ビルゲイツ 中退。 ビル・ゲイツに見る、リーダーの条件

ビル・ゲイツ身長、体重、年齢、身体統計

ビルゲイツ 中退

も見たので、感想について書き記しておこうと思います。 その結果ゲイツはハーバード大学を中退。 ・最初、マイクロソフトは世界初のマイクロ・コンピュータ「アルテア」の ソフトウェアを開発するのが目的だった。 ・その後、IBM PCのDOSとなるMS-DOSをIBMに開発することでマイクロソ フトはその地位を世界的に確固たるものにし成長を続ける。 ・さらにWindowsによりマイクロソフトは巨大な企業となる。 お金 ・ビル・ゲイツはマイクロソフトの株式公開後、1987年のForbesによる世界 長者番付で29位にランクインしている。 ちなみにこの時ビル・ゲイツは31 歳にして10億ドルの資産を築きあげていたことになる。 ・1987年10月号の「フォーチュン」では、タイトルページにビル・ゲイツの 写真を掲載し、「ビジネスのあらゆる分野を見渡しても、ゲイツの年齢で 彼以上の金を儲けた人物はいないと思われる」とされている。 ・その後、1995年の世界長者番付で一位になっている。 Netflixのドキュメンタリーでは、貧困国のためのトイレ(安価な)の開発、ポリオを撲滅、環境問題、に取り組んでいる様子が映し出される。 純粋に、世界のために頑張っている姿を見てかっこいいなと思いました。 これは疑いようのないことです。 しかし、ビル・ゲイツが天才であること以上に 熱量が他の人とは違います。 これを象徴しているのが Think Week(思考週間)です。 これはその名の通り、考える週間です。 具体的には、普段の業務を完全にやめて、年に2回、7日間、湖畔の小屋に行って、あらかじめ決めたテーマについての本や論文などの文献を大量に読み込むのです。 ある時のThink Week(思考週間)では、 112本の記事や論文などの文献を読んだとされています。 ビル・ゲイツはこのThink Week(思考週間)で相当な量の知識を蓄積し、今後どうするのかを考えます。 そしてメモに残していました。 一番有名なのものとしてあげられるのは、 1995年の 「インターネットの高波」 Internet Tidal Wave というメモを残したThink Week(思考週間)です。 これはゲイツが「インターネット」をテーマにしたもので、マイクロソフト社の命運を大きく変えたものと言っても過言ではないでしょう。 この頃インターネットブラウザではネットスケープ社に先行されおり、マイクロソフトは遅れていました。 事実、ビル・ゲイツ自身もこれまではインターネットの重要度についてはあまりわかっていなかったそうです。 しかしThink Week(思考週間)を終えて書かれたこのメモでは、これからインターネットが世界をどのように変えていくのかがはっきりと示され、「インターネット事業に最高レベルの重要度を置くことにした」と書かれています。 まさにこの先何年にもわたるマイクロソフトの戦略が明確になったのです。 1996年にはブラウザの市場占有率はネットスケープが87%に対してマイクロソフトのエクスプローラーは4%にすぎなかったのが、1998年には逆転するまでになりました。 (ネットスケープとマイクロソフトのブラウザ戦争) ビル・ゲイツはこのようにThink Week(思考週間)で、決めたテーマについての文献を大量に読み込むわけですが、その結果、専門家並みの知識を蓄積しています。 Netflixのドキュメンタリーでは、様々なスタートアップとのミーティングで、ビル・ゲイツが誰よりも詳しいと言ってたのが印象的です。 3;読書 また、ビル・ゲイツは読書家としてもよく知られています。 自身のブログ「Gates Notes」では読んだ本の中でこの冬に読むべき5冊として、その年に読んだ本の中から5冊を取り上げて年末に紹介しています。 ノンフィクションから専門書まで様々なジャンルの本を読んでいます。 受動的な読書ではなくて能動的な読書ということですね。 そのために、隙間の時間で読むのではなくて1日の中にまとまった時間を確保しているのです。 さらにその時間には邪魔が入らないようにしているそうです。 Netflixのドキュメンタリーでは、ゲイツがトートバックに本をたくさん入れるところからスタートし、また、インタビューが行われている部屋(おそらく自宅)では、本棚にある大量の本が目に付きます。 (まさにハリーポッターの図書館のようです) 4;ビル・ゲイツに学ぶ このようにビル・ゲイツは天才です。 これはいうまでもありません。 ですが、Think Week(思考週間)や、読書の量など、他の人には比べ物にならないくらい努力をしていることがわかります。 また、この他にもマイクロソフト時代にはほとんど休むことなく、徹夜もしてずっと仕事に取り組んでいたというのが様々な本や当時のマイクロソフトの従業員のインタビューで語られています。 ビル・ゲイツから学べること、参考にできることはたくさんあると思います。 例えば、Think Week(思考週間)のように1週間仕事を何もしないのは無理ですが、 物事にしっかりと時間をかけて考える姿勢は見習うことができます。 現代人はあまり頭を使うことをしない、と大学の先生やテレビのコメンテーターが言っているのを聞いたことがあります。 それはそうで、若い人たち、もしかしたらもっと若い学生(小、中、高校生も)は、無料のYouTubeを無限に見ることができて、無料のSNSを使って無限にインターネットで世界中の人々と繋がれて、無限に情報が脳に入ってきています。 そんな情報過多の時代に生きていたら、自分でそれらを断たない限り、脳のキャパシティーオーバーで、情報処理が追いつかなくなり、考えることなんて無理です。 これは若い人が悪いという事ではなくて、時代の流れ、仕方ない事だと思います。 小学生や中学生からスマートフォンやタブレットを手にしていて、小さい頃からインターネットを使っている。 これが当たり前の時代です。 だからこそ、そんな現代を生きる人たちはこのようなビル・ゲイツの考える姿勢から学べることがあるかもしれません。 また、やはり読書の大切さが改めて確認されます。 ビル・ゲイツと仲の良いウォーレン・バフェットも読書家として知られています。 (投資の神様です) Netflixのドキュメンタリーでもビル・ゲイツがウォーレン・バフェットと一緒に2人の大好きなハンバーガーを食べているシーンがありましたが、2人とも読書家で、ビル・ゲイツは過去のインタビューで「読書は成功に絶対に欠かせないものだ」と言っています。 1日の80%の時間を読書に当てているというバフェットも同じ意見なのではないでしょうか。 5;まとめ これ以外にもビル・ゲイツにはたくさんのエピソードがあります。 世界の問題を解決しようと毎日取り組んでいるビル・ゲイツ。 彼の今後の活躍に期待すると共に、自分も取り入れられることは取り入れて、これからも頑張ろうと思いました。 参考文献等 ・Netflix「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」.

