三井住友visaデビューカード。 三井住友カードデビュープラスが学生に評判が良い理由

三井住友カード デビュープラスのメリットとデメリット

三井住友visaデビューカード

この記事によって分かること• どちらも日常でメインカードとして使う価値のあるカードだと言えます。 比較したいのはそれ以外の還元率です。 両カードとも、若者がよく使うであろうショッピングサイトに対する優待ポイントを付けています。 まず、もっとも利用頻度が高いと思われるAmazonでの還元率を比較してみましょう。 Amazonでの利用に関しては、ファッションカテゴリは期間限定で倍数に変更がある場合もありますが、どちらのカードを使っても、ほとんど同じといえます。 スターバックスにいたっては5. セブン-イレブンを利用していて、なおかつスターバックスでコーヒーをよく購入する方ならまちがいなくJCB CARD Wを選んだほうがいいことがわかりますね。 まとめると、ポイント優遇の面だけを見て考えると、JCB CARD Wの方が有利だと言えます。 海外旅行傷害保険 デビュープラスは無し。 JCB CARD Wは利用付帯! クレジットカードには、海外旅行先で怪我をしたり、体調を崩したりして病院にかかった場合の治療費を補償してくれる「海外旅行傷害保険」が付いているカードがあります。 その海外旅行傷害保険ですが、三井住友カード デビュープラスには付いていません。 なので、海外旅行の前に、別で海外旅行傷害保険にしっかりと加入しておく必要があります。 ちなみにJCB CARD Wの方ですが、こちらには「利用付帯の海外旅行傷害保険最高2,000万円」が付いています。 利用付帯というのは、そのカードで、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を支払った場合のみに適用される保険です。 ただ持っているだけではなく、旅行費用や交通費をカードで支払う必要があるのですが、それでも何もないよりは付帯されているほうが心強いですね。 「そもそも海外旅行に行かないから保険は関係ない」といった方々は一切気にしなくていい点です。 三井住友カード デビュープラスは切り替わり時に自動でゴールドを持てる! 三井住友カード デビュープラスは、25歳を過ぎてから到来した更新のタイミングで「三井住友カード プライムゴールド」に切り替わります。 プライムゴールドは30歳までの方が持てるゴールドカードです。 そして30歳を過ぎてからの更新のタイミングで今度は年齢制限のない、三井住友カード ゴールドに切り替わります。 通常、ゴールドカードに申し込むと会社側で審査が行われ、場合によっては落ちることもあります。 デビュープラスから積み重ねてきた利用実績もあるので、ゴールド発行を断られる可能性は低いと思われます。 ゴールドの年会費が高いと思える方は、年会費1,250円 税別 の三井住友カードへの更新も可能です JCB CARD W は40歳以降も使える! JCB CARD Wは39歳以下まで、と公式サイトに書いてあります。 しかしこれは、あくまで「入会資格が39歳以下まで」という意味なので、39歳を超えても引き続きJCB CARD Wを利用できます コールセンターに電話をして確認しました。 もちろん、JCB CARD Wを他のカードに切り替えることもできます。 ゴールドカードに切り替えたい場合は、コールセンターに電話をすれば切り替え手続き、また審査などについての説明がされるとのことです。 三井住友カード デビュープラスは25歳以上になると更新のタイミングで切り替わり、もうデビュープラスは使えなくなってしまいますが、JCB CARD Wは一度発行したら本人が解約するまでずっと使えます。 特典も変わりなく使えますし、同じカードを継続して使いたい人には良い仕様ですね。 JCBは海外で不便なケースもある!VISAも必要 「三井住友カード デビュープラス」と「JCB CARD W」両カードの大きな違いは「国際ブランド」です。 JCBは国内ではほとんどの店で利用できますが(利用できない店も少なからずあります)、海外ではハワイなどメジャーな観光地を除いて対応していない場所が多く、JCB自体が日本独自のブランドなので致し方ないとも言えます。 対してVISAは海外での支払いに強く、クレジットカード決済の機械を搭載しているレジならまず必ずVISAは使えるといっても過言ではないでしょう。 カードを持つ時は、例えばVISAとJCBなど異なる国際ブランドを持っておくと便利です。 JCB CARD Wを持つなら、一緒にVISAブランドのクレジットカードも1枚持っておくといいでしょう。 単純にセブン-イレブンやスタバなどの優待店に対するポイント還元率が優れているという点はもちろんですが、更新時に40歳を過ぎていてもそのまま使い続けられるのも魅力です。 JCB CARD W と JCB CARD W plus L 入会後3か月間はポイント4倍キャンペーン実施中!! 現在、 JCB CARD W と JCB CARD W plus Lの新規入会者を対象とした「新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン」が行われています。 JCBオリジナルシリーズは基本還元率が0. 5%ですが、JCB CARD W と JCB CARD W plus Lの還元率は、2倍の1%です 1,000円=2ポイント付与。 キャンペーン中に入会すると、入会後3か月間の利用はポイント4倍、つまり1%増えて合計で2%還元です。 いつでもどこでも2%還元でショッピングができるのはとてもありがたいですね。 キャンペーン期間は2020年6月1日(月)~7月31日(金)新規カードご入会分です。 なお、JCB CARD W と JCB CARD W plus Lは、もともとポイントが倍になる優待店があります。 以下の店でJCB CARD W か JCB CARD W plus Lを使うと、それぞれの店に設定されているボーナスポイントがもらえます。 セブン-イレブン• スターバックス• Amazon• エッソ・モービル・ゼネラル• 昭和シェル石油• etc…… さらにAmazon. jpのご利用でポイント10倍! キャンペーン期間中にAmazon. 「入会後3ヵ月ポイント4倍!キャンペーン」と組み合わせて、ポイント10倍となります。 スターバックスでいつでもポイント10倍 5% です。 キャンペーン終了後も、いつでもどこでもポイント2倍 1% 以上 キャンペーンが終了しても、JCB CARD W と JCB CARD W plus Lはつねに1%以上の還元率。 ポイントが貯まりやすいカードを探している方にオススメの一枚です。 また両カードとも無条件で年会費無料なのも嬉しいですね。

