週刊 プレイボーイ 最 新刊。 週プレ(週刊プレイボーイ) |初月無料 ブック放題|雑誌・マンガ読み放題

友情・勝利・努力のキン肉マン【週刊少年ジャンプ&プレイボーイ】

週刊 プレイボーイ 最 新刊

1st写真集『意外性』大ヒット記念! ラスアイ・長月翠が再び表紙に登場! 今週の週プレは、 ラストアイドル・長月翠の最新撮り下ろし、 野生感溢れるワイルドセクシー・石田桃香、 バラエティでブレイク寸前・神部美咲、 祝!やっと開幕ッ!プロ野球番記者座談会、 北野武がウィズコロナの日本をぶった斬る! 目を背けたらもっと危険!コロナ不況カレンダー! <6月29日号目次> 一瞬、風が止んで君は遠くを見つめた 長月翠(ラストアイドル) 20歳の季節。 長月 翠(ラストアイドル) アマゾニア 石田桃香 遅れて来た、本格派。 神部美咲 [News 今週の大阪みやげ] 府知事本人が公認!! 「吉村グッズ」バカ売れ中! [News 今週の17歳] あどけなさと、えげつなさと 6月8日、将棋の藤井聡太七段が「棋聖戦」五番勝負の第1局に先勝 [News 今週のバカ売れ] 規制前の駆け込み需要?ボーガン、注文殺到って大丈夫!? やっっっと開幕!!!!!!! 日程もルールも変則で、今年はとにかく不確定要素ばっかり!プロ野球記者座談会 史上最も「読めない」シーズンのキーマンは誰だ!? 宇垣美里の人生はロックだ!! バカレシピ研究所 帰ってきたOL 萌え萌え倶楽部 つぼみのきもち モザイクの向こうから「こんにチンは」 週プレ グラジャパ!新條由芽 最新デジタル写真集 大好評発売中! ファッション誌『Seventeen』専属モデル 久間田琳加ファースト写真集『りんくまちっく』 好評発売中! 池田和隆の政界斬鉄剣!!! 次世代AV女優「絶頂」ランキング!! よしもと住みます芸人が教える 47都道府県「自県旅行」おすすめスポット ゲッターズ飯田の占い放浪記 【広告】kotoba 2020 Summer Issue No. 40 今週末開催!200組以上がリモート参加の無料&巨大フェス!「オンラインやついフェス」の全貌 回転ずしチェーン「自宅で握るお持ち帰りセット」徹底比較! 【広告】『キン肉マン第71巻』/『THE超人様 第5巻』好評発売中!!! コロナ不況カレンダー 2020~24 それは2段階でやって来る [裏話ガッツリ!ニュースマシマシ] 金与正がナンバーツーに急浮上!北朝鮮は「兄妹指導体制」へ!? ほか 次週予告&アンケート がんばれ高校野球!! 苦境の今こそ振り返る甲子園ライバル列伝 ALL Selfi e from SWEET HOME! 辰巳奈都子&伊織いお&原あや香&彩川ひなの&夏本あさみ&橋本梨菜 早くも4刷!大ヒット!重版出来!! 深田恭子写真集 『Brand new me』 Now on sale 週プレNo. 26 今週の中身です!! 週刊文春 2020年06月25日発売 目次: 捨てられた血税1800億円 安倍「亡国のイージス<アショア>」 当初から「迎撃不能」 防衛省「秘密文書」<入手> 迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。 ポスト安倍を狙う河野防衛相の配備停止は、茂木外相を激怒させた。 だが、"不備"は本当に今わかったのか。 昨年3月、防衛官僚は報告を上げていた。 「射撃管制能力なし」。 5億円だった "香典持参"秘書が告発 「菅原<前経産相>の悪事、すべて話します」 ワイド 幕は開いた! 「BG」キムタクが娘2人に煙たがられるのはナゼだ? 生い立ち、趣味、結婚…冷血女帝金与正のウラの顔 「かわいい!」