世帯 年収 800 万。 世帯年収800万円の4000万円の住宅ローンは適正?無謀?

世帯年収800万円なら月10万円は積み立てなさい (1/4) :日経DUAL

世帯 年収 800 万

【この記事の目次】• 年収800万円でも隠れ貧困家庭が急増中 隠れ貧困家庭って? 隠れ貧困家庭の定義は「 世帯年収はそこそこあるのに貯金ができない家庭」のことを言います。 何か突発的に大きな出費があるとたちまち家計は破綻する貧困予備軍のことです。 東京都では世帯年収800万円から900万円の層は上位30%に入っているのにも関わらず、その実態は世帯年収800万円でも家計は火の車という隠れ貧困家庭が急増しています。 隠れ貧困を加速させる原因とは 世帯年収800万円もあれば住宅の購入や高級車の購入も特に問題なくローンに通ってしまいます。 さらに子供の学費や塾などの教育費、旅行や買い物など世帯年収が高いことでお金持ちだと思われがちですが収入のほとんどを支出で使い果たしてしまう生活が続いている家庭も少なくありません。 将来設計に最も重要な年収額。 現状の年収では不安があるという人は、転職も視野に入れていくこともオススメします。 なら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、年収アップのためのサポートをしっかりしてくれることでしょう。 世帯年収800万円でも貧しい家計の例 年収800万円と聞けば多くの人が勝ち組とイメージするが実際には破綻寸前の家庭は多くあり、毎月の支出がどのくらいあるのかを見てみましょう。 年収800万円の手取りはいくら? 世帯年収800万円の場合、税金などが引かれると実際の手取りは 650万円前後になります。 単純に手取り650万円を12ヶ月で割ると月の収入は 54万円となります。 月の収入が約50万円もあれば十分に貯蓄することができるじゃないか!と思われるのですが隠れ貧困家庭の多くはこの収入のほとんどを1ヶ月で使ってしまっているのです。 世帯年収800万円、Aさんの家庭の場合 夫婦二人・中学生と高校生の子供一人ずつ 収入• 給与: 54万円 支出• 住宅費:13万円• 食費:10万円• 光熱費:3万円• 通信費:3万円• 教育費:6万円• 保険:3万円• 交際費:3万円• 被服費:3万円• 雑費:4万円• 小遣い:6万円 支出合計:54万円 毎月節約をして暮らしているという人からすると、ツッコミどころの多い家計ではないでしょうか。 家族4人の1ヶ月分の食費が 10万円、日用品などの雑費で 4万円、光熱費や通信費など見直すところは多くある家計ですね。 収入をきっちりと使い切ってしまっていて貯金どころではありませんし。 突発的な出費があると家計は行き詰まってしまいます。 富裕層と呼ばれるのは年収いくらから? 働いて収入を得る人にとってひとつの目安となるのが年収です。 では年収はいくらあれば裕福で、さらに富裕層と呼ばれるのでしょうか。 大学生と社会人を対象にアンケートを行ったところ、1位はどちらも 1,000万円でした。 ですが2位になると大きく差が出ており、大学生の場合は 800万円、社会人の場合は 2,000万円という結果でした。 裕福だと思う年収、世代間でズレ 大学生の場合は中には実家に住んでいる人もいたりすることで生活にかかるお金や税金などの面ではまだリアルに実感することができないことから、これぐらいあれば不安はないかな?という考えの人が多いようです。 より現実的に考えているのはやはり社会人の方であり、どこにどれぐらいのお金がかかるのかという事実を知っていることでよりリアルな金額がアンケートの結果として出ています。 ですが実はこの社会人の中にバブル世代と呼ばれる層の人がおり、このバブル世代と呼ばれる人たちが高額な世帯年収を稼いでいても貯金は0というギリギリの生活をしていることが多いのです。 今の20代、30代の人たちにとって就職の内定はいくつももらえて、新社会人でもいつも財布の中にはたくさんのお金が入っていてという時代があったという事実を知らない人もいるでしょう。 