スクリーン タイム 制限 できない。 【解決】iOS13のスクリーンタイム時に「制限の無視」画面が表示される場合の対処設定方法

スクリーンタイムの強制解除法!?してやられました・・・

スクリーン タイム 制限 できない

iPhoneやiPadのスクリーンタイムとは、アプリ別の使用時間の通知回数、端末を持ち上げた回数等の使用状況を把握、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定等をパスコードありなしにより管理することによって、使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 iPhoneやiPadなど複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者のiPhoneやiPadから子供のiPhoneやiPadのスクリーンタイムのレポートの 制限等の管理もパスコードありなしにより可能です。 また、子供が不適切なサイトへアクセスをしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadの様々な機能制限を行うことができます。 iPhoneやiPadのスクリーンタイムは iOS12から搭載されました。 iPhoneやiPadの使い過ぎを予防するために自分がどれだけ使っているのかを可視化してくれ、子供のiPhoneやiPadのやり過ぎを制限可能なので親としては嬉しい機能なのです。 しかし搭載されたばっかりのスクリーンタイムは裏技というか、ほぼバグがあり、まだ未完成でした。 これからのiOSアップデートにより改善されるかもしれません。 スクリーンタイムでスクリーンタイムパスコードと休止ブロックをオンに設定したのに、スクリーンタイムパスコードを知らない子供が知恵を絞りスクリーンタイムのスクリーンタイムパスコードを突破しアプリを使用したという報告が出ました。 この記事ではiOS12のスクリーンタイムについて書いていきます。 まずはiPhoneのスクリーンタイムで時間制限になったときの画面を説明します。 スクリーンタイムの休止時間中のiPhoneがロックしている画面には、iPhoneの ロック画面にスクリーンタイムから休止中の通知メッセージが表示されます。 通知メッセージには、使用開始時間が表示されています。 iPhoneの設定アプリの通知設定で、スクリーンタイムからの通知をオフに設定している場合には通知メッセージは表示されません。 iPhoneの設定アプリの通知設定で、スクリーンタイムからの通知をオンに設定している場合に、休止中の通知メッセージがロック画面にスクリーンタイムから表示されます。 iPhoneのロック画面にスクリーンタイムの休止時間の通知メッセージが表示されていても、iPhoneのロック解除する方法に変更はありません。 いつも通りのやり方でiPhoneのロックを解除することができます。 iPhoneではスクリーンタイム機能を 自分で自分用に設定することができます。 自分でも気が付かないうちにどうしてもiPhoneを使いすぎてしまう場合などに、自分で自分へ制限がかけられるのです。 iPhoneのスクリーンタイム設定で休止時間をありに設定したり、時間超過したアプリが制限ありに設定すると、アプリ使用をやめたい時間や、どれだけアプリを使ってしまったかを自分で気がつくことができます。 それによってアプリの使用時間を自分で調節することができます。 iPhoneのスクリーンタイム設定で自分用にスクリーンタイム機能をありにして、パスコードはなしで設定したときの簡単なスクリーンタイム解除方法を説明します。 iPhoneの時間制限画面の制限を無視をタップすると、制限を無視の選択メニュー「15分後に再通知」、「今日は制限を無視」が表示されます。 今日は制限を無視をタップすると、選択したアプリが使用可能になります。 今日は制限を無視をタップしてください。 時間制限画面で、今日は制限を無視をタップすると時間制限の上にある砂時計が回転し、回転した後使用制限がなしになりアプリが使用可能になります。 休止時間設定で休止ブロックがオフになっている場合は、スクリーンタイムパスコードを設定してあっても、使用制限されているアプリを解除、時間延長するときにスクリーンタイムパスコード入力画面は表示されません。 休止時間設定で休止ブロックがオフになっているときは、スクリーンタイムパスコード入力なしで時間制限を解除、時間延長できます。 iPhoneでスクリーンタイム機能を自分で自分用に設定するとき、 スクリーンタイムパスコード設定をありにすることができます。 スクリーンタイムパスコードは、設定アプリからスクリーンタイムをタップしスクリーンタイム画面にいき、スクリーンタイム・パスコードを使用をタップするとスクリーンタイムパスコードを設定することができます。 スクリーンタイムパスコードは4桁です。 スクリーンタイム・パスコードを使用をタップしスクリーンタイムパスコードを好きな数字で4桁入力すると、もう一回スクリーンタイム・パスコードの再入力があります。 もう一度スクリーンタイムパスコードを入力していただくとスクリーンタイムパスコードが設定されます。 スクリーンタイムパスコードは忘れないようにしてください。 スクリーンタイムパスコードを設定して 休止ブロックをオンにすると、スクリーンタイム設定を解除するときにパスコードが必要になります。 スクリーンタイムパスコードを設定し、休止ブロックをなしにしているときは、スクリーンタイムを設定するときだけパスコードの入力が必要になります。 休止ブロックをオンにしていないと時間制限アプリを解除する時パスコード入力画面は現れません。 休止ブロックはスクリーンタイム設定画面でスクリーンタイムパスコードを設定した後、休止時間をタップすると休止時間画面に表示されます。 休止ブロックはここでオンオフの設定ができます。 休止ブロックをオンにしてスクリーンタイムパスコードをありにしているときの解除方法を説明します。 iPhoneのスクリーンタイム設定でパスコードを設定しても、時間制限を解除するためのパスコードを知らなくても 日付と時刻を時間制限外に設定すればスクリーンタイム設定が解除されてしまいます。 iPhoneのスクリーンタイム設定では、iPhoneの設定アプリの使用制限はできないようになっています。 なので、iPhoneの設定アプリから日付と時間を再設定し、時間制限外の時間にiPhone自体を設定してしまうと、スクリーンタイム設定は適用されず、時間制限されていたアプリがパスコード無しで使用可能になってしまいます。 iPhoneの設定アプリはパスコードなしで設定することができます。 iPhoneの日付と時間を再設定する方法を説明します。 iPhoneのスクリーンタイム設定のアプリ制限は、 休止時間を変更するかオフにすることで簡単に解除できます。 iPhoneのスクリーンタイム設定のアプリ制限の休止時間をオフにすると、次にアプリ制限の時間がきてもアプリの使用制限はオフになっているのでアプリ制限されません。 休止時間設定がオンになっていると、休止時間を変更した時間が再びきたら使用制限されます。 しかしスクリーンタイム機能の休止時間設定では、休止時間設定だけされているアプリの使用制限が解除されるだけで、アプリ使用時間の制限がされているアプリは使用可能になりません。 時間で使用制限されているアプリは、アプリの使用時間制限で解除してください。