愛子さま異例写真公開でわかった「カイコ愛」 石田純一(66)が義父・東尾修(70)についに怒鳴られた 久代アナユーチューバー恋人と"警察沙汰"で衝撃の結末 土屋太鳳 (25)大学8年生で卒業できる「これだけの根拠」 人気再燃「愛していると言ってくれ」で常盤貴子が走る理由 「中学生に淫らな行為」で逮捕40歳人妻会社員の家庭事情 THIS WEEK 政治 前原と枝野がオワコンと化した令和2年の夏 経済 創業者の孫が社長に サンリオ「ともくん」の野望 社会 「凶器はこれ」懇切丁寧すぎる"強盗コーチ" 国際 補佐官に姪っ子 トランプ暴露本がもう10冊超 スポーツ カットマンも経営コストは…Tリーグトップ退任 芸能 芸能プロを「普通の企業」にした男の引退 グラビア 原色美女図鑑 浜辺美波 雲南発酵紀行 平成生まれ、昭和育ち 野球の言葉学 村上崇隆(東京ヤクルトスワローズ) 飯島勲の激辛インテリジェンス(324) 出入国制限解除の秘策 会社員の6割が… 「コロナ太り」撃退術 "幽霊法人"幹部をひた隠し 電通「350億事業」に新疑惑 渡部建独占告白90分 佐々木希の叱責 「あなたは舐めている」 今まで浮気がバレたことは一度もありませんでした。 記事を見て、妻は失望していました。 怒りもあるし、呆れもある。 自分のビジョン通りに物事が運んだことが慢心を生んでしまった。 夜ふけのなわとび 林真理子 本音を申せば 小林信彦 そこからですか!?

次の

週プレ(週刊プレイボーイ) |初月無料 ブック放題|雑誌・マンガ読み放題

週刊 プレイボーイ 最 新刊

ただ、超人強度は何なのかということになると難しいものがあります。 今では、大分、色々と設定も寝られ、使われてる韓ではありますが、個人的な見解では バッファローマンの1000万パワーのためにあったように思えます。 しかし、単純パワーだとすれば、バッファローマンがパワー派を名乗れるのもおかしな話です。 マンモスマンは別としても、ネプチューンマンにも負けてるのですから。 後、 悪魔将軍が、プリズマンにパワー負けするようにも思えませんけど。。。 後、火事場のクソ力の、キン肉マンが7000万パワーですけど、 1億パワー「100人の超人の神」 1億パワー「5人の邪悪の神」 1億パワー「ゴールドマン(戦いの神)」 1億パワー「ジャスティス(裁きの神)」 1億パワー「シルバーマン(平和の神)」 1億パワー「キン肉マン・スーパー・フェニックス」 1億パワー「キン肉マン・ソルジャー」 1億パワー「キン肉マン・ゼブラ」 1億パワー「キン肉マン・マリポーサ」 1億パワー「キン肉マン・ビッグボディ」 8600万パワー「ジ・オメガマン」 8000万パワー「火事場のクソ力のバッファローマン」 7900万パワー「麒麟男」 7800万パワー「マンモスマン」 7450万パワー「フィッシングマン」 7000万パワー「火事場のクソ力のキン肉マン」 6800万パワー「屍魔王」 6500万パワー「グレートハリケーン」 6500万パワー「ザ・モンスター」 6400万パワー「ザ・犀暴愚」 5400万パワー「武三士」 5200万パワー「プリズマン」 5200万パワー「ミスターF・C」 5000万パワー「ビッグ・ザ・武道」 5000万パワー「ネプチューン・キング」 4700万パワー「ANIMAL MAN」 4600万パワー「キャッチマン」 4300万パワー「スネイカー・キング」 4100万パワー「サタンクロス」 3800万パワー「ウィザードマン」 3600万パワー「ザ・パントマイマー」 3600万パワー「ザ・フラワーダスト」 3400万パワー「キラー・アラビアン」 3200万パワー「夜叉夢」 2800万パワー「ネプチューンマン」 2800万パワー「ザ・サムライ」 2800万パワー「喧嘩男」 1600万パワー「ゴースト・メロディアン」 1500万パワー「パルテノン」 1500万パワー「ケンダマン」 1500万パワー「悪魔将軍」 1300万パワー「スクリュー・キッド」 1200万パワー「ボルトマン」 