合鍵 作成。 合鍵を希望されるお客様へ

合鍵作成の値段をご紹介!ディンプルキーやシリンダーキーの費用相場|生活110番ニュース

合鍵 作成

ここでは合鍵(スペアキー)の作製についてまとめています。 鍵をなくして、合鍵がないなどの理由で 今、ドアが開けられなくて困っている場合はまず鍵開けが先決です。 近くの鍵の専門業者を探しましょう。 合鍵は近所のホームセンターや鍵の専門業者、駅ナカなどにある合鍵製作ショップ、靴と鍵を扱う店などで作ってもらうことができます。 しかし中には複製を断られてしまい、無駄足になってしまうケースもあります。 合鍵を作る時のポイントを見ていきましょう。 スポンサーリンク 合鍵から合鍵は作れないことがある 今自分が使っている鍵は、元鍵(マスターキー)でしょうか? それとも合鍵(スペアキー)でしょうか? 元鍵とは、メーカー純正のもので、ドアに鍵を取り付けるときに渡される鍵のことです。 鍵にメーカー名や鍵番号が刻印されています(最近では番号のないものもあります)。 合鍵(スペアキー)とは、元鍵をもとに新たに作った複製版のことです。 メーカーや番号の刻印はありません。 合鍵を作る場合、どの店に持ち込んでも、キーマシンと呼ばれる機械で金属の板をカットして作ります。 肉眼ではわからない程度の話ですが、元鍵と合鍵との間には誤差が生まれています。 特に精密度の高い鍵は、誤差が大きくなりすぎると、鍵を鍵穴に入れたときに「違う鍵」として認識されて使えなくなってしまったり、無理やり使うことで鍵穴内部が傷ついてしまったりします。 このため、合鍵の合鍵を作ることを断る店もあります。 賃貸マンションの場合、不動産屋から受け取った鍵が合鍵だったということもあります。 手元にある鍵が元鍵か合鍵かを確認し、合鍵しかないという場合は、持ち込もうと考えている店に事前に問い合わせておくとよいでしょう。 元鍵(マスターキー)を1本キープしておくこと 元鍵のうち1本は、普段使いせずに保管しておきましょう。 何年も使い続けていると、目には見えませんが、摩擦などによって少しずつ削れてきて、変形してきてしまうためです。 もちろん使い続けられるうちは問題ないのですが、変形してしまった元鍵から合鍵を作ろうとすると、誤差が大きくなる可能性が高くなります。 引っ越しや交換などで新しく鍵を手に入れた時は、不動産屋に元鍵であるかどうかを確認し、それば元鍵であれば使用せずに大切に保管しておくことをおススメします。 いつ紛失するか、また盗難に遭うか分からないので、純正キーは自宅の安全な場所に保管しておき、普段はスペアキーを持ち歩くようにしましょう。 述べたように、合鍵から合鍵は作れない場合もあります。 そのため、スペアキーを持ち歩くことは、万一、鍵の盗難などに遭った場合、盗まれた鍵からの不正コピーを防止できる意味もあります。 必要以上に作らない スペアキーは1本あれば十分です。 「家族の分だけスペアキーを作っておこう」などと考える人もいますが、1本だけの方が管理しやすいことの方が多く、紛失・盗難のリスクも下がります。 スペアキーの心配をするのであれば、純正キーの鍵番号が露出しないように管理することの方がよほど大切です。 そして、言うまでもなく、よほど信頼のおける人でない限り、鍵を預けることは避けましょう。 他人を疑うことはしたくありませんが、鍵屋は鍵本体さえ持ってくれば「鍵の管理者」とみなすため、悪意ある人に渡すと勝手に合鍵を作られてしまう恐れがあります。 財布やバッグなど人目に触れやすいところに付けるのも止したほうが無難。 業者によってはキーナンバーだけで合鍵を作ることも可能なので、できるだけ人の目に届かないところで管理するのがポイントです。 もちろん、郵便受けの中や鉢植えの下に保管するなどは絶対にやめましょう。 なお、スペアキーでも純正キーでも、紛失や盗難に遭った場合はシリンダー交換をするのが防犯上、最も安全です。 合鍵を作れない種類の鍵も 表面にデコボコと穴の開いたディンプルシリンダー錠の鍵(ディンプルキー)は、精密度が高いものが多く、専用のキーマシンがないと合鍵を作ることができません。 専用機械のない店の場合は、メーカーから取り寄せることになるため、即日受け取りはできません。 表面の形などがメーカー独自の仕様になっていて、ディンプル用のキーマシンがあっても作れないという場合もあります。 また、ディンプルキーの中には、メーカーが登録制を取っているため、勝手に合鍵を作ってはいけないという鍵もあります。 この場合もメーカーからの取り寄せになります。 さらにセキュリティカードが発行される鍵の場合、カードを持参しないと登録の確認ができず、合鍵は作ってもらえません。 このように、合鍵を作る際に時間や手間がかかる場合もありますので、普段から自分がどのタイプの鍵を使用しているのか知っておくとよいでしょう。 合鍵を作る時に必要な物 手元にある鍵さえあれば合鍵が作れる、という訳ではありません。 鍵の種類によっては、身分証明書などが必要な場合も出てきます。 ざっくりと言えば、セキュリティ度の高い鍵であればあるほど、合鍵を作る場合には時間とお金がかかります。 いざという時に焦ったりしなくてもいいように、鍵の種類、取扱店、費用や必要なものはあらかじめ確認しておきましょう。 鍵の種類 取扱店・所要時間 必要なものなど ディスクシリンダー、ピンシリンダー どこでも OK。 その場で受け取れる 特になし (身分証明書が必要な場合も) ロータリーシリンダー 合鍵の合鍵は断る店もあるので、要問合せ。 受け付けてもらえる場合はその場で受け取れる 特になし (身分証明書が必要な場合も) ディンプルキー 専用の機械がないと受け付けてもらえない。 メーカー登録制で、合鍵を作れない鍵も。 メーカーから取り寄せになるため、10日~2週間前後。 店頭で作る場合は15~60分ほどで受け取れる。 合鍵の合鍵を作ることはほぼ不可能 セキュリティカードのある鍵の場合は忘れず持参 イモビライザーキー 専用の機械がないと作れず、受け付けてくれる店はとても少ない。 近所で受け付けてくれる店を探すより、ディーラーに頼んだ方が近道のことも。 メーカーや車種によって部品が異なるため、その場で受け取れることはほとんどない。 運よく部品の在庫があれば、30~60分で作ることができる メーカーや車種によって異なる 国産車、バイクの一般的な鍵 どこでも OK。 その場で受け取れる 特になし カードキー ほぼ受け付けてもらえないため、メーカーから取り寄せになる。 身分証明書が必要になる場合もあるため、賃貸物件の場合は、店でなく管理会社などに頼んだ方が手軽な場合もある 念のため身分証明書が必要 合鍵の作製時間・値段相場はさまざま 実際に合鍵の作製を依頼したとき、時間が費用がどれくらいになるかは、鍵の種類や個別の製品、そして依頼した鍵業者によってさまざまになります。 直接、問い合わせて相談するのが確実ですが、以下の記事で、だいたいの費用相場などを紹介していますので、参考にしてください。

