フレンチ ブルドッグ ニノ。 自宅でフレブルのトレーニングができる!獣医師監修の『こいぬすてっぷ』

フレンチブルドッグやボストンテリア、パグの子犬販売はブルドンズ

フレンチ ブルドッグ ニノ

フランスがペットに優しい国ということは、これまでもご紹介してきました。 今、そんなフランスに暮らすフレンチブルドッグが人気を集めていることをご存知でしょうか?フランスのノルマンディ地方で暮らす日本生まれのフレンチブルドッグNINO(ニノ)です。 飼い主であるAkiko de NAPOLEON(以下、Akiko)さんのニノとの生活を綴ったブログで人気に火が付き、2015年には写真集も発売されました。 写真集『フレンチブルドッグNINOのフランスのんびり暮らし』 今回は、ニノの写真集『フレンチブルドッグNINOのフランスのんびり暮らし』のご紹介とともに、Akikoさんにニノとのノルマンディでの暮らしについてお話を伺いました。 日本生まれのNINOとの出会い 笑った顔がとってもキュートなニノ。 その柔らかな表情に癒されている人も多いはず フランスのノルマンディ地方で暮らすようになって8年目を迎えるAkikoさんとニノ。 その出会いはどんなものだったのでしょう。 「お買い物中にペットショップをのぞいたとき、背伸びをしてガラスケースに顔をべったりとつけて私を見ている仔犬に気づきました。 あまりにもずっと私を見ているので、店員さんに出してもらったところ、仔犬は私のお腹にガシッと張り付いたまま眠ってしまったのです。 それがニノでした。 ニノが私を選んでくれたのだと思っています」とAkikoさん。 もともと犬と一緒に暮らしたいという思いもあり、その場で即決。 それは人生で最高(額)の衝動買いだったそうです。 その後Akikoさんは「うちのフランス人」と呼んでいるフランス人の旦那様と暮らすため、ニノと一緒に渡仏されました。 ノルマンディでの暮らしが落ち着いた頃、日本にいる家族やご友人に元気で暮らしていることを知らせるために、とブログを始めたのだそうです。 そのブログがきっかけで写真集を出版されたのですが、それはあまりにも絶妙なタイミングだったのだとか。 Akikoさんのそばでピアノを聴いているニノ 「私が腰を痛めてひと月ベッドで過ごしたことがあり、その際ニノは何度も様子を見にきてくれて、心配しすぎて脳のバランスを崩してしまったんです。 今では回復して元気ですが『今までのようにニノと一緒に暮らせないのかも…』と絶望的な気持ちになりました」 そのことがきっかけで、撮りためてきたニノの写真をまとめてみようかなと考え始めたちょうど同時期に「ニノのブログを本にしませんか?」というお話が来て、写真集の出版に至ったそうです。 ノルマンディでのNINOとの暮らし フランスの北西部に位置するノルマンディ。 Akikoさんたちはその港町で暮らしています。 イギリス海峡に面しているため海産物が豊富な他、りんごのお酒であるシードルやカルバドス、カマンベールチーズの生産地でもあり食も魅力の町です。 Akikoさんのブログからは、ニノの写真とともに、フランス・ノルマンディの自然豊かな風景や暮らしが見えてきます。 ノルマンディでのニノとの暮らしの中で、印象的だったできごとをお聞きしました。 「フランスの犬はよく教育されているので、リードがなくても飼い主さんから離れていくことはありません。 逆にリードにつながれている犬は『お散歩、練習中かな?』と思います。 レストランなども一緒に入れるのですが、飼い主が食事中のとき、犬たちはテーブルの下に座っておとなしく待っています。 本当にみんなおりこうさんなんです」。 Akikoさんはニノと一緒に出かける際、専用のマットを持っていくそう。 カフェやレストランでもフランスでは犬と一緒に入れるお店が多く、食事の時間を一緒に過ごせるのはうれしいですよね。 魅力がいっぱい詰まったノルマンディ Akikoさんたちは港沿いに住んでいるため、港周辺をお散歩することが多いとのこと。 港にはジョギングやサイクリングを楽しめるプロムナードや広い芝生広場もあり、車などの危険もないため、よくそのコースを選んでお散歩しています。 