い なくなれ 群青 映画 館。 ワールド・ウォーZ [DVD]

【感想・ネタバレ】いなくなれ、群青のレビュー

い なくなれ 群青 映画 館

CONTENTS• 映画『いなくなれ、群青』の作品情報 C 河野裕/新潮社 C 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【原作】 河野裕 【監督】 柳明菜 【脚本】 高野水登 【キャスト】 横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央 【作品概要】 河野裕のベストセラー「階段島」シリーズの第1作にあたる同名小説の初の映画化作品。 ヒロインには、モデル・女優として活躍し、今後も多くの出演作の公開が控える飯豊まりえ。 キャスト・スタッフ共に若手が揃ったファンタジックな青春ミステリー映画です。 映画『いなくなれ、群青』のあらすじとネタバレ C 河野裕/新潮社 C 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会 階段島。 魔女が支配し、何かをなくした者がそれを見つけるまで生活をし続ける島。 高校生の七草はある日突然、この島の住人となります。 なぜ、どうして、いつこの島にやってきたのかは七草本人もわかりません。 階段島では最低限の生活が保障されています。 学校もあり、学生寮もあります。 七草はそこで高校生活を開始します。 クラスには口数の少ない女子の掘、ゲームマニアの佐々岡、クラス委員長の水谷などがいます。 そんな七草の前にかつての同級生・真辺由宇が転校生としてやってきます。 ストレートな物言いをするタイプの真辺は、自分の置かれている状況に不満を隠しません。 そして、自分のなくしたもの、魔女の正体、島の秘密などを解き明かしていくと宣言して見せます。 しかし、真辺のストレートな行動は島で浮いてしまいます。 彼女の性格を昔から知っていいた七草は、彼女と島の人々の間に入ってフォローし続けます。 それまで、どこか受け身的であったもののそれなりに調和のとれていた島の生活を、真辺の存在が掻き乱しています。 そんな中で、島の壁に魔女へのメッセージを込めた落書きが書かれる事件が起きます。 音楽祭がすすむ中で真辺は落書き事件、魔女の正体探しを独り進めていきます。 C 河野裕/新潮社 C 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会 七草は魔女のいるという拾得物係のある灯台に向かいます。 七草には実は島の秘密・自分のなくしたものが何なのかわかっていました。 落書きで魔女へのメッセージを残したのも七草でした。 島の秘密・島にあるというそれぞれがなくしたものとは、その人々が捨てたものでした。 島の人たちはその人が捨てたものが人格化したものだったのです。 現実の世界の七草は「悲観的な自分」を捨てた。 そして捨てられた人格が魔女の力によって人間の形になり、島の住人になったのでした。 真辺もまた、強ければ強いほどその副産物としての脆さを併せ持っていて、その脆さを含んだ強さの部分を捨てたのでした。 その部分が人格化したことで、より一層理想家肌の真辺として島に姿を現しました。 それでもその強い部分を真辺には持っていて欲しいと考えた七草は、魔女に島の秘密を守るという条件で真辺を島から外の世界へ出そうとします。 そして、七草と真辺は島の階段を登り始めます。 真辺は七草にまた会おうと約束して、外の世界へと帰っていきます。 真辺がいなくなった島に元の日々が戻ります。 しかし、そこに真辺が姿を現しました。 真辺は七草との約束を守ったのです。 真辺は七草に「戻ってこない方が良かったか?」と問いかけます。 七草は困った顔を浮かべながらも、真辺を改めて迎え入れるのでした。 本作を鑑賞するまでは、「これを実写映画化するのは無理だろう」と感じてしまいました。 横浜流星のその存在感は、 飯豊まりえが演じるストレートで一見強力に感じられるキャラクター性とも良い対比になっています。 原作からの脚色・換骨奪胎ぶりも効果的で、世界観を壊さない一方で、映像化すると少々浮いてしまうような部分をうまく削られています。 柳明菜監督は全国公開規模の作品制作を手がけるのは本作が初。 脚本の 高野水登も『3D彼女リアルガール』『賭ケグルイ』などで近年注目され始めた才能ですが、主演俳優・横浜流星の勢いに乗って、難しい設定の映画をしっかりと仕上げてきました。 まとめ C 河野裕/新潮社 C 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会 『 列車戦隊トッキュウジャー』から約五年、 いよいよ大ブレイクを果たした横浜流星。 ちなみに『トッキュウジャー』からは、同じく映画・ドラマで活躍中の 志尊淳もブレイクしています。 若手俳優育成の場でもある特撮ヒーロー作品のスタッフ陣の眼の鋭さ、その育成の手腕には感服させられます。 過去にも単独主演の映画はありましたが、大ブレイクしたこのタイミングでの主演作ということもあり、これまでの作品とは明らかに違った観られ方をする作品になることは間違いありません。 本人もその思いはあるのか、作品を引っ張るような座長としての頼もしい発言も聞こえてきます。