次の

DIY好きの方にオススメ!合鍵を自分で作る方法教えます!

合鍵 作成

ここでは合鍵(スペアキー)の作製についてまとめています。 鍵を紛失したなどの場合も、最終的には合鍵作製に至る場合がありますが、 今、ドアが開けられなくて困っている場合はまず鍵開けが先決です。 近くの鍵の専門業者を探しましょう。 鍵は落としたり、盗難に遭ったりと、いつ紛失するか分からない代表格のような物です。 したがってスペアキーは必ず用意しておきたいところです。 持っていない場合は、最低でも1つは作っておくことをお勧めしますが、商品や鍵業者により値段や所要時間が異なり、相場が分かりにくいです。 実際に鍵の専門業者を探して問い合わせるのが確実ではありますが、それ以前にざっくりと相場を知りたい方のために、主要商品の作製時間と値段のまとめ表を作成しました。 合鍵を注文する際の参考にしてください。 スポンサーリンク 鍵製品別、合鍵の作成時間・値段相場の一覧表 美和ロック(MIWA) 種類・外観 作製時間 値段 ディスク 3~5分 300~600円 マンション、一軒家、オフィスなどで幅広く使われており、最も容易に作製できる鍵の一つです。 スペアキーや折れた鍵からでも作ることができますが、料金加算になる場合があります。 U9・UR 3~5分 400~800円 ロータリーシリンダー型式。 精度が高く、純正キーからの作製でも数ミリの誤差で回らないのが特徴。 そのためスペアキーからでは受注していない鍵屋もあります。 作り損じがあり、通常の使用で違和感(抜き差しが悪い、回転時にひっかかる)を感じた場合は、シリンダー内部を傷つけている可能性があります。 直ちに使用を中止しましょう。 PR 10日~2週間(取寄せ) 3000~4000円(取寄せ) ディンプルタイプの精度の高い鍵です。 断面形状が美和ロック独自の仕様のためメーカー取寄せしか対応していません。 なくすと大変なため、必ず2本は所持しておきたいところ。 納期は10日~2週間前後を見ておいてください。 JN 10~20分 1600~4000円 防犯性に優れた高性能のディンプルキーです。 「MIWA KABA」の表示が特徴。 精度が高いためスペアキーからでは受注してもらえないほか、作製そのものを断られることもあります。 作り損じが生じた場合、シリ ンダーを傷つけ使用不能になってしまう恐れもあるため、違和感を感じたらすぐに使用を中止してください。 LB 10日~3週間(取寄せ) 3000円~(取寄せ) ピッキングに強いロッキングバー方式を採用した防犯性能の高い鍵。 メーカー取寄せ対応になります。 セキュリティカード付きの場合、カードが無いと作ってもらえないので注意しましょう。 納期は2~3週間を見てください。 EC 15~60分 2500~5000円 側面にマグネットが入った電子キー。 鍵の表面にくぼみがあり(1穴~6穴)、くぼみの数によって料金が変わります。 タイプによってはメーカー取寄せになる場合もあります。 ゴール(GOAL) 種類・外観 作製時間 値段 ゴール ピン 3~5分 300~1000円 ゴールのなかで最も一般的なピンシリンダーキー。 スペアキーや折れた鍵からも作製もでき、安価で素早く作ってもらえるのが特徴。 鍵屋の技術力に差の出にくい商品の一つ。 ゴールV18 10~15分 2000~5000円 防犯性の高いディンプルキー。 美和ロックと共に建物の多くで使用されています。 精度が高いため、スペアキーからだと受注してもらえず、また製造番号によっては断られることもあります。 ゴールD9 5~15分 2000~4000円 V18と見た目が酷似した鍵。 D9の方が短いので鍵の長さで判別するといいでしょう。 