日本がバブル景気にわいたことで金銭感覚も価値観も大きくずれてしまっている世代が今の40代から50代の人たちです。 ブランド志向が高く、パワフルでコミュニケーション能力が高い、肉食系が多いなどの特徴を持っているのがこの世代ですが、不景気という時代の流れについて行けず、毎月何十万もの収入があるのに見栄をはって収入の全てを使い果たしてしまう傾向にあります。 こういった世代の人たちが世帯年収800万円でも裕福と思えないと感じていることが多いようです。 年収が高い=裕福ではない? 年収が高いことを自負することで出費が過大になり将来への見通しが甘くなるケースがあります。 だいたい年収800万円ぐらいからその傾向があり、浪費が目立つようになります。 中でも多いのが住宅の購入であり、「今買わないとどんどん値上がりして今後買えなくなるのでは?」と焦ってしまうことも多いようですが、この時に自分の収入が減るのでは?という予想はできていないことがほとんどです。 景気がいいことで自分の年収も上がっていくのですが、景気のよい時こそ気持ちを引き締めるべきであり、住宅の他には車の購入などしっかりと将来のシミュレーションを行う必要があります。 隠れ貧困の最大の原因は浪費 隠れん貧困家庭の最大の理由は 浪費です。 年に1回の海外旅行や必要以上の外食• 買い物やお取り寄せ• 子供のお稽古など高いものほど質がいいと思う• 周りの人よりもいい生活をしていると思われたい• 1回2,000円、3,000円の高級ランチもポンと出してしまう こういったこと浪費の積み重ねが隠れ貧困家庭を作りだしているのです。 またこういった生活を続けることで子供の世代にも隠れ貧困家庭は受け継がれることになります。 通信料の節約 年収がいくらだろうと通信料は安いに越したことはありません。 格安スマホは、自分が求める機能だけつかえて、そこまで不便を感じることなく、大幅に月額料金を抑えることが出来ます。 浪費をやめて貯金をする癖を このまま浪費を続けることで家計は破綻し、見栄をはるどころか生きていくことも困難になる可能性があります。 そのためには浪費癖を治す方法を取り入れて浮いたお金を貯金に回す癖を身につけましょう。 消費をすることで心の隙間を埋めない さみしさや満たされなさなどを埋めるために買い物をしていることはありませんか?物を買うことで心を満たすのではなく、自分の心と向き合ってみましょう。 ポイントカードの呪縛から逃れよう! ポイントを貯めることでお得な特典があることも多いポイントカードですが、ポイントを貯めることに意識が集中してしまって実は無駄な買い物をしていることが多くあります。 こうなっては本末転倒です。 ポイントカードを必要以上に作らずに財布の中をスッキリさせましょう。 ネットショッピングはできるだけ使わない クリックひとつで買い物ができてしまうのがネットショッピングです。 クレジットカードなどで決済することも多いでしょう。 買い物に行く手間もなくとても便利に利用できるものですが、便利なことで浪費を招きやすくなってしまいます。 迷ったら買わないなど自分の中でルールを決めて利用しましょう。 コンビニの買わせる技術に注意する 24時間年中無休のコンビニはとても便利に利用できるものです。 お弁当や飲み物、冷凍食品やパンやお菓子、雑誌などスーパーに行かなくてもありとあらゆるものが手に入るようになっており、手軽さから頻繁に利用しているという人も多いでしょう。 ですがコンビニに行くとついつい必要じゃないものまで買ってしまうということはありませんか?コンビニにはひとつでも多く商品を購入してもらうための技術があります。 ですから一度入店してしまえばコンビニの罠に嵌ったも同然なのです。 一番いいのは コンビニに行かないことですね。 世帯年収が800万円あっても裕福とは思えないという人はやはりそれだけ浪費をしており、お金がいくらあっても足りないという状況に陥っているからです。 将来を考えてもし万が一収入が減ってしまった時のことを考えて貯蓄をするのはもちろんのこと、今の浪費をしっかりと見直して生活水準をできるだけ落とすことができるような工夫をする必要があるのではないでしょうか。 合わせて読みたい• (文/中村葵).