次の

書物の運命

い なくなれ 群青 映画 館

にしてはどこか軽い作り 稀代のプレイボーイ、あるいは女たらしのカサノバ(肩書きは他に多数というが、この作品もこれ)を題材に、彼の最後の本気の恋を描く。 ジャコモ・カサノバ(ヒース・レジャー)は修道女に手を出したことで捕まってしまうが、総督のお情けで無罪放免となる。 ただし教皇庁のマークもあって、両家の子女との結婚が条件だ。 さっそく従者のルポ・サルヴァト(オミッド・ジャリリ)を従えてヴィクトリア・ドナート(ナタリー・ドーマー)に結婚を申し込むが、彼女に片思いの青年ジョバンニ・ブルーニ(チャーリー・コックス)と決闘騒ぎになる。 が、決闘相手は実は腕の立つジョバンニの姉フランチェスカ・ブルーニ(シエナ・ミラー)が身代わりで、カサノバは当人と知らずカサノバ批判をする彼女に恋してしまう(よくあることさ)。 そのフランチェスカにも母親アンドレア・ブルーニ(レナ・オリン)が財産目当てで決めた結婚相手ピエトロ・パプリッツィオ(オリヴァー・プラット)がいて、そいつがちょうどヴェネチアへやってくるから大変だ。 加えて、フランチェスカが女性心理を説いて当代人気の覆面作家ベルナルド・グアルディその人だったり(「女性は気球のように、男と家事と言う重い砂袋さえなくなれば、自由に空を飛べるのだ」)、ローマから送り込まれた審問官のプッチ司教(ジェレミー・アイアンズ)とフランチェスカの目をごまかすためにカサノバがパプリッツィオになりすましたりと、話はややこしくなるばかり。 この難問を、最後にはカサノバとフランチェスカ、ジョバンニとヴィクトリア、パプリッツィオにはアンドレアという組み合わせの誕生で解決してしまう。 これだけの大騒ぎをまとめてしまう脚本はよく練られているとは思うが、フランチェスカの2度の男装シーンだけでなくパプリッツィオのエステまで、すべてがおちゃらけてしまっているから気球のように軽い。 カサノバは好き勝手にやっているだけでヴェネチアの自由の象徴という感じはしないし、プッチ司教も馬鹿にされて当然のような描き方。 いくらコメディとはいってもねー。 パプリッツィオなど怒ってしかるべきなのに、フランチェスカの母親をあてがわれて(失礼)喜色満面(いや、もちろん相性はあるでしょうが)でいいのかって……。 女たらしはこれで打ち止めにし(なにしろ「生涯ただ一人の男性だけを愛する」フランチェスカが相手なのだ)、女遊びに目覚めたジョバンニにカサノバ役は譲ったという珍説での締めくくり。 だからヴィクトリアも尻軽女のように描かれていたのか。 可哀想な登場人物が多いのよね。 【メモ】 ジャコモ・カサノバ(1725-1798)。 自伝『我が生涯の物語』。

次の

カサノバ

い なくなれ 群青 映画 館

にしてはどこか軽い作り 稀代のプレイボーイ、あるいは女たらしのカサノバ(肩書きは他に多数というが、この作品もこれ)を題材に、彼の最後の本気の恋を描く。 ジャコモ・カサノバ(ヒース・レジャー)は修道女に手を出したことで捕まってしまうが、総督のお情けで無罪放免となる。 ただし教皇庁のマークもあって、両家の子女との結婚が条件だ。 さっそく従者のルポ・サルヴァト(オミッド・ジャリリ)を従えてヴィクトリア・ドナート(ナタリー・ドーマー)に結婚を申し込むが、彼女に片思いの青年ジョバンニ・ブルーニ(チャーリー・コックス)と決闘騒ぎになる。 が、決闘相手は実は腕の立つジョバンニの姉フランチェスカ・ブルーニ(シエナ・ミラー)が身代わりで、カサノバは当人と知らずカサノバ批判をする彼女に恋してしまう(よくあることさ)。 そのフランチェスカにも母親アンドレア・ブルーニ(レナ・オリン)が財産目当てで決めた結婚相手ピエトロ・パプリッツィオ(オリヴァー・プラット)がいて、そいつがちょうどヴェネチアへやってくるから大変だ。 加えて、フランチェスカが女性心理を説いて当代人気の覆面作家ベルナルド・グアルディその人だったり(「女性は気球のように、男と家事と言う重い砂袋さえなくなれば、自由に空を飛べるのだ」)、ローマから送り込まれた審問官のプッチ司教(ジェレミー・アイアンズ)とフランチェスカの目をごまかすためにカサノバがパプリッツィオになりすましたりと、話はややこしくなるばかり。 この難問を、最後にはカサノバとフランチェスカ、ジョバンニとヴィクトリア、パプリッツィオにはアンドレアという組み合わせの誕生で解決してしまう。 これだけの大騒ぎをまとめてしまう脚本はよく練られているとは思うが、フランチェスカの2度の男装シーンだけでなくパプリッツィオのエステまで、すべてがおちゃらけてしまっているから気球のように軽い。 カサノバは好き勝手にやっているだけでヴェネチアの自由の象徴という感じはしないし、プッチ司教も馬鹿にされて当然のような描き方。 いくらコメディとはいってもねー。 パプリッツィオなど怒ってしかるべきなのに、フランチェスカの母親をあてがわれて(失礼)喜色満面(いや、もちろん相性はあるでしょうが)でいいのかって……。 女たらしはこれで打ち止めにし(なにしろ「生涯ただ一人の男性だけを愛する」フランチェスカが相手なのだ)、女遊びに目覚めたジョバンニにカサノバ役は譲ったという珍説での締めくくり。 だからヴィクトリアも尻軽女のように描かれていたのか。 可哀想な登場人物が多いのよね。 【メモ】 ジャコモ・カサノバ(1725-1798)。 自伝『我が生涯の物語』。

次の