筋肉 痙攣 痛み。 ミオナール(エペリゾン)の作用機序:筋弛緩剤

筋肉の痙攣を早く止める方法 — みんな健康

筋肉 痙攣 痛み

(症状編) 筋肉の痛み (症状編) 筋肉の痛み 過度の運動やウイルス感染に伴う筋肉痛はだれもが経験する一般的な症状です。 しかし、緊急の対応を必要とする筋肉痛の原因として横紋筋融解症があります。 急激に筋肉細胞が壊れ、腎不全に至ることもあります。 薬剤(スタチン系やフィブラート系などのコレステロール値を下げる薬やコカインなどの咳止め薬など)、カリウム欠乏、熱中症、脱水、外傷などで発症します。 運動に関連して起こる筋肉痛の中にも病的なものがあります。 グリコーゲンの代謝異常症(糖原病)では運動開始直後に筋肉痛が起こり運動を続けているうちに痛みが軽減することが特徴です。 一方、長距離走など筋肉の持久運動で痛みがでてくる場合は脂肪酸代謝異常症が疑われ、横紋筋融解症を起こすことがあります。 いわゆる"こむら返り"といわれる有痛性筋痙攣は、運動の後や高齢者では就寝中によくみられる症状です。 筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの病気では、"こむら返り"を起こしやすいことがあります。 運動とは無関係に筋肉痛が起こる病気もあります。 リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く、関節を包んでいる滑膜に炎症がおこる病気ですが、肩~上腕、臀部~大腿に筋肉痛を訴えます。 血液検査で炎症反応が著明ですが、少量のステロイド薬が著効します。

次の

筋痙攣の治療 4つの方法

筋肉 痙攣 痛み

筋肉の痙攣は、神経が刺激された時に起こり、無意識のうちに筋肉が収縮させられている状態です。 この無意識の収縮が、数秒あるいは数分間続きます。 これは、体のどこにでも起こりうるものですが、ほとんどの場合、ふくらはぎや太もも、足、手に起こります。 もし慢性的な筋肉の痙攣があるなら、それは下のような様々な要因によって引き起こされている可能性があります。 — 特にカリウム、マグネシウム、鉄分、カルシウム• ビタミンE不足• 過度の脱水症状(汗をかくことや下痢など)• ストレス• 関節炎、動脈硬化症、線維筋痛のような疾患• 利尿薬の服用• 運動前後のストレッチ不足• 普段しないような動き• 寒い場所にいた時 こちらもおすすめです: 筋肉の痙攣を止める方法 ストレッチ 筋肉の痙攣は、筋肉組織の痙攣によって引き起こされます。 まずは、。 もしふくらはぎが痙攣しているのであれば、足をまっすぐに伸ばして座ります。 そして、つま先を上に向けるようにして、かかとを前方に押し出して、お尻からできるだけ遠くなるようにしましょう。 もし足の裏が痙攣、つまり、足がつっているのであれば、手でつま先を持ち、それぞれストレッチをしてみましょう。 マッサージ 痙攣を起こしている部分をマッサージし、ベジタブルオイル(オリーブオイル、ヒマワリ油、ごま油、ココナッツオイル、アーモンドオイル)を使用して少し圧力を加えるのもいいでしょう。 と効果的です。 最も大切なことは、部分的に温め、できるだけ早く回復を促すことです。 ヒーティング・パッド 患部を温める別の方法として、ヒーティング・パッドを使うというのもあります。 温めながらストレッチをして、患部が温まったらマッサージを始めます。 ヒーティング・パッドのような温めるものを持っていなければ、例えば、お湯の入ったペットボトルを使うという方法もあります。 ローズマリーエッセンス です。 炎症を和らげ、素早く血液循環を促進してくれるので、痙攣に襲われた時に、いつも手元に置いておくとよいでしょう。 これからご紹介する簡単な手順に従えば、自分で作ることもできます。 しっかりと閉まる蓋付きのガラス容器を準備します。 新鮮な枝のついたままのローズマリーで、ガラス容器をいっぱいにします。 一番いい時期は、ローズマリーの花が咲く頃です。 ローズマリーが浸るくらいの消毒用アルコールを加えます(薬局やスーパーで購入できます)。 容器の蓋をしっかり締めて、冷暗所で15日置きます。 毎日、容器の中身を少しずつだけ混ぜます。 15日後、液体を漉して、密封できる濃い色のガラス容器に入れて保管します。 あわせて読みたい: どうやって筋肉の痙攣を予防すればいいの? もし少なくとも週1回以上、痙攣に悩まされているのなら、自然な方法で意識的に予防してみましょう。 こうした症状は、体内で何かがバランスを崩しているサインです。 まず最初に、とカリウムが豊富に含まれている食品を増やしましょう。 この2つのミネラルは、トマトやバナナといった果物や野菜に含まれています。 ナッツやスプラウツシードが入ったサラダを毎日食べることを始めましょう。 多くのビタミンやミネラルを摂ることができます。 スプラウツシードとは、カイワレ大根やモヤシといった種を発芽させたものです。 痙攣が長く続くようであれば、マグネシウムのサプリメントを摂ってみてください。 足の痙攣には、お風呂やシャワーに入っている時に、足に冷たい水を当てるといいでしょう。 ビバーナムエッセンスも、痙攣の予防にとても効果的です。 Maquirriain, J. 2007. The athlete with muscular cramps: Clinical approach. Journal of the American Academy of Orthopaedic Surgeons. Hallett, M. 2006. Human Movement Science. Bertolasi, L. , De Grandis, D. , Bongiovanni, L. , Zanette, G. 1993. The influence of muscular lengthening on cramps. Annals of Neurology.

