ソフトバンク光 料金。 「ソフトバンク光が高い!」料金の見直し方法と請求額が安くなる節約術!

ソフトバンク光の解約方法

ソフトバンク光 料金

初月は月額料金に契約事務手数料と工事費が含まれるので最も高くなります。 2~24ヵ月目は月額料金に工事費が含まれます。 25ヵ月目以降は工事費の支払いが終了したので純粋に月額料金のみの支払いとなります。 フレッツ光からソフトバンク光へ乗り変えた場合は、工事費が無料になるので上記の金額より安くなります。 さらに、「乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を上手く活用すれば、フレッツ光以外からソフトバンク光へ乗り換えた場合も工事費を無料にすることができます。 ただし、上記の料金よりも高くなるようであれば不要なオプションに加入している可能性が高いです。 無駄にオプション料金を支払っているので早急にオプションの見直しをしましょう。 契約事務手数料 3,000円 工事費 24,000円 契約事務手数料はソフトバンク光を開始した初月に支払います。 工事費は、24回・36回・48回・60回の中から選んで分割で支払うことができます。 下記に分割の場合、毎月いくら工事費を支払うのかを記載します。 当サイトでも24回払いを選択した場合でご案内しております。 ソフトバンク光の工事費を無料にする方法がある 工事費24,000円は高いから支払いたくない方もいるでしょう。 そんな方にとっておきの方法をご紹介します。 それは、 フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える方法です。 フレッツ光を利用中であることが前提になるのですが、フレッツ光からソフトバンク光へ申し込むことで工事費が無料になるのです。 工事費が無料になる理由は、ソフトバンク光がフレッツ光の回線をそのまま利用するからです。 そもそも、何のために工事をするかというとインターネットを利用するための回線を自宅に引く為に工事をします。 この工事はフレッツ光を利用していた時に既に済ませています。 このことからフレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える際は既に回線が自宅に引いてあり、インターネットを使う準備が整っているので工事費が無料になります。 工事費24,000円が無料になるのはとても大きいメリットなのでフレッツ光を利用されているならソフトバンク光の乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。 また、「乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」はフレッツ光からの乗り換え以外でも工事費を無料にすることができます。 つまり、ほとんどの方は1,000円の割引きが適用されます。 2年間の割引き合計は24,000円です。 割引額が大きいのでソフトバンク携帯を利用されているならおうち割光セットを適用させた方が明らかにお得です。 【注意】ソフトバンク光に契約したら料金が高くなった!? ソフトバンク光に契約したら料金が高くなった!! フレッツ光からソフトバンク光に契約変更したら料金が高くなった、なんてことをしばしば耳にします。 私のまわりでもフレッツ光を利用していた頃は月額約6,000円だったのに対し、ソフトバンク光に契約変更したことで月額約10,000円も支払っていた知人がいます。 フレッツ光を利用していた頃と比べてソフトバンク光に契約したことで倍近くも支払っています。 この原因は何なのでしょう。 ソフトバンク光に契約したことで月額料金が高くなった原因はオプションの加入にあります。 ソフトバンク光に契約してキャッシュバックを貰う為にはオプションの加入が必須の代理店が数多く存在します。 代理店だけではありません。 家電量販店もオプションの加入が必須なことが多いです。 キャッシュバックの為に何となくオプション加入に了承してしまうと月額料金が高くなってしまいます。 その結果、「ソフトバンク光は高い」ということになるのです。 それでは、冒頭でお伝えしたソフトバンク光に10,000円支払っていた知人はどれだけのオプションが付いていたのでしょう。 この知人を例にご案内します。 ちなみに、知人は戸建てに住んでいるので戸建て中心にご案内します。 怖すぎる! ソフトバンク光オプションがこんなに付いていた まず、ソフトバンク光(戸建て)本来の月額料金を掲載します。 これだけのオプションが付いていたのです。 ソフトバンク光の月額料金は5,200円です。 この金額にオプション料金4,613円を足すと9,813円です。 これは、税抜の金額なので税込にしたら10,000円を越してしまいます。 私の知人はソフトバンク光に契約したことで高くなったと感じながらも4,613円も無駄に払い続けていたのです。 これがオプションを付けることの恐ろしさです。 このことからどんなに貰えるキャッシュバックが高額でもオプションに加入することは得策ではありません。 私の知人がオプションに加入することで貰えたキャッシュバックは30,000円でした。 つまり、7ヵ月でキャッシュバックが消えることになるわけです。 これは、とてももったいないことです。 結論 ソフトバンク光の料金は約5,000円~6,000円 以上、ソフトバンク光の料金をまとめました。 ソフトバンク光は月額料金だけでなく、工事費や契約事務手数料があることに注意してください。 それらを考慮にいれた場合の料金をもう一度おさらいすると、.

