年末調整 年金 追納。 国民年金を年末調整で控除する時の書き方は?証明書や領収書も解説!

節税:学生のとき年金免除した人必見!お得で賢い追納方法まとめ!

年末調整 年金 追納

年末調整の書き方【令和元年分】保険料控除申告書を記入例付きで分かりやすくご紹介! 参照 上記の国税庁の記載例では、わかりにくい点もあるかもしれませんので、下記にそれぞれの箇所の記入例とともに具体的な書き方をご紹介します。 保険料控除申告書は、生命保険料、地震保険料などの保険料控除を受けるために会社に提出する書類です。 生命保険料や地震保険料、社会保険料などを本人が支払った場合には、支払った保険料の額に応じた所定の金額を所得金額から差し引くことができます。 ここでは、「一般の生命保険料」の書き方のみご紹介しますが、「介護保険」「個人年金保険」については下記の関連記事を参考にして下さいね。 関連 ここは、申告書の様式に合わせて 金額を計算する必要があります。 保険会社から送られてくる 「保険料控除証明書」を手元に用意して記入していきましょう。 尚、「保険料控除証明書」は 添付書類として必要となります。 下記に一般の生命保険料の書き方を記入例も含めてご紹介します。 介護医療保険と個人年金保険料も同じ要領ですので、一般の生命保険料の書き方のみご紹介します。 生命保険料控除は書き方というよりも計算が大変かもしれません。 下記のように締結日によって計算方法が異なります。 介護医療保険料は平成24年1月1日以降しかないため、新旧の区分の欄がありません。 保険会社等から送付される 控除証明書にも新旧の区別は記載されていますので、控除証明書をしっかりと確認して記入します。 基本的には、「控除証明書」の内容を該当箇所に記入していきます。 下記に注意するポイントをご紹介します。 保険金等の受取人(氏名・続柄) 年末調整で対象となるのは、 受取人が 本人または配偶者その他の親族と決まっています。 受取人が適切であることを証明するために記入しておく必要があります。 ここは控除証明書によっては記載されていない場合もありますが、きちんと記入しましょう。 あなたが本年中に支払った保険料等の金額(分配を受けた剰余金等の控除後の金額) 控除証明書によって文言が違うため、どの金額を書けばよいのか迷われる方もいらっしゃいます。 一般的に 「証明額」と 「参考額(申告額・予定額)」の2種類の文言が多くの保険会社等で使われていますので、 「参考額(申告額・予定額)」の金額を記入します。 国民健康保険の保険料や国民健康保険税• 健康保険、厚生年金保険や船員保険の保険料(任意継続被保険者の負担すべき分を含む)• 後期高齢者医療制度の保険料• 介護保険法の規定による介護保険の保険料• 国民年金の保険料や国民年金基金の加入員として負担する掛金• 厚生年金基金の掛金• 農業者年金の保険料• 雇用保険の労働保険料 これらはあなたが加入している保険料のみならず、 あなたと生計を一にする親族が加入しているものを、あなたが支払ったものについても記載することができます。 例えば、子供が20歳になったがまだ学生で、国民年金保険料の学生納付特例制度を使わずお父さんが払ってあげたりした場合や、社会人になってから自分で追納した人なども該当するのでここに記入します。 控除証明書が各機関から送付されてきますので、印字されている合計金額を記入します。 支払先には、控除証明書の発行者を記入します。 対象となる掛金等は次の通りです。 独立行政法人中小企業基盤整備機構と締結した共済契約(旧第2種共済契約を除きます。 )に基づく掛金• 確定拠出年金法に規定する企業型年金加入者掛金又は個人型年金加入者掛金• 地方公共団体が条例の規定により精神又は身体に障害がある者に関して実施する心身障害者扶養共済制度で一定の要件に該当する契約に基づく掛金 尚、この記載をする場合は、独立行政法人中小企業基盤整備機構や国民年金基金連合会、地方公共団体が発行した 証明書類の添付が必要となります。 また、金額の大小にかかわらず、必ず添付が必要になりますので注意しましょう。 この証明書類は大体10月~11月にかけて届くのできちんと用意しておきましょう。 証明書類が各機関から送付されてきますので、印字されている金額を該当箇所に記入します。 関連 関連 関連 まとめ いかがでしたか? 年末調整について詳しいことは知らないという人も多いですが、家庭のお金に直結してくる1年に1度の大事な作業でもあります。 年末調整は面倒なものかもしれませんが、少しでも控除できるものがあればやっておくほうがお得ですので、ご活用ください。