次の

スクリーンタイムの時間制限になった時の解除方法(時間延長方法)

スクリーン タイム 制限 できない

親のiPhoneから遠隔操作で設定できる 子どもがiPhoneやiPadで動画を見たり、ゲームをしたりする家庭が増えています。 大人でも夢中になってしまうくらいですから、子どもにとっても魅力的なのは当然ですよね。 最近では、 新型コロナウイルスの影響で小中学校が臨時休校となり、子どもが時間を持て余していることがニュースでも話題になりました。 親御さんからすると、iPhoneやiPadで遊ぶ時間が増えすぎていないか、気になるところではないでしょうか。 「子どもが1日にどれくらいiPhoneやiPadを使っているのか?」 「YouTubeやゲームの時間が長すぎたら、止めさせることはできるのか?」 こうした悩みを解決してくれるのが、iOSの「 スクリーンタイム」という機能です。 子どもが使うiPhoneやiPadに対してスクリーンタイムを設定するには、子どものApple IDを作成して子どもの端末にサインインし、「 ファミリー共有」を有効にしていることが前提になります。 子どものApple IDの作成方法については、以下の関連記事を参照してください。 スクリーンタイムを有効にする それでは、スクリーンタイムを設定していきましょう。 ここでは親がiPhone、子どもがiPadを使っていると仮定して解説していきます。 1[スクリーンタイム]画面を表示する こちらは親のiPhoneです。 [設定]アプリを起動して[スクリーンタイム]をタップします。 2子どものスクリーンタイム画面を表示する [ファミリー]に子どもの名前(Apple ID)が表示されているので、タップします。 3スクリーンタイムの説明を確認する スクリーンタイムを初めて設定するときには説明が表示されるので、[続ける]をタップします。 4設定をスキップする いきなり設定画面が表示されますが、一覧を確認してからのほうが分かりやすいので、ここではスキップします。 [休止画面]と[App使用時間の制限]で[あとで行う]をタップし、[コンテンツとプライバシー]で[続ける]をタップしてください。 5パスコードを設定する 子どものスクリーンタイムを設定するための、専用のパスコードを入力します。 2回入力してください。 このパスコードは子どもに知られないようにしましょう。 6スクリーンタイムの設定一覧が表示された スクリーンタイムの設定一覧が表示されました。 以降、この画面を起点にすべての設定を行っていくことになります。 なお、スクリーンタイムの設定一覧は自分(親)と子どものそれぞれに存在し、一見似ているので、間違えないように注意してください。 休止時間を設定する まずは休止時間を設定します。 休止時間とは、iPhoneやiPadを何時から何時まで使えるようにするかの設定です。 例えば「 夜8時(20時)から翌朝7時までは使わせない」といった設定ができます。 7[休止時間]画面を表示する スクリーンタイムの設定一覧で[休止時間]をタップします。 8休止時間を設定する [休止時間]のスイッチをオンにします。 続いて[開始][終了]をタップし、子どもにiPhoneやiPadを使わせたくない時間を指定しましょう。 指定したら画面左上にある子どもの名前をタップし、設定一覧に戻ります。 9子どもの端末に反映されるまで待つ スクリーンタイムの設定一覧に戻りました。 [休止時間]が設定されています。 親、および子どもの端末の両方がインターネットに接続されていれば、この設定が子どもの端末にも数秒で反映されます。 10子どもの端末を確認する こちらは子どものiPadです。 [スクリーンタイムが有効です]という通知があり、設定が有効になったことが分かります。 また、すでに休止時間に入っていることも通知されています。 この状態で、iPadのロックを解除します。 11子どもの端末で制限されたアプリを起動する ホーム画面は表示されますが、大半のアプリが暗く表示されています。 いずれかをタップしてみましょう。 12子どもの端末で制限されたアプリを起動する 時間制限により、アプリを使用できない旨が表示されました。 これがスクリーンタイムによる使用制限の基本です。 常に許可するアプリを設定する 続いて、常に許可するアプリを設定します。 これは休止時間であっても使用可能なアプリを指定する機能で、例えば「 夜8時を過ぎても、FaceTimeなど遊びと関係ないアプリは使用を許可する」といった設定が可能です。 13[常に許可]画面を表示する 親のiPhoneに戻します。 スクリーンタイムの設定一覧を表示し、[常に許可]をタップします。 