次の

筋痙攣の治療 4つの方法

筋肉 痙攣 痛み

運動中や寝ている時の夜間などに手足やふくらはぎ・太ももの筋肉が突然激しい収縮を起こす「つる」という状態は誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか? 面白いことにあの「つり」は場面など関係なくあらゆるシーンで起こります。 リラックスタイム中に軽く背伸びをしただけなのにギュッ!とスイッチが突然入ってしまい家の中でも「あー!つった!!助けてー!!」と叫んではバタつくなど。 笑 さらに年齢性別も問わず若い学生から高齢者の老若男女で起こりうる現象があの「つる」という状態です。 場合によっては翌日以降の歩行や運動など生活にも影響を及ぼす以外と侮れない症状ですが、これらはなぜ起こるのか?そしてつった時の正しい対象方法や予防方法などについて今回も医学的側面から紐解いて紹介していきたいと思います。 記事の内容• つる・こむら返り・筋痙攣の違い 専門的な医学用語であのつる状態を「筋痙攣(きんけいれん)」と呼び、一般的に使われる「こむら返り」も意味の違いはなく同じものです。 人によっては「つる」「こむら返り」「筋痙攣」などと呼ぶわけです。 本来はふくらはぎ(昔はこむらと呼ばれていた)がつることをこむら返りと呼んでいましたが、いつの間にか他の部位がつった際にもこむら返りと呼ぶようになったのが背景にあります。 意味的な違いはなくどれも同じ筋痙攣です。 注意したいのは筋痙攣には2種類あるということです。 痙攣の種類は「熱痙攣」と「筋痙攣」の2つ 一般的なつる状態であれば筋痙攣とされますが、暑熱環境下で起こる熱中症に伴う筋痙攣は「熱痙攣」と呼ばれており、熱中症症状の1つになります。 冬場でも天候が良い日には早朝と昼間の寒暖差が大きくなることもあり、気温上昇に伴い熱中症症状に近い筋痙攣が起こることもあります。 (箱根駅伝などで何度も倒れながら襷をつなぐ場面の中継はまさにそれです。 試合終盤で足が攣ってしまい棄権を余儀なくされたり、大事な場面で選手交代となってしまったり、マラソンランナーで言えば何度も攣っては転倒を繰り返しながらようやくゴールテープを切ったりと試合中に本来のパフォーマンスを出し切れず悔しい思いをする選手が少なからずいるからです。 チームドクターや専属トレーナーとしても選手を活躍させることが使命でありこのつるという問題をどうにか解決したり予防したりすることはできないものかと考えられたわけですね。 これまでに分かっていることは「明らかな原因は解明できていない」ということです。 筋肉がつった時の対処方法やケアの仕方は後述しますが、ある程度ガイドラインなどが存在するので迷わないのですが、未然に予防したり現象を起こさないためにはメカニズムを解明し原因を明らかにしなければいけません。 現在わかっている原因説は諸説あるのですがどれも可能性がゼロではないため多角的に捉えて対処する方法が最も良い方法と言えるでしょう。 ではその原因説について紹介しますね。 スポンサーリンク 運動中の筋痙攣の6つの原因• 代謝説(遺伝)• 脱水説(体液バランスの異常)• 電解質説(電解質濃度の異常)• 末梢神経説(脊髄反射)• 環境説(気候・床面)• その他(アライメント不良) これらの原因説はどれも否定することができなければ全てが該当するというわけではなくあくまで原因として有力視されているものです。 これが中枢神経の脳を介さない末梢神経説の脊髄反射によるものです。 また、先ほどの経路の場所により原因を分けると、先天性の疾患や病気などは全体に影響を与え、ヘルニアなどは脊髄神経部分、脱水や電解質異常は筋肉などの組織の部分、環境も全体に影響を及ぼすことが推察されるわけです。 こむら返りを招く発症要因や病気の可能性について• 健常人:激しい運動と疲労・脱水・夜間睡眠・妊娠後期• 病的要因:糖尿病・肝硬変・血液透析・甲状腺機能低下・運動ニューロン疾患など ここで既往歴のないいわゆる健常人がつる場合の原因と、病気などが原因でつる場合の疾患についてもご紹介します。 