次の

ビル・ゲイツと世界を変えたマイクロソフト共同創業者ポール・アレン

ビルゲイツ 中退

「今では笑い話なんだけど。 Comdex(当時あったコンピュータ関連の展示会)で、PC Weekで一緒に働いていた2人のジャーナリストと一緒に彼にインタビューをしていた。 ジョン・ドッジもそこにいた。 ジョンのインタビューの方法は私とはかなり違う。 彼は私のこれまでの上司の中で最高の上司なんだけど、彼のやり方は相手にけしかけるの。 彼はゲイツを本当に怒らせてしまった。 マーケットの定義は何かというようなバカげた内容だったんだけど、 ゲイツはみるみる怒り出して、立ち上がってトイレに入って、出てこようとしなかった。 彼が『ジョンが謝るまで出てこない』と言ったので、ジョンが扉に向かって『悪かった』って言ったら出てきた。 当時のビル・ゲイツは今とは別人。 彼は子どもが生まれてから本当に変わった。 昔は典型的な、大胆で、いかにも技術者らしい性格だった。 だから、私がこんな昔の話をすると、みんな『あのビル・ゲイツが?本当?』って驚く」 source:.

次の

ビル・ゲイツに見る、リーダーの条件

ビルゲイツ 中退

ビル・ゲイツってどんな人?マイクロソフト創業者の経歴や噂 ビル・ゲイツってマイクロソフト社の創業者で超お金持ちな人っていうイメージだったけど、色々調べてみると結構面白いっす(笑)スピード狂っていう一面もあったり。 その辺も含めてご紹介していきまーす!まずはどんな人なのかからご紹介! ビル・ゲイツとは マイクロソフト社の共同創業者兼元会長兼顧問であり、世界長者番付で1994年から2006年まで13年連続の世界一になった。 総資産は1兆ドルをこえるとか。 0、Windows 386をリリース 1988年 DOS 4. 0リリース 1990年 Windows 3. 0、MS Office 1. 0をリリース 1993年 Windwos NT をリリース 1995年 Windows 95をリリース 1998年 Windows 98をリリース 2000年 Windows 2000、Windows Meをリリース 2001年 Windows XP、Xboxをリリース 2005年 Xbox 360をリリース 2008年 引退 慈善事業家になる ビル・ゲイツ15歳のときにコンピュータに出会う ビル・ゲイツは小さな頃から勉強ができ、高校は有名な神学校であるレイクサイド高校に入学。 ここでコンピュータに出会う。 これがきっかけでコンピュータに触れ、かなり詳しくなっていった。 1970年にはインフォメーション・サイエンス・インク ISI という会社からCOBOLでの給与計算システムの作成を請け負い、開発費の代わりとして無料でPDP-10を使う権利を手に入れたそう。 かなり苦戦したらしいが、結局あまり良い成果はあげられなかったそう。 ですが、このあたりから実業家としての頭角を現してきているようです。 ビル・ゲイツがハッキングに成功 コンピュータをハッキングしてコンピュータの解読に成功したビル・ゲイツは、PDP-10のバグに関する意見書をまとめて世間にアピールした。 このハッキングによってコンピュータを破壊してしまったそう(笑) 上と同じ話かもしれませんが、ビル・ゲイツは国防総省のコンピューターシステムへのハッキングに成功。 当時の国防総省のコンピュータは誰も侵入することは不可能と言われていましたが、15歳のビル・ゲイツ少年がアクセスしちゃったみたいです(笑)国防総省のコンピュータにハッキングするって、犯罪者じゃん(笑) その他にも、ワシントン大学に侵入して学内のコンピュータに自作のプログラムを流し、システムをダウンさせた。 