オードリータン 女性。 台湾の天才デジタル大臣唐鳳(オードリータン)のwiki経歴や性別・IQについて

インタビューで垣間見たオードリー・タンの素顔

オードリータン 女性

天才プログラマーとして世界的に認知されている台湾のデジタル担当政務委員(大臣)でありトランスジェンダーのオードリー・タン(唐鳳)氏が、新型肺炎の流行への対応としてマスクに関するプログラマーならではの神対応を実践したと称賛されています。 日本では、1月下旬頃から新型肺炎の予防として使い捨てマスクを買い占める人が続出し、全国の薬局でマスク品切れの状態が続いていますが、お隣の台湾でもマスク不足が深刻化するなか、タン大臣や台湾の衛生福利部の公務員たちは、台湾のエンジニアたちが自由に開発できるよう、台湾中の各薬局のマスク在庫状況のデータを公開、これを数日というほんのわずかな時間で成し遂げ、実際に公開されたのが、台湾のエンジニアたちがボランティアで作成した「マスク在庫マップ」です。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組みです。 購入希望者は、マスクを求めて薬局を回るも、在庫がなくてがっかり…という徒労感を味わうことなく、在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになりました。 ほかにも、マスクの在庫を確認できるマップはいくつも作成されており、上記のマップを含む「マスクマップ」のまとめページも作成されています。 その他、台湾疾病管制署のオフィシャル「新型肺炎情報LINEボット(疾管家)」や、iPhoneのSiriに聞くだけで一番近いマスク在庫ありの薬局を教えてくれる質問(找出最近有口罩庫存的藥局)などなど、台湾のエンジニアたちが無償で開発したプログラムが大活躍しているそうです。 さらに台湾政府は、健康保険証のシステムを利用し「マスク購入の実名制」を導入。 市民はマスクを買う際に保険証を持って買わなければならず、IDカード(身分證)のナンバーによる購入ルールも設定し、月水金は身分證の末尾が奇数の人が購入可能で、火木土は末尾が偶数の人、日曜は無制限といった分け方をすることで、買い占めを防いでいます。 オードリー・タン(唐鳳)氏は2016年9月、(同性婚を実現した)蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初の台湾の閣僚になり、同時に、世界初のトランスジェンダーの閣僚となった方です。 新聞記者出身の両親のもとに生まれ、IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持ち、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず(「お前さえいなければトップなのに」と殴られたそうです)、14歳の時に中学校を離れ、独学を選択、わずか15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」など世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語の発展に寄与したことで、IT産業では誰もが注目する天才として認められました。 その後、台湾内外のIT企業の顧問として活動し、米アップル社のコンサルタントとしても働いています。 タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」に選出されています。 の記事によると、タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 「両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、私はずっと性別に関して特定の認識がありませんでした。 12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も聞かれることもなかったですし。 10代で男性の、20代で女性の思春期も経験しました。 自分が男性か女性のどちらかに属する存在だとは思っていないんです」 2005年、24歳のときに両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更(「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたそうです)、ブログ上でカミングアウトしました。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には「無」と書いたそうです。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」とタン氏は語ります。 ニュース) ITの神童はトランスジェンダー 台湾の最年少閣僚・唐鳳(日経新聞) 台湾初のトランスジェンダー閣僚 幼少から「天才」発揮(朝日新聞)• よく見られている情報•

次の

オードリータンの性別や経歴は?両親や収入についてまとめてみた!