1200万パワー「バイクマン」 1000万パワー「キング・ザ・100t」 1000万パワー「バッファローマン」 1000万パワー「アシュラマン」 954万パワー「メルトダウン」 860万パワー「ザ・タトゥーマン」 854万パワー「ゲッパーランド」 800万パワー「キャノン・ボーラー」 721万パワー「ザ・マンリキ」 700万パワー「ザ・コンステレーション」 700万パワー「ミキサー大帝」 700万パワー「サンシャイン」 600万パワー「ジャンクマン」 580万パワー「ゴーレムマン」 520万パワー「ザ・ホークマン」 500万パワー「プラネットマン」 460万パワー「モーターマン」 460万パワー「レオパルドン」 400万パワー「スニゲーター」 360万パワー「ザ・ニンジャ」 340万パワー「アモイマン」 340万パワー「ペンチマン」 320万パワー「スプリングマン」 280万パワー「ミスターVTR」 260万パワー「マグニチュードIマン」 250万パワー「ステカセキング」 200万パワー「ミスターカーメン」 200万パワー「ブラックホール」 200万パワー「バミューダIII」 150万パワー「ボーン・コールド 」 148万パワー「ザ・ドゥームマン」 147万パワー「ハンゾウ」 145万パワー「フォーク・ザ・ジャイアント」 145万パワー「アトランティス」 138万パワー「スカーフェイス」 132万パワー「レゴックス」 130万パワー「ザ・摩天楼」 126万パワー「ハンマーヘッド」 124万パワー「キューブ・リッカーソン」 121万パワー「チェックメイト」 120万パワー「天タコルズ」 120万パワー「夜叉夢」 120万パワー「デストラクション」 120万パワー「イリューヒン」 118万パワー「レックス・キング」 118万パワー「ヒカルド」 118万パワー「パワー・ウォーカー」 117万パワー「ケビンマスク」 116万パワー「ジェイド」 116万パワー「THE リガニー」 115万パワー「MAXマン」 115万パワー「ウォッシュ・アス」 115万パワー「チヂミマン」 115万パワー「トック」 114万パワー「プレシオマン」 114万パワー「ザ・犀暴愚」 113万パワー「アブソープション・スネーク」 112万パワー「ウルジン」 110万パワー「テルテルボーイ」 110万パワー「スコーピオン」 108万パワー「キン肉アタル」 108万パワー「ロコモマン」 107万パワー「OKAN」 107万パワー「クリオネマン」 105万パワー「キャプテン・マッコウ」 105万パワー「テリー・ザ・キッド」 104万パワー「デッド・シグナル」 103万パワー「プリクラン」 102万パワー「デッド・ボーン・クラッシャー」 100万パワー「ガゼルマン」 100万パワー「クロエ」 100万パワー「マップマン」 100万パワー「ストロングマン」 100万パワー「カナディアンマン」 100万パワー「ウォーズマン」 98万パワー「リキシマン」 97万パワー「プリプリマン」 97万パワー「ベビーフェイス」 97万パワー「パワフルマン」 97万パワー「モンゴルマン」 97万パワー「ラーメンマン」 96万パワー「ドン・テキーラ」 95万パワー「農村マン」 95万パワー「ザ・コマンド」 95万パワー「フェニックスマン」 95万パワー「プリンス・カメハメ」 95万パワー「ザ・シャネルマン(キン肉チハル)」 95万パワー「キン肉マン(スグル)」 95万パワー「初代キン肉マングレート」 95万パワー「2代目キン肉マングレート」 95万パワー「ザ・テリーマン」 95万パワー「シシカバ・ブー」 95万パワー「バラクーダ」 95万パワー「ロビンマスク」 93万パワー「キン肉万太郎」 91万パワー「セイウチン」 91万パワー「ジャイロ」 90万パワー「バス・ザ・シャワー」 90万パワー「キングダム」 90万パワー「盗人ジョージ」 90万パワー「クリスタルマン」 90万パワー「ミスターアキレス」 90万パワー「ブロッケンJr. 