次の

共働き世帯で破綻!?年収800万円台の住宅ローン事情

世帯 年収 800 万

この記事の目次• 年収800万円の落とし穴。 共働き世帯の住宅ローン事情 年収800万円台の共働き世帯では、5,000万円以上の住宅ローンを組むことも可能です。 5,000万円以上の住宅ローンを組んだ場合は、毎月の返済額は10万円以上(ボーナス返済込み)となります。 実際にはボーナス分や税金等の支払いがあるために手取り額はもう少し少なくなると考えられますが、それでも十分余裕のある月収と言えるでしょう。 例えば共働き夫婦の1カ月の合算手取り額が約50万円であった場合、住宅ローンの支払いが10万円でも残りは40万円となるので、その他の生活費への負担はほとんどかからないと言えるでしょう。 ただ、住宅ローンは「高額で長期的な借金」ということを知っておかなければなりません。 住宅ローンの返済期間を35年にした場合、当然35年間は決められた金額を毎月払い続けなければなりません。 上記の例、夫の年収850万円、妻の年収300万円の世帯で考えたとき、35年間共働きで年収850万円を常に保てれば毎月10万円を支払い続けることは全く問題がないと言えます。 しかし、これが夫だけの収入に変わってしまったらどうでしょうか。 出産や子育てなどで妻が働けなくなると夫のみの収入で住宅ローンを支払わなければなりません。 夫の年収が550万円の場合、毎月の手取りは30万円くらいになります。 30万円から10万円の住宅ローンを支払い、生活費や子どもの教育費、将来の貯金と考えると借金返済や日々の生活に不安を抱えてしまうことでしょう。 つまり、共働き夫婦は年収800万円台と世帯収入が多いだけ高額の住宅ローンを組めますが、返済期間中の年収が下がったときのリスクも考えておく必要があるのです。 世帯年収800万円の共働き夫婦の不安 共働きの世帯年収で住宅ローンを組めば、借入額がそれだけ大きくなります。 実際に共働きの夫婦では2人の年収で住宅購入を検討する家庭が多くなりますが、同時に不安も抱えています。 41% 頭金:なし 世帯年収800万円で約2,800万円の住宅ローンは少し控えめな金額にも思えますが、この共働き夫婦の不安は年齢が40歳を超えているというところです。 夫の年齢が45歳ということは、ローンの完済は定年退職後ということになります。 65歳まで働いたとしても残り10年以上は、年金や貯金で住宅ローンを払い続けなければなりません。 定年退職後の支払いの負担を軽くするには「繰り上げ返済」が必要です。 ただ、子どもがいれば教育費用がかかります。 子どもが大学を卒業するまでは授業料と住宅ローンで家計が圧迫されるため、繰り上げ返済が難しい場合がほとんどです。 さらに、60歳を過ぎると年収が下がることが想定されます。 妻が現役の場合は妻の収入をメインとして生活をしていくことになりますが、何の準備もしていないときは家計に余裕がない生活を過ごすことになるでしょう。 このように、定年後に住宅ローンが残ってしまうような家庭では、年収800万円台でお金に余裕がある時期を見極めてローンの繰り上げ返済や貯蓄をしっかりしておく必要があります。 67% 頭金:200万円 年収800万円台の共働き世帯では、3,000万円以上の住宅ローンを組む家庭が多くなります。 毎月の返済額はボーナス返済の有無で支払額が異なります。 ボーナス返済なしで35年の住宅ローンにしているこちらのケースでは、毎月9万円の支払額になります。 こちらの家庭もローンの完済は夫の定年退職後になりますが、65歳まで働いた場合は残り4年前後なので貯蓄して準備をしておくと大きな負担にはならないでしょう。 不安なポイントは「子供2人目を希望」というところです。 子供をもう1人希望しているということは、妻が産休で働けない期間が生じるということです。 その間は産休の手当てを受給できますが、実質夫の給料だけで生活をしていかなければなりません。 年収500万円の1カ月の手取りは25万円前後なので、9万円の住宅ローンを支払うと残りは16万円となります。 子供2人を育てる場合は日々の生活費や将来の教育費が増えていきます。 さらに、育児に専念したいと妻が仕事を辞めるケースも考えられます。 そのため、これから子育てがはじまるという家庭では、長期的な将来設計を考えた上で住宅ローンの借入額を決めるようにしましょう。 高額住宅ローンのメリットとデメリット 世帯年収で住宅ローンを組むと当然支払いの不安はありますが、メリットもそれだけ大きくなります。 