ゲーミングサニーゴ。 【4年半ぶり】ハウステンボスにサニー号がやってくる! 『ONE PIECE』の世界観満載のレストランやショップも開店

【環境考察】ムゲンゾーン単体考察【ポケモンカード】|ななやま|note

ゲーミングサニーゴ

ピカチュウV カード評価 7. 0点 エレキサークルにより2エネでありながら150ダメージを与えることができる。 150ダメージ止まりだと対したことはないが、この火力はエレキパワーで増強することが可能。 9種類の看板カードの中ではもっとも実践的でアタッカー向けのポケモンであるといえる。 ガラルヤドランV カード評価 8. 0点 おそらくVスタートデッキの看板ポケモンではもっとも実践的なポケモン。 特性によりバトル場にいるとき限定ではあるが相手ポケモンを毒状態にすることができる。 その後ポケモンいれかえでベンチに引っ込ませることでメインアタッカーに切り替えるという動きをすることができる。 ベンチタイプに悪タイプが必要な、相手のポケモンが毒状態であれば威力があがるなどと特に相性が良い。 ルカリオV(闘) カード評価 7. 0点 ワザ「はどうだん」が強力。 闘タイプは弱点をつくことができることも多く、攻撃面で有利に立ち回れることが多い。 特にクロバットVに弱点をつくことができるのは大きい。 欠点はビートスマッシュの威力が180止まりであり、必要エネが多いこと。 またはどうだんだけではVMAXポケモンたちによりHPインフレした現在のポケモンカードではややワザのダメージが物足りない。 フシギバナV 草 カード評価 6. 0点 決してHP220という耐久は安心できる数字とは言いづらい。 一方で要求エネがかなり多い。 エネを多く求めるリスクに対しリターンがやや見合わないポケモン。 使うのであればを使いたいが、攻撃面ではやといったライバルが存在する。 逆に言えばそれらのカードをコンパクトにした性能であり、やられてもサイドが2枚しかとられないことに注目し差別化していきたい。 ガオガエンV カード評価 7. 0点 ワザ「グランドフレイム」により90ダメージを与えながらエネ後続のエネ加速ができる。 ただガオガエンVにも3エネが必要になる点には注意。 またエネ加速をしたいのであればそもそもガオガエンVを経由する必要がない。 とはいえエネ加速のおまけに90ダメージを与えることができるのは悪くはない。 ガオガエンVがやられた場合サイドが2枚とられるというリスクさえカバーできれば削り役として活躍が見込める。 もしVMAXが出れば進化元として評価を上げることになるだろう。 ホエルオーV カード評価 8. 0点 倒されたときにサイドが2枚とられるポケモンの中では圧倒的なHPを持つ。 その高いHPは・でさらに伸ばすことができるようになる。 ワザ「くみあげる」からセルフでエネ加速ができ、打点は不安定ではあるものの最大360ダメージのワザ「オーシャンウェーブ」に繋げることができる。 壁としてライブラリアウトでの採用も考えられるほか、通常の運用としても強力。 耐久が高くエネ加速ができ、安全にVMAX進化ができる。 ホエルオーVMAXの登場にも期待したい。 ジュラルドンV カード評価 7. 0点 ワザの性能は悪くはない性能だが、ザシアンVと比較するとやや火力不足である。 しかし注目すべきはその特性で、VポケモンにしてはホエルオーVほどではないにせよかなりの耐久力となる。 