オクラ ネット。 新鮮に見えるから? オクラが「緑色」の「ネット」に入れて売られている理由(オトナンサー)

「オクラ」が入っているネット、捨ててませんか?「目から鱗」の使い方が話題に

オクラ ネット

夏が旬のオクラは今の時期、スーパーマーケットの野菜売り場でよく見かけます。 売り場の野菜の多くはポリ袋などに入れて売られていますが、オクラはほとんどの場合、丈夫な緑色のネットに入れて販売されています。 他の野菜と同様、ポリ袋に入れて売ることも可能なはずですが、なぜ「緑色」の「ネット」に入れて販売しているのでしょうか。 オクラの生産量日本一で、全国シェアの約4割を占める鹿児島県のJA鹿児島県経済連野菜振興課、政元亮さんに聞きました。 始まった時期や背景は不明 Q. オクラを緑色のネットに入れて販売するのは、なぜですか。 政元さん「オクラは、温度や湿度が高くなり蒸れると、傷みが早くなります。 そのため、ネットに入れて販売し、通気性を確保することで蒸れの解消につなげています」 Q. ネットの色が、オクラと同じ緑色なのはなぜですか。 政元さん「ネットの色を緑色にしているのは、オクラの色に合わせているからです。 ネット上には、『オクラが新鮮できれいな色に見せるため、色の同化現象を利用して緑のネットに入れている』という声もありますが、そのような意図で使用しているわけではありません」 Q. いつごろから、どのような背景があって緑色のネットに入れるようになったのですか。 政元さん「実は、いつから緑色のネットの使用を始めたか、どのような背景から緑色のネットを使い始めたかは、はっきり分からないのです。 ただ、少なくとも40年前には、緑色のネットを使用していたとは聞いています」 Q. 現在、日本で販売されているオクラは、ほとんどが緑色のネットに入れて販売されているのですか。 ネット以外で売られている場合は、どのような形でしょうか。 政元さん「日本で販売されているオクラは、ほとんどが緑色のネットに入れて売られていると思われます。 ただ近年は、ネット以外に入れて売られる場合もあり、袋入りや、フィルムタイプの形態も見られるようになっています」 Q. ネット入りで販売することで、消費者にとって便利なことはありますか。 政元さん「オクラを調理する前に下処理として、表面についている産毛を塩もみして取る作業があるかと思います。 ネットに入れたままであれば、水をかけて洗い、塩を振りかけて、オクラの産毛を擦ってから水で洗うという作業がしやすくなります。 ボウルなど別の容器を使用する必要がありません」 Q. オクラ以外に、タマネギなどもネットが使われることがあります。 タマネギもオクラと同じ効果を狙っているのでしょうか。 また、他にネットに入れて販売されている野菜はありますか。 政元さん「他の野菜でも、通気性の確保という意味では、オクラと同様かと思います。 オクラやタマネギ以外には、ニンニクもネットに入れて販売していることがあります」 外部サイト.

次の

オクラが緑色のネットに入れられて売られている!なぜ?

