垂水 フェリー 時間。 垂水フェリー

垂水港<大崎上島>から竹原港<北崎港> 時刻表(航路:竹原

垂水 フェリー 時間

時間を絞り込む 時以降 06時• 06:30 発 06:50 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 06:55 発 07:20 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 07時• 07:35 発 08:00 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 07:55 発 08:20 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 14時• 14:00 発 14:20 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 14:55 発 15:20 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 15時• 15:30 発 15:55 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 15:55 発 16:20 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 16時• 16:30 発 16:50 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 16:55 発 17:20 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 17時• 17:55 発 18:15 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 18時• 18:47 発 19:12 着• 25分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 19時• 19:35 発 19:55 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行• 21時• 21:05 発 21:25 着• 20分• フェリー各社 竹原-大崎上島<垂水><フェリー<大崎汽船>>• 竹原港<北崎港>行•

次の

鴨池・垂水フェリーへようこそ!

垂水 フェリー 時間

更新日:2020年2月21日 初めてご乗船の方へ• 桜島フェリーの運航概要 桜島フェリーは、 鹿児島港と 桜島港を 約15分(気象や海の状況によっては20分程度かかることがあります。 )で結び、 年中無休で 24時間運航しています。 ) フェリーには、自動車やバス、自動二輪等での乗り入れができるほか、バリアフリー船(第十八櫻島丸、桜島丸、第二桜島丸)も運航しております。 (車いす等でバリアフリー船を利用されるお客様は、事前に利用予定日のバリアフリー船の運航時刻をお確かめください。 ) 定期運航のフェリーのほか、「よりみちクルーズ」や「納涼観光船」、「貸切船」、「錦江湾魅力再発見クルーズ」など、各種事業も展開しています。 運賃の支払方法 定期航路の運賃は、 旅客、自動車等いずれも、桜島港でのお支払 いとなります。 「よりみちクルーズ」は鹿児島~桜島への片道航路で鹿児島港での前払いとなっています。 関連リンク 桜島港の旅客運賃改札口 桜島港の自動車等料金所 フェリーのりば のりばについては、次のとおりです。 旅客 鹿児島港は、フェリーターミナル2階、桜島港はフェリーターミナル3階に乗降口があります。 車両 次の「」のとおりです。 ご注意いただきたいこと。 桜島港では現在、施設整備工事の都合により改札口からフェリー乗降口までの距離が長いことから、出港時刻の2分前にご乗船を締め切らせていただいております。 桜島港からご乗船される場合は、お時間に余裕をもってお越しください。 人道橋から車いすでご乗船される場合、ご乗船いただくフェリーを次の便などに調整させていただくことがあります。 (バリアフリー船へのご乗船となる場合には、そのままご乗船いただけます。 ) ご利用の皆様には、ご不便をおかけしますが何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 フェリーへの車両の乗り入れ 自動車、自動二輪、自転車等で乗船される際は、桜島フェリーのりば航送車両入口よりご乗船ください。 桜島フェリーは、 12mを超える長さの車両(付属品も含)及び3. 8 mを超える高さの車両(付属品も含 )、2. 5mを超える幅の車両(付属品も含む)、車両総重量25tを超える車両は乗船できません。 ローダウンサスペンション、規定外マフラー、エアロ等の装備により車高の低い車両は、最徐行をお願いします。 なお、乗下船時における可動橋での車両の損傷につきましては、責任を負い兼ねますのでご了承ください。 ペットの乗船について 基本的に船内へのペットの持ち込みは可能ですが、他のお客様のご迷惑にならないよう、以下の点についてご留意くださいますようお願いします。 小型犬の場合:飼い主の方が抱くか、ペット用のゲージまたはバッグに入れる。 大型犬の場合:リードで繋いで、可能な限り口輪を装着する。 (客室内には入らない。 なお、船内でのペットに起因する事故やペットのけがや死亡等について、当局では一切の責任を負いかねますので、予めご了承の上、ご乗船ください。

次の

垂水からのフェリーはどこへ行く? 垂水から行く船の旅

垂水 フェリー 時間

桜島フェリー 消費税率の引き上げに伴って桜島と鹿児島市街地を24時間結ぶ桜島フェリーでも、4月1日未明から値上げをした新たな運賃で運航をしています。 桜島フェリーは、1日午前0時半に鹿児島港を出発する便から中学生以上の片道の大人料金が150円から160円に、普通自動車の片道料金が1480円から1600円などと運賃をそれぞれ値上げしました。 桜島フェリーは,鹿児島港と桜島港をわずか15分で結ぶ24時間運航のフェリーです。 観光客や県民の生活の足として24時間運航しています。 2012年度にフェリーを利用した人はおよそ510万人、車両は150万台あまりで、その多くが生活航路としてフェリーを使っています。 2011年3月の九州新幹線全線開業に合わせて,建造費およそ25億円の桜島フェリー「新桜島丸・サクラエンジェル」が,導入されました。 新桜島丸は、ディーゼルエンジンで発電してモーターを回し、スクリューを動かす電気推進船。 エンジンとスクリューが直結していた従来船と比べて振動や騒音が少なく、低燃費で二酸化炭素の排出量も抑える。 この船の全長57メートルで,1330トン。 最大で大型車9台、乗用車32台を搭載でき,車両搭載時の旅客定員は657人。 速力11ノット。 旅客用の電気推進船としては国内2船目で、桜島フェリーの導入は初めて。 市が広島県江田島市の造船会社に発注したものです。 船内はバリアフリーに配慮し,桜島フェリーでは初めて客室の出入口がすべて自動ドアとなり,エレベーターも設置されています。 通路の幅も広く,客室は開放感であふれています。 またこれまでのフェリーより燃費が向上し、二酸化炭素の排出量が削減されるなど、経済的で環境に優しいつくりになっています。 夏には納涼観光船も運行され,人気を集めています。 錦江湾の新鮮な魚介類と切傷によいとされる含鉄泉の源泉かけ流しの大浴場が魅力です。 陸路では,鹿児島市から垂水市までは1時間以上かかります。 この点,垂水フェリーの利用で時間短縮になります。 料金は、大人440円小人220円で、車両は1,150円から長さによって異なります。 なお,車両の料金にはドライバー1人分が含まれています。 14.5キロを35分で結びます。 車両代金には運転手1人分の乗船券が含まれていますが,同乗者の料金は別途精算です。 従来の船より大型になり、輸送力の強化や安定した運航が見込まれる。 この船は定員95人で乗用車18台を積める。 大型バスの搭載も可能になった。 建造費は2億5700万円で,こののうち1億円は県が融資した。 南九船舶が今年3月に航路を継承。 暫定的に小型フェリー(19トン)で運航していたが、バスは積めず、荒天時に欠航しやすいなどの難点があった。 1日4往復。 片道運賃は従来と同額の中学生以上700円、小学生400円。 自動車(定員10人以下、車長6メートル未満)は1台500円、バイク(排気量125CC以上)は同300円を補助。 山川港で住所、氏名、利用目的、車種などを申請書に記入すれば誰でも利用できる。 高速船は、「トッピー1」、「トッピー2」、「トッピー3」、及び「ロケット1」、「ロケット2」、「ロケット3」の六隻体制で、種子島・鹿児島・屋久島間を運航しています。 所要時間は、種子島・鹿児島間〜1時間35分 直行便 、種子島・屋久島間〜50分です。

次の