ねぇ ねぇ なんで うち の 子 が 障害 児 なの。 スカッとする話 弟嫁『お義姉さんって偉いですよねぇ~!こんな子(障害児)がうちにもできたらどうしよう…私ならこんなの絶対に育てられない!』→私「はぁ?」→結果…

3歳〜4歳児の失礼な発言。 うちの子は『あの犬、うるさいねえ?...

ねぇ ねぇ なんで うち の 子 が 障害 児 なの

でも無神経。 アタマ悪そうな女だなぁ。 私なんてとても出来ないことをお義姉さんは出来るから すごい能力の持ち主だ!精神的に人間出来てるんだよなあ…とか そういうことを言いたいんだろうけど。 でもこの弟嫁ももし自分の子供が傷害児になったとしても、 それはそれでなんとか面倒見るモンでしょう。 私なんてとても出来ない、とポイって捨てちゃうのかしら。 だからなんか現実的じゃない上っ面の言葉に聞こえちゃうよね。 「私なんてとても…」というのは。 こういう場合に使っちゃいけない言葉でしょ。 毎日しっかり家事やってるとか、料理がうまいとか、仕事が早いとか 別にやってもやらなくてもいいけど、やってたほうがよりスゴイとか そういう場合に限って使っていい言葉かと思う。 すみません、 子供の具合が悪くて、久々にPC立ち上げています。 ビデオカメラは、発作確認用に いつも子供の横でスタンバイしてます。 弟嫁が来るにあたって、テープを 新品にして回しっぱなしにしときました。 ICレコーダーは買う時間がなかったので、声だけでも入ればと思って。 来て早々に「こんな子育てるの大変だよね~」でした。 「 こ ん な 子 でも、可愛いんだよ」と 言い返したら倍返し?ムキになって 「ええええ!どこが?大変なだけじゃない!うちにできたらイヤァ~~~~」 イヤァ~~~で私の血管10本くらい切れたと思います。 「嫌なら来なくていいよ、無理しないで、 帰る?ドア開けるね、お土産も持って帰って」 お茶も飲んでいないとか文句言ってましたが、 暴れることなく帰っていきました。

次の

弟嫁『私さんって偉いですねぇ!こんな子(障害児)ができたらどうしよう!私ならこんなの絶対に育てられない!』私「えっ」 → 結果…

ねぇ ねぇ なんで うち の 子 が 障害 児 なの

来月4歳になる息子がいます。 もういつも冷や冷や発言連発ですよ。 私は息子の手を引いて早歩きし「臭いね〜でもあそこは煙草吸ってもいいよって場所だから仕方ないね」と言い聞かせます。 先日は、久しぶりに息子を電車に乗せたのですが、途中の駅で乗ってきた黒人のおじいさんを見て「あの人、お顔黒いよ」と何度も言いました。 私「遠い遠い外国から来た人だね」と言いましたが。 外国を「ガイコツ?」って、さらに変な発言してました。 息子が二歳の頃まで住んでいた土地に、毎日駅まで歩く90歳ぐらいの腰が90度に曲がったおじいさんがいたんです。 ある日息子と散歩中に、そのおじいさんと並んで歩く状態になったのですが、息子はおじいさんの真似して腰を曲げて歩き出し、私は「普通に歩こうね」と言うのが精一杯でした。 まだ思ったことをズバズバ言う年齢ですからね。 空気を読んで、言っていいこと悪いことが区別できるようになるのは、まだまだ先のことでしょうね。 11ヶ月の息子がいます。 前に犬の散歩をしていたら近所の子供 多分4〜5才くらい に、「怖〜!可愛くない!」と言われました。 犬は近づいてすらいませんし、かなり距離がありました。 正直「親の躾が悪いな。 こんな育て方は絶対したくない」と思いました。 そのくらいの年齢の子を育てた事のある方でしたら「仕方ないよね」と思えるのかもしれませんが、子供がまだ小さいママや子供がいない人にとっては「親の躾が悪い」と思われます。 4才でしたらそこそこ大きいですし、「仕方ない」と思える人は少ないのではないでしょうか。 相手を不快にさせない為に、注意するのはもちろんですが、きちんと相手に聞こえるように注意する必要があると思います。 でないと「あの親は注意もしないのか?」と勘違いされてしまいます。 下の子が年少さんですが、3歳になったばかりなのでまだそういうことは言わないですが、年長の5歳の娘はありますね。 『今日は、Aちゃんが遊べないって言うから、Bちゃんちに行く』って、Bちゃんママに言って、Bちゃんママは、『えっ?うちは、補欠なの?』って言われてました… 汗 上の子は、耳からの情報に弱いので、注意しても理解出来ないので失言が多いです 汗 まだその年齢だと仕方がないと思いますよ。 子供って素直だからしょうがないと思います。 ソーシャルスキルトレーニングというのがあるんですが、うちの上の子には、そういうトレーニングが必要な子ですが、普通は、親や周りの行動を見て学習したり、『挨拶しなさい』『そんなこと言ってはいけません』と言葉で言われて学習して自然に身について行くものなんです。 失敗は成功のもとというように、最初から失言しない子なんていないと思った方がいいと思います。 社会性は、人との関わりで身について来ます。 注意しなかったらいつまで経っても気が付かないので、必ず注意は必要です。 うちの3姉妹というアニメでも、 3歳の次女がエレベーターの中でおばさんが乗ってきたら「(香水が)くさいねー」と大きい声で言ってきたり、 道で頭髪が薄いおじさんとすれ違ったときに「あの人ハゲツルピッカだね」と大きい声で言ったりして大変だったエピソードがあります。 子どもはそういうことを経て、親に注意されて、「空気を読む」とか「本当のことでも言っていいことと悪いことがある」と学んでいくのだと思います。 アニメのお母さんは、その人がいる前で注意するのもその人に聞こえると失礼になるかなと悩んだあげく「おなかすいたねー今日の夕飯なににしようかー」と聞こえないふりをした後、 対象者がいなくなった後に「そういうことは言うもんじゃない!」と叱ってました。 言われたらいやな気持ちになる言葉もあるんだよ、あなたがこんなこと言われたらどう思う?って教えていけば徐々に減っていくと思います。

次の

自分の子供が障害児。弟嫁が「お義姉さんエライ!私ならこんな子できたらどうしよう!」と言ってくる

ねぇ ねぇ なんで うち の 子 が 障害 児 なの

ある日を境に生活費を全く入れなくなった。 ひとり暮らしの義母は余らせた食材をうちに持ってくる。 ・トメ:姑(しゅうとめ)。 ・ウトメ:義両親。 ・大ウト・大トメ:配偶者の祖父母。 ・コウト:小舅(こじゅうと)。 義兄弟。 ・コトメ:小姑(こじゅうとめ)。 義姉妹。 ・コトメコ:義姉妹の子供。 ・エネ:enemy(敵)。

次の