次の

JCB CARD Wと三井住友カード デビュープラス。25歳までの若者が比べて選ぶならどっち?

三井住友visaデビューカード

三井住友カードは1967年設立の老舗のカード会社• 日本におけるVISAのパイオニア的存在 日本で初めてVISAカードを発行したのも三井住友カードで、VISAのパイオニア的存在でもあります。 三井住友カードは誰もが聞いたことのあるカード会社だと思いますし、VISAと言ったら三井住友カードを思い浮かべるくらい知名度がありますね。 三井住友フィナンシャルグループの一員である三井住友カードは、 銀行系のクレジットカードとしてしっかりしたイメージがあるだけでなく、セキュリティ面やサービス面も充実していることから安心して使うことができます。 そのため、初めてのクレジットカードに三井住友カードを選ぶ方が多いですし、しっかりしたクレジットカードを持ちたい方にも人気があります。 デビュープラス• 三井住友カード• 三井住友カードA• アミティエ 学生が持てる三井住友カードはこの4種類です。 デビュープラスは、18歳から25歳限定で学生や新社会人向けに作られているクレジットカードです。 三井住友カードは、学生でも持てるスタンダードな一般カードです。 アミティエは、女性向けのカードです。 旅行保険が充実しているので、海外や国内での旅行の際に心強いサポート役になってくれます。 この3つのカードの特徴を簡単にまとめてみます。 比較項目 デビュープラス 三井住友カード A アミティエ 初年度年会費 無料 無料 無料 無料 翌年度以降年会費 前年1回以上の利用で無料 在学中無料 275円 在学中無料 旅行傷害保険 なし 海外 海外・国内 海外・国内 特典 ポイント2倍、入会後3か月は5倍、ゴールドカードに自動切替 - 旅行保険が自動付帯 携帯料金ポイント2倍 三井住友カードならどのクレジットカードを選んでもいいですが、学生さんには学生向けの三井住友カードデビュープラスがおすすめです。 デビュープラスは学生限定のクレジットカードではありませんが、年会費実質無料やポイント高還元などのサービスで、学生さんが使いやすいと思います。 18歳~25歳以下限定• 初年度年会費無料• 年1回以上の利用で翌年度年会費無料• ポイントは通常カードの2倍• 入会後3か月間はポイント5倍• 満26歳以降のカード更新時にプライムゴールドにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、18歳以上25歳以下限定の若者向けのクレジットカードです。 学生限定というわけではありませんが、クレジットカードを初めて持つ学生や新社会人用に提供されています。 カード名に「デビュー」とある通りで、 年会費やポイント制度などがクレジットカードデビューする方でも使いやすい内容になっていることが特徴です。 実質年会費無料!年に1回使うと無料になる 三井住友カードデビュープラスは、初年度年会費無料です。 年1回以上カードを使うと、翌年度も無料で使うことができます。 年に1回少額のカード決済でも年会費が無料になるので、実質年会費無料と言ってもいいですね。 学生さんの場合には、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。 クレジットカードは年会費無料のものから、年会費が1,375円から1,500円程度の一般カード、11,000円のゴールドカード、それ以上の年会費がかかるプラチナカードやブラックカードなど、ピンからキリまであります。 クレジットカードはグレードが高くなるに連れて年会費が上がり、年会費に応じてサービス内容も比例することが一般的です。 