」 90万パワー「ローラーマン」 88万パワー「ザ・ファックス」 87万パワー「武威」 87万パワー「フィオナ」 87万パワー「ゴージャスマン」 87万パワー「アポロンマン」 87万パワー「スネークマン」 87万パワー「ソルジャーマン」 86万パワー「ナムル」 86万パワー「トラップ・ザ・ジャック」 86万パワー「アヌビ・クレア」 85万パワー「ICBM」 85万パワー「宇宙野武士」 85万パワー「クモノコチラス」 85万パワー「コンバット・マシーン」 85万パワー「ジェシー・メイビア」 84万パワー「ザ・ハンター」 83万パワー「EZOマン」 83万パワー「ジェロニモ」 81万パワー「ディッキーマン」 81万パワー「ジ・アダムス」 81万パワー「タートル・マン」 80万パワー「バーバリアン」 80万パワー「ゴッド・シーサー」 80万パワー「ゴッド・フォン・エリック」 80万パワー「ハンティング」 80万パワー「ブルドーザーマン」 80万パワー「ウルフマン」 80万パワー「フォックスマン」 78万パワー「ジキル」 77万パワー「スロットマン」 76万パワー「ウールマン」 75万パワー「デンタマン」 74万パワー「シュモクーン」 72万パワー「ヘビー・メタル」 70万パワー「サボテンジャ・ネーヨ」 70万パワー「デス・ファントム」 70万パワー「アームストロング」 70万パワー「アイアン・コマンド」 70万パワー「アンモナイトス」 70万パワー「ザ・ペンタゴン」 70万パワー「ダークII世」 70万パワー「ノコギラーマン」 70万パワー「フラッシャー・バルーン」 68万パワー「コンドラー」 65万パワー「キーマン」 65万パワー「キン肉真弓」 65万パワー「スプレー魔人」 65万パワー「スペシャルマン」 65万パワー「ジャンヌ・スティムボード」 65万パワー「ダイヤマン」 65万パワー「センプー鬼」 62万パワー「アイス・クリーチャー」 60万パワー「ペーパーミイラ」 60万パワー「カレクック」 60万パワー「カンデラマン」 60万パワー「ザ・ターボマン」 60万パワー「ザ・マリー」 60万パワー「スカルボーズ」 60万パワー「デビル・マジシャン」 60万パワー「トールマン」 60万パワー「パソコン・キング」 60万パワー「ペーパーミイラ」 55万パワー「銅ベルマン」 55万パワー「ビューティー・ローデス」 51万パワー「チャボ・ケロリ」 50万パワー「ウエキ・バッチー」 50万パワー「アレキサンドリア・ミート」 50万パワー「キング・トーン(イクエちゃん)」 50万パワー「サイボーグ・キッド」 50万パワー「ザ・魔雲天」 50万パワー「パズルマン」 50万パワー「ハングキラー」 50万パワー「プレーヤーマン」 45万パワー「ハラボテ・マッスル(委員長)」 45万パワー「ゴーリキ」 45万パワー「スカイマン」 42万パワー「バリアフリーマン」 40万パワー「ジョーズマン」 40万パワー「ベンキマン」 40万パワー「木木人」 40万パワー「棒棒人」 40万パワー「ポルターガイスト」 35万パワー「キャンドルマン」 35万パワー「キンターマン」 33万パワー「オイルマン」 30万パワー「チエの輪マン」 30万パワー「キングコブラ」 30万パワー「土偶マン」 25万パワー「ティーパックマン」 25万パワー「ウォッチマン」 20万パワー「キン骨マン」 20万パワー「タイルマン」 16万パワー 2万パワー 「ザ・フィッシャーズ」 15万パワー「イワオ」 10万パワー「ビビンバ」 8万パワー「キューブマン」 2万パワー「キン骨オババ」 1万パワー「ルピーン」 25パワー「プヨプヨ」 10パワー「ビーンズマン」 2パワー「カニベース」 正義超人、悪魔超人、パーフェクト超人の和解が実現したと思ったのも束の間、 まだ見ない、パーフェクト超人のエリート達が地球に攻め込んできます。 