豪 ドル 相場。 オーストラリア ドル / 日本 円【AUDJPY】:外国為替

オーストラリア ドル / 日本 円【AUDJPY】:外国為替

豪 ドル 相場

初心者の場合、トレンドに沿った売買をするのは基本中の基本。 私だったら上昇トレンドのサインが出てから購入します。 「5年後の見通しが明るい」は根拠ゼロ たまに 「豪ドル円の5年後・10年後の見通しは明るい」なんて解説している一般人や銀行員がいますが、 信用しない方がいいですよ。 現時点の情報だけでは、5年後・10年後の相場を予想するなんて不可能です。 その手の記事を見つけたら、執筆者のプロフィールを確認してみてください。 絶対にプロじゃないはずです。 【オマケ】自称・銀行員が信用できない理由 個人的には「銀行員が解説します」という記事も注意した方がいいと思っています。 銀行員は投資家ではありません。 投資経験がないのに投資を語っている人の話なんて、私だったら信用しません。 悪質なサイトだと、外貨を購入させるために「相場は上昇するよ」と根拠ゼロの解説をしているケースもあります。

次の

豪ドル相場は大幅に反発(2020年8月)

豪 ドル 相場

株高とクロス円 14日の外為市場は、米株の急反発を受け円安優勢となった。 リスク選好相場では「米ドル安vs円安」の戦いが焦点になることは、このレポートで指摘済み。 事実、昨日のドル円は円安優勢で推移したものの、米ドル安圧力も同時に高まったことから、107. 36レベルで上値が抑制された。 今月13日、パウエルFRB議長は米国経済の先行きについて厳しい見方を示し、今後の情勢次第で追加の対策を講じることを示唆した。 この言動から読み取れることは、FEDによる大規模な資金供給策が長期化すること、そして情勢によってはさらにそれを強化してくることである。 FEDの持続的な資金供給は米ドル安要因である。 よってリスク選好相場では、クロス円を中心に円安優勢となる一方、ドル円は米ドル安圧力に上値を抑制される状況が続こう。 円相場のパフォーマンス 豪ドル円の動向に注目 主要通貨ペアの変動幅が縮小傾向にある中、豪ドルのインプライド・ボラティリティ(対米ドル、1週間)は13%台と相対的に高い水準にある。 現在のところ対米ドルでは0. 6370が下限、0. 6600が上限として意識されている。 これらの動向は、投資家心理の改善傾向が未だ続いていることを示唆している。 66台をトライする状況が続くと予想する。 対米ドルでの堅調地合いに加えて株高トレンドが続くならば、レジスタンスポイントとして意識されている70. 15レベルを突破すると予想する。 この水準の突破に成功する場合、次のターゲットは74円台のトライとなろう。 00と70. 20にはそれぞれオファーが観測されている。 リスク選好局面に敏感に反応するということは、リスク回避局面でもその状況になる可能性が高い、ということである。 目下のところ、最大の株安要因は「コロナ第2波」である。 これが本格的に意識されるならば、豪ドル円はリスク回避の円高により下値トライとなろう。 このケースでは67円台の維持が焦点だが、この水準を難なく下方ブレイクする場合は、65円トライの可能性を意識したい。 豪ドル円チャート 本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。 本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。 また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。 投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。 本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。 取引画面にてご確認ください。 ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。 為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。 株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。