もし今後ジュラルドンVMAXが登場した場合、進化元として耐久力が高いこのジュラルドンVが使われる可能性もある。 特にジュラルドンはキョダイマックスのすがたも存在するためVMAXにも期待ができる。 イーブイV カード評価 6. 0点 ワザ「もってくる」で3枚ドローすることができる。 バディブレイブはサポートを使うという条件はクリアしやすいものの、無色タイプゆえ弱点をつけない欠点が存在するため他のポケモンが優先される。 イーブイにはキョダイマックスのすがたが登場するため、イーブイVMAXの進化元として採用される可能性がある。 Vスタートデッキ対決の場合、ドローによる安定感を上げることができるのはかなり頼もしい。 同じく封入されているチルタリスも強力。 ミュウV カード評価 7. 0点 ワザ「エックスボール」はエネルギーを大量につけるマルヤクデVMAXなど一部のデッキに対し非常に有効。 今後登場するかもしれないミュウVMAXの進化前として使われる可能性がある。 チルタリス カード評価 7. 0点 前レギュレーションで存在したバンデットガードフーパ、今回のレギュレーションのジュナイパーに近いV・GXポケモンのダメージを受けない特性を持つ。 いうまでもなく強力な特性だが欠点も存在する。 ジュナイパーと比較すると1進化ポケモンであり、無色ポケモンであるためどのデッキでも採用しやすい反面、ワザで与えるダメージが少ない。 またポケモンのワザのダメージは受けないが、ポケモンのワザの効果は受けてしまう。 そのためドラパルトVMAXのダイファントムのダメカンを乗せる効果などを防ぐことができない。 進化前のチルットもHPが低く狙われやすい可能性がある等、過信はできない。 Vスタートデッキ草収録カードリスト スピアー ヘラクロス ユキノオー ワタシラガ Vスタートデッキ炎収録カードリスト キュウコン ギャロップ エンテイ ヒバニー マルヤクデ Vスタートデッキ水収録カードリスト サメハダー カジリガメ クラブ ペリッパー ウッウ Vスタートデッキ雷収録カードリスト エレブー デンリュウ パルスワン エレザード バチンウニ Vスタートデッキ超収録カードリスト イエッサン ネイティオ グランブル ガラルサニーゴ ブリムオン Vスタートデッキ闘収録カードリスト ルガルガン サダイジャ エビワラー グラードン ゴロンダ Vスタートデッキ悪収録カードリスト オーロンゲ アーボック ベトベター ドラピオン ヤブクロン Vスタートデッキ鋼収録カードリスト アーマーガア クチート メルメタル ダイオウドウ Vスタートデッキ無色収録カードリスト ケンタロス ザングース バイウールー リングマ チルタリス クイックボール Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン Vスタートデッキ闘 ルカリオ Vスタートデッキ雷 ピカチュウに収録 たっぷりバケツ Vスタートデッキ水に収録。 メタルソーサー Vスタートデッキ鋼に収録。 しあわせタマゴ Vスタートデッキ闘 ルカリオに収録 ターフスタジアム Vスタートデッキ草に収録。 草タイプの進化ポケモンをサーチできる強力なスタジアム。 ツインエネルギー Vスタートデッキ無色に収録。 チルタリスとの相性を意識されての再録と思われる。 ふうせん Vスタートデッキ超ミュウにのみ再録。 発売記念イベントプロモ イーブイ・イーブイVMAX.

