに、軍師養成学校の講師は昌平君が自ら務めたり蔡沢がやったりと 豪華な授業が受けられるようです。 他にも、才能があると見込んだ人物は、自分の食客にするなど、人を重視した政策もしています。 尚、後に匈奴征伐などで大活躍する蒙恬もキングダムでは昌平君の軍師養成学校を卒業した優秀な生徒になっています。 秦の軍総司令官 キングダムでは軍の総司令官という立場にいます。 昌平君が考えて戦略を立ててそれに従い、秦軍は行動しています。 キングダムでは魏の廉頗を破り(史実には廉頗が魏軍を指揮した事実はない)東群宣言をするなどの戦略を考えたのも昌平君になっています。 他にも、合従軍との函谷関の戦いでも、戦略を練っています。 現在のキングダムでは、鄴攻め(ぎょうぜめ)を行っていますが、最初に戦略を考えたのは昌平君です。 スポンサーリンク しかし、史実を見ると昌平君が関与した形跡はありません。 相国という立場から関わっていた可能性は高いですが、史実には名前は見えていません。 ただし、切れ者だというのは間違ってはいないでしょう。 禍燐との関係 キングダムの架空のキャラで禍燐という女性が登場します。 禍燐は女将軍だったわけですが、春申君を李園が暗殺した後は、宰相になっています。 この禍燐には、 生き別れの弟がいる設定になっているのです。 禍燐の弟が昌平君ではないか?と騒がれています。 昌平君は、元は楚人で何らかで人質として秦に行きました。 これを上手く物語をつけて整合させれば禍燐の弟が昌平君であってもおかしくはないでしょう。 後に、昌平君は楚に帰るわけですが、ここで禍燐と何らかのドラマが合ってもおかしくはないはずです。 昌平君が秦を去るタイミング 史実を重視するのであれば、昌平君が秦を去るのは紀元前226年になります。 この年は、韓の貴族たちが秦に対して反乱を起こした年でもあります。 韓は戦国七雄の中でも最も早く滅亡しました。 滅亡したのは紀元前230年です。 韓を滅ぼして潁川郡を秦は設置します。 226年に韓の首都であった新鄭で韓の元貴族による大規模な反乱が起きました。 この反乱は鎮圧されてしまうわけですが、ここで何故か 昌平君が秦を去り郢に移ったという記述があるのです。 韓の貴族の反乱と昌平君がどのように結びついていたのかは知る由もありません。 それか、韓の貴族の反乱とは別件で何か問題があったか、それか自分で思うところがあり楚に移った可能性もあります。 韓の貴族の反乱に対する秦の過酷な仕打ちを見て、祖国である楚も同じような目にあってしまう事も考えて、秦を捨て楚に移った可能性もあるかと思います。 尚、郢という地名は楚の都の地名になることが多いです。 元々の場所はあるのですが、そこから遷都するたびに地名を郢にしたりしています。 昌平君は郢に移った記述ですが、当時の楚の状況を考えれば都は寿春か陳のどちらかでしょう。 追記 紀元前226年はが死去した年でもあります。 そのため、昌平君とも大きく関わっているように思いました。 昌平君と昌文君の関係なども考えながら書いたのが下記の記事です。 関連記事: 項燕により楚王の立てられる 楚には項燕という将軍がいます。 後に、(信)と蒙恬を破りますが。 60万の大軍を率いたに敗れてしまいます。 王翦は、項燕を破った勢いにのって、楚を一気に滅亡へと追い込みます。 首都を陥落させて楚王負芻を虜にします。 この時に、楚は陳という地名の場所を都にしていたようです。 都が陥落して、その地を平定するわけですが、負芻が捕らえられた後に、項燕が昌平君を王に立てたという話があります。 ただし、は王翦に負けた後に戦死したとも言われています。 そのため、どの説をとるのかは分かりませんが、物語的には項燕と共謀して昌平君が淮南で王位に立てられるのではないかと思っています。 その後、昌平君と項燕は王翦と蒙武に討ち取られて楚は完全に滅亡しました。 これが紀元前223年の出来事です。 ちなみに、秦は始皇帝(政)が死んだ後に4年で滅亡します。 秦を滅ぼすのは、項燕の孫である項羽です。 楚人は秦に対して、たいそう恨みが溜まっていたようで、 「たとえ3家になろうとも秦を滅ぼすのは楚なり」という歌が流行ったとも言われています。 この時の、楚を滅亡させるときに、秦はかなり恨みを買ったのではないでしょうか? この辺りもキングダムでは、どのように表現をしてくれるのか楽しみでもあります。 昌平君に対して、分かっている情報は全て書きましたが、追加で分かった事があれば、その都度、お話を追加したいと思います。 ちなみに、昌平君・項燕VS王翦・蒙武の戦いは、どのような戦いだったのか記述がなく分かっていません。 キングダム作者の原泰久さんがどのように描くのか今から楽しみです。 その他のの記事.

次の