家の近くのお城を見にいくお散歩コースもあるのだそう。 犬のお散歩でお城巡りができるなんて、さすがフランス!という感じですよね。 Akikoさんはお城や古い町並みがお好きで、時間があればニノを連れて出かけています。 フランスというとパリを訪れる人が多いですが、田舎町にも歴史的な建物や食べ物、人々の暮らしなど魅力がたくさんあるのす。 ニノの写真とともに紹介されるノルマンディの歴史的な建造物や自然豊かな風景を見ていると、まるでニノがフランス・ノルマンディを案内してくれているように感じます。 ニノの後ろには世界遺産モンサンミッシェルが 「せっかくノルマンディに住んでいるのだから、ノルマンディの美しい町並みや風景を紹介したいとも思っています」というAkikoさん。 たくさんある魅力的スポットの中でも、おすすめの場所を教えていただきました。 ノルマンディの小さな村Beaumont-en-Auge(ボーモン=アン=オージュ) 「ノルマンディには世界遺産が4つあります。 モンサンミッシェルだけじゃないんですよ!大きな町では、歴史を知ることができる建築物や文化遺産もたくさんあるのですが、もしひとつ選ぶとしたら、『フランスの美しい村』に選ばれている村々でしょうか」。 静かでのどかなノルマンディを感じられると思いますよ。 季節によって風景が違い、雰囲気も変わるので何度も訪れてほしいですね」とのこと。 ニノはもともとのんびり屋さんだそうですが、普段の生活でニノを脅かすものがないからだと思うとおっしゃっていました。 ノルマンディののんびりした空気感がニノの性格にあっていたのかもしれませんね。 ロカヴォー、新鮮で安心の食 ブログの中ではノルマンディの食材を使ったAkikoさんのお料理も紹介されています。 マルシェでは、いつも無農薬野菜の農家から直接買っています」とAkikoさん。 『ブイヤベース ノルマンディ風』(左がニノのごはん) 驚いたのは、ほとんど同じ食材で味付けを変えたりしてニノのごはんも毎日手作りされているということ。 でも Akikoさんにとってそれは自然なことだと言います。 和食のメニューも!『アボカドマグロ丼』。 ニノはブロッコリーで。 「『今日食べるものが明日の体を作る』と思っていて、私自身ができるだけ安全なものを口にしたいと考えています。 マルシェなどで新鮮な食材が手に入る環境にいるので、それを利用しないのは残念ですよね。 自分のごはんを作るついでに、ニノのお鍋にはニノが食べられる食材だけを入れて一緒に作っています。 そんなに難しいことではないですよ」とAkikoさん。 ニノのごはんもとてもおいしそう!季節の食材を使った料理の他、フランス料理の定番メニュー、ファルシやノルマンディならではのカマンベールを使った料理にスイーツなども紹介されています。 そちらも注目してみてください。 最後にAkikoさんにとって、ニノはどんな存在なのか聞いてみました。 「ニノは犬ですけど、とてもかけがえのない大事な存在です。 私の大切な家族です。 ここノルマンディではニノと私、ふたりしかいない『ジャパニーズ』なので、異国の地で助け合って暮らす『同志』でもあります。 見知らぬ地での暮らしがニノとの絆を強固にしてくれたように思います」と話してくれました。 これからもニノと一緒にたくさんのノルマンディの魅力を教えてくださいね。 パリからは電車で2時間ほどの距離にあるノルマンディ。 田舎町ならではのゆったりとした時間の流れに身を任せる旅も素敵ですね。 Akikoさんのブログを見ていると、美しい風景においしい食べ物、のんびりとした暮らしなど、楽しみは広がるばかりです。 「ノルマンディ旅行行きたいけど、すぐには行けない!」という方は、Akikoさんとニノの生活を通して、ノルマンディ散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。 書籍名:『フレンチブルドッグNINOのフランスのんびり暮らし』• 著者:Akiko de NAPOLEON• 出版社:河出書房新社•

