横浜バンクカード 審査。 農協・JAカードローンの審査基準と審査に通らない理由

最短2週間発行横浜バンクカードゴールドの審査難易度と評判

横浜バンクカード 審査

当記事のコンテンツ内容• 横浜バンクカードの特徴 条件を満たすことで年会費無料になる ショッピングの年間利用金額の累計が100万円以上になると次年度の年会費が無料になります。 ひと月あたり83,333円の利用で達成することができます。 メインカードとして使用する必要がありますね。 また、今なら横浜銀行ホームページあるいははまぎんマイダイレクトから新規申し込みをすると初年度年会費無料となります。 ずっと年会費無料で所有することも可能なゴールドカードです。 カード利用額に応じてボーナスポイントを獲得できる ステージ ボーナス付与 ポイント還元率 100万円利用 V1 50-100万円未満 50万円で100P 以降10万円ごとに20P 0. 一般カードの倍のボーナスポイントを獲得できます。 利用額に応じてポイント還元率を0. ただし、ある程度利用しないといけないのでメインカードに他の高還元率カードを所有する方が早いと思います。 海外ATMを利用することができる 海外ATMで現地通貨を出金できる海外キャッシュサービスを利用することができます。 1回当たりの手数料が108円と抑えられているのは嬉しいですね。 多額の現金を海外に持っていく必要がなくなるので、危険を回避することが可能です。 手厚い旅行傷害保険付帯 海外旅行保険 自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。 傷害死亡後遺障害最高5,000万円、疾病治療費用最高300万円、賠償責任最高5,000万円、携行品損害最高50万円、救援者費用最高500万円となっています。 なお、公共の乗り物やツアー代金の決済をしない場合傷害死亡後遺障害が最高1,000万円に減額されますが、利用頻度の高い保険ではないのでそれほど気にしなくても良いと思います。 それよりもケガや病気の治療費用が300万円と高く設定されているのが良いですね。 国内旅行保険 利用付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。 死亡後遺障害最高5,000万円の補償が付帯されています。 旅行好きの方必見です。 空港ラウンジ無料利用可能 成田空港、羽田空港、関西国際空港を含む 国内の主要空港のラウンジを無料で利用することができます。 通常2,000円前後の費用が掛かります。 ゴールドカードならではの特典となっています。 飛行機搭乗前に軽食を取ったり、仕事を片付けたりと落ち着いた時間を過ごせるのがメリットです。 横浜銀行で優待を受けることができる 横浜バンクカードゴールドは、横浜銀行で様々な優待を受けることができます。 横浜銀行をメインバンクにしている方は必見です。 横浜銀行ATM時間外手数料が不要 横浜銀行のATMに関して時間外手数料を無料で利用することができます。 意外とコストの掛かるものなのでこの優遇措置はありがたいですね。 時間を気にせずにお金の引き出しを行うことができます。 コンビニなど提携ATM手数料が月3回まで無料 セブン銀行、イーネット、ローソン、イオン銀行、VIEW ALTTEの提携ATMの利用手数料が月に3回まで無料になります。 緊急でお金が必要になったときでも手数料を支払わずに対応できるのは嬉しいですね。 はまぎんマイダイレクト他行あて振込手数料が月2回まで無料 <はまぎん>マイダイレクトを利用しての他行宛の振込が月に2回まで無料になります。 はまぎんマイダイレクトとは、口座所有者が利用できる専用サービスです。 お買い物安心保険付帯 年間最大300万円のショッピング保険が付帯されています。 ゴールドカードにふさわしい高額な補償が付いています。 高額な買い物をするときに安心ですね。 横浜バンクカードゴールドで購入した商品について、購入日翌日から90日間の間に偶然の事故によって破損してしまったり、盗難・紛失してしまったりした場合に補償されます。 ドクターコール24 24時間病気や健康に関する相談をすることができます。 医師や看護師等の専門スタッフに電話をすることができます。 不安があればいつでも頼りにすることができます。 場合によっては専門病院を紹介してもらうこともできます。 情報誌VISAを無料で購読できる 情報誌である「VISA」を無料購読することができます。 通常年間購読料3,300円となっていますので、お得ですね。 VISAでは国内や海外のイチオシ観光スポットの紹介や、生活関連特集など役に立つ雑誌になっています。 横浜バンクカードゴールドSuica Suica搭載型を選択することができます。 東日本在住の方であればこちらの方が良いと思います。 そもそも横浜銀行が関東メインの銀行なのでメリットは大きいです。 オートチャージに対応していてチャージ1,000円ごとに1Pのワールドプレゼントポイントを獲得することができます。 ただし、ポイント付与の対象外となっていますので、もしチャージをしたいのであれば他のカードと合わせて持つと良いかもしれません。 なお、上記で解説しているSuica一体型であればオートチャージでポイントを貯めることができます。 電子マネー種類 対応 モバイルSuica チャージ可能 (ポイント付与対象外) PASMO チャージ不可 SMART ICOCA チャージ可能 (ポイント付与対象外) nanaco チャージ不可 WAON チャージ不可 楽天Edy チャージ可能 (ポイント付与対象外) ここはマイナス 一般加盟店舗でのポイント還元率が0. ゴールドカードにポイント還元率を求めるのはナンセンスなので、少しでもお得に買物をしたいという方は年会費無料の高還元カードを別途持つと良いと思います。 年会費無料のハードルが高い 通常年会費10,800円が掛かります。 ゴールドカードとしては一般的な費用です。 年間100万円以上利用すると年会費が無料になりますが、誰もが達成できる条件とは言えません。 横浜銀行を贔屓しているユーザーが利用しているので、ここはオトクな年会費を設定してほしかったというのが本音です。 比較対象のクレジットカード 横浜銀行が発行している一般カードとなっています。 年会費永年無料で横浜銀行の優遇を受けることができるのがメリットです。 ゴールドカードとは違い海外ATM利用ができなかったり、旅行傷害保険が付帯されていなかったりとなっています。 ハマギンでの優待を目当てに作るだけであれば一般カードで十分でしょう。 合わせて持ちたいカード 年会費無料の高ポイント還元率カードです。 常時1. 利用付帯の海外旅行傷害保険が付帯されているのも良いですね。 上位には楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードもあります。 年会費無料のクレジットカードです。 ポイント還元率常時1. リクルートポイントは汎用性が高くリクルートのサービスで利用したり、Pontaポイントに交換して利用したりできます。 また、電子マネーとの相性の良いカードです。 モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco、楽天Edyにチャージができて満額のポイントが付与されます。 メインとしてもサブとしても使いやすいですね。