次の

ソフトバンク光を料金シミュレーションしてみた!最安値にする方法こちら

ソフトバンク光 料金

利用規約 料金シミュレーション 第1条 目的 本規約は、株式会社LifeBank(以下「弊社」という。 )が提供する無料料金シミュレーションサービスをご利用される方(以下「登録読者」という。 )に適用されるものとします。 第2条 定義 本規約において、用語の定義は次のとおりとします。• 料金シミュレーション結果の配信 ご登録いただくメールアドレス宛てに料金シミュレーションの結果をお送りさせていただきます。 ご登録メールアドレスへ定期または不定期のメール配信 無料で定期または不定期に何らかの情報提供を目的として、あらかじめ受信を希望するものとして登録した会員に宛てて、弊社のサーバを通じて一斉配信される電子メール。 第3条 個人情報の取り扱い 個人情報の取り扱いは、別途定める「個人情報のお取り扱いについて」に従うものとします。 第4条 メール会員登録 登録読者は、所定の登録用メールアドレスへメールを送信すること、又は、ウェブページから自己のメールアドレスを送信することにより、定期または不定期の弊社から配信するメール購読を承諾するものとします。 第5条 メールマガジンへの読者登録 弊社は、登録読者のメールアドレスを、オフィシャルメールマガジンに同時または事後に読者登録することがあります。 第6条 読者による読者登録解除 登録読者がメールマガジン配信の停止を希望するときは、所定の解除用メールアドレスへメールを送信すること、又は、所定のウェブページから自己のメールアドレスを送信することにより、メール購読登録を解除するものとします。 第7条 弊社による読者登録解除 弊社は、次の各号のいずれかに該当する事由があると認めたときは、当該購読登録を解除することがあります。• 1.メールアドレスの誤り若しくは廃止、又はメールボックスの溢れ等により、配信したメールマガジンが不達となったとき。• 2.登録読者側のメールサーバの受信拒否又は受信障害等により、メールマガジン配信に著しい障害があったとき。• 3.第9条の禁止事項に該当する行為があったとき。• 4.メールマガジンが廃刊されたとき。• 5.その他読者登録を継続することが不適当な事由があるとき。 第8条 メールマガジンの内容 弊社は、メールマガジンについて、その内容の信頼性、正確性又は合法性等については一切保証しないものとします。 登録読者がメールマガジンで得た情報を利用するときは、それによって生じるすべての結果の責任を登録読者が負うものとします。 第9条 禁止事項 メールアドレス登録の際、次の各号に掲げることを行ってはならないものとします。• 1.他人のメールアドレスを、その所有者の承諾なしに登録すること。• 2.不正に入手又は生成した大量のメールアドレスを登録すること。• 3.もっぱら弊社の個人情報を得ることを目的として登録すること。• 4.弊社のサーバに対して不正アクセスを試みること、意図的に不正な指令を与えること及び高負荷をかけること、その他弊社のシステムに障害を発生させようとすること。 第10条 システムの停止 弊社は、システムの保守のため、サービスの一部又は全部を一時停止することがあります。この場合、弊社は事前に会員登録希望者及び登録読者に対して告知するものとします。ただし、緊急を要する保守及び軽微な保守の場合は、この限りではありません。 1.弊社は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。 第11条 弊社からの連絡及び告知 弊社は電子メールの送信又は所定のウェブページへ若しくはメールマガジンへの掲載によって、登録読者への連絡又は告知を行うものとし、これによって連絡又は告知事項が登録読者に到達したものとみなします。 第12条 免責事項 弊社は、登録読者及びその他関係者が受けた次の各号の損害について、一切の責任を負わないものとします。• 1.第7条及び第10条によって発生した損害。• 2.メールマガジンから得た情報を利用したことによって発生した損害。• 3.弊社の責めによらない事由により、弊社からの連絡又は告知が登録読者へ伝わらなかったことによって発生した損害。• 4.理由にかかわらず、メールマガジンの不配、未配、遅配又は誤配によって発生した損害。 第13条 著作権 メールマガジンに関する著作権は、弊社または弊社が許諾を受けた第三者に帰属しており、登録読者は、その内容を著作権法で定める個人の私的使用の範囲を超えて使用、複製、アップロード、その他に利用することはできません。 第14条 準拠法・合意管轄 本規約の準拠法は日本法とします。また、弊社と登録読者との間で生じた紛争については、弊社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。 第15条 規約の改定 本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。 附 則 1、この利用規約は、2016年6月1日から実施します。