クレジットカードで充実したサービスを受けるのは先々のこととして考えるようにして、学生のうちはまず年会費無料のクレジットカードや学生向けのクレジットカードが良いと思います。 特に学生向けクレジットカードは、年会費や付帯サービスが学生に優しい内容で使いやすいです。 また、学生向けカードの審査基準は一般カードとは違って、大学生や専門学校生でも持てるように作られています。 三井住友カードの通常のポイントプログラム• 1,000円利用につき1ポイント• 1ポイント=5円分相当のポイント移行で還元率0. 5% 三井住友カードのポイント還元率は、通常だと0. 5%程度です。 1ポイントが5円分相当として換算される三井住友カードiD、楽天スーパーポイント、dポイント、Amazonギフト券、ビックポイント等に交換すると、ポイント還元率は0. 5%になります。 (1ポイント=3円分相当になる現金キャッシュバックや、交換レートの下がるポイント移行を選ぶと還元率は0. 5%よりも低くなります。 ) デビュープラスは、通常カードのポイント2倍で、2ポイントもらえるポイントプログラムになっています。 デビュープラスのポイントプログラム• 通常カードの2倍ポイント• 入会後3か月間はポイント5倍• 還元率1. ポイント2倍と聞いても具体的にどれくらいスゴイのか分からないかもしれませんが、 ポイント還元率にすると1. 0%程度です。 さらに入会後3か月間はポイント5倍なので、還元率は2. 5%程度になります。 クレジットカード業界ではポイント還元率が0. 5%だと普通で、ポイント還元率が1. 0%以上のものは高還元と言われています。 大手のクレジットカードは残念なポイント還元率になっていることが多いのですが、三井住友カードデビュープラスは還元率が高くてお得です。 三井住友カードやアミティエの旅行傷害保険付帯も気になりますが、旅行先での補償が不要な場合には特に必要のないサービスとなってしまいます。 それよりも、お得なポイント還元率のデビュープラスを選ぶ方が賢い選択ですね。 クレジットカードの最大のメリットは、ポイントで還元されてお得なこと。 クレジットカードを使う機会が少ない学生の方でも、高還元カードを選べばカードを使った分だけしっかり還元されるね。 使い続けているとゴールドカードにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、使い続けていると満26歳以降のカード更新で、三井住友カードプライムゴールドにランクアップします。 プライムゴールドとは20代限定のゴールドカードで、年会費5,500円で通常のゴールドカードと同等のサービスが受けられます。 (マイ・ペイすリボの登録とWEB明細サービスの利用で、年会費は1,650円に割り引きされます。 ) デビュープラスは、使い続けると自動的にゴールドカードへランクアップするシステムになっています。 18歳から25歳までの間はデビュープラスで… 26歳以降のカード更新時にプライムゴールドへと自動切替されます。 ゴールドカードが不要な場合には、一般カードの三井住友カードへ切り替えることもできます。 ゴールドカードの審査基準は昔ほど厳しいものではなく、年収300万円ほどあれば持てる時代と言われてますが、誰でも簡単に持てるものではありません。 そのゴールドカードをいずれ持てるシステムになっている三井住友カードデビュープラスは、とても良いと思います。 今はそれほどクレジットカードのステータスを気にしないかもしれませんが、 社会人になるとどこで出しても恥ずかしくないステータス性を意識するようになってきます。 プライムゴールドを持っていれば同年代に差がつきますし、誰もが知っている三井住友カードのゴールドの色のカードは、支払いでちょっと良い格好をしたい時に役立つでしょう。