オードリータン 女性

天才プログラマーとして世界的に認知されている台湾のデジタル担当政務委員(大臣)でありトランスジェンダーのオードリー・タン(唐鳳)氏が、新型肺炎の流行への対応としてマスクに関するプログラマーならではの神対応を実践したと称賛されています。 日本では、1月下旬頃から新型肺炎の予防として使い捨てマスクを買い占める人が続出し、全国の薬局でマスク品切れの状態が続いていますが、お隣の台湾でもマスク不足が深刻化するなか、タン大臣や台湾の衛生福利部の公務員たちは、台湾のエンジニアたちが自由に開発できるよう、台湾中の各薬局のマスク在庫状況のデータを公開、これを数日というほんのわずかな時間で成し遂げ、実際に公開されたのが、台湾のエンジニアたちがボランティアで作成した「マスク在庫マップ」です。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組みです。 購入希望者は、マスクを求めて薬局を回るも、在庫がなくてがっかり…という徒労感を味わうことなく、在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになりました。 ほかにも、マスクの在庫を確認できるマップはいくつも作成されており、上記のマップを含む「マスクマップ」のまとめページも作成されています。 その他、台湾疾病管制署のオフィシャル「新型肺炎情報LINEボット(疾管家)」や、iPhoneのSiriに聞くだけで一番近いマスク在庫ありの薬局を教えてくれる質問(找出最近有口罩庫存的藥局)などなど、台湾のエンジニアたちが無償で開発したプログラムが大活躍しているそうです。 さらに台湾政府は、健康保険証のシステムを利用し「マスク購入の実名制」を導入。 市民はマスクを買う際に保険証を持って買わなければならず、IDカード(身分證)のナンバーによる購入ルールも設定し、月水金は身分證の末尾が奇数の人が購入可能で、火木土は末尾が偶数の人、日曜は無制限といった分け方をすることで、買い占めを防いでいます。 オードリー・タン(唐鳳)氏は2016年9月、(同性婚を実現した)蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初の台湾の閣僚になり、同時に、世界初のトランスジェンダーの閣僚となった方です。 新聞記者出身の両親のもとに生まれ、IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持ち、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず(「お前さえいなければトップなのに」と殴られたそうです)、14歳の時に中学校を離れ、独学を選択、わずか15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」など世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語の発展に寄与したことで、IT産業では誰もが注目する天才として認められました。 その後、台湾内外のIT企業の顧問として活動し、米アップル社のコンサルタントとしても働いています。 タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」に選出されています。 の記事によると、タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 「両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、私はずっと性別に関して特定の認識がありませんでした。 12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も聞かれることもなかったですし。 10代で男性の、20代で女性の思春期も経験しました。 自分が男性か女性のどちらかに属する存在だとは思っていないんです」 2005年、24歳のときに両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更(「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたそうです)、ブログ上でカミングアウトしました。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には「無」と書いたそうです。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」とタン氏は語ります。 ニュース) ITの神童はトランスジェンダー 台湾の最年少閣僚・唐鳳(日経新聞) 台湾初のトランスジェンダー閣僚 幼少から「天才」発揮(朝日新聞)• よく見られている情報•

次の

オードリータンの性別や経歴は?両親や収入についてまとめてみた!

オードリータン 女性

天才プログラマーとして世界的に認知されている台湾のデジタル担当政務委員(大臣)でありトランスジェンダーのオードリー・タン(唐鳳)氏が、新型肺炎の流行への対応としてマスクに関するプログラマーならではの神対応を実践したと称賛されています。 日本では、1月下旬頃から新型肺炎の予防として使い捨てマスクを買い占める人が続出し、全国の薬局でマスク品切れの状態が続いていますが、お隣の台湾でもマスク不足が深刻化するなか、タン大臣や台湾の衛生福利部の公務員たちは、台湾のエンジニアたちが自由に開発できるよう、台湾中の各薬局のマスク在庫状況のデータを公開、これを数日というほんのわずかな時間で成し遂げ、実際に公開されたのが、台湾のエンジニアたちがボランティアで作成した「マスク在庫マップ」です。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組みです。 購入希望者は、マスクを求めて薬局を回るも、在庫がなくてがっかり…という徒労感を味わうことなく、在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになりました。 ほかにも、マスクの在庫を確認できるマップはいくつも作成されており、上記のマップを含む「マスクマップ」のまとめページも作成されています。 その他、台湾疾病管制署のオフィシャル「新型肺炎情報LINEボット(疾管家)」や、iPhoneのSiriに聞くだけで一番近いマスク在庫ありの薬局を教えてくれる質問(找出最近有口罩庫存的藥局)などなど、台湾のエンジニアたちが無償で開発したプログラムが大活躍しているそうです。 さらに台湾政府は、健康保険証のシステムを利用し「マスク購入の実名制」を導入。 市民はマスクを買う際に保険証を持って買わなければならず、IDカード(身分證)のナンバーによる購入ルールも設定し、月水金は身分證の末尾が奇数の人が購入可能で、火木土は末尾が偶数の人、日曜は無制限といった分け方をすることで、買い占めを防いでいます。 オードリー・タン(唐鳳)氏は2016年9月、(同性婚を実現した)蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初の台湾の閣僚になり、同時に、世界初のトランスジェンダーの閣僚となった方です。 新聞記者出身の両親のもとに生まれ、IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持ち、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず(「お前さえいなければトップなのに」と殴られたそうです)、14歳の時に中学校を離れ、独学を選択、わずか15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」など世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語の発展に寄与したことで、IT産業では誰もが注目する天才として認められました。 その後、台湾内外のIT企業の顧問として活動し、米アップル社のコンサルタントとしても働いています。 タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」に選出されています。 の記事によると、タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 「両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、私はずっと性別に関して特定の認識がありませんでした。 12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も聞かれることもなかったですし。 10代で男性の、20代で女性の思春期も経験しました。 自分が男性か女性のどちらかに属する存在だとは思っていないんです」 2005年、24歳のときに両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更(「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたそうです)、ブログ上でカミングアウトしました。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には「無」と書いたそうです。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」とタン氏は語ります。 ニュース) ITの神童はトランスジェンダー 台湾の最年少閣僚・唐鳳(日経新聞) 台湾初のトランスジェンダー閣僚 幼少から「天才」発揮(朝日新聞)• よく見られている情報•

次の