ツイキャス 収入。 ツイキャス収入の仕組みとは?大手配信者の月収や一般人が稼ぐ方法

ツイキャスの配信者は広告収入などを受けることが出来るのか?

ツイキャス 収入

コイン• クラッカー• 拍手…などなど コインは放送時間を延長するという明確な使い方がありますが、その他のアイテムに関しては存在する意味がよくわからない方も多いと思います。 では、コイン以外のアイテムに何の意味があったかというと、 視聴者がアイテムを投げることによって、配信者のランクが上がり、『おすすめ』に表示されやすくなったり、ランキングに載るというメリットがあります。 おすすめやランキングに載れば、それだけ多くの人の目に止まりやすくなるので、色々な人に知ってもらうきっかけにもなりやすいですよね。 なので、お気に入りのキャス主がいる人は無料のアイテムはもちろんですし、さらに熱心な人は課金をしてでもキャス主を有名にしようとアイテムを投げていたわけです。 閲覧人数が増えれば増えるほど、キャス主のモチベーションにも繋がりますから、人気になりたいキャス主と配信を見たい視聴者の両方が得ですよね。 ただ、これは少し前までの話で、現在は少し事情が違うようです。 応援したい視聴者と人気になりたいキャス主との関係性は変わっていないと思いますが、ツイキャス側は今まで収益化できる手段を作っておらず、配信者がツイキャス内で収益化をすることも禁止していました。 ですが、 最近ではツイキャスでも収益を得られる手段がいくつか用意されているのです。 参考: そして、その一つが『 アイテム収益』となります。 アイテム収益とは? アイテム収益とは、その名の通りアイテムを収益化できるシステムです。 アイテムがお金になるって、少し前のツイキャスからは想像もできませんね! 上記でも紹介しましたが、アイテムは『コイン、お茶、クラッカー』など様々な種類が存在しますが、現在のところ収益化できるのは『 お茶のみ』のようです。 さらに、収益になる『お茶』は視聴者が 課金したお茶のみで、無料で貰えるお茶は収益として反映されないそうです。 ちなみに、お茶以外のアイテムは課金アイテムだったとしても、配信者に収益として還元されることはなく、運営が持って行くとか。 まぁこの辺はツイキャスも無料でサービスを提供しているので、仕方ない部分ではありますね! それでは、お茶の収益はいくらになるのでしょうか? ツイキャスのお茶爆50・100が配信者に還元される収益はいくら? 現時点では配信者に収益として還元されるのは『 お茶爆50、お茶爆100のみ』です。 そして気になるのは『配信者に収益としていくら還元されるのか?』ということになりますが.