14常に許可するアプリを選択する 初期設定では、かなりのアプリが[許可されたAPP]に表示されていますが、赤い[ー]をタップすると削除できます。 親と連絡をとるためのアプリなどに厳選しておくといいでしょう。 アプリの使用時間を制限する 今度は、アプリの使用時間を制限します。 子ども向けのスクリーンタイムでもっとも便利な機能で、例えば「 ゲームとYouTubeは合計で1日あたり1時間半まで」といった設定ができます。 15[App使用時間の制限]画面を表示する スクリーンタイムの設定一覧を表示し、[App使用時間の制限]をタップします。 16制限を追加する [制限を追加]をタップします。 17カテゴリごとに制限する ここではまず、ゲームに分類されるアプリをすべて制限することにします。 [ゲーム]カテゴリをタップしてチェックを付けます。 18個別のアプリを制限する さらに、YouTubeをピンポイントで制限します。 [エンターテインメント]カテゴリを展開し、[YouTube]をタップしてチェックを付けます。 続いて[次へ]をタップします。 19アプリの使用時間を設定する ゲームとYouTubeを1日どれくらいの時間に制限するかを設定します。 最後に[追加]をタップしましょう。 20アプリの制限を追加できた [App使用時間の制限]がオンになり、[ゲームおよびYouTube]が1時間30分に制限されていることを確認できました。 さらに別の括りで制限を追加することもできます。 [制限を追加]をタップしましょう。 21さらに制限を追加する 今度はTickTok(ティックトック)をピンポイントで、1日30分に制限します。 [クリエイティビティ]カテゴリを展開し、[TickTok]をタップしてチェックを付けます。 以降は先ほどと同様です。 22複数の制限を設定できた 1日あたり、ゲームとYouTubeは1時間30分、TickTokは30分という時間制限を設定できました。 もし「今日だけは特別」として制限を解除したい場合は、[App使用時間の制限]のスイッチをタップし、スクリーンタイムのパスコードを入力するとオフにできます。 実際の使用時間を確認する 最後に、 子どもが実際にiPhoneやiPadをどれくらい使っているのかを確認する方法を紹介します。 1日単位で、どのアプリを使っていたかまで把握できます。 23すべてのアクティビティを確認する 子どもがiPhoneやiPadを使っていると、スクリーンタイムの設定一覧にグラフが表示されていきます。 ここで[すべてのアクティビティを確認する]をタップします。 24詳細な使用時間が表示された [日]をタップすると、1日にどのようなアプリをどれくらい使っていたかを把握できます。 これを基に、妥当な制限になるように調整していくといいでしょう。 以上、子どものiPhoneやiPadの使用時間を制限するスクリーンタイムについて解説しました。 厳密に制限するかはともかく、 子どもがiPhoneやiPadをどう使っているかが分かるだけでも有用な機能です。 また、例えば自分(親)が職場、子どもが自宅にいても、 遠隔操作ですべての設定が反映されるのもよいところです。 家族みんなでiPhoneやiPadを使っている人には非常にオススメの機能なので、ぜひ使ってみてください。

次の

易々と突破出来る!スクリーンタイムの抜け道

スクリーン タイム 制限 できない

子どものiPhoneの機能制限について質問です。 安心して、子供にiPhoneを持たせられず困っています。 iPhoneのスクリーンタイムで休止時間を設定していて、なおかつApp使用時間の制限も各アプリ毎に制限かけています。 (子どもにパスワードは教えていません) しかし、ゲームの制限時間がきてもずっとゲームができているようです。 パスワードは絶対にバレていないはずですが、 設定を解除しているわけではなく、どういう風にしているのか調べても全く分かりません 子ども達の間で、スクリーンタイムの抜け道がある事を共有しているようです…教えてくれません… Yahoo! 知恵袋の質問の回答で、 「App使用時間制限の設定時間を過ぎても休止時間になるまでは制限を無視することができるんです。 」と書き込みがありました。 この抜け道 方法 を教えてください。 * タイトルを変更いたしました。 Apple Inc. Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。 そのため Apple は、本コミュニティフォーラムにて提案された解決策の有効性については保証いたしませんApple は本サイトの利用に関連する第三者の作為/不作為に関して一切責任を負いません。 本サイトへの投稿や本サイトに掲載されているコンテンツの利用についてはすべて に準拠するものとします。

次の