次の

【ポケカ】500円スターター2020「Vスタートデッキ」収録カードリストと評価

ゲーミングサニーゴ

どうもです。 ムゲンゾーンのカードリストきましたね! というわけで、各カードへの第一印象をつらつらと書いていきます。 早速中身に入っていきます。 S 環境トップクラス A 環境入りかな? B 楽しそうなカード C うーん の4段階評価です。 パラス B 2. パラセクト C 実はウツギ対応1エネで20出せるパラス。 パラセクトのイラストは個人的に好きです笑 3. マスキッパ C シールド戦だと強そう。 ヤナップ B 5. ヤナッキー B いつか化けうるトリプル加速エネルギーで弱点つくマン。 サダイジャVが強い世界線になれば強そう(?) 6. モクロー B 7. フクスロー B 8. ジュナイパー SSS モクローはワザが優秀だが、「とりつかい」を入れなければ使うことは非現実的か。 HP50だし。 フクスローは地味にコスパがいい。 ジュナイパーはもんのすごく強い。 ある意味でムゲンダイナとかよりも環境に影響を与えそう。 ラフレシア(SM3)を参考にしながらデッキを組むと良さそう。 まぁ、ラフレシアよりも強いワザを持ってるんですけどね。 ヘルガーV A 個人的にはかなり強いと思ってる。 アチャモ B 11. ワカシャモ C 12. バシャーモ B なかまをよぶは地味に優秀。 バシャーモはツインエネ1枚でワザ打てても許されたと思う。 バオップ B 14. バオッキー B いつか化けうるトリプル加速エネルギーで弱点つくマン。 一応今でもザシアンを倒せる。 ガラルヒヒダルマ B まさかのダルマモード。 ヌオーバレットが非GXVでそこそこの火力を出せるのは偉いかもしれない。 スイクン C イラストがめちゃくちゃ綺麗。 さすがスイクンって感じ。 テキストは弱いギラティナだけど。。。 ジーランス A たねポケモンジーランスだけの化石デッキ組みたい。 絶対楽しい。 専用デッキでしか使えないワザだが、その分スペックが高いワザ。 ヒヤップ B 19. ヒヤッキー B いつか化けうるトリプル加速エネルギーで弱点つくマン。 オーロラエネルギーユキメノコよりも強いかどうかは諸説。 ガラルダルマッカ C 可愛い。 口がイー!って感じで可愛い。 バニプッチ B 22. バニリッチ B 23. ヒドイデ C 25. ドヒドイデ C 後ろのサニーゴが気になる笑 26. カジリガメV B 27. カジリガメVMAX B 耐久値が化け物とはいえさーーーすがに火力足りなさそう。。。 雷弱点だし。。。 ウオノラゴン A 非常に面白い特性してる。 けど、バトル場限定の縛りは偉いと同時にさすがにキツそう。 エクストラレギュでアオギリまで禁止にならないで。。。 ウオチルドン B ゲームでも微妙なのにカードでも微妙なのか。。。 ラクライ C 31. ライボルト C イラストの躍動感が光と闇って感じで好き。 カプ・コケコ B 逃げ0なのは偉い。 パッチラゴン B アッパーでんりゅう連打できたら強そうだけど、ワンパンされそう。 パッチルドン A たてば強い。 たてば。 ジーランスなしでたつかは諸説だけど。 プリン C 36. プクリン C この2匹がいる場所は同じ場所なんですかね。 背景込みで可愛い。 ゴチム C 38. ゴチミル C 39. ゴチルゼル B ブリムオンたてながらゴチルゼルたてると楽しいことになりそう。 ゴビット C 41. ゴルーグ C みんな大好きゴルーグハンマー。 ミミッキュ A マオスイレン対策。 ドラパルトに入れたいかも。 ガラルサニゴーンV B 楽しそう。 パッチルドンと合わせて大変なことにしてみたい。 ナックラー C 45. ビブラーバ A 46. フライゴン A 置物をバトル場に呼んでメモリーエネつけたフライゴンでサンドインパルスしたい。 いや、まぁポケモンいれかえ使われるんですけど。 ヒポポタス C 48. カバルドン C この時期のヒポポタスはマルマインヒポポタスわ思い出すのですが、そこまで強いはずもなく。。。 ドサイドンV A 結構強いと思ってる。 ナゲツケサル C パワースクラムナゲツケサルはまだストレージのままですね。。。 イトマル B 52. アリアドス B 悪タイプのイトマルの違和感がすごい。 