キシリトール ガム 効果。 効果的なキシリトールの食べ方

すっきり痩せる!キシリトールのダイエット効果や方法は?

キシリトール ガム 効果

そのためには、「なぜ、むし歯の原因となる歯垢や酸を作らないのか」「なぜ、歯の再石灰化を促進するのか」などを明らかにするだけでなく、その材料を使ったグループは使わなかったグループと比較して、むし歯の発生が少なかったことを証明する必要があります。 多くの長期的な臨床研究で、むし歯予防効果が証明された甘味料は、キシリトールとソルビトールだけです。 さらに、ソルビトールよりもキシリトールの方がむし歯予防効果が優れていることも証明されています。 1975年(昭和50年)に世界で初めて、キシリトールのむし歯予防効果を証明する研究が発表されましたが、1980年代以降は、WHO(世界保健機構)が主宰した研究を始め、日本を含めて多くの研究結果が報告されています。 むし歯予防効果を示す数値は各々の研究で異なりますが、キシリトールを使用した場合、30〜80%の確率でむし歯の発生を防いでいます。 なぜ、キシリトールはむし歯を防ぐのか キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができます。 一つは、キシリトールだけでなく他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用であり、もう一つはキシリトールだけが持つ酸を作らないことと、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。 唾液分泌の促進と再石灰化作用では、糖アルコールには甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。 また、ガムとして噛んだ場合には、咀嚼により唾液分泌も促進されます。 ただし、唾液分泌が促進されても、唾液そのものにはミュータンス菌の数を減少させる効果はありません。 また、糖アルコールにより歯垢中のカルシウムレベルが上がるので、歯の再石灰化に役立ちます。 さらに、糖アルコールとカルシウムの複合体は歯の硬組織中に進入して再石灰化を促進し、歯を硬くします。 一方、キシリトールだけが持つ作用ですが、ソルビトールやマルチトールなどの多くの糖アルコールは、少ない量ではありますが、口腔常在菌によって酸を作ります。 しかし、キシリトールは口腔常在菌が利用できないため、全く酸を作りません。 また、キシリトールには歯垢中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きがあります。 ミュータンス菌への影響は非常にユニークで、この作用を理解するとキシリトールを使いやすくなると思います。 それについては、次に詳しく述べます。

次の

歯科専用キシリトールガムってなに!?市販品との違い【成分と効果】

キシリトール ガム 効果

意外と知られていない、その効果 キャンディーやチョコレートなど、甘い物を食べるとむし歯になってしまうイメージがありますよね。 むし歯は、歯の表面を覆う「硬いエナメル質」が、砂糖や人工甘味料によってつくられる「酸」に溶かされることによって発生するもの。 キシリトールはその原因となる酸をつくらないため、むし歯になりにくくなり、むし歯の菌を減らしてむし歯の進行を防ぐこともできるのです。 さらに、溶けてしまったエナメル質を修復できる「唾液」の分泌を促進する役割もあります。 まるで万能薬のように聞こえるかもしれませんが、あくまでむし歯予防の一部。 歯みがきの代わりになるわけではありませんし、キシリトールガムをいくら噛んでも、できてしまったむし歯は治りません。 キシリトールには、他の甘味成分が酸をつくるのを止める機能まではないのです。 むし歯予防としておやつを食べるのであれば、主に歯科医院で販売されている「甘味料としてキシリトールしか使用していないもの」を選ぶべきです。 シュガーレスや糖質ゼロという表記だけでは判断できません。 歯みがき後に食べた方がいいってホント?なぜ? お子さまの歯を守るため、なるべく間食はさせたくないもの。 とはいえ、おやつが大好きなママだっているはず!おやつを全く食べさせないというのは難しいですよね。 食べ方としては、なるべく長い時間をかけて口の中に含んでおくと効果的だそうです。 一日に何度も食べるのがおすすめですが、なんでもやりすぎは禁物。 一度に大量に食べてしまうと、おなかがゆるくなってしまうこともあるそうなので、気を付けましょう。 ガムだけじゃない!キシリトール100%のおやつはこんなに! 「キシリトール入りのおやつ=ガム」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実はガム以外にもいろんなおやつがあるんです。 歯みがきの後にチョコレートやグミを食べても良いなんて意外ですが、うまく活用して「歯みがきのご褒美」にすれば、親子で楽しく歯みがきできそうですね。 あくまで補助的に利用するものとはいえ、おやつを食べてむし歯になりにくい強い歯になれるなんて嬉しいですよね。 ぜひ一度お試しください。