次の

豪ドル

豪 ドル 相場

ざっくり言うと…• 豪ドルは 長期的に見て非常に安定感のある通貨• 現在の豪ドルの金利0. 50%で、今後しばらく金利が上昇する見込みは低い• 今後の豪ドルの予想をする上で重要な要素が、 新型肺炎感染の行方・中国の経済状況・オーストラリアで生産が多い石炭などの資源の価格• オーストラリアと強い関係をもつ中国経済は新型肺炎感染の抑え込みを宣言• しかし一方で、 現在、資源価格が上昇しており、さらに今後、 森林火災の復興支援策などで経済回復があると見られる• そのため、 今後の豪ドルは横ばい〜緩やかな上昇が見込まれる• 金利が0. 50%でこれから下落する可能性、そのためスワップ運用には注意• 【2020年3月】64円台まで豪ドルが急落中• 長期投資をする方は、価格が割安感のある今、少額から少しずつ買うのがおすすめ• 豪ドル投資では、、で取引するのがおすすめ。 その中でも、 スワップポイントが一番高く使いやすいがおすすめ。 その原因には、おもに以下の3つの理由が考えられます。 森林火災 オーストラリアでは、 2019年9月ごろからニューサウスウェールズ州を中心に大規模な森林火災が発生しました。 その焼失面積は東京都の28倍におよび、非常事態宣言が複数回出されるなど、全国に甚大な被害をもたらしました。 本来であれば観光シーズンとなる年始まで長引いたことで、 国内外の観光客からのキャンセルも相次ぎ、経済的にも大きな打撃を受けています。 しかし、 2月5日ごろから降りはじめた豪雨によって火災の大部分はおさまり、2月14日にはもっとも被害の大きかった東部ニューサウスウェールズ州でも制圧宣言が出ているため、その影響は一応のところおさまっています。 鎮火後の復興策にも期待したいところだな アメリカ・イラン間の緊張 1月3日に、米軍はイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害を実行しました。 この出来事をきっかけに アメリカとイランの間で緊張が高まり、リスク回避の影響で豪ドルも一時的な下落を見せました。 しかし、その後1月8日に行われたイランの報復攻撃は限定的なものとなり、最高指導者のハメネイ師も戦争への発展は望まないとの表明を行いました。 これを受け、 豪ドルの下落も小幅にとどまり、すぐに回復を見せています。 一方で、 3月11日にはイラク駐留の米軍が攻撃を受けるなど、両国の間で火種は残ったままとなっているので、今後の動向にも十分注意していく必要があります。 まだまだ油断は禁物というところね 新型コロナウイルス 2019年12月に、中国湖北省武漢市で新型肺炎が確認されました。 その後、1月にかけて国内で感染が広がり、原因が新種のコロナウィルスによるものだと判明すると、タイや日本、韓国など近隣国でも次々と感染者が確認されるようになりました。 中国はオーストラリアにとっての最大貿易相手国でもあるので、その影響による経済の落ち込みが懸念されています。 1・2月に起こった豪ドルの急落も、これが大きな原因となっています。 新型肺炎は、 3月に入るとさらに欧米など世界中へと広がりを見せ、世界同時株安を引き起こしてさらなる豪ドルの下落にもつながっています。 こちらの収束については、まだ見通しが立っていない状況といえるでしょう。 さらに、7月と10月にもそれぞれ利下げが行われ、 過去最低水準となる0. 年内の推移は、以下のとおりとなっています。 月 2-4月 5-6月 7-9月 10-12月 金利 1. そこで金利を下げて設備投資などを増やし、内需を刺激しようとしたわけです。 中国の景気がそのまま影響するのね…! 中国では2018年からの年米中貿易摩擦や、2020年12月からの新型肺炎感染拡大などによる影響で、2019年の経済成長率が大きく落ち込んでいます。 特に、 新型肺炎感染拡大は豪ドル下落の大きな要因となっています。 しかし、 3月10日には中国が世界に先駆けて感染の抑え込みを宣言、それにともない国内の経済も良化していく可能性が高いので、 この点は豪ドルにとって大きなプラス材料といえるでしょう。 一方で、翌11日にはWHOによる新型肺炎のパンデミック宣言が行われ、欧米にまで感染が広まったことで豪ドルの急落がはじまっています。 中国でもふたたび感染が広まる可能性も否定できないので、その点には注意が必要です。 インフレ率の目標を達成したときが上昇のチャンスだ ! 