次の

横浜バンクカード|横浜銀行のお得なキャッシュカード

横浜バンクカード 審査

オールインワン型カードでショッピングにも食事にも、更に急な出費でお財布がピンチの時でも役立ちます。 更に携帯やスマホのモバイル端末から決済できるiDサービスも付加されています。 横浜銀行の口座をお持ちの方は利用を検討する価値があるカードと言えます。 日常生活の中で予想もしなかった出費に出くわすなんてことありませんか? 口座に残高があれば良いですが、中々そうも行かないことのほうが多いのではないでしょうか。 横浜バンクカードなら急な出費時でもサッとキャッシングできるからとっても便利ですよ。 今回は横浜バンクカードのキャッシングについて解説していきたいと思います。 横浜銀行バンクカードのローンの特徴 横浜バンクカードは年会費無料で作ることが出来ます。 クレジットカードには数千円の年会費がかかるものも多いですから無料で作れるのは有り難いですよね。 ショッピング利用限度額は最大で40万円、ゴールドは70万円までとなります。 キャッシングの利用可能額は5~10万円、海外ですと最高30万円相当まで使うことが出来ます。 分割払い手数料は年10. 00%~12. 25%、リボルビング払い手数料は年15. 00%となります。 横浜バンクカードははまぎん毎ポイントを利用することで横浜銀行と取引するたびにポイントが溜まっていきます。 たまったポイントはキャッシュバックやATM利用手数料無料、更に時間外手数料半額にすることが出来ます。 よりお得に横浜銀行を利用することが出来る一枚なんですよ。 横浜バンクカードの作り方はとっても簡単です。 公式サイトへアクセスし申し込みするだけでOK。 もちろん郵送での申し込みも可能です。 審査通過後にカードが発行され自宅に届いたらその日か利用開始となります。 クレジットカードを作るのって面倒なイメージが有りますが、横浜バンクカードはとっても簡単に作れますよ。 横浜バンクカードは引き落とし時の残高不足を自動的に立て替えしてくれる機能があります。 光熱費や公共料金の引き落とし時、入金忘れで残高不足になっていて引き落としされなかったなんて経験をされたことがある方は意外と多いのではないでしょうか? 仕事などで忙しくてついつい忘れがちになってしまいますよね。 しかし横浜バンクカードなら口座引落時に残高不足になっていても、不足分を自動的に立て替えてくれるので安心。 更に引き落とし時だけでなく急な物入りの時にも対応できます。 友達に飲みに誘われた、結婚式に招待された等など予想もしていなかった急な物入りでも横浜バンクカードで気軽にお金を借りる事ができるので安心。 横浜銀行はもちろんの事、コンビニATMでも利用可能ですから場所も時間も選ばずキャシング可能です。 横浜銀行バンクカードでキャッシングする方法 横浜銀行バンクカードローンとして利用するには横浜銀行もしくはコンビニのATMを使用します。 暗証番号を入力するだけで希望する金額をキャッシングすることが出来ます。 カードローンを利用しても、指定口座の残金は変わりませんので安心してくださいね。 横浜銀行バンクカードローンで自動融資機能も利用可能です。 これは上記で説明した通り、口座引落時に残高不足でもその不足分をキャッシング利用可能枠の範囲内で自動で融資してくれます。 うっかり入金を忘れていたなんて時にも横浜銀行バンクカードローンは役立ちます。 横浜銀行バンクカードのキャッシングは審査はある? 横浜バンクカードを作るには審査をクリアしなければいけません。 利用対象年齢は満18歳以上満70歳以下の方となります。 但し横浜銀行バンクカードローンを利用できるのは満20歳以上66最以下の方のみとなりますので注意してください。 学生、主婦、20歳未満の社会人の方は横浜銀行バンクカードローンの利用は不可となります。 審査基準ですが、銀行が発行するカードですのでかなり厳しい方と見てよいでしょう。 働いて安定収入があること、1年以上の勤務実績があること、金融事故を一切起こしていないこと、これらの条件を満たしていないと審査に通るのは難しいです。 安定的収入があっても返済遅滞や債務整理の履歴があるような方は先ず審査に通りません。 逆に金融事故を全く起こしていなくても収入が安定していなくても審査通過は無理です。 どちらの条件も満たして初めて審査通過の可能性があると思ってください。 特に銀行の審査は厳しいですから、申し込み前にきちんと條件を満たしているか確認しましょう。 アイフル.

