ヘーベルハウス 建売。 【へーベルハウス】特徴と坪単価(価格)

ヘーベルハウスで平屋を建てる、値段予算や坪単価は!?耐震性能は付いてる?

ヘーベルハウス 建売

ヘーベルハウスの最大の特徴は、重量鉄骨構造を採用していること。 2階建て用と3・4階建て用の2種類の構造仕様を用意しています。 2階建て用はハイパワード制震ALC構造といい、3・4階建て用は重鉄制震・システムラーメン構造と呼んおり、いずれにも制震装置が標準で装備されており、共に 構造躯体の耐用年数は60年以上としています。 なお、鉄材の肉厚が6mm未満を軽量鉄骨、6mm以上を重量鉄骨と呼び、ハイパワード制震ALC構造では6mm、重鉄制震・システムラーメン構造では9mmの鉄骨材を使用し、同社はALC(軽量気泡コンクリート)版の供給メーカーとしても有名で、重量鉄骨とALC外壁や床の組み合わせた住宅は、業界でも最高レベルの強度と耐火性を誇っています。 それではヘーベルハウスについて、 出典: 同社の平屋建てには、 2階建て用のハイパワード制震ALC構造を利用していると思います。 標準で装備されている制震装置(ハイパワードクロス)は、地震による揺れを1/2にまで低減するとのことで、もともと揺れ幅の少ない平屋建てですから、十分な耐震性能はあるでしょう。 ヘーベルハウスの商品紹介の中では、鉄骨造の強度、そして制震装置の性能などを説明したWEB画面はありますが、耐震性能を具体的に表したものは見当たりません。 しかし、詳細に調べていくと、かろうじてハイパワード制震ALC構造では、 耐震等級3を標準対応としていることが判ります。 一般的な木構造でも可能な規模の住宅を、敢えて重量鉄骨構造としているのですから強くて当然、と敢えてアピールしていないのかもしれませんが、材の強さと住宅としての強さは基本的に異なります。 一般ユーザーへの情報公開として、もう少し分かりやすくした方がいいと思います。 ヘーベルハウスの平屋、おすすめの間取りは? これは、ヘーベルハウスの平屋住宅に限ってのことですが、同社の平屋ユーザーの情報がほとんどありません。 原因として考えられるのは、平屋住宅に重量鉄骨は過剰と感じているユーザーが多いのではないか、また同社のHPを見る限りでは、平屋住宅に対する情報が少なく、積極的なPR姿勢が見られないなどがあるかもしれません。 いずれにしても、ヘーベルハウスの平屋実績が少ない事実は、価格が高い、平屋が苦手、などの悪いイメージに繋がりやすく、ユーザーの選択肢にも入りにくくなると思います。 まとめ ヘーベルハウスの住宅は、構造的にも品質的にもトップクラスのものを持っており、ハウスメカーとしてもトップクラスに位置しています。 しかし、平屋住宅に限って言えば、ALCや重量鉄骨構造の良さを活かしているようには感じられず、同社の2階建てや3階建てのようなヘーベルハウスらしさがないのが残念です。 \ 提案力のあるハウスメーカー選びをしよう!/.

次の

積水ハウスとヘーベルハウスの5項目を比較!どっちが良い?