次の

ソフトバンク光の解約方法

ソフトバンク光 料金

ソフトバンク光が実は非常にお得、という話を聞いて、 ドコモ光と比較してみました。 ドコモユーザーによくありがちなのですが、なぜソフトバンクではなくドコモを利用しているのかというと、ソフトバンクに対してなんとなく、漠然とした不信感を抱えていたりする人が案外少なくなかったりします。 別に過去にトラブルがあったとか、そういうわけでもなく、です。 私も実は昔からそういう傾向があり、最近こそ平等に見ることができるようになってきたものの、相変わらずソフトバンク系サービスはほとんど利用していません。 ただそんな思い込みを捨ててしっかり内容を確認すると、やはりドコモ光よりもソフトバンク光がお得な部分もあるのかもしれない、と思い、内容を 確認して比較してみました。 ソフトバンク光の料金 まずはソフトバンク光の基本的な料金内容について確認しておこうと思います。 ソフトバンク光の基本料金は、ドコモ光よりもさらにわかりやすく、 マンションプランで月額3800円、 戸建プランで5200円です。 ドコモ光のマンション・タイプAが4000円、戸建・タイプAが5200円なので、戸建は同額、マンションはソフトバンクの方が200円安い設計となっています。 これだけで比較が完了するのであれば非常にわかりやすく単純な話ではあるのですが、セット割引やオプション、キャンペーン、選べるプロバイダーの違いなどがあるため、そう簡単にはいきません。 以下、順番に解説していきます。 ソフトバンク光の「おうち割 光セット」の割引内容 ソフトバンクを利用しながら自宅のインターネット回線をソフトバンク光にした場合のセット割引が、「 おうち割 光セット」です。 ドコモにおけるドコモ光パックと同じですね。 ただ、その割引内容は大きく異なります。 おうち割 光セットの場合の割引は、データ定額5GB・20GBの場合には2年間1回線あたり1522円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 データ定額30GBの場合には毎月2000円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 もしスマホでなく3Gケータイを利用している場合には、毎月ずっと500円の割引となります。 ここまで見ても、ドコモとはずいぶん仕組みが異なります。 当初24ヶ月間の割引額 それ以降の割引額 データ定額ミニ 1GB 500円 500円 データ定額ミニ 2GB 500円 500円 データ定額 5GB 1522円 1080円 データ定額 20GB 1522円 1080円 データ定額 30GB 2000円 1080円 データ定額(3Gスマホ) 443円 443円 データ定額(3Gケータイ) 500円 500円 おうち割 光セットの大きな特徴としては、 回線ごとに割引が適用されるという点で、例えばソフトバンクのスマホをデータ定額5GB、または20GBで家族三人が利用している場合、それぞれの回線から1522円が割引される形となり、合計すると3人分で4566円が割り引かれる形となります。 ドコモ光の場合には光とペアになる回線のみが割引適用されるため、一見ソフトバンク光の方がお得に思えなくもありませんが、 ドコモの場合、家族で利用する場合にはを利用することを前提としているため、一概に比較もしにくいところです。 例えばソフトバンクでドコモのシェアパックにあたるサービスとしては家族データシェアがありますが、 家族データシェアを利用している場合、おうち割 光セットでは割引対象外となるため、結果的に家族データシェアを利用しない方がお得になるケースが出てくるわけです。 