V18と同様、精度の高いつくりのため作製不可の鍵屋もあり、業者の質によっては作り損じができるので注意。 ゴールGV 10日~2週間前後 3500~4000円 ゴールのなかでも特に防犯性能が高いグランブイという鍵。 V18の強化版という位置づけで、さらに複雑な構造になっています。 付属のセキュリティカードがないと複製できないため、合鍵はメーカー取寄せ対応になります。 日本カバ(KABA・NIKABA) 種類・外観 作製時間 値段 カバエース 30~60分 3000~4000円 カバ社がライセンスを与えた正規取扱店でないと作製できない鍵。 純正のブランクキー以外で作製・使用するのは禁止されています。 カバスター 10~20分 3000~5000円 2010年12月10日に特許が切れたことにより合鍵の作製が可能になりました。 ただでさえ精度が高いうえ、マイナーチェンジを繰り返してきたため鍵屋にとって難易度は高め。 安さ重視の鍵屋では作製を断られることもあります。 カバスターネオ 2~3週間(取寄せ) 3000円~(取寄せ) 最大5列26ポジション、鍵違い(パターン数)は2兆2千億通りという非常に優れた防犯性を持つ鍵。 ピッキングやドリル破壊の耐久性に強く、スイス銀行やルーブル美術館などでの導入実績もあります。 完全登録制によりメーカーに依頼する他ありません。 ユーシン・ショウワ(U-SHIN-SHOWA) 種類・外観 作製時間 値段 ユーシン・ショウワ ピン 3~5分 300~600円 用途の広いピンシリンダーキーです。 複製は容易で製作時間も5分ほどでできます。 防犯性を重視するなら他の上位タイプに切り替えることをオススメします。 ユーシン・ショウワXキー 15~30分 2000~5000円 防犯性を重視したXキーシリンダー。 8個以上のピンが水平方向に配列されているのが特徴。 配列パターンは288540160通り。 作製難易度は高めです。 ユーシン・ショーワNXキー 15~30分 2000~5000円 不正解錠に対策済みの防犯性能が高いXキーの進化版。 縦にピンを追加され、ピッキング鍵違い数は11兆通りの編成が可能。 精度が高いためつくり損じの可能性がある場合は使用を控えてください。 その他 メーカー・種類・外観 作製時間 値段 ウエスト916、917 5~15分 3000~4000円 アルファFBロック 10日~2週間前後(取寄せ・要ID) 3000円~(取寄せ) アルファディンプル 10~20分 2000~3000円 マルティロック 3~5分(要ID) 3000円~4000円 堀トライデント 2~3週間(取寄せ) 3000円~4000円(取寄せ) 堀SEPA HDH 10~20分 2000~3000円 家研ディンプル 10~20分 2000~4000円 家研ベルウェーブ 10~20分 3000~5000円 トステム ウェーブキー 5~15分 4000円 AGENT ディンプル 10~20分 3000~4000円 fuki ティアキー 10~20分 3000~4000円 以上が代表的な鍵の合鍵作製時間・費用相場になります。 鍵の種類によって、費用などに大きな幅があるのがわかると思います。 最近の鍵は防犯性が高くなっている半面、合鍵が容易には作りにくくなっており、簡易なショップなどでは作製ができないこともあります。 自分が使っている鍵の合鍵が作れるかどうか、実際にいくらぐらいになるかは、専門業者に問い合わせることをおすすめします。 業者によっては、 店舗まで出向かなくとも自宅まで出張して合鍵を合鍵を作ってくれる業者もありますので、まずはを探してみましょう。 スポンサーリンク.