オクラ ネット

土づくり オクラの栽培スペースは畝幅が60cm程度です。 畝の長さは株と株の間を30cm程度あけますので 育てたい株の数で増減してください。 育成に適した土壌酸度はpH6. 0~6. 5と 少し中性よりです。 連作障害があるので、同じ栽培スペースで 4~5年間栽培していない場所で育てましょう。 植え付けの1週間前まで 栽培スペースの土壌酸度を測って pH6. 0~6. 5になるようにしましょう。 土壌酸度を調節しましょう。 土壌酸度については 植え付け当日 栽培スペース全体に、成長に必要な堆肥や肥料(元肥)をまきます。 完熟牛ふん堆肥 3L• 化成肥料 100g• 熔リン 50g 上記の堆肥・肥料を1平方メートルあたりまき 栽培スペース全体を良く耕します。 畝づくり 元肥を散布し終わったら畝を立てて黒マルチを張ります。 オクラは高温でよく育つので、地温が上がる黒マルチを張りましょう。 栽培スペースの外側から土を盛り10cm程度の畝を立てます。 黒マルチを張るので上部はキレイに平らにならしておきましょう。 マルチ張り 畝を立てたら黒マルチを張ります。 黒マルチは地温を上昇させるだけでなく 雑草がはえてくるのを抑えたり、 雨で土が跳ね返りなどを防いだりと、 病害虫の被害を防ぐ効果もあります。 畝の長さよりも30cm程度長い黒マルチを用意します。 畝の中心に置くように黒マルチを置いたら 短い辺の一方をクワを使って土をのせて固定します。 反対側の短い辺の方へ行き マルチがピンと張った状態で土をのせ固定します。 長い辺の両脇もマルチが張った状態になるように 土をかけ固定します。 植え付け オクラは種から育てるよりも 苗から育てる方が初心者にはお勧めです。 本葉が2~3枚の若苗を植え付けます。 黒マルチを張ったら 株と株の間が30cmになるように穴をあけましょう。 ポットが入る植穴をあけたら ハス口をはずしたジョウロで 手を伝って水をたっぷりとやります。 水が植穴から引いたら 苗をポットから取り出し植え付けましょう。 防虫ネット オクラはアブラムシなどの被害にあいやすいので 防虫ネットで対策をしましょう 必要な資材• トンネル用支柱 6本程度• 防虫用ネット 1枚 畝の長さなどで加減してください。 支柱立て トンネル用の支柱を60cm間隔で 畝をまたぐように支柱をさします。 防虫ネットがけ トンネル用の支柱の上から 防虫ネットを畝全体がかぶるようにかけます。 短い辺の方をまとめU字ピンなどで 地面に固定します。 すそに土をかける 防虫ネットのすそから害虫が入らないように ネットのすそにクワなどを使用して 土をかけます。 その際隙間ができないようにかけましょう。 風対策をおこなう 防虫ネットが風などで飛ばされると 思わぬ事故のもとになるので 防虫ネットの上からさらに支柱をわたし 固定します。 追肥 植え付けの1ヶ月後から追肥をおこないましょう サヤ付きを良くするため、植え付けから1か月たったら 追肥作業を始めましょう。 草丈が60cmまでは マルチの穴から3g(三本指でつまみ)を 各苗にまきます。 草丈が60cm以上になってから マルチを畝の肩まではがし 化成肥料を30g(手でひと握り)を 1平方メートル当たりまき 軽く土とたがやしてから 畝を作り直して マルチを張り直します。 収穫 花が咲いてから約1週間で収穫の目安です。 オクラが人差し指と同じくらいの大きさ(7~8cm)になったら ハサミで収穫します。 最盛期のオクラは成長が早いので 収穫が遅れないようにこまめに収穫しましょう。 収穫とセットで摘葉も 収穫したオクラのすぐ下の葉っぱを残し、 それより下の葉っぱをハサミで切り取りましょう。 風通しをよくし、 残った葉やオクラに栄養を集中させることができます。

次の

「オクラ」が入っているネット、捨ててませんか?「目から鱗」の使い方が話題に

オクラ ネット

ネットがオクラの黒い部分を隠している?! 人間を含む動物の目は、小さな色は周囲の色と同化して見えてしまうことがあります。 これを色の同化現象と呼ばれているようですが、この現象を利用したのがオクラの緑色のネットとされています。 オクラは日持ちしない野菜と言われており、3~5日程度で黒く変色する箇所が増えてしまいます。 緑色のネットに入れると、網目から見える黒い部分は、オクラの緑色の部分や、ネットの緑と同化して見えるため、黒い部分が目立たなくなる効果があるようです。 その為、多くの小売店ではオクラは緑色のネットに入れられて販売されていると言われています。 スポンサードリンク オクラの鮮度の見分け方は? 透明な袋に入っていれば、 黒い部分が少ないオクラを選べばよいでしょう。 緑色のネットに入っているオクラは、ネットの小さな隙間から黒い部分を探してチェックする他、ヘタの部分を触って固いものを選ぶ、先端からヘタに向かって指をなぞらせて、産毛がトゲのように刺さるかチェックするのも有効とされています。 オクラの表面に生えている産毛は鮮度が良いほど固く、トゲのように指に刺さることがあるためです。 まとめ 色の同化減少を狙った効果は、ミカンの赤いネットなどでもよく見られていた方法ですが、ネットの普及によって、その販売方法が非難されたり、品種改良や輸送技術の進歩で、見られることが少なくなってきたと言われています。 オクラに関しては、その殆どが海外からの輸入品であり、未だに、こうした緑色のネットで黒い部分を目立たなくする方法が多く見受けられます。 オクラの固さや産毛を調べて、鮮度の良いものを購入するようにしましょう。

次の