カカシ 列伝。 NARUTO

NARUTO

カカシ 列伝

Sponsored Link カカシは結婚した??相手はシズネ?? ネットなどでよく見かける一つ目がこの話題です。 カカシが結婚した描写はないにもかかわらず、この話題をちらほら見かけます。 ナルトはヒナタと結婚し、子供が二人できています。 この描写はありますし、 次の物語も二人の間に出来た子供であるボルトが 中心になっていますから間違いはありません。 またボルトの仲間としてでてくる人物たちも、 ナルトの仲間達の子供達がでてきています。 この中にカカシの子供は・・・残念ながらいません。 ネット上で言われているのは、結婚して相手はシズネなのか、 と言うことですが・・・ ちなみに シズネは綱手の一番弟子であり、秘書役の人物。 また、「NARUTO」最終話では七代目火影となったナルトの補佐役をしている 描写があります。 さて、結論ですが・・・ カカシは結婚していません。 していないわけですから勿論相手はシズネでもなく、シズネ自身も 結婚はしていないはずです。 どこからこの情報が流れたのかわかりませんが、 まったく事実と異なる話です。 カカシの声優さんが変わった? もうひとつネットで上がっている話題の一つに、 「声優さんが変わったのではないか」というものがあります。 この話題に関しても事実ではなく、 声優さんは変わっていません。 物語が佳境に入った際に声質が少し変わったのを受け、 こういった話題が昇ったようです。 カカシの声優さんは 井上和彦さんで、 最初から最後まで変わることはありませんでした。

次の

「なんでカカシ先生に辛い役回りを押し付けたの、岸本先生」|ひやまもえこ|note

カカシ 列伝

このページの目次 OPEN• 1.ナルトの最終回(699〜700話)をネタバレ! ナルトは1999年から連載をスタートさせ、2014年に完結を迎え 全700話、単行本は72巻となりました。 週刊誌でこれほど長く連載を続けられたのは、作者ならびにアシスタントが多忙を極める毎日を送っていたからこそ。 物語はいつかは終わりを迎える訳ですから、ダラダラと長引かせるよりもナルトの最終回の迎え方は多くの読者が納得しています。 ではナルトの最終回は、どのような形だったのか、以下から紹介するので閲覧する際は注意してくださいね。 その後に現れたラスボス「 カグラ」は、さらに強力な技を持つため、「こんなの誰が勝てるんだよ!」と突っ込みを入れる人が多数でした。 ナルトは1人で勝てないと見込み、因縁の相手である「サスケ」と手を取り合い一緒に戦うことになります。 多くの人はナルトとサスケが、前のような関係に戻って欲しいと切望していたので、最終回前に協力関係になってくれたことは大きな喜びです。 お互いが全力で「カグラ」に挑み、やっとのことで倒すと、今度はサスケが敵側に回ります。 そう、この物語における真のラスボスは「サスケ」だったのです! とはいっても、お互い全ての力を出し切った中での戦いだったので、真のラスボスといっても子供の喧嘩のごとく、ただ単に殴り合うだけ。 つまりは、友情を確かめ合うサインのような働きに終始しており、友情を築くのに必要な行為とも言えるでしょう。 最終話は699話とは時系列が異なり、「 しばらく時が経過」という形でスタートし、ナルトはすっかり大人になりました。 すると、ナルトは「ヒナタ」と結婚しボルトとヒマワリの2人の子供が誕生しています。 ヒナタと結婚するとは思わなかった…• どうしてヒナタを選んだのか作者に問い詰めたい気持ち• 何だかアットホームなナルトになったなー• これからどうなるのかという点も楽しみにしたいね 読者の間でも、ナルトとヒナタが結婚という形に驚きを隠せない人が続出。 それでも、ナルトはとても幸せそうなので、こういった形で最終話を迎えることが出来たというのは大きな喜びでもありますね。 他の仲間も、時間が経過したこともあり結婚して子供を設けているカップルが確認されています。 サスケはサクラと結婚し、 サラダという子供がいます。 シカマルはテマリと結婚し、シカダイという子供が誕生しているのです。 サイは「いの」と結婚し、イノジンという子供が登場します。 仲間のその後もしっかりと描かれているので、最高の形で本編が終了したことが分かるでしょう。 それと同時に、ナルトの人生が大きく変わる出来事が発生します。 それは、「 新火影に就任」という、当初の目的を達成しことです。 忍者にとってこれほど名誉なことはなく、ナルトが当初から追いかけてきた目標だったので、最終話でその点が明らかにされたのは読者も納得ができる結末。 戦争の英雄という形になった訳ですから、火影に就任したのは当然の結果ともいえます。 忍界に平穏が訪れており、ナルトは火影として里の平和をどう守っていくのか、難しい問題を抱えながらも充実した毎日を送るのでしょうね。 こうしたナルトの物語は終了しました。 スポンサーリンク 2.ナルトとヒナタが結婚した理由をネタバレ! ナルトが最終話でヒナタと結婚していることに、衝撃を受けた読者は少なくありません。 というのも、ナルトは当初から「サクラ」が好きであり、本編でも度々ナルトがサクラに好意を持っているような描写がありました。 しかしサクラはサスケを一途に想っており、ナルトに対して特に興味が無かったのです。 ところが、ナルトの母が「 お母さんのような人を好きになりなさい」と発言し、サクラがナルトの母とソックリなのでフラグが立ちます。 それでも、サクラの心はナルトに向くことはなく、両想いになれないことが明確になったのでサクラの線は消えました。 一方のヒナタですが、こちらはナルトのことが好きであることが本編で明らかになっています。 逆にナルトはヒナタの好意に対して、特に気付くことは無かったのです。 そうした中、ペイン戦でヒナタがナルトを命がけで庇うイベントが発生し、 ナルトの心は少しずつ動くことに。 結果的に2人の結婚フラグが立つキッカケになったのは、「ネジの死」に他なりません。 作者がとある番組で、「ネジにはナルトとヒナタのキューピットになってもらう役割があった」と説明しているので、この出来事が2人が結婚に向かう大きなキッカケになったんですね。