パーフェクト超人の要求は一つ、不完全な下等超人の粛清です。 パーフェクト超人が動いたのは理由があり、 「神から、超人に転生した、ザ・マン」の指示によるものです。 ザ・マンは、5人の王子の神達と同じく、キン肉マンが起こす、奇跡の力、火事場のクソ力が怖かったのです。 「ザ・マン」には、自らが神の如く振る舞っている10人の始祖(オリジン)と呼ばれる弟子たちがおり、彼らとともに、地上の超人たちを粛清しようとします。 それに対し、今回で、パーフェクト超人であり、始祖の一人であることが判明した、悪魔将軍(ゴールドマン)が、口には出さないのですが、キン肉マン達と協力し、オリジンに挑みます。 前シリーズではあれだけ苦しめられた悪魔超人が味方になるのは熱い展開です。 さて、キン肉マンの、このシリーズは、様々な伏線を回収してくれます。 まず、何故、超人強度が落ちる、正義超人が勝利を収められたかですが、これは、キン肉マンが、火事場のクソ力を他超人に伝染させていたためでした。 これは、実は、二世である程度、ケビンマスクが実行していた気もするのですが、それが、更に拡大解釈されるようになったように思えます。 キン肉マンに関わり、正義に目覚めた全ての超人がこれを使え、バッファローマンは、8000万パワーまで出せることが分かりました。 ネプチューンマンよりパワーがありそうだったのも、これで納得(?)です(ただ、あの時のバッファローマンは、正義の心を失っていたと思いますけども) 一番長いシリーズで、かつ、神話との戦いと言う、スケールも壮大で、面白いシリーズです。 是非、読んでみて下さい! ただ、このシリーズ、二世へはどう繋げるのだろう。。。 タッグ編でも、友情パワーを奪われては分かるのですが、何故、バッファローマンとモンゴルマンが、悪魔チームを助け、正義チームを攻撃するかは不明でしたね。 ハリボテも、キン肉マンや正義超人の不利になる判断をすることが多いです。 よく、矛盾などを避難されることがありますが、気持ちは凄くわかります。 ファンの方たちもそれを楽しんでいるようにも思えます。 ただ、キン肉マンの面白さはそこだと思いますね。 新たな設定があれば、矛盾があれば、それを採用する! 後、やはり、画力の成長は、時間が経っているとは言え、素晴らしいものがあります。 最新刊付近は、十分、今風の漫画だと思います。

次の

ぷち プレイボーイ U15/週刊プレイボーイ編集部

週刊 プレイボーイ 最 新刊

ただ、超人強度は何なのかということになると難しいものがあります。 今では、大分、色々と設定も寝られ、使われてる韓ではありますが、個人的な見解では バッファローマンの1000万パワーのためにあったように思えます。 しかし、単純パワーだとすれば、バッファローマンがパワー派を名乗れるのもおかしな話です。 マンモスマンは別としても、ネプチューンマンにも負けてるのですから。 後、 悪魔将軍が、プリズマンにパワー負けするようにも思えませんけど。。。 後、火事場のクソ力の、キン肉マンが7000万パワーですけど、 1億パワー「100人の超人の神」 1億パワー「5人の邪悪の神」 1億パワー「ゴールドマン(戦いの神)」 1億パワー「ジャスティス(裁きの神)」 1億パワー「シルバーマン(平和の神)」 1億パワー「キン肉マン・スーパー・フェニックス」 1億パワー「キン肉マン・ソルジャー」 1億パワー「キン肉マン・ゼブラ」 1億パワー「キン肉マン・マリポーサ」 1億パワー「キン肉マン・ビッグボディ」 8600万パワー「ジ・オメガマン」 8000万パワー「火事場のクソ力のバッファローマン」 7900万パワー「麒麟男」 