次の

いつでもポイント2倍。三井住友カードデビュープラスのメリット・デメリット

三井住友visaデビューカード

ポイント1三井住友カード デビュープラスの特徴 三井住友カード デビュープラスは、が発行している18歳から25歳のためのクレジットカード。 大学生や専門学校生はもちろん、社会人になりたての方なども申込が可能なVisaカードとなっているので、『自分は若い! 』というメリットを、存分に味わってみて欲しい(高校生を除く18歳以上であれば申込可能)。 三井住友カード デビュープラスを申し込める人 ややわかりにくなっているので、三井住友カード デビュープラスを申込可能な方を簡単にまとめてみた。 基本的には高校生を除く18歳以上から25歳までの方で、学生か仕事がある方であれば問題なく申込が可能となっている(フリーターなどはOKだが、無職は申込不可)。 比較項目 申込可能? 上記に表に当てはまるような方の場合には、を持つよりもこの三井住友カード デビュープラスのほうがお得。 クレジットカードが欲しいなら、こちらのカードを申し込んでみて欲しい。 ポイント2三井住友カード デビュープラスの利点 三井住友カード デビュープラスの利点をまとめてみた。 ポイントがいつでも2倍が一番の利点 三井住友カード デビュープラスの一番の利点といえば、それはやはりクレジットカード利用で貯まるポイントが通常の三井住友カードと比べて2倍貯まるということ。 これは当たり前の話だが2倍のスピードでポイントを貯めることが可能になるため、より商品券などに交換しやすくなることを意味する。 できる限りカードを効率良く利用してポイントをため、家計の節約につなげることが大事であると言える。 ぜひ、ポイントが2倍貯まりやすい三井住友カード デビュープラスを活用してみてほしい。 年に1度の利用で年会費が無料 三井住友カード デビュープラスの年会費は原則無料。 作成した1年目に1度でも利用すれば翌年は無料、その翌年にまた1度でも利用すればその翌年の年会費が無料になる。 利用年数 条件 年会費金額 1年目年会費 キャンペーン中につき初年度年会費無料 2年目年会費 1年目に利用があった場合 無料 1年目に利用がなかった場合 1,375円(税込) 3年目年会費 2年目に利用があった場合 無料 2年目に利用がなかった場合 1,375円(税込) 4年目年会費 3年目に利用があった場合 無料 3年目に利用がなかった場合 1,375円(税込) このようにコンビニでもスーパーマーケットでもどこでもいいので、三井住友カード デビュープラスを1年のうちに1度でも利用すれば翌年の年会費が無料になるため、よほどズボラな方でない限りは25歳まで年会費無料で利用し続けることができるだろう。 入会後3ヶ月はポイントがいつでも5倍 三井住友カード デビュープラスを入会後3ヶ月以内に利用すると、通常2倍のポイント倍率が5倍になるキャンペーンを実施中! 通常のを使って貯まるVポイントが5倍貯まるというのは、とんでもないポイント倍率となっているため、もしこのカードを入手可能な年齢の方は、このポイント5倍期間だけのために三井住友カード デビュープラスを作ってみても元が取れることだろう(家電や家具購入、海外旅行などに使うとポイントが一気に貯まる)。 結婚式の費用や出産費用などの支払いにもこのカードは利用可能。 ぜひ、このポイント5倍期間を効率良く使ってみて欲しい。 ポイント3三井住友カード デビュープラスの注意点 メリットばかりと思われる三井住友カード デビュープラスにも、いくつか注意点(デメリット)は存在する。 そのあたりをわかりやすくまとめてみた。 海外旅行保険が付帯されていない 三井住友カード デビュープラスには、残念ながらには付いているが付帯されていない。 海外に旅行や出張でよく行く・このカードで海外旅行を検討しているという方には注意が必要。 どうしても無料で海外旅行保険に加入したいという場合には他のクレジットカードで加入しても良いだろうし、一度や二度の海外であれば成田空港や関西国際空港などで海外旅行保険に加入しても良いはずなので、そのあたりは柔軟に考えてみてほしい。 ポイント4三井住友カード デビュープラスのその他情報 三井住友カード デビュープラスに関するその他の情報まとめ。 三井住友カード デビュープラスは盗難保険付き 三井住友カード デビュープラスは付き。 盗難保険についてあまり詳しくないという方のために解説すると、この保険はあなたが万が一、三井住友カード デビュープラスを落としてしまったり、盗まれてしまった場合でもその損害を補償してくれる有り難い存在のこと。 仮に10万円悪用されてしまっても、300万円悪用されてしまったとしても、あなたの負担額はこの保険があるかぎり0円で済む(所定の保険申請手続きをした場合)。 クレジットカードを持つのはなんとなく怖い…と思っている方も、この保険があるかぎり安心して利用することができることだろう。 むしろ大金を持ち歩いて落としてしまった場合には戻ってくる可能性は低いことを考えると、三井住友カード デビュープラスのほうが安心とさえ言えることだろう。 満26歳になったら三井住友カード プライムゴールドに 三井住友カード デビュープラスを持っていて、26歳になったらどうなるのか心配される方もいると思う。 満26歳になった後の最初のカード更新時より、にランクアップになる。 うれしいことに、Vポイントが1,000ポイントもらえる。 三井住友カード プライムゴールドは、20代限定のゴールドカード。 三井住友カード プライムゴールドは、と同等のサービスを受けられるが、年会費が通常のゴールドカードより安くなっている。

次の