ヘーベルハウス 建売

建てた後の長期にわたる安心を約束する 「ロングライフプログラム」と「ロングライフ保証システム」 基本躯体構造である「主要鉄骨」「鉄筋コンクリート基礎」「ヘーベル」は、耐用年数60年以上。 防水・外装などの部材も耐用年数を一律30年まで向上させ、部材の交換・補修を30年目にまとめて行える「ロングライフプログラム」を実現しました。 同時に「60年無料点検システム」による維持管理体制を整え、メンテナンスにかかる手間と費用を低減しながら、住まい全体で60年以上の長期耐用化を確保します。 さらに、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に最長60年、主要な住宅設備機器に10年の長期保証を完備。 長期にわたる安心をお約束します。 これから一戸建て住宅を検討される方へ、安心して「永住品質」の家選びをしていただくために。 家選びネットは、大手ハウスメーカー8社(ミサワホーム、パナソニック ホームズ、積水ハウス、大和ハウス工業、トヨタホーム、旭化成ホームズ、住友林業、セキスイハイム)とZUTTO株式会社により構成された「家選びネット運営委員会」による、ハウスメーカー専門の新築一戸建て分譲住宅および宅地情報サイトです。 お客様に安心して戸建て住宅をご検討いただくために国内トップクラスのハウスメーカーが集結し、土地と建物を合わせて販売する「一戸建て分譲住宅・注文住宅用の宅地」情報を提供します。 ハウスメーカーが提供する分譲地は、一戸建て住宅を建てるために適した土地を仕入れ、しっかりとした土台を造成し、隣接する建物との関係を考えながら、末長く快適に人々が住まう建物と街を創ります。 このサイトでは、長年にわたって戸建住宅を供給しているメーカーの知識と想いが詰まった分譲地をご紹介しています。

次の

ヘーベルハウスの評判と特徴。日本のトップハウスメーカーである理由を暴く!

ヘーベルハウス 建売

ヘーベルハウスは標準で網戸は付いてる? 『網戸』って『窓』があれば 当たり前に必要だと思っていたんですが、、 『網戸』がオプション扱いのハウスメーカーもありますっ! 何も言わなければ、網戸が付いてこないってことです。 建売住宅でも網戸が付いていなかったりします。 網戸と言ってもいろんな種類があります! 枠の種類• パネルタイプ• アコーディオンタイプ• ロール式• 折戸式 網戸のネットの種類• ポリプロピレン• ポリエステル• グラスファイバー• ステンレス とそれぞれ大きく分けて4種類あります* あとはネットの『色』が豊富にあるので、けっこうバリエーション豊富なんです。 ヘーベルハウスではパネル式の網戸が付いています! ネットの種類は取り扱い説明書を探したのですが見当たらず、、おそらくポリプロピレンかと思います。 『虫が入りやすい』そうです。 ヘーベルハウスの網戸の使い心地は? 我が家にはフォールディングウィンドウはないので、アコーディオンタイプの網戸の実際の使い心地は分かりません。 パッと見、見えないですが網戸が閉まっています! へーベルハウスの網戸の色は、おそらく灰色で意外と眺めの邪魔にはなりません。 我が家では外への出入りがある掃き出し窓に付いているので、かなり頻繁に開け閉めするのもあり、閉まっていると思い込んで開いてる、なんてこともあるくらいですw また、わたしの個人的な感想としては、、 すごく軽い!!です! 今まで住んだことのある実家や賃貸の網戸と比べてすごく開け閉めしやすいです。 網目はおそらくごく一般的な細かさなので、中にはすり抜けて入ってくる虫もいるかもしれませんが、開けっぱなしになっていなければよっぽど入ってきていません* 欲を言えばもっと細かい網目がよかったけど標準仕様だからそんなもんかなーと。 通風は充分です。 網戸が窓の内側にあるので汚れにくいというメリットも。 人が出入りするには向きませんが、我が家の窓はそもそも出入りできるサイズではないので全く問題ないですw 窓枠ピッタリに網戸が作られているんですが、 網戸を外すときは『ROCK』を『FREE』にするとこのように折れて簡単に外れます! お手入れも楽にできそうです。 へーベルハウスの網戸は通常仕様で充分! 注文住宅と言うからには、網戸も種類を選べる!選ばなきゃいけない?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、、 ヘーベルハウスで建てた我が家に関しては網戸に関して『注文』したことはゼロです!w 標準仕様で網戸が付きますし、付く網戸も選択せずとも決まっていました。 そして我が家はそれで充分でした! 特に不満もありません。 でも、 もしこれがなかったらすごく不便だったと思うんです。

次の