7800万パワー「マンモスマン」 7450万パワー「フィッシングマン」 7000万パワー「火事場のクソ力のキン肉マン」 6800万パワー「屍魔王」 6500万パワー「グレートハリケーン」 6500万パワー「ザ・モンスター」 6400万パワー「ザ・犀暴愚」 5400万パワー「武三士」 5200万パワー「プリズマン」 5200万パワー「ミスターF・C」 5000万パワー「ビッグ・ザ・武道」 5000万パワー「ネプチューン・キング」 4700万パワー「ANIMAL MAN」 4600万パワー「キャッチマン」 4300万パワー「スネイカー・キング」 4100万パワー「サタンクロス」 3800万パワー「ウィザードマン」 3600万パワー「ザ・パントマイマー」 3600万パワー「ザ・フラワーダスト」 3400万パワー「キラー・アラビアン」 3200万パワー「夜叉夢」 2800万パワー「ネプチューンマン」 2800万パワー「ザ・サムライ」 2800万パワー「喧嘩男」 1600万パワー「ゴースト・メロディアン」 1500万パワー「パルテノン」 1500万パワー「ケンダマン」 1500万パワー「悪魔将軍」 1300万パワー「スクリュー・キッド」 1200万パワー「ボルトマン」 1200万パワー「バイクマン」 1000万パワー「キング・ザ・100t」 1000万パワー「バッファローマン」 1000万パワー「アシュラマン」 954万パワー「メルトダウン」 860万パワー「ザ・タトゥーマン」 854万パワー「ゲッパーランド」 800万パワー「キャノン・ボーラー」 721万パワー「ザ・マンリキ」 700万パワー「ザ・コンステレーション」 700万パワー「ミキサー大帝」 700万パワー「サンシャイン」 600万パワー「ジャンクマン」 580万パワー「ゴーレムマン」 520万パワー「ザ・ホークマン」 500万パワー「プラネットマン」 460万パワー「モーターマン」 460万パワー「レオパルドン」 400万パワー「スニゲーター」 360万パワー「ザ・ニンジャ」 340万パワー「アモイマン」 340万パワー「ペンチマン」 320万パワー「スプリングマン」 280万パワー「ミスターVTR」 260万パワー「マグニチュードIマン」 250万パワー「ステカセキング」 200万パワー「ミスターカーメン」 200万パワー「ブラックホール」 200万パワー「バミューダIII」 150万パワー「ボーン・コールド 」 148万パワー「ザ・ドゥームマン」 147万パワー「ハンゾウ」 145万パワー「フォーク・ザ・ジャイアント」 145万パワー「アトランティス」 138万パワー「スカーフェイス」 132万パワー「レゴックス」 130万パワー「ザ・摩天楼」 126万パワー「ハンマーヘッド」 124万パワー「キューブ・リッカーソン」 121万パワー「チェックメイト」 120万パワー「天タコルズ」 120万パワー「夜叉夢」 120万パワー「デストラクション」 120万パワー「イリューヒン」 118万パワー「レックス・キング」 118万パワー「ヒカルド」 118万パワー「パワー・ウォーカー」 117万パワー「ケビンマスク」 116万パワー「ジェイド」 116万パワー「THE リガニー」 115万パワー「MAXマン」 115万パワー「ウォッシュ・アス」 115万パワー「チヂミマン」 115万パワー「トック」 114万パワー「プレシオマン」 114万パワー「ザ・犀暴愚」 113万パワー「アブソープション・スネーク」 112万パワー「ウルジン」 110万パワー「テルテルボーイ」 110万パワー「スコーピオン」 108万パワー「キン肉アタル」 108万パワー「ロコモマン」 107万パワー「OKAN」 107万パワー「クリオネマン」 105万パワー「キャプテン・マッコウ」 