次の

フレンチブルドッグの飼い方!子犬期を室内で育てるコツや注意点

フレンチ ブルドッグ ニノ

価格: 1,499円 レビュー評価: 5. 0 レビュー数:4 商品の特徴*毎年たくさんご購入いただいているアーリストさんのかわいい動物カレンダーです。 *2017年9月から掲載されているので、新規で購入されてもすぐにお使いいただけます。 *日本の祝日や休日も表記されています。 カレンダーに貼れるシールも付属しています。 商品区分;2018年 カレンダーメーカー;アーリストサイズ 見開いた状態 ;幅295x長さ590mm掲載年月;2017年9月? 2018年12月生産国;日本・オリジナルシール付き・日本の祝日や行事も表記されています。 ご注文 価格: 1,730円 レビュー評価: 0. 0 レビュー数:0 鼻ペチャ、ブサカワ系で人気No. 1のフレンチ・ブルドッグ。 微笑ましい姿だけでなく、ちょっとスタイリッシュなりりしい姿も盛り込んだ、フレブルの魅力満載のカレンダー。 メール便をご利用の際はコチラの注意事項をご確認ください。 他のカレンダーはコチラ誠文堂新光社 2018年 大判カレンダー フレンチブルドッグ鼻ペチャ、ブサカワ 価格: 2,052円 レビュー評価: 0. 0 レビュー数:0 2018年度版犬種別輸入カレンダーです。 壁掛けタイプ1ヶ月ごとの月めくりになります。 サイズ 29. 6cm 開いた場合) 上半分が写真、下半分が日付けになります。 ボーナスページとして1ページ(2017年の7月から 12月)がついていますので、届いてすぐに飾れます。 ・輸入品の為、祭日の表示はございませんが、祭日 シールをお付けしております。 <配送方法>ゆうメール・宅配便 ゆうメールは、カレンダー専用の配送方法です。 *カレンダーどうし、他の品番、他のサイズの商品との同梱が可能です。 宅配便の場合 傘以外の商品との同梱が可能です。 この商品は、サイズが大きいため、クロネコDM 価格: 2,484円 レビュー評価: 0. 0 レビュー数:0 愛好家の方に大好評!2018年版 英国ワールドオブディスカバリー社のカレンダーです(輸入品)。 2017年9月? 2018年12月までのカレンダーで、フルカラー写真13枚を収録!ワンちゃんの生き生きとした表情がとても可愛らしい一冊です。 大好きな犬種の写真を眺めながら、2018年をお過ごしいただけます。 カレンダーの格子部分には、特別な日・誕生日・および記念日を書き込めます。 サイズ 30. 5cm 使用時:W30. 2018年12月 壁掛用・ブックレット式(中綴じ) 海外の祝日や行事が英語で表記されて います。 0 レビュー数:2 毎月異なるかわいい赤ちゃんフレンチブルが季節に合わせて登場するカレンダーです。 見開きごとに1ヶ月単位です。 毎月その季節やイベントに合わせたイメージ写真となっています。 それぞれ異なる赤ちゃんフレブルが登場していて、その何ともいえない表情を見ると、誰しもポワーンとなっちゃいます! オリジナルステッカー付き。 ワンちゃんたちの写真に加え、「誕生日」「病院」「車(お出かけ)」などイベントマークのシールもあり、スケジュール管理もばっちりできます。 ご家族やワンちゃんのスケジュール記入もしやすいスクエアタイプ。 生活必需品のカレンダーは、プレゼントにも最適です!! 【Size】 閉じた状態: 約30. 5 x 30. 5 cm 開いた状態: 約30. 5 x 61 cm 納期が【お取り寄せできます 1ヶ月? 【輸入カレンダーのご予約のお客様へ】 犬種・タイトルによりましては10月下旬? 11月初旬ごろより 価格: 1,999円 レビュー評価: 0. 美しいカレンダーをお楽しみ下さい。

