プリンス 歌手。 プリンス(Prince)のPV動画まとめ

明日のエール:6月24日 第63回 久志、歌手デビューのチャンス 御手洗先生が突然、古山家に!

プリンス 歌手

プリンスのパスポート写真がちょっとした話題になっているようです。 プリンスがTwitterでアップした自身のパスポート写真がセクシーすぎるとして、ユーザーたちの間で瞬く間に拡散しているとの事ですね。 御年57とは思えぬ妖艶なそのお姿は、まさに「殿下」と呼ぶにふさわしい神々しさを放っておられます。 嘘だと思うのなら周りにいる57歳のおじさんと見比べてみればよろしかろう 笑。 とにかくオーラがハンパないのですよね。 これこそまさにスーパースターってやつですな。 ところで、プリンスほど才能あふれたスーパースターでありながら、こと日本においては不当なまでに低い評価に甘んじているロック・スターも珍しいかもしれません。 アメリカでは同い年であるマイケル・ジャクソンやマドンナと並んで語られるほどのカリスマなのですが、ここ日本ではどうでしょう。 明らかにMJやマドンナに比べると、カルトスター的な扱いですよね。 ホント、ふざけんなって感じですよ。 ニュースソースは• 天才は天才を知る!プリンスの才能を見破っていたローリング・ストーンズのミック・ジャガー 何を隠そう、プリンスって本名なんですよ。 芸名じゃあないんです。 本名は「プリンス・ロジャーズ・ネルソン」。 まさに生まれてきたときから天下を取る運命だったという訳でしょうか。 このプリンスですが、デビューは1978年、20歳の時。 デビューアルバム「For You」は、プリンスがたった一人で作り上げてしまったアルバムなのです。 演奏からプロデュースまで全て自分でやっちまったんですね。 類い稀なミュージシャンとしてのマルチな能力は既にこの時点で身に付けていたという事です。 ここで売れる前のプリンスのエピソードを一つ。 まだブレイク前のプリンスは、1981年にローリング・ストーンズのツアーのオープニングアクト 前座 に抜擢されました。 抜擢したのは、プリンスの才能に惚れ込んだストーンズのミック・ジャガーだったと言われています。 しかし、ただでさえストーンズ目当ての客たちなので、前座への風当たりが強いのは当たり前なのですが、プリンスのそのあまりにも過激な曲やパフォーマンスはストーンズファンに理解されず、ブーイングを受けたり、ものを投げつけられたりしたそうです。 たまたまストーンズのライブを見に来ていた親友のデヴィッド・ボウイは、ステージ裏で泣いているプリンスの姿を見て、ショックを受けたそうです。 それ以来、ボウイは自分のツアーに前座をつける事を辞めたと言います。 一方、プリンスを抜擢したミック・ジャガーはというと、プリンスに対して罵詈雑言を浴びせる客たちを見ながら、こう呟いたそうです。 「おめーらには、あいつの凄さはわかんねえよ」 天才は天才を知るってやつですね。 そんな、ミック・ジャガーが天才と評した男のスーパーボウルでの圧巻のパフォーマンスです。 まあ天才ですわね。 というか、恐ろしいほどのカリスマと才能ですね。 なおこの曲は全米シングル1位を獲得した「レッツ・ゴー・クレイジー」を含むメドレーですね。 1982年に2枚組アルバム「1999」を発売すると、全米で400万枚以上を売り上げるヒットアルバムとなり、一躍トップスターへと踊りでます。 ちなみに、この頃全盛期を誇っていたMTV アーティストのビデオクリップを放送する専門局 で初めて取り上げられた黒人ミュージシャンこそ、マイケル・ジャクソンとこのプリンスなのです。 1984年にはついにあのモンスターアルバムが登場します。 そう、「 パープル・レイン」です。 プリンス主演の同名映画のサントラでもあったこのアルバムは、全世界で1500万枚以上を売り上げるメガヒットとなり、プリンスはスーパースターへと上り詰めました。 このプリンスの「パープル・レイン」は衝撃的でしたね。 わたしの記憶が確かであれば、このアルバムが発売される数週間前に、ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」が発売されたのです。 アメリカの象徴ともいえるブルースの、アメリカのアンセムともいえるこのアルバムは当然の如く、チャート1位を数週間独占し、しばらくはこのアルバムを蹴落とすものは出ないと誰もが予測するであろう程の熱狂をもたらします。 しかし、プリンスの「パープル・レイン」はいとも簡単に「ボーン・イン・ザ・USA」をチャート1位の座から引きずり下ろしてしまいました。 それはもう衝撃としか言えませんでした。 そして、ほぼ同時にラジオから流れてきたプリンスの曲、「ビートに抱かれて 洋題:When Doves Cry」を耳にすることになり、見事プリンスというモンスターに魅了されてしまうのでした。 スポンサーリンク 何故日本の中学生女子は理解できない?カリスマ・プリンスの魅力を 当時中学生だったわたしは、この衝撃をみんなに知ってもらいたいと、アルバムを買った次の日には洋楽好きなクラスメートたちにこの天才アーティストを熱く語りました。 男連中の評価は概ね良好でした。 特にアルバムトップの「レッツ・ゴー・クレイジー」やアルバムタイトル曲の「パープル・レイン」は「カッケー」連呼でしたね。 しかし、女連中はというと・・ 「プリンス?なんか気持ち悪いんですけど」とか、「生理的に無理」とか、「曲どうこうってより見た目がねえ・・」とか・・ 当時、ブラックミュージック界のスーパースターと言えば、あのマイケル・ジャクソン。 ワックスかけたばかりの廊下では生徒みんながムーン・ウォークをしていたくらいでした。 マイケルが万人受けする曲やルックスだったのに対して、プリンスはあまりにもマニアックだったという事でしょうか。 音楽も見た目も 涙。 しかし、そんな女どもにわたしは吐き捨てるように呟いたのです。 「おめーらには、あいつの凄さはわかんねえよ」 と。 ひょっとしてうちの嫁も・・?日々湧き上がる疑惑 なんか、話が大分脱線してしまって申し訳ないです。 わたしの中でのプリンスの呪縛は、あれから30年以上経った今でも続いているのでね・・ 洋楽好きのわたしの妻は、何故かプリンスを聞きません。 我が家のCDラックにはプリンスのほぼすべてのアルバムがあるにも関わらず、です。 マイケル・ジャクソンは大好きです。 MJ最高の曲は「ビリー・ジーン」か「ビート・イット」かで白熱の議論を戦わせたこともあるくらいです。 何故なのでしょう。 理由は聞いていません。 いや、聞くのが怖いのかもしれません。 30数年ぶりに、あの言葉を、しかも妻に言うのが怖いのかもしれません。 出来得るならば、わたしが問いただす前に妻が自主的にプリンスのアルバムを聴くことを望むのみです・・.