2020年は豪ドル投資をするべき? 2020年に入ってから、豪ドルは大幅な下落傾向にあります。 これには、森林火災や新型肺炎感染拡大などが大きく影響しています。 しかし、これらはいずれも自然災害によるもので、森林火災はすでに鎮火となり、新型肺炎も中国では抑え込み宣言が出されています。 一方で、オーストラリアの 国内経済は利下げなどの効果もあり、2020年以降は堅調に推移すると予想されています。 これらをふまえて考えると、 現在の豪ドルの低価格はむしろ購入するにはプラス材料ととらえることができるでしょう。 少なくとも、 2020年のあいだには上昇に転じる可能性が高いので、長期投資を考えている人にとっては豪ドルへの投資は魅力的だといえます。 野村證券によるオーストラリアの経済状況分析• 森林火災や新型肺炎の影響で中国向けの輸出が落ち込む• 0〜77. 0円になるとの見通しを立てています。 これは、従来の71. 0〜78. 0円からは やや下方修正の予想となっています。 また、 5月および8月にも追加利下げの予想をしているので、そのタイミングにも注意をうながしています。 利下げの様子を見ながら投資していけば十分に利益が上げられそうね! 中長期の豪ドル円の見通し・今後の予想|5年後、10年後は? 次に豪ドルの5年後、10年後の見通しを予測していきます。 短期では、為替の大きな上昇は難しいかもしれませんが、 他国の利上げが終わることや中国経済は明るくなれば、再び豪ドルは上昇していくと思われます。 それでは、5年後と10年後の予測を見ておきましょう。 豪ドル5年後の中期予測 先の経済を見通すのは難しいのでざっくりとした内容しか言及できませんが、 今後5年以内に豪ドルは再び上向きに変わると思われます。 このままいくと、豪ドルはどんどん下落していくので時期をみて政府が政策金利を上昇させると思っているからです。 つまり、ある 程度下落した時点で金利が上がるので上昇トレンドに戻るということになると思います。 そしてまた100円ほどに近づいたら金利はまた下げるのではないでしょうか。 アメリカの金利の利上げも終わっていると見られるので、金利の高くなった豪ドルは魅力が高く各国からお金が集まってくる可能性が大いにあります。 そのため、 下落している今が豪ドルの買い時と言えるかもしれませんね。 豪ドル10年後の長期予測 10年後、豪ドルは円建てで見るなら大きく上昇していると予想します。 具体的な理由は日本経済が失速するからという理由です。 豪ドル上昇のポイント• 円安による豪ドル上昇 日本は現在少子高齢化が進んでいるので、 近い将来確実に労働人口が足りないという事態に直面します。 それを回避するために、退職年齢の引き上げ、AIによる作業効率化を行っていますが労働減少を補完できなければ、日本経済は衰退していくでしょう。 そもそも確実に人口は減っていくので、 経済力はほぼ確実に落ちるというのが見解です。 特にXデーは2021年つまり、オリンピックが終わったあたりから徐々に経済は右肩下がりになり10年後には、円を売る人が急増し豪ドル高になっているという予測です。 これはかなりの悲観論ですが、現在の日本に楽観的にみられるような指標があるでしょうか? 長期で見たときに日本は大きな経済的な危機に直面しています。 ですので、 早めに円を売って豪ドルに変えておくことは、大きな経済的な価値になるのかもしれません。 豪ドルを取引できるおすすめFX会社 豪ドルを取引できるFX会社を紹介していきます。 デイトレード・スイングトレード・スワップ投資のどれに使うことができるので、ぜひ参考にしてください。 LIGHTFX 豪ドル円の見通し・今後の予想まとめ いかがだったでしょうか、今回は豪ドルの見通しについて詳しくまとめさせていただきました。 どうやら、 豪ドルの価格はアメリカの金利の影響を強く受けるらしいですね。 アメリカの利上げがひとまず、2020年をメドに終わるということを考えると、それ以降に上昇に転じる可能性があります。 また、中国とアメリカの貿易戦争も大きな影響が与えているようです。 いずれにせよ、 長期的に見れば円安が進み豪ドルも上昇するという見方が強いので早めに保有しておくとよいかもしれません。 投資をしてみたいという人は LIGHTFXがおすすめですので、口座開設がまだの人は今のうちにしておきましょう! \当サイト限定!最大53000円もらえる/.

次の