これらの状態や疾患はどれも先に述べた原因説のどれかに該当し影響を及ぼすと考えられています。 つりやすい人の特徴とは? 以上の観点を参考につりやすい人の特徴を健常人に絞ってまとめてみると• 水分摂取量が少ない人• 塩分やミネラルが不足している人• 汗を大量にかく人(寝汗も含む)• 排尿の量が多い人• 下痢をしている人• 不摂生な食事や生活をしている人• 風邪をひいている人(熱などがある人)• 妊娠後期の人• 疲労が溜まっている人(疲れやすい人) などがつる可能性が高いと言えます。 しかし、実はこれだけではないのです。 女性の大敵「冷え」も原因に!? いわゆる血行不良による局所の冷えです。 冷えている部分というのは血流が乏しく筋肉に酸素や栄養を十分に供給することができません。 冷え性だけではなく血行不良と考えてみると冬場の筋痙攣や夕方にかけて気温が下がってくる時、激しい運動で筋肉が膨張し周囲の血管を圧迫してしまうなど合点が行くかと思います。 これらの冷えも原因の1つではと考えられているのにも納得できますし、女性にとっても身近な問題ですよね。 一番つりやすい場所はふくらはぎが多い! 高齢者が夜寝ている時によくつるのはふくらはぎです。 またスポーツ選手の競技中もふくらはぎをよくつる場面が多いのですが、つる原因は筋肉が一時的に過剰収縮状態になってしまうため筋肉がある場所はどこでもつる可能性があると言えます。 僕が今までつった場所で言えば、学生時代にはふくらはぎと太もも、足や手の指が多かったのですが、部活などを引退して社会人になってからは背中や首・肩甲骨周りをつることが増えました。 どれも共通するのはウーーーンと背伸びをした時にスイッチが突然入ります。 笑 原因は不明といえど良く使う場所(筋肉を使う場所)に起きやすいというのは生活していても感じることです。 でもつる時と足らない時があるということはその時の空の状態や環境によっても異なるということで、前述した原因から探ってみると水分不足の時かもしれないし、朝食を抜いたときかもしれないし、ずっと同じ姿勢で仕事をしていて疲労が蓄積していたかもしれないなどと考えられる訳です。 スポンサーリンク 寝ている時にふくらはぎをつる原因 背中や足がつる時は金痙攣を起こす筋肉を使ったり、あるいは筋肉が縮む体勢や姿勢になっているとつりやすいというのも原因の1つです。 例えば夜寝ている時にふくらはぎをつりやすい原因を筋肉単体で状態を見てみると、寝ている時は足首は下を向きやすいという解剖学的特徴があります。 仰向けの時は布団の重みや重力の影響もあり足首は下を向いていますよね?また、横向きで寝る側臥位という状態では膝を曲げて足首も若干下を向きます。 この状態はまさにふくらはぎにある筋肉が縮む体勢なのです。 ふくらはぎの筋肉の代表といえば下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋の総称)でつま先立ちやジャンプ、歩行の前進の際に地面を蹴って推進力を生み出す筋肉です。 この筋肉が収縮すると足首を下に向け(足関節の底屈)たり、膝を曲げる(膝関節の屈曲)働きがあります。 そういった筋肉が縮み短縮しやすい姿勢になるのもつる原因の1つと考えられています。 その他の原因は上記で述べたとおりです。 突然攣ってしまった時の対処法 つるという現象は自分の意思とは関係なく起こります。 これは筋肉と神経が脳の指令に反して反射的に活動してしまうためです。 本来は過剰な筋肉の収縮が起きないように脳によって調節し適度に収縮と弛緩を繰り返すのですが、攣ってしまう時というのはいわば無意識の状態であるということです。 激しいスポーツの試合終盤で過度な疲労により意識が朦朧としてきている時につると言われればそれも納得できてしまいますよね。 では、実際に攣ってしまった時はどう対処すべきか正しいケアの方法について解説します。 