次の

キシリトールガムは効果なし?危険性は?簡単まとめ

キシリトール ガム 効果

キシリトールとは キシリトールとは糖アルコールの一種です。 全ての糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じ程度の甘味があるがカロリーは砂糖の75%ほどと言われています。 キシリトールは白樺などを加工して作られる天然の甘味料として知られています。 野菜や果物にも含まれ、例えばイチゴには100gあたり362mgも含まれています。 キシリトールの効果 2-1. 砂糖と違い、虫歯の原因にならない キシリトールは砂糖と違い、虫歯の原因となる酸を産生する事ができないので虫歯をつくるきっかけをつくりません。 虫歯の原因であるミュータンス菌は、ショ糖を分解して「酸」を作り出します。 その「酸」が原因で虫歯をつくるきっかけになるのですが、ミュータンス菌はキシリトールを分解しても「酸」を作り出す事が出来ないのです。 2-2. 虫歯菌の性質を変える むし歯の原因菌であるミュータンス菌はキシリトールを代謝することができないので、酸やプラークの元(不溶性グルカン)を作ることができません。 しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込んで代謝しようとし続けるので、エネルギーを得ることができず、ミュータンス菌自体が弱ってくると考えられています。 2-3. プラーク(歯垢)の性質を変える ミュータンス菌の活動が弱まることでプラーク量が減少します。 そしてプラーク自体がサラサラになって歯の表面から汚れが剥がれやすくなります。 プラークが剥がれやすくなることで歯磨きもラクになり、歯磨きの効率もあがり、お口の中が清潔に保ちやすくなることが期待されます。 2-4. プラーク(歯垢)の中のpHをさげない 通常私たちのお口のなかは中性の状態でpH7. 0近辺に保たれていますが、食事や間食を摂取するとpH5. 5以下となり酸性に傾いてしまいます。 歯の表面のエナメル質はpH5. 5以下となると徐々に成分が溶けだし脱灰を起こします。 これが虫歯の始まりです。 しかしキシリトールの場合、摂取してもpH5. 5まで下がらないことが知られています。 酸性度やアルカリ性度を計る尺度のことをいいます。 レモンはpH 2. 5、ビールはpH4. お肌は、pH 4. 5~6くらいの弱酸性といわれています。 2-5. 唾液の分泌を促進する キシリトールの甘味により味覚が刺激され、唾液の分泌を促進する効果があります。 またキシリトールをガムで摂取した場合は咀嚼により刺激され、唾液の分泌促進作用が増すと考えられます。 キシリトールが唾液の量を増やすことはありませんが、ガムを噛むことで唾液がでたり、唾液の量が増える事はあります。 その結果、唾液の作用である自浄作用(洗い流す作用)が多く働き、虫歯を予防が期待できると考えられています。 キシリトール商品の選び方のポイント 3-1. キシリトール50%以上のものを選ぶ キシリトールの含有量が多いほど虫歯予防の効果が高いため、含有量が記載されている場合は50%以上含んでいるものを購入しましょう。 キシリトール100%の製品は歯科医院にて購入することができます。 キシリトールの歯科専売品について、詳しくをご覧ください。 もしキシリトールの含有量が記載されていない場合は、成分表を確認し炭水化物(糖質)とキシリトールのグラム数が近いものを選ぶとよいです。 3-2. キシリトール以外の成分を確認する 虫歯の原因となるショ糖を含まないこと、エナメル質を溶かすクエン酸を含まないこと。 香料に柑橘類が含まれている場合はクエン酸と同じくエナメル質を溶かす可能性があります。 おすすめのキシリトール商品 4-1. ガム キシリトール製品で多くあるものがガムです。 ガムを噛むことにより唾液の分泌促進効果があるためオススメします。 歯科専売 キシリトールガム•

次の