次の

ツイキャスの収入はいくら?収益化の3つのやり方【生活はできる?】

ツイキャス 収入

スマホから無料で動画配信ができるサービス「ツイキャス」。 女子高生を中心に流行しており、「人気キャス主」と呼ばれるツイキャス業界での有名人のような方も増えてきました。 そして、最近聞こえてくるのが「ツイキャスってどうやって稼いでいるの?」という声です。 動画配信といえば、ツイキャスよりも一般的に有名なのがYouTubeやニコニコ動画。 YouTuberやニコ生主は、広告収入で数千万円単位で稼いでいるような人も実在しますよね。 だからこそ「ツイキャスの儲かる仕組みが知りたい」「キャス主って広告収入はあるの?」「配信者で年収が高い人はいるのかな?」と疑問に思っている人も多いようです。 そこでこの記事では、ツイキャスでの収入についてまとめてみました。 〜もくじ〜• ツイキャスの運営会社が、どう利益・売上を出しているのか? ・2. 先に結論を言うと、運営はポイントなどで利益を出しています。 一方、配信者はツイキャスでは1円も稼げません。 どういうことか、説明していきます。 運営のモイ株式会社はポイントで収益化 ツイキャスの運営会社は「モイ株式会社」といいます。 東京都出身の赤松洋介さんという社長が設立した日本の会社ですね。 このモイ株式会社がツイキャスで利益を出す仕組みは、至ってシンプル。 ツイキャスでのポイントの販売です。 ツイキャスを利用している方はわかると思いますが、ツイキャスは無料での配信時間に制限があります。 無料動画配信は、通常30分で終了してしまうのです。 「盛り上がってきたのに、もう終わりだ」という状態になりますね。 そんなときに、時間延長にポイントが必要で、このポイントは有料で購入します。 こうしたポイントや、その他の応援アイテムなどが、運営会社の設けの仕組みになっています。 キャス主の年収や広告収入は? 一方、配信者の収入はないのでしょうか? 「有名キャス主」と呼ばれて人気になっている配信者は、芸能人のように取材を受けていることもあります。 YouTuberやニコ生主のように、稼いでいてもおかしくなさそうですよね。 しかし、残念ながらキャス主に収入は入りません。 ツイキャスには、広告収入の仕組みがないからです。 利用すると分かりますが、ツイキャスは一度も広告が出てきませんよね。 ここがYouTuberなどとの違いで、便利な点でもあるのですが、だからこそ収益化はできないのです。 また、他の方法で稼ぐことも禁止されています。 が、それ以外も厳しいですね。 根本的に商用利用が禁じられており、動画URLで商品を紹介したりするアフィリエイト広告も禁止。 「銀行口座を晒して、募金してもらう」といった形式も禁止。 破ったら運営からアカウント停止にされるようです。 思いつくツイキャスでの稼ぎ方が徹底的に潰されており、収益化は無理ですね。 そのため、ツイキャス主の年収は全然高くありません。 学生の配信者の場合、それこそ「親からお小遣いをもらっているだけ」といった状態です。 人気・知名度が別の仕事に繋がり稼げるケースも とはいえ、キャス主出身で稼げるようになった人もいます。 強いて言えば、ライブや別のイベントを行い、そちらのイベントで稼ぐような方法です。 遠回りなようで、芸能人などの配信も多いニコニコやYouTubeで有名になりよりは、簡単なやり方かも知れません。 評論家の岡田斗司夫さんや堀江貴文さんが2010年頃から「評価経済社会」という用語を出しています。 ようは「人気があれば、お金は集まる。 お金を先に集めても、人気は買えない」という考え方です。 ツイキャス主はまさに評価経済社会の考え方で、ツイキャスで「人気」を集めてから、後に別の方法で稼ぐ形式のようです。 もちろん、それ以前にキャス主の9割は「ただ楽しいから、趣味で無料配信してるだけ」という感覚でしょうね。 ツイキャスの稼ぎ方や儲かる仕組み まとめ 以上、ツイキャスでの収入源についてでした。 要点を整理すると、 ・ツイキャスの運営:モイ株式会社は、配信のポイントなどで収益化している ・配信は無料だが、連続長時間配信が有料になるため ・ツイキャスには広告が出ないので、キャス主(配信者)に収入は入らない ・他の広告を入れたり、何かを販売することも禁止されている ・キャス主の年収は特に高くない ・知名度を上げて、別のイベントなどで稼ぐ人はいる ということですね。 「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、マネタイズを気にせずに好き勝手やっている人の方が、配信が上達して人気になることもあるでしょう。 ツイキャス人気は、配信者が収入ではなく「単純に趣味でやっている」という素朴さにもあるのかも知れないですね。