次の

横浜銀行カードローン審査基準を徹底分析!申込はネットから

横浜バンクカード 審査

横浜銀行カードローンの審査基準• 特定のエリアに居住または勤務していること (神奈川県・東京都・群馬県前橋市・群馬県高崎市・群馬県桐生市)• 満20歳以上満69歳以下であること• 継続的で安定した収入があること• 信用情報にキズがないこと 横浜銀行カードローンの審査を受けるには、 すべての審査基準のクリアが 必要です。 4つの審査基準を解説していくので、申し込み前にすべて理解しておきましょう。 「 エリア外だから横浜銀行カードローンは使えない・・・」という人もいるでしょう。 エリア外に居住 or 勤務している人は、他の銀行カードローンを検討してください。 カードローン 年齢制限 横浜銀行カードローン 満20歳以上69歳以下 福岡銀行カードローン 20歳以上69歳以下 三井住友銀行カードローン 満20歳以上満69歳以下 みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満 愛媛銀行 ひめぎんカードローン 満20歳以上満65歳以下 住信SBIネット銀行カードローン 満20歳以上満65歳以下 りそなカードローン 満20歳以上満66歳未満 未成年や70歳以上の人は申し込めないので注意しましょう。 カードローンには年齢制限があります。 下限は「20歳以上」で、上限は業者によって異なるんですね。 仕事をしていれば、 アルバイトの人でもクリアできる基準です。 なお例外として給料でなくても、家賃収入や地代収入がある人は、収入の基準をクリアできます。 しかし以下で得たお金は「安定した収入」とはみなされないので把握しておきましょう。 株・FX• 仮想通貨• ギャンブル• 仕送り 個人事業主も収入が不安定と判断されやすいので、ビジネスローンに申し込んでください。 そのため申込者の年収 (税込み)や他社借り入れ金額には、審査で厳しい目が向けられています。 クリアしてほしいハードルとしては、 以下の合計金額が年収 (税込み)の3分の1を超えないこと。 他社借り入れ総額• 横浜銀行カードローンの希望限度額 これらを踏まえて、申込者の年収 (税込み)が300万円のケースを見てみましょう。 年収 (税込み) 他社借り入れ総額 横浜銀行カードローンの 希望限度額 審査に通過する見込み 300万円 40万円 50万円 見込みアリ 300万円 50万円 70万円 難しい 「 他社借り入れ+希望限度額が100万円以下か否か」が重要なことがわかります。 他社借り入れ状況をハッキリわからない人は、きちんと再確認してみましょう。 しかし 年収 (税込み)が30万円未満の人は、審査に通らない可能性大。 利用限度額は年収 (税込み)の3分の1に収まる場合がほとんどです。 利用限度額 最低限必要な年収 (税込み) 最低限必要な月収 (税込み) 10万円 30万円 25,000円 20万円 60万円 50,000円 30万円 90万円 125,000円 利用限度額は最小で10万円なので、 計算上は年収 (税込み)が30万円以上必要ということですね。 特にパートタイマーの主婦の人などは、自分の月収を確認しておきましょう。 横浜銀行が対応できる申し込み方法 WEB完結申し込み 通常申し込み 申し込みはPCやスマホから、 24時間365日いつでも申し込めます。 お近くの 横浜銀行まで足を運ぶ必要はなく、来店不要で契約OK。 