次の

ニノのフランス生活

フレンチ ブルドッグ ニノ

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハールクイン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ただし、悪質なブリーダーには注意してください。 基本的に悪質ブリーダーはお金儲けを目的としているため、流行によって繁殖する犬種を変える傾向にあります。 ブリーダーを見極める際は、その点をよくチェックしましょう。 良いブリーダーを見分けるポイントとしては、施設が清潔なことはもちろんのこと、子犬や母犬の健康状態を丁寧に説明してくれるブリーダーを選ぶことが何よりも1番です。 そのほか、本記事ではフレンチブルドッグをお迎えする前に知っておいてほしい情報をご紹介します。 他犬種と値段に差がある?フレンチブルドッグが高い理由 子犬の価格は、血統や子犬自身の持つポテンシャルによって大きく変動します。 しかし、フレンチブルドッグの子犬はどの個体も同じくらい高い値段が付けられています。 中には100万円近い値段で取引される子も。 どうして他の犬種に比べると子犬の平均価格が高いのでしょうか。 その理由は2つあります。 しかし、フレンチブルドッグの場合は頭部が大きすぎて自然に生まれてくることが難しいのです。 そのため、ほとんどのフレンチブルドッグが帝王切開で出産します。 ただ、帝王切開は自然分娩とは違ってリスクを伴いますし、なにより出産費用が発生します。 それゆえ、子犬の価格も高くなってしまうのです。 しかし、フレンチブルドッグの場合は2~4頭ほどが平均です。 他の犬種と比べてみると、かなり少ないことが分かります。 それに加えて、母犬が授乳を放棄してしまうことが多いため、ブリーダーが付きっきりでミルクを与えることも珍しくありません。 そのため、出産する数が少なく、なおかつ出産や産後の飼育に手間がかかることから、子犬の価格が高くなっているのです。 フレンチブルドッグに秘められた魅力と飼いやすさ 「ブサかわ」と呼ばれ、世界中で愛されているフレンチブルドッグ。 どうしてこんなにも多くの人々から愛されているのか、その理由は「性格」にありました。 また、飼育しやすいことも人気の秘密。 ここではフレンチブルドッグの性格と、飼いやすさについてご紹介します。 魅力に溢れるフレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは見た目から怖そうというイメージを抱かれがちですが、実際はとても 甘えん坊で愛らしい性格をしています。 とにかく飼い主や家族が大好きで、とても人懐っこいです。 テレビを見ていると膝の上にチョコンと乗ってきたり、昼寝していると添い寝してきたり…なんてことは日常茶飯事です。 また、フレンチブルドッグは 表情豊かです。 あまりの豊さに、「ワンちゃんというよりも人間だ」と表現する人もいるほどです。 嬉しいときは口を大きく開けて笑ったような表情をしたり、悲しいときは下を向いて落ち込んだ表情をしてみたり、コロコロと変わる表情もフレンチブルドッグの大きな魅力です。 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなワンちゃんでもあります。 走り回ったり、ボール遊びをしたり、意外とハードな運動にもついてきてくれますよ。 フレンチブルドッグをお迎えしたら、たくさん遊んであげましょう。 フレンチブルドッグは初心者向きの犬種 フレンチブルドッグは遊ぶことが大好きですが、運動量自体は少なめで大丈夫です。 むしろ、長く運動させてしまうと体に負担をかけてしまいます。 そのため、散歩は1日1~2回、各15分前後が理想です。 また、フレンチブルドッグの被毛は短いため、お手入れが簡単です。 定期的なブラッシングやシャンプーは必要ですが、こまめなトリミングは不要ですので、初心者でも扱い易い犬種だといえます。 さらに、明るくて人懐っこい性格はペットとして最適です。 飼い主や家族と関係を作りやすいため、初心者でも問題なく飼育できるでしょう。 それに加えて無駄吠えが少ないため、集合住宅やマンションでも気兼ねなく飼うことができます。 フレンチブルドッグはアレルギーに要注意! フレンチブルドッグは遺伝的に皮膚が弱く、疾患が出やすい傾向にあります。 他の犬種の場合、皮膚疾患にかかる割合が20%前後であるのに対し、フレンチブルドッグは50%ほどです。 つまり、2頭に1頭は皮膚疾患を抱えている計算になります。 そのため、フレンチブルドッグを飼っている人の多くは「皮膚アレルギー」に頭を悩ませているのです。 皮膚アレルギーの主な原因として挙げられるのは、ダニ・ハウスダスト・カビ・ノミ・食べ物です。 もしダニやハウスダストが原因となっているのであれば、身の回りを清潔に保ち、ダニやハウスダストなどの繁殖を防ぐことが重要です。 ノミの場合は、プラスでノミの駆除と定期的な駆虫薬の投与が必要となります。 食べ物によるアレルギーの場合は、原因となる食物の摂取を控えることが望ましいでしょう。 もし一度でも皮膚アレルギーになってしまうと、長期的な通院と治療が強いられますので、注意しましょう。 とはいえ、アレルギーの原因となるもの全てを避けて生活することはなかなか難しいのが現状です。 そのため、日頃から皮膚の状態をチェックして赤い発疹などの異常があれば動物病院へ連れていきましょう。 治療が早ければ早いほど、ワンちゃんにかかる負担は小さくなります。 また、普段から洋服を着せて対策するのもおすすめです。 洋服を着せることで、アレルギーの原因となりうるノミやダニから皮膚を守ることができます。 しかしフレンチブルドッグの独特な体型に合う洋服は、ペットショップであまり取り扱っていないようです。 そのため、フレンチブルドッグ専用の洋服を販売するネットショップをおすすめします。 まとめ フレンチブルドッグは、たくさんの魅力に溢れている犬種です。 想像以上に甘えん坊でペットとしては最適ですし、無駄吠えもしないのでマンションでも気兼ねなく飼育できます。 ただ、ワンちゃんを飼育するのは楽しいことばかりでなく、大変な部分もあります。 だからこそ、フレンチブルドッグの良い面も悪い面も事前に知っておき、全てを受け入れてあげましょう。 そして、ブリーダーからお迎えした後は愛情を存分に注ぎながら育ててくださいね。

次の