ドコモの場合、シェアパック15で1800円の割引、ウルトラシェアパック30では2000円の割引が適用され、しかも二年限定という区切りもなく、ずっとその割引が適用されるため、そう考えるとむしろソフトバンク光よりもお得かもしれません。 もっと言うと、光の比較からは少し離れますが、シェアパックを利用するとドコモではも選択可能となりますし、購入機種によってはも利用できます。 しかし、ソフトバンクは格安サブブランドである ワイモバイルがあるがゆえに対抗プランをいまだ発表していないので、完全にドコモ有利と言ってよさそうです。 光の話に戻りますが、回線ごとに割引されるからソフトバンク光の方がお得、といえばそうかもしれませんが、その分回線ごとのデータ定額の基本料金がかかってきて高くついてしまうため、回線ごとに1522円割引されても結果としてドコモのシェアパックの方が回線数が増えれば増えるほど、1回線あたりの料金は安くなる可能性が高いわけです。 もちろん回線数と選択するデータ容量によって変わりますが、この辺りは意外にわかりにくい落とし穴と言えそうです。 おうち割 光セットは小容量プランもサポート おうち割 光セットでは、データ定額30GBで2000円、20GB、5GBで1522円の割引が二年間適用されますが、データ定額2とデータ定額1の小容量プランを利用している場合にも割引が適用されます。 ドコモの データSパックに適用される 期間限定割引は 1年間のみ500円の割引なので、ソフトバンク有利ですね。 ちなみに、おうち割 光セットの公式ページを見ても、データ定額2とデータ定額1に言及している部分が少なく、なかなか見つけにくいです。 もしソースを確認したいのであれば、最終的に「おうち割 光セット」の提供条件書を確認するとしっかり記載されています。 ともかく、永年割引という 部分について、純粋にソフトバンク光のドコモ光に対するアドバンテージと言ってよさそうです。 おうち割 光セットには必須オプションがある この点は、実は非常に見落としやすいポイントでもあります。 何しろ、ソフトバンク光の公式ページを見ていても、目立つ形では書いていないので、 初見ではほぼ見落とします。 私も途中まで完全に気づきませんでしたが、実際に申し込みページに進んだところで気づきました。 こうあります。 (月額500円~) つまり、元々電話を利用しようと考えていたユーザーであれば、あまり気にする必要はないのですが、電話など必要なくインターネットのみ利用しようと考えていたユーザーについては、 「おうち割 光セット」を適用させるためには強制的に月額500円が追加される形となります。 つまりは割引額が500円減るのと同じことですね。 これはしかし、を利用した際の au スマートバリューと構造としては似ています。 au スマートバリューも適用には 光電話が必須とされていますので、月額500円はどうしてもかかります。 ということは、です。 ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリアの光回線インターネットサービスにおいて、電話や追加オプションを必須としていないのは、ドコモの「ドコモ光」だけなのです。 この点については、ドコモの良心と考えたいところですね。 ソフトバンク光はプロバイダーの選択が不可能 ドコモ光の場合、ドコモ光対応プロバイダーが数多くあるため、NTTフレッツ光で利用していたプロバイダーをそのまま引き継ぐことも多くのケースで可能なのですが、ソフトバンク光の場合にはプロバイダーの引継ぎができるのは Yahoo! BB(ヤフーBB)のみで、そのほかのプロバイダーを利用している場合にはすべて、プロバイダーはヤフーBBに切り替えという形になります。 