基本的には周りに誰もいなくてもセルフケアで対処できるので、これを知っていれば近くの誰かが攣った時にも代わりにケアしてあげることができるようになるはずです。 対処方法1:つっている筋肉や場所を確認する まず重要なのはどこのどの場所をつったのかを確認することです。 多くの場合は筋肉がつると筋肉が勝手に働き関節が曲がりっぱなしになる状態になるので目で見れ確認をすることは比較的簡単です。 ふくらはぎの場合は足首が下を向いたり、指の場合は1本だけ曲がっていたり、逆に伸びきっていたり、太ももの場合は膝がピーント伸びていたりします。 対処方法2:筋肉をゆっくり伸ばすストレッチを行う つっている筋肉の場所が特定できたら次はその筋肉をゆっくりと伸ばしてあげるようにゆっくりと継続的にストレッチを行います。 簡単に言えば関節が曲がっている反対方向にゆっくりと伸ばしてあげるわけです。 ふくらはぎの場合は膝を伸ばしてゆっくりと足首を上向きに押してあげるとふくらはぎの筋肉は徐々に伸びてきてギュッと収縮していた筋肉がスーーッと緩んでくることが実感できるはずです。 太ももの場合であればうつ伏せにして膝を曲げてあげると太ももの前にある大腿四頭筋という筋肉が伸びます。 (状況別に対応するためにはあらかじめ筋肉の個別ストレッチ方法を知っていると何かと役に立つのではないでしょうか?必要あればストレッチ方法についても記事としてご紹介していきますので今後楽しみにしていてください。 ) ケアしてもすぐに攣ってしまう時の原因と対処法 基本的には上記2つの方法で対処しますが、すぐに動き出すとまた攣ってしまう時があります。 そういう時はしばらくストレッチを続けたり安静にして様子を見ましょう。 すぐに攣ってしまう原因はまだ筋肉が興奮状態にあり収縮しやすい状態になっているだけなので患部を安静にして落ち着かせることが何よりもの対処法となります。 興奮が冷めやらぬうちに再度筋肉に刺激を与えるとすぐに興奮してしまうという原理です。 つることを予防するためのポイント• 水分補給を細かく行う• 栄養のある食事を心がける• 保温し冷えないようにする• 予防効果のある漢方薬を飲んでみる• 予防効果のあるツボを押してみる 原因はまだ謎な部分が多いといえど、ある程度予防効果が期待出来る方法もいくつか明らかになってきています。 どれか試してみて改善される場合は継続的にその方法を取り入れてみたり、それでも攣ってしまった場合は他の方法と組み合わせて予防に努めてみたり生活の中で工夫をしながらご自身で試してみるのが有効です。 これも個人差がありますので、自分にピッタリの方法を探ってみましょう!詳細は各記事をご覧いただければと思います。 スポンサーリンク 僕の経験で予防効果を感じれた事例 最後に少しだけ経験に基づく事例をご紹介します。 病院のリハビリに来院される中高年の女性に「よくつる」「今朝もつってしまって大変だったのよ」という方が多かったように感じますが、病院の場合は診察の際に医師に相談すると漢方薬を処方してくださる先生がいます。 原因がはっきりしないため薬を処方される事例は稀ですが、実際は薬よりも漢方薬が劇的に効いていると実感できました。 漢方薬を飲み始めるとそれまでよくつっていた人が「そーいえば最近全くつらない」「寝るのも怖くなくなった」という方が非常に多かったということ。 見方を変えれば水分不足が漢方薬で補われたとも捉えられますが、、、。 また別な事例はトレーナー活動の際の高校生のサッカー選手です。 試合中盤〜後半になるとふくらはぎをつる選手が現れ始め、さらに大体つる選手は同じ選手。 つらない人はつらないしつる人はよくつる。 個人差があるのは承知の上ですが、そのような選手の場合は水分の摂取量や排出量・食事内容や疲労度チェックなどをしてみると他の選手と比較した時の違いが見えてくることもあります。 またプロだった選手失格ですがウォーミングアップや準備運動を怠っていたり中途半端に行っていたりする場合もあります。

次の