次の

学生特例免除されていた国民年金保険料を追納してみたまとめ。

年末調整 年金 追納

国民年金の追納(迷ってます)と年末調整について 国民年金の学生特例納付期間が主人:48ヶ月、私:42ヶ月分あります。 (金額:主人71万、私が約62万、計133万) 私は4月に妊娠のため退職しました 今年度所得104万 年末調整で国民年金支払いの控除があると知りました。 そこで質問です。 (上限があるなら来年、再来年と分割支払いしたほうがよいのでしょうか。 配偶者特別控除や、確定申告にて医療費控除も主人の所得税から控除してもらおうと考えています。 やはり国民年金の追納は来年追納できなくなる分だけ支払い、来年再来年の控除も考えた方が得になるのでしょうか。 税に詳しい方、知恵袋初心者の私にご回答よろしくお願いします。 今年度は4月にスタートしました。 個人の税金のことを言うなら今年、ですね。 今年中の給与収入が104万円だと、給与所得控除65万円を引いて給与所得が39万円。 所得が39万円だと、基礎控除38万円を引いて1万円。 さらに、退職までに給引きで払った社会保険料控除があるので、あなたの課税所得はゼロです。 来年2月、確定申告をして下さい。 来年の住民税もゼロになります。 追納分は丸々ご主人の控除に使って下さい。 もしかしたら、全部平成21年分の控除に使ったら、控除しきれない可能性もありますね。 支払額全額が控除されます。 限度額はありません。 その通りですね。 あなたの分もご主人の所得から控除した方が得策です。 支払額の上限はありませんので集中してももんだいありません。 でも所得税法は累進課税制度ですから所得金額が330万円を超えるなら超えないようにすることを予測し最も有利な条件を探して・・・その額に見合う追納を複数年で分けてすることも検討してよいのでは・・・と考えます。 所得金額が330万円いかになるようでしたら税率は10%ですのでマイナスにならない範囲で追納すればよいでしょう。

次の

【未納年金がある方必見!】追納・任意加入で将来の受給金額が増額?

年末調整 年金 追納

つまり、会社員やアルバイト、パートなどで働いていて、毎月の給料から所得税や住民税が天引きされている場合には、国民年金保険料の支払い証明書を持って、確定申告をすることで、多めに天引きされた所得税・住民税が返金されるのです。 その確定申告について、下記のような質問をいただきましたので、回答したいと思います。 国民年金の追納による節税の手続きを教えて下さい <質問> 国民年金の追納の件で教えて下さい。 学生納付特例制度 182,160円を、平成22年12月27日に納入しました。 節税になるとのホームページを見たのですが、どのような手続きをすればいいのか教えて下さい。 宜しくお願いします。 <終わり> 国民年金の追納を行った場合には、その年 1〜12月 に支払ったと、節税をしたい人 天引きされ過ぎた税金を返還してもらいたい人 の収入を証明する書類を添付して、確定申告をすることで、税金が返ってきます。 国民年金の控除証明書は、上記のようなハガキで、だいたい、12月頃に送られてきます。 ただし、質問のように、 年末に支払った場合には、控除証明書は送られてきませんので、代わりに、年金の納付書が控除証明書となります。 ですので、年末に支払った方は、忘れずに、納付の日付の印が押された納付書を保管しておくようにして下さいね。 もし、納付書や、年金の控除証明書ハガキをなくした場合には、に行くことで、再発行をしてもらうことできますので、確定申告ができる翌年2月15日〜3月15日までの間に、 身分証 免許証など と年金手帳を持って、必ず、再発行をしてもらいに行って下さい。 節税のために確定申告時に必要な書類 まず、 確定申告をしなくても良い場合があります。 それは、 年金の控除証明書を会社に堤出することで、会社が代わりに年末調整を行ってくれて、天引きしすぎた税金を還付してくれる場合です。 この場合には、会社から、「所得から控除するものがある場合には、控除証明書類を提出して下さい」などと言われて、案内があると思います。 ですから、年金の控除証明書、もしくは、支払いの領収印が押された納付書を提出して下さい。 これだけで終わりです。 確定申告をする必要は、ありません。 会社が代わりに税金の申告・還付を行なってくれない場合、もしくは、会社への提出締切日までに間に合わなかった場合、また、退職しているような場合には、自分で確定申告をすることで、税金が還付されます。 ・ 国民年金 社会保険料 の控除証明書 ・ 年収を証明するもの 会社からもらう源泉徴収票 ・ ・ 身分証 免許証など ・ 印鑑 国民年金を節税に使う場合の確定申告については、わざわざ、税理士に相談するまでもないことですから、 上記の書類と印鑑を持って、管轄の税務署に、確定申告の相談に行くことをお勧めします。 確定申告書も用意されていますし、どのように記入すれば良いのか、個人の確定申告を担当する税務署員の方が丁寧に教えてくれるはずです。 なお、 でも説明したように、所得が多い人ほど、還付される税金が多くなります。 ですので、無職やアルバイトなどで年収が少ない子供が払うよりも、会社員の親が代わりに払い、親が確定申告にて、子供の控除証明書を使った方が、より多くの税金が還付されることになります。 一番得をするように、年金の控除証明書を使うことをお勧めします。 個人の確定申告は、毎年、2月15日〜3月15日となっています。 この期間に、前年の1月〜12月分の確定申告を行います。 <例> 2011年1月〜12月分の収入の確定申告は、 2012年2月15日〜3月15日の間に行う。 国民年金保険料の控除証明書を利用した節税は、会社に代わりにやってもらうか、もしくは、自分で確定申告をすることでしか実現できませんので、注意して下さい。

次の