次の

プリンス(アメリカ歌手)死去。死因はインフルエンザ?嫁や子供は?

プリンス 歌手

NHK連続テレビ小説『エール』第13週「スター発掘オーディション!」での一場面だ。 ミュージカルの大舞台で活躍する山崎と古川のふたりが、現場でのアドリブを交えながら演じたというこのシーン。 実際の舞台さながらにテンションを一段階上げ、デフォルメされたやり取りが明るい笑いを誘う。 『エール』は音楽をテーマに置いた朝ドラということもあり、主人公の古山裕一(窪田正孝)と音夫妻をはじめ、音楽にかかわる多くのキャラクターにモデル、もしくはモチーフと思われる実在の人物が存在する。 双浦環(柴咲コウ)のモデルは日本オペラ界の草分け・三浦環だし、音と「椿姫」のヴィオレッタ役を争った夏目千鶴子(小南満佑子)は37歳で自ら命を絶った悲運のプリマドンナ・関屋敏子がモチーフだろう。 佐藤久志のモデルは伊藤久男。 福島の裕福な旧家に育ち、音楽の道に進むことを実家に反対されたためカムフラージュで東京農大に進学。 その後、帝国音楽学校に入学し直し、古関裕而(=裕一のモデル)の薦めでコロムビアレコードからプロデビューする。 昭和10年代前半からは戦時歌謡(軍歌)を多くレコーディング。 途中、オペラ歌手への転身も考えるが、中国戦線の日本軍部隊を訪れた際、自分の歌に涙を流す兵隊の姿を目の当たりにして流行歌手の道を選択。 このあたりは歌手として芽が出ない久志が夜の店でオペラを歌い罵倒された後に「船頭可愛いや」を歌い直し、「いい歌だった、なんだかグっときた。 おかげで明日も頑張れるよ」と親子から手渡された一銭玉を大事に握りしめるドラマ内のエピソードに繋がる気もする。 軍歌で世間に広く認知された伊藤久男は、その後も古関裕而作曲の楽曲をはじめ多くのレコードを出すが、戦時歌謡を多く歌い、軍に協力したとの責任感から戦後しばらくは疎開先にひきこもって酒におぼれる日々が続く。 そんな彼が再び世に出たのは1947年。 映画の主題歌でカムバックを果たし「イヨマンテの夜」「ひめゆりの塔」などのヒット曲を連発した。 プライベートでは酒が好きで豪放磊落と言われた反面、極度の潔癖症で閉所恐怖症の気もあったらしい。 若いころの写真はかなりのイケメンで、久志がオーディション用に撮った写真とも面差しが似ている。 また2回の結婚のうち、最初の妻はコロムビアレコードで活躍した芸者歌手・赤坂百太郎で、再婚相手は元宝塚歌劇団娘役の桃園ゆみか。