アリアドスは後ろを呼ぶ特性を持ってるが、デデンネとクロバットを呼べないのが弱そう。 クロバットV SSSSS さすがに強い。 クロバットVとデデンネ GX両立できるのが楽しそう。 ガラルジグザグマ C 55. ガラルマッスグマ C 56. ガラルタチフサグマ B まぁ既存のものが強すぎますしね笑 57. ズルッグ C 58. ズルズキン C ズルッグはふむ族。 マーイーカ C 60. カラマネロ C 攻撃的なマーイーカ。 フーパ S サンダーが強かったので結構強そうだけどエレキパワーはないからなぁ。 とはいえ悪デッキの汎用サブアタッカーとして優秀。 クスネ C 63. フォクスライ C なんでこう…フォクスライってこうも扱いが微妙なんでしょうかね。。。 ゲームのストーリーで初めて見たクスネがクライマックスだった。 ムゲンダイナV SSS 65. ムゲンダイナVMAX SSS さすがに強い。 調整板Mレックウザ。 クロバットVやガラルジグザグマがいるのが偉いですよね。 ハッサムV B 67. ハッサムVMAX B イラストカッコいい…けどもうちょっとテキスト強くして欲しかった。。。 ただ、メタルソーサーあるし2. 3エネで動けて小回り効かせられるしがんばれそうではある。 ザシアンVというライバルがいるけど。 エアームド C これどこの空なんでしょうね。 ガラル地方感ないから追加コンテンツの島なんですかね。 ギアル C 70. ギギアル C 71. ギギギアル B 現代版ランクルス。 ランクルスは当時楽しめるくらいのスペックあったけどギギギアルは厳しそう。。。 ゾウドウ C 73. ダイオウドウ B HP190が240連打できるのは強そうだけどたてるのが大変そう。 ガルーラ C はじまりのきおくミュウやマーシャドーGXみたいなのがきたら可能性ありそう。 ノコッチ B 呪いのスコップつけたい。 76,ヒメグマ C 77. リングマ C ヒメグマがひたすら可愛い。 これは自分で自分のこと可愛いと分かってる顔。 エネコ C 79. エネコロロ C エネコもひたすら可愛い。 これも自分で自分のこと可愛いと分かってる顔。 ボーマンダV S 81. ボーマンダVMAX S 強い。 VMAXない時点でけっこう強いなぁと思ってたのにVMAXがこんなに強いのはびっくり。 パワフル無色エネルギーもありますからね。 まぁ、雷弱点なんですけど。 ムックル B 83. ムクバード C 84. ムクホーク C スカイサーカスあるからムックルはちょっと強そうだけどとはいえ。。。 うーむ。 コアルヒー C 86. スワンナ B スワンナは地味に逃げ0 87. ホシガリス C 88. ヨクバリス A ホシガリスの顔なんかムカつきますね笑 ヨクバリスはリーリエのピッピ人形押し付けてるだけで強いんですかね。 試してみたさあります。 おうえんYホーン B 麻痺を治せるのは偉そう。 逃げれるようにはなりますから。 ターボパッチ A なんやかんや使われなさそうだけど、ちゃんと理論的に4枚入れるデッキ作れたら強そう。 めずらしいかせき A なぞのかせき… 92. タフネスマント A 数字が大きいから強そう。 ホエルオーVが出るらしいからつけたいですね笑 93. もくもくスモーク B オロヨノにつけたら強そう。 それ以外は微妙そう。 とりつかい A フウとランより強そう。 ネズ S 特殊エネサーチできるのが強い。 クロバットVがあるのでどのデッキでもドローはできうる。 ローズ A かなり強いと思う。 スパイクタウン A 「ベンチにダメカンのっているなら〜」系がミカルゲ以外の選択肢を得られた。 ばらまきデッキに入れて相手への負荷も強そう。 ローズタワー B こんとんのうねりでバラバラにされそう。 ハイド悪エネルギー A ネズと相性が良い。 当たり前。 有無を言わさず0にできるのが偉い。 100. いかがでしたでしょうか。 とはいえ、いつかはまた大型大会が戻ってくるのでそのときに面白い構築がたくさん生まれると良いなぁと思います。 テキスト弱いカードでも良い感じのイラストのものも多いですしバランスがいいなーと思ったりもします。 本来ならばJCS前のはずというタイミングなだけにめちゃくちゃ良いパックですね。 プロモカードキャンペーンも強いですし、なかなか楽しみが多いパックです。 それでは。