105万パワー「テリー・ザ・キッド」 104万パワー「デッド・シグナル」 103万パワー「プリクラン」 102万パワー「デッド・ボーン・クラッシャー」 100万パワー「ガゼルマン」 100万パワー「クロエ」 100万パワー「マップマン」 100万パワー「ストロングマン」 100万パワー「カナディアンマン」 100万パワー「ウォーズマン」 98万パワー「リキシマン」 97万パワー「プリプリマン」 97万パワー「ベビーフェイス」 97万パワー「パワフルマン」 97万パワー「モンゴルマン」 97万パワー「ラーメンマン」 96万パワー「ドン・テキーラ」 95万パワー「農村マン」 95万パワー「ザ・コマンド」 95万パワー「フェニックスマン」 95万パワー「プリンス・カメハメ」 95万パワー「ザ・シャネルマン(キン肉チハル)」 95万パワー「キン肉マン(スグル)」 95万パワー「初代キン肉マングレート」 95万パワー「2代目キン肉マングレート」 95万パワー「ザ・テリーマン」 95万パワー「シシカバ・ブー」 95万パワー「バラクーダ」 95万パワー「ロビンマスク」 93万パワー「キン肉万太郎」 91万パワー「セイウチン」 91万パワー「ジャイロ」 90万パワー「バス・ザ・シャワー」 90万パワー「キングダム」 90万パワー「盗人ジョージ」 90万パワー「クリスタルマン」 90万パワー「ミスターアキレス」 90万パワー「ブロッケンJr. 」 90万パワー「ローラーマン」 88万パワー「ザ・ファックス」 87万パワー「武威」 87万パワー「フィオナ」 87万パワー「ゴージャスマン」 87万パワー「アポロンマン」 87万パワー「スネークマン」 87万パワー「ソルジャーマン」 86万パワー「ナムル」 86万パワー「トラップ・ザ・ジャック」 86万パワー「アヌビ・クレア」 85万パワー「ICBM」 85万パワー「宇宙野武士」 85万パワー「クモノコチラス」 85万パワー「コンバット・マシーン」 85万パワー「ジェシー・メイビア」 84万パワー「ザ・ハンター」 83万パワー「EZOマン」 83万パワー「ジェロニモ」 81万パワー「ディッキーマン」 81万パワー「ジ・アダムス」 81万パワー「タートル・マン」 80万パワー「バーバリアン」 80万パワー「ゴッド・シーサー」 80万パワー「ゴッド・フォン・エリック」 80万パワー「ハンティング」 80万パワー「ブルドーザーマン」 80万パワー「ウルフマン」 80万パワー「フォックスマン」 78万パワー「ジキル」 77万パワー「スロットマン」 76万パワー「ウールマン」 75万パワー「デンタマン」 74万パワー「シュモクーン」 72万パワー「ヘビー・メタル」 70万パワー「サボテンジャ・ネーヨ」 70万パワー「デス・ファントム」 70万パワー「アームストロング」 70万パワー「アイアン・コマンド」 70万パワー「アンモナイトス」 70万パワー「ザ・ペンタゴン」 70万パワー「ダークII世」 70万パワー「ノコギラーマン」 70万パワー「フラッシャー・バルーン」 68万パワー「コンドラー」 65万パワー「キーマン」 65万パワー「キン肉真弓」 65万パワー「スプレー魔人」 65万パワー「スペシャルマン」 65万パワー「ジャンヌ・スティムボード」 65万パワー「ダイヤマン」 65万パワー「センプー鬼」 62万パワー「アイス・クリーチャー」 60万パワー「ペーパーミイラ」 60万パワー「カレクック」 60万パワー「カンデラマン」 60万パワー「ザ・ターボマン」 60万パワー「ザ・マリー」 60万パワー「スカルボーズ」 60万パワー「デビル・マジシャン」 60万パワー「トールマン」 60万パワー「パソコン・キング」 60万パワー「ペーパーミイラ」 55万パワー「銅ベルマン」 55万パワー「ビューティー・ローデス」 