次の

ツイキャス収入の仕組みとは?大手配信者の月収や一般人が稼ぐ方法

ツイキャス 収入

WEBライター&ミュージシャンの前田です。 「YouTube Live ユーチューブ・ライブ)やツイキャスで収益が受け取れる!」 実際そんな話を聞いたことがある人は多いかと思いますが、全ての配信者が簡単に収益化できるわけではありません。 かと言って、そこまで複雑なルールや契約があるわけでも、限られたインフルエンサーだけが収益をもらっているというわけでもなく、全ての人が条件に達すれば収益化できるチャンスがあります。 ここでは、YouTube Liveやツイキャスでの収益化の条件、そして収益化するために必要な拡張サービスなどを紹介します。 コロナの影響でライブハウスでのライブができなくなったバンドマンや、この機会に 配信を始めようと思っている方におすすめの記事です。 コロナ憎し…外出自粛の今だからこそ、動画配信で収益化! 新型コロナウイルスの流行による悪影響は、数多くのジャンルでかなりひどくつめ跡を残し始めています。 もちろん、WEBライター&ミュージシャンとして活躍している私も同じで、出演するはずだったイベントやライブがことごとく中止または延期となっています。 せっかく自身の参加するバンドの新しいアルバムやサポートミュージシャン(ベーシスト)として参加した作品も発売されたため、みんな盛大なリリースイベントを計画していたのにそれらも全て流れていってしまいました…。 もちろんこの中止・延期によって僕個人が受けた経済的損失もあります。 しかし、開催するはずだったアーティスト、イベント会社、ライブハウスもそれぞれに大打撃を受けています。 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、「不要不急の集会をしない」ということは致し方のないことです。 今や世界中で「 stayhome」というハッシュタグが作られインフルエンサーが発信し、ある国では外出しているところを警察に見つかったらスクワットをさせられてしまうような状態です。 早くこの様な状況から抜け出してしまいたいものです。 ライブ配信による収益化が活発化 2020年3月ごろから始まった憎き新型コロナウイルスの影響で、ライブ・イベントというもののほとんどが自粛ムードとなっています。 こういった現状を打破すべく、様々なアーティストが取り組んでいるのがライブ配信です。 無観客の状態のライブハウスやスタジオから配信して、その映像をファンが自宅でスマホやテレビを通じて参加するという形は、「密閉」「密集」「密接」を避けなければならないこの現状ではとても理にかなったアイデアと言えます。 しかし、ユーチューブ・ライブやツイキャスを用いた配信はアカウントを持っている方であれば誰でも見ることができるため、基本的にファンは無料で視聴できます。 本来はチケットを買ってもらって披露するライブを、配信だからと言って無料で提供してしまうというのは、アーティストにとっても大事な収入源を確保できないという問題があります。 そこで、大事になるのが、やはり「 ライブ動画を配信することで収益化し、しっかり稼げるようにする」ということです。 ライブ配信のプラットフォームごとに設けられた収益化の条件やルールを確認しておきましょう。 YouTube Live(ユーチューブ・ライブ)収益化の条件 最大の動画コンテンツサイトと言えばやはりユーチューブです。 そしてユーチューブにもライブ配信機能が備えられており、視聴者はSuper StickerやSuper Chatでお金とコメントを送信し、配信者はその収益を受け取ることが出来ます。 しかし、配信者側はアカウントを取得すれば誰でも収益を受け取ることができるわけではなく、ある程度の条件が付されています。 過去1年間で4,000時間以上視聴されている• チャンネル登録者数が1,000人以上である これが全てというわけではありませんが、まず越えなければならないハードルはこの2点です。 普段からユーチューブを活用していたならこの条件をクリアしているアカウントもあるかもしれませんが、このコロナ騒動を受けてライブ配信を始めてみたという方には流石にすぐには達成出来ない条件かも知れません。 それでもユーチューブという 誰もが慣れ親しんだプラットフォームで配信することはそれだけ見てくれる方が多いという利点があります。 ユーチューブで動画を見ることは、特別なアプリがなくても可能ですし、そもそもユーチューブというサイトが超有名であるため、 閲覧者にとっても安心感があるというのがかなり大きいです。 ツイキャス収益化の条件 Twitterと連携しており、スマホからでも手軽に配信できるのがツイキャスです。 コメントのやりとりをTwitterにも同時投稿させることもできるため、新規の視聴者を獲得しやすいとして人気があります。 ツイキャスでは、配信者に「応援アイテム」を購入し送るという形でアーティストを支援することができます。 アイテム収益を配信者が受け取るためには、• 過去3か月以内の視聴時間が100時間以上 という、YouTube Liveほど厳しいものではありませんが少なからず条件をクリアする必要があります。 しかし、3人が3分視聴していた場合9分と計算されるので、決して難しい数字ではなく、 これまでツイキャスを利用していなかった場合でも数週間ほどで達成できる可能性は十分にあります。 また、身分証明証などを提出し審査を受けるまで2~3日はかかるので注意しましょう。 ライブ配信のための拡張サービスが話題 ツイキャス プレミア配信 上記で紹介したツイキャスに「プレミア配信」という機能があります。 配信者は事前に放送する日を定めてイベントを作成し、視聴者はチケットを購入することでその配信を見ることが出来ます。 ライブ配信を見るために視聴者がチケットを買うことでライブ配信に参加することが出来ます。 「YouTube Live 配信チケット」として、配信するプラットフォームはユーチューブのまま、ファンは決済システムなどを経てユーチューブ上でライブを視聴することが出来ます。 ただ、アカウント登録してすぐに配信を始められるという訳ではない様で、ZAIKOのお問い合わせフォームからイベントの作成を申請するという手続きが必要です。 Doneru YouTube LiveとTwitchに特化した拡張サービスで、なんとコロナ騒動が収束するまでの間はシステム利用手数料がかからないとのことです。 ZAIKOとの違いは手軽に始められるということと、「投げ銭」なのでファン側がライブ配信に対して支払う金額を決めることが出来るということです。 まとめ• YouTube LIVEの収益化条件は4,000時間以上・1,000人以上• ツイキャス収益化条件は100時間以上• 配信拡張サービスを使って収益化を簡単にできる 発信するコンテンツに価値を与えてマネタイズすることは、創作活動を続けていくうえでもとても大切なことです。 このような状況だからこそ、外出せずに自宅でも楽しむことが出来るようなコンテンツを発信できることはみんなにとっての利益となります。 「無観客でライブを配信する」というのは一見すると意味の分からないアイデアかも知れません。 しかし、音楽産業ばかりでなく色々な業界が打撃を受けている今、こうして 従来の概念に縛られず新しいアイデアを発信していくことがコロナに打ち勝つ唯一の方法かも知れません。

次の