次の

【エール】久志が歌手を目指したきっかけは?藤堂先生の励ましについても

プリンス 歌手

皆さんはアメリカの「プリンス」というミュージシャンのことをご存じでしょうか。 もしかしたら若い人たちは余り知らないかも知れません。 一昔前にアメリカで「パープル・レイン」という映画に出演、そのテーマ曲も自ら作って歌い、スーパースターの地位にのし上がりました。 一時はマイケル・ジャクソンと並び賞されるほどでした。 ところが、その後、彼は商業主義的な音楽を嫌い、アバンギャルドな路線に走りだしたため、アメリカでの人気はじわじわと衰えていきます。 逆にヨーロッパではそんな彼の姿勢に共感する人が増えたのか、まるで神のように崇められるようになりました。 実を言うと、私もプリンスの才能にとても惚れ込み、相当なまでに影響を受けてきました。 彼の迸る才気は他の追随を許さないものがあり、そんな彼の才能に憧れて音楽活動をするようになったといってもいいぐらいです。 ただし、彼もまた他のアメリカのミュージシャンに負けず劣らず、というより、誰よりも突出して淫乱な歌を歌いまくる人でした。 これはアメリカ人にはとても受けが良かったのですが、日本人には受け入れがたいものがあったらしく、日本での人気はどんどん衰えていきます。 単に彼のそのスタイルだけでなく、彼の音楽が余りに個性的すぎたことも、日本人には馴染みにくかったのだろうと思います。 しかも、プリンスはアルバムを出す毎に全く違ったタイプの曲を作るので、ファンの中には失望して背を向ける人も多かったでしょう。 私としては、そんな彼の音楽性の広さに逆に惹かれるのですが、一般の人はマイケル・ジャクソンのようにブレのない音楽を次々と発表してくれる方が分かりやすいのではないかと思います。 で、このプリンスという人なのですが……。 正直なところ、この人ぐらい謎に包まれたミュージシャンはいないと私は思います。 アメリカの音楽界でこれほどまでに淫乱な歌を氾濫させた立役者はきっとこのプリンスだと思うのですが、では彼が「セックス・ドラック・ロックンロール」運動を広げるイルミナティの手先なのかといえば、恐らくそうではないでしょう。 彼がただ勝手にそういう曲を作って、何のバックボーンもなくスターダムにのしあがっていった感じなのです。 他のスーパースターの多くが、イルミナティの強力な後押しがあってその地位を手に入れていくわけですが、プリンスの場合、その才能が突出していただけに、特に強力なバックボーンなしでも自力でヒットしていくことができたわけです。 実際、多くのプリンスの関係者たちが、プリンスがどんなに売れても、その生活はかなり節度のあるものだったと証言しています。 イルミナティとしても、プリンスが自分の仲間に入ろうが入るまいが、プリンスの淫乱な曲を聴いて世界の若者たちが堕落してくれればそれでいいわけですから、無理にプリンスを自分たちの傘下に入れる必要もないと思っていたのかも知れません。 そのため、彼らはしばらくプリンスを放置していたわけですが、それでも水面下では常に彼を仲間に引き入れようとしていたようです。 あるとき、プリンスをワーナーブラザーズの副社長の座に置くという形で、プリンスを自分の傘下に入れることに成功しました。 その際に支払われた契約金も、冗談としか思えないほどの破格の額でした。 ところがプリンスは、副社長という地位と名誉を手にしたはいいものの、それまでずっと自分の好きな通りに音楽をやってきたものだから、人からあれこれ何か言われながら音楽をやっていくのが窮屈で窮屈でたまらない。 その後、彼とワーナーとの間には長きにわたって確執が続くことになります。 プリンスはそんな自分の状態を皮肉って、自分はもう死んだ、自分はもうプリンスではない、と宣言し、「ジ・アーティスト・ノウン・アズ・プリンス(かつてプリンスと呼ばれたアーティスト)」という名前で活動するようになり、発表するアルバムのクレジットにも「プリンス」という名前を一切使わなくなってしまいました。 そんな長い確執が続いた末、彼はやっとの思いでワーナーブラザーズの傘下から抜け出すことができるのですが、その際に彼はまた自分の人生を皮肉るように「エマンシペイション(解放)」という名のアルバムを発表し、その後はまるでイルミナティ勢力に対抗するかのように、淫乱な歌を歌うのをやめ、キリストを讃えるような宗教的な歌を歌うようになります。 