51万パワー「チャボ・ケロリ」 50万パワー「ウエキ・バッチー」 50万パワー「アレキサンドリア・ミート」 50万パワー「キング・トーン(イクエちゃん)」 50万パワー「サイボーグ・キッド」 50万パワー「ザ・魔雲天」 50万パワー「パズルマン」 50万パワー「ハングキラー」 50万パワー「プレーヤーマン」 45万パワー「ハラボテ・マッスル(委員長)」 45万パワー「ゴーリキ」 45万パワー「スカイマン」 42万パワー「バリアフリーマン」 40万パワー「ジョーズマン」 40万パワー「ベンキマン」 40万パワー「木木人」 40万パワー「棒棒人」 40万パワー「ポルターガイスト」 35万パワー「キャンドルマン」 35万パワー「キンターマン」 33万パワー「オイルマン」 30万パワー「チエの輪マン」 30万パワー「キングコブラ」 30万パワー「土偶マン」 25万パワー「ティーパックマン」 25万パワー「ウォッチマン」 20万パワー「キン骨マン」 20万パワー「タイルマン」 16万パワー 2万パワー 「ザ・フィッシャーズ」 15万パワー「イワオ」 10万パワー「ビビンバ」 8万パワー「キューブマン」 2万パワー「キン骨オババ」 1万パワー「ルピーン」 25パワー「プヨプヨ」 10パワー「ビーンズマン」 2パワー「カニベース」 正義超人、悪魔超人、パーフェクト超人の和解が実現したと思ったのも束の間、 まだ見ない、パーフェクト超人のエリート達が地球に攻め込んできます。 パーフェクト超人の要求は一つ、不完全な下等超人の粛清です。 パーフェクト超人が動いたのは理由があり、 「神から、超人に転生した、ザ・マン」の指示によるものです。 ザ・マンは、5人の王子の神達と同じく、キン肉マンが起こす、奇跡の力、火事場のクソ力が怖かったのです。 「ザ・マン」には、自らが神の如く振る舞っている10人の始祖(オリジン)と呼ばれる弟子たちがおり、彼らとともに、地上の超人たちを粛清しようとします。 それに対し、今回で、パーフェクト超人であり、始祖の一人であることが判明した、悪魔将軍(ゴールドマン)が、口には出さないのですが、キン肉マン達と協力し、オリジンに挑みます。 前シリーズではあれだけ苦しめられた悪魔超人が味方になるのは熱い展開です。 さて、キン肉マンの、このシリーズは、様々な伏線を回収してくれます。 まず、何故、超人強度が落ちる、正義超人が勝利を収められたかですが、これは、キン肉マンが、火事場のクソ力を他超人に伝染させていたためでした。 これは、実は、二世である程度、ケビンマスクが実行していた気もするのですが、それが、更に拡大解釈されるようになったように思えます。 キン肉マンに関わり、正義に目覚めた全ての超人がこれを使え、バッファローマンは、8000万パワーまで出せることが分かりました。 ネプチューンマンよりパワーがありそうだったのも、これで納得(?)です(ただ、あの時のバッファローマンは、正義の心を失っていたと思いますけども) 一番長いシリーズで、かつ、神話との戦いと言う、スケールも壮大で、面白いシリーズです。 是非、読んでみて下さい! ただ、このシリーズ、二世へはどう繋げるのだろう。。。 タッグ編でも、友情パワーを奪われては分かるのですが、何故、バッファローマンとモンゴルマンが、悪魔チームを助け、正義チームを攻撃するかは不明でしたね。 ハリボテも、キン肉マンや正義超人の不利になる判断をすることが多いです。 よく、矛盾などを避難されることがありますが、気持ちは凄くわかります。 ファンの方たちもそれを楽しんでいるようにも思えます。 ただ、キン肉マンの面白さはそこだと思いますね。 新たな設定があれば、矛盾があれば、それを採用する! 後、やはり、画力の成長は、時間が経っているとは言え、素晴らしいものがあります。 最新刊付近は、十分、今風の漫画だと思います。

次の