やばい、サイバーテロリスト(笑) ポール・アレンと一緒に架空のソフトウェアを売り込む MITS社のアルテア8800がバカ売れしているときに、アルテア8800に開発言語ソフトウェアBASICを移植したアルテア8800用BASICインタプリタを作成することを思いついた。 そして何を思ったか、アルテア8800を販売していたハードメーカーMITSに電話をかけ、既に開発していると嘘を言って売り込みに行こうとした。 すごい(笑)そして、実際に会いに行くまでの2か月間で本当に開発してしまったとのこと。 とんでもない開発力です。 実際には、ビル・ゲイツはお留守番をしていて、売り込みに行ったのはマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンだったが、売り込みに行って成功した。 また、アレンはBASICのブートローダの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させたらしい。 天才二人(笑) ビル・ゲイツはスピード狂 1977年、アルバカーキからシアトルの自宅へ向かう最中、スピード違反で逮捕される。 3回も違反したらしい(笑)しかもそのうち2回は同じ警察官に捕まったとか。 スピード違反で捕まったときの写真がネットにアップされてたりするけど、イイ笑顔で写ってる(笑) 違う話では、友達から借りたポルシェをドライブがてら乗り回して、壊したらしい(笑)車高が低いからなのか、車の底を地面に打ち付けたとか。 運転荒そう(笑) ビル・ゲイツはポルシェ好き 上でも書きましたが、ビル・ゲイツは若い頃からポルシェを乗り回していたようです。 車が好きなのか、フォード・フォーカスの2008年モデル、911カレラ、930、959クーペなどを所有していたとか。 自宅には23のガレージがあるようで、かなりの台数の車を所有していると考えられます。 23も(笑) ビル・ゲイツの自宅はハイテクシステム完備 自宅は建設に7年も費やした6300万ドルの大豪邸。 プールやジムはもちろん、快適に暮らせるようにハイテクシステムをふんだんに取り入れているらしい。 センサーで音楽や室温、照度などを調節せきるようになっているようです。 さすが機械好き(笑) ビル・ゲイツは倹約家としても有名 お金にあまり興味がなく、無駄なことにお金を使わないとよく言われている。 飛行機もファーストクラスには乗らなかったり、ホテルも無駄に広いところは不要だと言っていたらしい。 近距離の移動ならエコノミークラスで十分だとか。 どこに乗ったって着く時間は変わらないからとのこと。 そりゃそうだけど(笑)ホテルも寝れてネットが繋がってれば細かいことは気にしないらしい。 ビル・ゲイツは多額の寄付をしている ビル・ゲイツは慈善活動を熱心に行っており、2015年の寄付額は14億円にものぼるそう。 スゴ!世界中のお金持ちに「財産の半分かそれ以上を寄付させよう」と呼び掛けているらしい。 人格者って言われてるけどこういうところなんだ、きっと! その他のビル・ゲイツストーリー 結構色々なストーリーがあっておもしろい。 世界一の資産家でも人間なんだな~って思いました(笑) ・講義スケジュールの作成を頼まれた際、気になる女の子を全員同じクラスにした ・30年間解決されなかった数学の「パンケーキ整列」問題への解を思いついた ・社員の出社と退社を把握するため、社員の車のナンバーを記憶していた ・マインスイーパー好き ・インタビュー時に怒ってトイレから出てこなくなった ・生放送に出演したときに、椅子を飛び越すジャンプ力を披露した ・スティーブジョブズとダブルデートしていた.

次の