フレッツ光からドコモ光に転用する場合でも、プロバイダーが変更になる場合、それが一つの障壁となって転用に踏み切れないケースがあると思います。 それがソフトバンクの場合はより顕著で、転用に踏み切れないケースも多いのではないかと思われます。 ただ、ドコモ光の場合にはどうしても変更になってしまうヤフーBBが、逆にソフトバンク光ではそのまま継続可能という利点もあるので、ヤフーBBユーザーにとってはソフトバンク光は申し込みしやすいコラボ光であるといえそうです。 新規契約の場合もソフトバンク光ではプロバイダーの選択はできず、自動的にヤフーBBを利用する形となります。 ただ、新規契約の場合には転用よりもそれほど抵抗はないと思います。 ソフトバンク光の工事料はキャンペーンで相殺できる? ソフトバンク光を新規で申込する場合、これは当然のことながら 工事料金が発生します。 ドコモ光についても、が、ソフトバンク光においても工事料はどうしても発生します。 しかも、理由はよくわかりませんが、ソフトバンク光の方が、ドコモ光の新規の場合よりも工事料金の設定が若干高めです。 ドコモ光の場合は新規工事費が戸建で 18000円ですが、ソフトバンク光は 24000円です。 しかし、その工事料金分を、 他社光回線からの乗り換え新規契約であれば、キャンペーンによって事実上ゼロにすることができます。 ただし、乗り換え新規のみなので、 通常新規の際には適用しません。 通常新規であれば、あきらめて工事料金を支払うしかありません。 ちなみにドコモ光の場合には、乗り換えでも通常新規でもdポイント10000ポイント、転用でも5000ポイントがもらえます。 ソフトバンク光のもう一つのキャンペーンとして、他社インターネット回線解約時の違約金全額キャッシュバックキャンペーンが実施されています。 この二つのキャンペーンをどちらも活用することができれば、初期費用としてはかなり有利に他社から乗り換えることができます。 ソフトバンク光とドコモ光の違いまとめ こう内容を見てくると、どうやら必ずしもソフトバンク光がドコモ光に対して有利である、とは言えないようです。 というか、ドコモユーザーが利用するのであれば、やはりドコモ光を選択するのが一番です。 特に家族が多い場合にはシェアパックを活用し、かつ dカード GOLDによる高還元ポイントもゲットし、最大限にお得に利用することができるはずです。 加えて、Wi-Fiルーターについても無料でレンタルすることがあるも存在しています。 同じように、今までのプロバイダーに不満がある、という場合には、ドコモ光に変更するにあたって別のプロバイダーを選択したり、あとから別のプロバイダーに変更したりすることもできるわけです。 ソフトバンク光と比べると、格段に選択肢の幅が広いといえます。 他社からの乗り換えキャンペーンについては、ソフトバンク光はかなり手厚いキャンペーンを用意しているため、一見お得に見えたりもするわけですが、この辺りもよくよく検討してから答えを出しましょう。 そもそもドコモユーザーがソフトバンク光を利用するという選択肢はほとんどないので、利用するとしたらドコモを完全に解約してケータイ/スマホごと固定回線もソフトバンク光へ、という流れになると思います。 となると、ソフトバンク光というよりもトータルでのコストを出していく必要があるのですが、シェアパックとdカード GOLDを持つドコモはやはり有利であるといえそうです。 ドコモ光についての詳細内容は、改めて「 」にて確認されてください。

次の