共働き家庭が世帯年収で住宅ローンを組むメリットとデメリットは次のようになります。 メリット ・1人の年収では住めない住宅を選べる ・駅が近い、環境が良いなど好立地 ・内装などこだわりのある建物に住める ・ステータスになる メリットは夫のみなど1人の収入では住めない場所や物件を選べるということです。 できるだけ駅に近い方が良い、都心に住みたい、通勤が便利な場所に住みたいなど、好条件を求めるほどに購入価格は大きくなります。 物件価格が膨れ上がると、1人の年収では住宅ローンの審査に通過できません。 住みやすい場所を選ぶなら、共働きで世帯年収が多い家庭の方が選択肢が広がり満足度の高い住宅を購入できます。 デメリット ・一馬力になると支払いが困難 ・万が一働けなくなったらなど、お金の不安を抱えやすい デメリットは世帯年収が下がったときに支払いが困難になるということです。 常に800万円の年収であれば問題はありませんが、夫や妻のどちらかが働けなくなる場合もあります。 特に女性は出産や育児などで退職を考えることもあります。 そうした場合は急に一馬力の収入に減額してしまうので、住宅ローンが大きいあまりに生活費が足りないという事態を招いてしまうケースも少なくありません。 また、高額のローンを組んでいるときは、「支払いができなくなったら」という不安を抱えやすくなります。 返済期間中に病気になる、会社をクビになる、離婚をするなど、万が一の出来事が引き起る可能性もあるのです。 共働き夫婦が住宅ローン破綻を防ぐには 世帯年収800万円をキープできれば、高額の住宅ローンでも支払い続けられます。 ただ、返済期間が30年以上もあるときは、リスクを考えたローン完済プランを考えておく必要があります。 共働き夫婦が住宅ローンで破綻しないためには、次の手段を取り入れてみてください。 頭金を多めに入れる 世帯年収で住宅ローンを組むときは、万が一に備えられるように頭金を多めに入れておきましょう。 現在は頭金なしでも住宅を購入できますが、共働き世帯の場合は一馬力収入に変わりローンが払えなくなったときのことを考えて、頭金を準備する必要があります。 可能であれば、住宅を売ったときに借金が残らないくらいの頭金を入れることをおすすめします。 また、販売するときのことを考えて、立地の良い場所を選ぶとより安心です。 さらに、繰り上げ返済も積極的に取り入れていきましょう。 住宅ローンは購入して10年間は控除の対象になるので、繰り上げ返済は控除がなくなる10年以降からはじめると良いですね。 購入してから10年間はしっかり貯金を行い、その後は早めに完済を行ってみてください。 育児サポートの環境を整える 妻が仕事を辞めてしまう原因は、「子育て」が関係することが多くなります。 家事と育児、仕事を両立させなければならない女性にとっては心身的な負担が大変大きいので、生活の負担を和らげたい場合は仕事を辞めなければなりません。 特に小さな子供を育てている家庭では育児のウエイトが膨大なので、子供が体調を崩す、保育園の送り迎えなどがあると、女性がフルタイムで働きにくいというのが現状です。 子供が小さく妻が主に育児をする場合は正社員を辞めてパートで働くという就業形態に変わり、必然的に世帯年収が減少していきます。 妻の育児の負担を減らし正社員としての年収をキープするためには、サポート環境を整えなければなりません。 子供が保育園を休んだときに実家に預けられる、残業で迎えに行けないときに頼める環境があるなど、妻だけが育児の負担を抱えないという工夫を取り入れる必要があります。 共働き世帯は住宅ローンの返済プランを考えよう 年収800万円の共働き世帯は、優良な住宅を選べるだけ返済のリスクが生じます。 そのため、世帯年収が減少したときに「どのように高額なローンを支払っていくか」ということを考えておかなければなりません。 仮に35年間10万円を支払っていく場合は、月の手取りが50万円であるときと、30万円であるときを比べると生活水準に大きく差が開きます。 実際、手取り30万円で住宅ローンを10万円払った場合でも、子供を育てながら残りの20万円で生活することはできます。 ただ、これまで毎月50万円で生活していた家庭では、それだけ生活水準が上がっているので質を下げることが難しくなります。 「節約をしたら良い」と安易に考えている家庭は、このとき大きなダメージを受けるので住宅ローンで家計が破綻することになってしまいます。 これらのリスクを防ぐには、収入を減らさない工夫やどのように貯蓄を増やすかなど、住宅ローンの返済計画と合わせて資産運用も考えてみてください。