次の

合鍵を希望されるお客様へ

合鍵 作成

ディンプルキーとは ディンプルキーとは、鍵にディンプル(=くぼみ)がある鍵です。 従来の鍵がギザギザしているのに対して、ディンプルキーはプレートの表面に、穴がボツボツと掘られています。 ピッキング対策により、ギザギザの鍵よりもディンプルキーの方が防犯性が高いと謳われています。 鍵穴は縦向きが多く、鍵自体はリバーシブルになっているものがほとんどです。 一般的に、ギザギザした鍵に比べて使いやすさも、防犯性も高くなっています。 ディンプルとは ディンプルとは英語でdimpleと書きます。 「えくぼ」や「くぼみ」といった意味があり、ゴルフボールの表面にあるデコボコもディンプルと呼びます。 ディンプルキーは合鍵作成が難しい 過去には作れない鍵屋さんも多かったようですが、今では、機械の進化などもあり、ほとんどのディンプルキーを合鍵屋さんで作ることが出来ます。 ギザギザした鍵と比べると難易度は高く、見た目が綺麗で、精度が抜群の合鍵を作るのは、腕の良い鍵屋さんでないと難しいと思います。 ギザギザとした鍵のほとんどが5分10分程度で終わるのに対して、ディンプルキーでは、合鍵作成の時間は15分から30分程はかかります。 鍵自体の構造も進化しており、ディンプルキーの合鍵作成が困難な鍵もあります。 そのため、合鍵作成サービスを提供している店によっては、ディンプルキーはその場で作らずに、全て発注になっているところもあります。 ディンプルキーの合鍵トラブル ディンプルキーの合鍵で鍵が差し込みづらい、抜けづらい、回りづらいといった症状がある場合、鍵が回ったとしても、必ず作ったお店で確認してもらいましょう。 鍵に負担をかけてしまっている可能性があり、結果として鍵が壊れてしまう場合があります。 ディンプルキーの値段 ディンプルキーの合鍵価格は、合鍵屋に勤めている時に、他の鍵屋さん等から聞いた話によると3,000円~5,000円が多いそうです。 ギザギザの鍵よりも価格は高額になります。 理由は複数ありますが、やはり、ディンプルキーの合鍵作成はギザギザした鍵よりも難しいことから技術料として高くなっているのが一番の理由だと考えられます。 ディンプルキーの価格の幅が広くなってしまうのは、合鍵の料金設定は立地によるところも大きい為です。 合鍵が作れないディンプルキーもある 最近では、鍵のメーカーによる防犯対策として、合鍵が作れないディンプルキーがあります。 その場で、合鍵を複製することが出来ませんので、お店の場合は、その場で鍵番号を控えて、後日、お客様に再度鍵を取りにきてもらう事になります。 この場合、合鍵ではなく、メーカーで作られた純正キーの取り寄せとなりますので時間がかかります。 ディンプルキーの純正キーをお届け 合鍵工場では、ディンプルキーの写真をお送りしていただく事で、鍵のメーカー、種類、カギ番号を確認し、ディンプルキーの純正キーをご自宅までお届けするサービスです。 純正キーはメーカーで作られているので、合鍵と違い、精度が製造時と全く同じものになります。 複雑な鍵になればなるほど、合鍵複製時に鍵のトラブルに発展しやすくなりますので、ディンプルキーは純正キーをオススメいたします。 今では合鍵がその場で作成できない鍵がありますので、店舗まで行くのが大変な方はネットで作成できる合鍵工場をお使いください。

次の