次の

ナルトネタバレまとめ!最終回の内容や真のラスボスの正体

カカシ 列伝

このページの目次 OPEN• 1.ナルトの最終回(699〜700話)をネタバレ! ナルトは1999年から連載をスタートさせ、2014年に完結を迎え 全700話、単行本は72巻となりました。 週刊誌でこれほど長く連載を続けられたのは、作者ならびにアシスタントが多忙を極める毎日を送っていたからこそ。 物語はいつかは終わりを迎える訳ですから、ダラダラと長引かせるよりもナルトの最終回の迎え方は多くの読者が納得しています。 ではナルトの最終回は、どのような形だったのか、以下から紹介するので閲覧する際は注意してくださいね。 その後に現れたラスボス「 カグラ」は、さらに強力な技を持つため、「こんなの誰が勝てるんだよ!」と突っ込みを入れる人が多数でした。 ナルトは1人で勝てないと見込み、因縁の相手である「サスケ」と手を取り合い一緒に戦うことになります。 多くの人はナルトとサスケが、前のような関係に戻って欲しいと切望していたので、最終回前に協力関係になってくれたことは大きな喜びです。 お互いが全力で「カグラ」に挑み、やっとのことで倒すと、今度はサスケが敵側に回ります。 そう、この物語における真のラスボスは「サスケ」だったのです! とはいっても、お互い全ての力を出し切った中での戦いだったので、真のラスボスといっても子供の喧嘩のごとく、ただ単に殴り合うだけ。 つまりは、友情を確かめ合うサインのような働きに終始しており、友情を築くのに必要な行為とも言えるでしょう。 最終話は699話とは時系列が異なり、「 しばらく時が経過」という形でスタートし、ナルトはすっかり大人になりました。 すると、ナルトは「ヒナタ」と結婚しボルトとヒマワリの2人の子供が誕生しています。 ヒナタと結婚するとは思わなかった…• どうしてヒナタを選んだのか作者に問い詰めたい気持ち• 何だかアットホームなナルトになったなー• これからどうなるのかという点も楽しみにしたいね 読者の間でも、ナルトとヒナタが結婚という形に驚きを隠せない人が続出。 それでも、ナルトはとても幸せそうなので、こういった形で最終話を迎えることが出来たというのは大きな喜びでもありますね。 他の仲間も、時間が経過したこともあり結婚して子供を設けているカップルが確認されています。 サスケはサクラと結婚し、 サラダという子供がいます。 シカマルはテマリと結婚し、シカダイという子供が誕生しているのです。 サイは「いの」と結婚し、イノジンという子供が登場します。 仲間のその後もしっかりと描かれているので、最高の形で本編が終了したことが分かるでしょう。 それと同時に、ナルトの人生が大きく変わる出来事が発生します。 それは、「 新火影に就任」という、当初の目的を達成しことです。 忍者にとってこれほど名誉なことはなく、ナルトが当初から追いかけてきた目標だったので、最終話でその点が明らかにされたのは読者も納得ができる結末。 戦争の英雄という形になった訳ですから、火影に就任したのは当然の結果ともいえます。 忍界に平穏が訪れており、ナルトは火影として里の平和をどう守っていくのか、難しい問題を抱えながらも充実した毎日を送るのでしょうね。 こうしたナルトの物語は終了しました。 スポンサーリンク 2.ナルトとヒナタが結婚した理由をネタバレ! ナルトが最終話でヒナタと結婚していることに、衝撃を受けた読者は少なくありません。 というのも、ナルトは当初から「サクラ」が好きであり、本編でも度々ナルトがサクラに好意を持っているような描写がありました。 しかしサクラはサスケを一途に想っており、ナルトに対して特に興味が無かったのです。 ところが、ナルトの母が「 お母さんのような人を好きになりなさい」と発言し、サクラがナルトの母とソックリなのでフラグが立ちます。 それでも、サクラの心はナルトに向くことはなく、両想いになれないことが明確になったのでサクラの線は消えました。 一方のヒナタですが、こちらはナルトのことが好きであることが本編で明らかになっています。 逆にナルトはヒナタの好意に対して、特に気付くことは無かったのです。 そうした中、ペイン戦でヒナタがナルトを命がけで庇うイベントが発生し、 ナルトの心は少しずつ動くことに。 結果的に2人の結婚フラグが立つキッカケになったのは、「ネジの死」に他なりません。 作者がとある番組で、「ネジにはナルトとヒナタのキューピットになってもらう役割があった」と説明しているので、この出来事が2人が結婚に向かう大きなキッカケになったんですね。

次の