次の

【驚愕】「ゲーミングPC」が小中学生に人気? 小中学生には高額だろとの声!

ゲーミングサニーゴ

ピカチュウV カード評価 7. 0点 エレキサークルにより2エネでありながら150ダメージを与えることができる。 150ダメージ止まりだと対したことはないが、この火力はエレキパワーで増強することが可能。 9種類の看板カードの中ではもっとも実践的でアタッカー向けのポケモンであるといえる。 ガラルヤドランV カード評価 8. 0点 おそらくVスタートデッキの看板ポケモンではもっとも実践的なポケモン。 特性によりバトル場にいるとき限定ではあるが相手ポケモンを毒状態にすることができる。 その後ポケモンいれかえでベンチに引っ込ませることでメインアタッカーに切り替えるという動きをすることができる。 ベンチタイプに悪タイプが必要な、相手のポケモンが毒状態であれば威力があがるなどと特に相性が良い。 ルカリオV(闘) カード評価 7. 0点 ワザ「はどうだん」が強力。 闘タイプは弱点をつくことができることも多く、攻撃面で有利に立ち回れることが多い。 特にクロバットVに弱点をつくことができるのは大きい。 欠点はビートスマッシュの威力が180止まりであり、必要エネが多いこと。 またはどうだんだけではVMAXポケモンたちによりHPインフレした現在のポケモンカードではややワザのダメージが物足りない。 フシギバナV 草 カード評価 6. 0点 決してHP220という耐久は安心できる数字とは言いづらい。 一方で要求エネがかなり多い。 エネを多く求めるリスクに対しリターンがやや見合わないポケモン。 使うのであればを使いたいが、攻撃面ではやといったライバルが存在する。 逆に言えばそれらのカードをコンパクトにした性能であり、やられてもサイドが2枚しかとられないことに注目し差別化していきたい。 ガオガエンV カード評価 7. 0点 ワザ「グランドフレイム」により90ダメージを与えながらエネ後続のエネ加速ができる。 ただガオガエンVにも3エネが必要になる点には注意。 またエネ加速をしたいのであればそもそもガオガエンVを経由する必要がない。 とはいえエネ加速のおまけに90ダメージを与えることができるのは悪くはない。 ガオガエンVがやられた場合サイドが2枚とられるというリスクさえカバーできれば削り役として活躍が見込める。 もしVMAXが出れば進化元として評価を上げることになるだろう。 ホエルオーV カード評価 8. 0点 倒されたときにサイドが2枚とられるポケモンの中では圧倒的なHPを持つ。 その高いHPは・でさらに伸ばすことができるようになる。 ワザ「くみあげる」からセルフでエネ加速ができ、打点は不安定ではあるものの最大360ダメージのワザ「オーシャンウェーブ」に繋げることができる。 壁としてライブラリアウトでの採用も考えられるほか、通常の運用としても強力。 耐久が高くエネ加速ができ、安全にVMAX進化ができる。 ホエルオーVMAXの登場にも期待したい。 ジュラルドンV カード評価 7. 0点 ワザの性能は悪くはない性能だが、ザシアンVと比較するとやや火力不足である。 しかし注目すべきはその特性で、VポケモンにしてはホエルオーVほどではないにせよかなりの耐久力となる。 もし今後ジュラルドンVMAXが登場した場合、進化元として耐久力が高いこのジュラルドンVが使われる可能性もある。 特にジュラルドンはキョダイマックスのすがたも存在するためVMAXにも期待ができる。 イーブイV カード評価 6. 0点 ワザ「もってくる」で3枚ドローすることができる。 バディブレイブはサポートを使うという条件はクリアしやすいものの、無色タイプゆえ弱点をつけない欠点が存在するため他のポケモンが優先される。 イーブイにはキョダイマックスのすがたが登場するため、イーブイVMAXの進化元として採用される可能性がある。 Vスタートデッキ対決の場合、ドローによる安定感を上げることができるのはかなり頼もしい。 同じく封入されているチルタリスも強力。 ミュウV カード評価 7. 0点 ワザ「エックスボール」はエネルギーを大量につけるマルヤクデVMAXなど一部のデッキに対し非常に有効。 今後登場するかもしれないミュウVMAXの進化前として使われる可能性がある。 チルタリス カード評価 7. 0点 前レギュレーションで存在したバンデットガードフーパ、今回のレギュレーションのジュナイパーに近いV・GXポケモンのダメージを受けない特性を持つ。 いうまでもなく強力な特性だが欠点も存在する。 ジュナイパーと比較すると1進化ポケモンであり、無色ポケモンであるためどのデッキでも採用しやすい反面、ワザで与えるダメージが少ない。 またポケモンのワザのダメージは受けないが、ポケモンのワザの効果は受けてしまう。 そのためドラパルトVMAXのダイファントムのダメカンを乗せる効果などを防ぐことができない。 進化前のチルットもHPが低く狙われやすい可能性がある等、過信はできない。 Vスタートデッキ草収録カードリスト スピアー ヘラクロス ユキノオー ワタシラガ Vスタートデッキ炎収録カードリスト キュウコン ギャロップ エンテイ ヒバニー マルヤクデ Vスタートデッキ水収録カードリスト サメハダー カジリガメ クラブ ペリッパー ウッウ Vスタートデッキ雷収録カードリスト エレブー デンリュウ パルスワン エレザード バチンウニ Vスタートデッキ超収録カードリスト イエッサン ネイティオ グランブル ガラルサニーゴ ブリムオン Vスタートデッキ闘収録カードリスト ルガルガン サダイジャ エビワラー グラードン ゴロンダ Vスタートデッキ悪収録カードリスト オーロンゲ アーボック ベトベター ドラピオン ヤブクロン Vスタートデッキ鋼収録カードリスト アーマーガア クチート メルメタル ダイオウドウ Vスタートデッキ無色収録カードリスト ケンタロス ザングース バイウールー リングマ チルタリス クイックボール Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン Vスタートデッキ闘 ルカリオ Vスタートデッキ雷 ピカチュウに収録 たっぷりバケツ Vスタートデッキ水に収録。 メタルソーサー Vスタートデッキ鋼に収録。 しあわせタマゴ Vスタートデッキ闘 ルカリオに収録 ターフスタジアム Vスタートデッキ草に収録。 草タイプの進化ポケモンをサーチできる強力なスタジアム。 ツインエネルギー Vスタートデッキ無色に収録。 チルタリスとの相性を意識されての再録と思われる。 ふうせん Vスタートデッキ超ミュウにのみ再録。 発売記念イベントプロモ イーブイ・イーブイVMAX.

次の