ただし、彼がそんな歌を歌うようになった背景には「エホバの証人」に入会していたという事実があります。 わかる人にはわかると思いますが、この「エホバの証人」もまたイルミナティの作った似非キリスト教です。 聖書も独自の聖書を使い、その教理もキリスト教の教理とは全く違う偽物のキリスト教です。 プリンスはイルミナティから逃れて悪魔ではなく神を信じるようになったつもりが、実はまた知らず知らずのうちに同じ悪魔の組織内にどっぷりと入り込んでしまっていたわけです。 しかし、さすがの彼も何かおかしいということに気付いたのでしょう。 「エホバの証人」から足を洗ったのか、その後の彼の音楽からは一時のような宗教臭さが消えていきます。 そして、自分独自のレーベルを立ち上げて音楽活動をしつつ、ときに大手レコード会社ソニーと契約してアルバムを発表し、大ヒットを飛ばしたりもしました。 しかしプリンスは、このソニーもまたイルミナティ企業だと気付いたのでしょうか。 ソニーと契約して新たにアルバムを作った際、いざ発売される前日になって、いきなりイギリスの大手の新聞の付録としてそのアルバムをただで配布し、ソニーから激しい怒りを買う羽目になってしまいます。 もちろんソニーとの契約は解消。 プリンスはまたしても個人レベルで音楽活動を始めるようになります。 といっても、それまでの人気が人気でしたから、今でも彼の音楽を愛する人は世界中に山ほどいます。 果たして彼のように名の売れたミュージシャンが、イルミナティに楯突きながらまともに生きていけるのだろうかという心配はありますが、プリンスもその辺のことは覚悟の上なのでしょう。 それに、ワーナー時代に受けた心の傷も未だに残っているのか、ときどきテレビでイルミナティの活動を暴露するようなこともあるようです。 その映像がYouTubeにもアップされていますので、興味のある方はご覧ください。 こんな才能はなかなかそう他にはお目にかかれないでしょう。 もちろん、人によって好き嫌いはあると思いますけど……。 確かに裏社会とつながっていなければ、マイケルやプリンスのような成功はないとは思います。 ただし、本人が裏社会の命令に喜んで従っていたのか、嫌々従っていたのかが問題で、マイケルは完全に裏社会の命令を嫌がって最後には殺されてしまった。 プリンスも裏社会と結託するのが嫌になり、ワーナーとの契約を破棄。 その後、アルバム一枚ごとにレコード会社と契約するという形を取るようになりましたが、ソニーと「プラネット・アース」で契約した際、プリンスがこのアルバムをイギリスの新聞の付録にただでつけて、ソニーを激怒させた。 今回の最新のアルバムもワーナーから出しましたが、またプリンスが何かやらかすかも……と思ってしまいます。 25日に誰かが死んだからといって、全てが生け贄だという確証は今のところ何もありません。 プリンスの父親自身が息子を売りに出す代わりに、自らが死ぬよう契約していたとか、そういう可能性もなくはありません。 または、父親が裏社会を裏切って報復されたとか……。 一応、私はありとあらゆる可能性を探った上で記事を書いていますので、憶測だけで父親を生け贄にしたとは記事にできませんね。 やはり何らかの証拠が欲しいです。 人気記事• - 715,662 views• - 513,092 views• - 433,185 views• - 376,385 views• - 372,959 views• - 370,692 views• - 327,525 views• - 315,491 views• - 310,621 views• - 307,761 views• - 289,560 views• - 273,833 views• - 255,775 views• - 254,456 views• - 253,813 views• - 253,266 views• - 246,174 views• - 244,393 views• - 237,086 views• - 234,724 views.

次の