横浜銀行の普通預金口座をすでに持っている人は、申し込み時に「 横浜バンクカード」か「 キャッシュカード」を手元に用意しておきましょう。 WEB完結と通常申し込みの違いは「 」の契約書類の提出方法にあります。 申し込みフォームで入力する項目 横浜銀行カードローンの申し込みで、入力する主な項目は以下の通り。 氏名と生年月日• 口座情報 (横浜銀行の普通預金口座を持っている人のみ)• 申込者の基本情報 (年金情報・家族構成・住所など)• 勤務先の情報 (所在地・電話番号・税込みの年収など)• その他の情報 (他社借り入れ状況・申し込み経緯・横浜銀行との取引履歴など) 入力ミスのないように、 落ち着いて項目を埋めていきましょう。 必要書類の提出• 在籍確認 実際に問い合わせたところ「 タイミングによっては 2つを同時に行なうこともございます」とのことでした。 送られたSMS宛てに、 必要書類の画像データを添付して返信しましょう。 提出する必要書類は 本人確認書類と収入証明書類に分けられます。 なおパスポートを撮影する場合、 顔写真があるページも必要なので忘れないようにしましょう。 外国籍の人は上記にプラスして、永住権の記載のある在留カードまたは特別永住者証明書の提出が必要です。 永住権のない外国籍の人は銀行系ではなく、消費者金融へ申し込みましょう。 横浜銀行カードローンの在籍確認は書類提出でもOK。 収入証明書類を提出すれば勤務先に電話することなく審査に通れます。 審査結果の連絡までにかかる時間は、 最短で申し込みの翌日。 銀行カードローンの中には、 審査に最短2~3日かかるところもあります。 審査結果が翌日にわかるのは、急ぎの人には助かるはずです。 申し込み方法 契約書類の提出方法 WEB完結 SMSからの送信 通常申し込み ・来店 ・郵送 ・FAX WEB完結で申し込んだ人は、 必要書類の提出と同じようにSMSから提出します。 通常申し込みで申し込んだ人は、SMSで提出することはできません。 横浜銀行の口座がない人は新規開設も同時に行なう 問い合わせの結果「借り入れには 横浜銀行の普通預金口座の開設が必要です」とのこと。 横浜銀行の口座がない人は、 契約手続きと同時に口座開設をしましょう。 FAX・郵送での契約書類の提出はひと手間かかる FAX・郵送で契約書類を提出する場合は、事前に をダウンロードしましょう。 記入し終えた契約書類の、FAXの送信先は以下の通り。 FAXの送信先 FAX番号 受付時間 横浜銀行カードローンプラザ 0120-458009 24時間365日 郵送で契約書類を送る場合は、 も忘れずにダウンロードしてください。 ローンカードは本人限定受取郵便ではなく、 簡易書留で郵送されます。 ほかに同居人がいれば申込者本人以外でも、受け取れてしまうので注意が必要です。 横浜銀行カードローンの審査を突破するためのコツ• 希望限度額は必要最低限にする• 随時返済で他社借り入れ総額を減らしておく• 完済したカードローンは解約する いずれも守らないと、横浜銀行カードローンの審査に通らない可能性もあります。 しっかりと注意点を確認して、審査にのぞみましょう。 しかし 最初から 500万円などの限度額で申し込むのはやめてください。 希望限度額が高すぎると、横浜銀行カードローンはそれだけ審査の難易度は高くなってしまいます。 結果的に 審査落ちする確率もグンと上がることになりかねません。 横浜銀行カードローンでは利用中に、 利用限度額の引き上げれます。 最初に申し込むときには、必要最低限の希望限度額にしましょう。

次の