次の

世帯年収ごとの暮らしぶりは?1,500万円でも贅沢できないってホント?

世帯 年収 800 万

家賃は8. 5万円 平均的な年収800万円の一人暮らし世帯は住居費8. 5万円前後で暮らしているようです。 世帯が約10万円の家賃で暮らしていると考えると、意外と大きな差はありませんね。 贅沢しなければお金には困らない 年収800万円も稼いでいれば、よほど贅沢をしていなければお金に困ることは無いでしょう。 また、貯蓄をしないタイプの人であれば、毎日外食でも余裕のある生活ができます。 子育て世帯の平均より少し低いくらい 世帯年収800万というと、実は児童のいる世帯の平均よりも低いくらいなのです()。 国民生活基礎調査によると、子育て世帯の平均所得が740万円程度。 年収換算するとざっくり960万円。 この数値は、児童手当などの給付金も含まれている数値です。 あまり余裕が無い 夫婦二人以上で世帯年収が800万円であれば、生活必需品の購入や食費、住居費で稼ぎのほとんどを使ってしまいます。 また、その後給与が上がることを期待できないのであれば、確実に貯蓄を増やす必要があるので、若いうちから無駄遣いをしないように生活する必要があります。 年収800万円前後で生活する人の実体験談 家族2人世帯年収850万円で生活するDさんの例 福岡県在中、世帯年収850万円で生活するDさんの例です。 子供がいないので、気楽に生活できています。 食事に関しては、妻が基本的に用意しますが、外食に関しても、 食べたいものを自由に食べることができています。 生活で困って いること 住民税、所得税が高いと感じています。 夫だけの所得なので、税金が高いです。 夫婦がそれぞれ、400万円くらいの所得づつであるなら、 税金はもっと安くなるはずです。 夫一人だけの所得、専業主婦だと、税金で損をしています。 家族4人世帯年収800万円で生活するMさんの例 宮城県在中、世帯年収800万円で生活するMさんの例です。 現在の世帯年収になってから、生活費が苦しいと思わなくなったため、金銭的にも時間的にも少々のゆとりを感じます。 生活で困って いること 必要なものを買うことはできますが、欲しいものを独身の頃のようには買えないので、もうすこし収入が増えるとよいが、増やそうと思うと、家族とのゆとりの時間の確保が難しくなるため、どうしていいものか考えてしまいます。 年収800万円の家賃平均は? 8. 年収800万円を稼いでいる世帯を全て合算した平均値としては、住居費は8. 5万円程度です。 家賃10万円の内に社宅や社員寮に住む世帯も含まれるため、上記の数値となっております。 また、年収800万円で家賃8. 5万円という数値は平均値であるものの、上振れと下振れが激しい状態を想定してください。 イメージとして家賃8. 5万円の世帯は少ない 社員寮や社宅のある世帯や都心から外れた場所に住む世帯が家賃5万円程度で生活しており、都心で家賃を全て実費で支払う世帯は12万円程度を支払っているイメージを持ってください。 まとめ 以上、「年収800万は高い?生活レベル(家賃・住宅ローン・貯金額)を徹底調査!」でした。 年収800万円を稼いでいる方も、そうでない方も、この記事を参考にしていただければ幸いです。 労働者人口の上位9. 逆に独身で年収800万円もあれば、よほど贅沢をしない限りかなり余裕のある生活ができるでしょう。 また、年収800万円の手取りや人口割合などがきになる方は「」をご覧ください。 その他の年収別の生活調査に関する記事.

次の