ピクテ グローバル インカム 値下がり。 投資信託のモーニングスター|スナップショット[ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)]

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

ピクテ グローバル インカム 値下がり

安心して長期保有できる、「毎月分配型」の投資信託を2本紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「分配の【実績】と【適正度】のダブルでチェック! 長期で安心の【分配型投信】11本」を掲載。 「毎月分配型」など、分配の回数が多い投資信託の場合、「途中で分配金を減らされないか」「無理な分配をしていないか」など、心配がつきもの。 そこで、この特集では、減配リスクが少なく、長期で安心して保有できる分配型の投資信託を11本紹介している。 今回は、その中から2本の投資信託を抜粋! 商品の魅力・リスクに加えて、分配金の推移や投資対象、販売会社なども詳しく紹介するので、投資先選びの参考にしてほしい! 長期的に安心して保有できる毎月分配型の投資信託を2本紹介! 実際に儲かっているかがわかる「本当の利回り」も確認しよう ダイヤモンド・ザイ12月号の特集「分配の【実績】と【適正度】のダブルでチェック! 長期で安心の【分配型投信】11本」では、「毎月分配型」などの分配回数が多い投資信託を対象に、 「この10年で分配金を減らしていない」「無理な分配をしていない」という2つの条件でチェック。 そのうえで、長期的に安心して保有できる投資信託を11本絞り込んでいる。 国内外の債券型もあれば、リート型、バランス型の投資信託も。 ここでは、その中から「グローバル債券型」と「先進国株型」の毎月分配型の投資信託を紹介していこう。 なお、紹介する際は、の投資信託の特集ではおなじみの 「本当の利回り」も取り上げている。 「本当の利回り」とは、 基準価額が下落した場合、その下落分を分配金の合計から差し引いた利回りのこと。 高い分配金を受け取っていても、基準価額が合計分配額より下落していたら、元本取り崩しが行なわれたことになり、「本当の利回り」はマイナスとなる。 「」は、北米、欧州、オセアニアの3地域の「ソブリン債」に投資している。 「ソブリン債」とは、政府または政府の関係機関が発行したり保証している債券のことで、具体的には国債や政府機関債のこと。 利率は低いが、信用格付けが高い点が魅力。 この投資信託の場合、3地域に分散投資しており、しかも先進国の国債、それも格付けA以上の債券の比率が8割以上と多いため、 リスクはかなり限定的といえる。 3%で、そこから計算される適正分配金は25. 実際の分配金は30円なので「適正分配度(利益からみて適正な分配金を、実際の分配金を割って算出。 高いほど健全)」は85%と、無理な分配はしていない。 基準価額は安定的に推移しており、安心感は高い。 「本当の利回り」の3年平均は3%超と、こちらも魅力的な水準だ。 ただし、各地域で景気減速の懸念が高まっている点は、リスク要因なので注意しておこう。 「新光ピクテ世界インカム株式ファンド(毎月決算型)」は 米国への投資比率が高く、米国の景気の影響を受けやすい 次に紹介するのは、「先進国株型」の「」だ。 「」は、電力会社や天然ガス供給会社など、先進国の好配当の公益株に投資する。 「グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド」と「ピクテ・グローバル公益株ファンド」の2つの投資信託に投資する「ファンド・オブ・ファンズ」の形態をとる。 基本の投資比率は前者が70%、後者が30%。 2019年8月末の投資比率もほぼ同様だ。 どちらの投資信託も、米国への投資比率が60%以上となっており、 米国の景気動向に影響される度合いが大きい点は留意したい。 なお、組み入れ上位銘柄は「グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド」のもの。 分配金は10年間、毎月30円を継続。 2019年8月末の予想配当利回りは両ファンドとも3. 8%で、適正分配金は20. 「適正分配度(利益からみて適正な分配金を、実際の分配金を割って算出。 高いほど健全)」は69%と、まずまずなレベルだ。 さて、ここまで安心して保有できる「毎月分配型」の投資信託を2本紹介した。 ダイヤモンド・ザイ12月号では、そのほかに9本の分配型の投資信託を掲載。 さらに、株主優待株メインで投資する個人投資家の座談会や、多くの株主優待株を分析してわかった、「株主優待の廃止・改悪を避けるための3つの注意点」なども紹介している。 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ12月号は、新連載の「AKB48武藤十夢のわくわくFX生活」や「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」「NISAの【買い】と【売り】の年末戦略」「人気の毎月分配型100本の『分配金』速報データ」「定年退職までのロードマップ【番外編】シニア限定の割引サービス40連発!」「かんぽって何が問題? 郵政ブランドはなぜ地に落ちたのか」など、今月もお得な情報が充実! ダイヤモンド・ザイ12月号は、全国の書店や・で好評発売中!.

次の

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配)の評価や評判は?今後の分配金の見通しは?

ピクテ グローバル インカム 値下がり

上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。 基準価額・基準価額 分配金再投資 ・分配金は、1万口当たりです。 基準価額・基準価額 分配金再投資 は、運用管理費用(信託報酬)控除後の値です。 基準価額 分配金再投資 は、分配実績がある場合には分配金(税引前)を再投資したものとして計算していますが、分配実績のない場合には基準価額を表示しています。 なお、単位型投資信託の場合、分配金は再投資されませんのでご留意ください。 「設定来」選択時の「表示期間の騰落率」は、10,000円を起点として計算しています。 また、それ以外は開始日の基準価額を起点として計算しています。 分配実績がある場合は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。 実際のファンドでは、課税条件によってお客さまごとの騰落率は異なります。 また費用・税金等は考慮していません。 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。 分配金実績(税引前) 決算日 基準価額 分配金実績(税引前) 2020年06月18日 2,304円 10円 2020年05月18日 1,941円 15円 2020年04月20日 2,290円 15円 2020年03月18日 2,236円 15円 2020年02月18日 3,463円 15円 2020年01月20日 3,419円 15円 2019年12月18日 3,369円 15円 2019年11月18日 3,165円 15円 2019年10月18日 3,247円 15円 2019年09月18日 3,259円 15円 2019年08月19日 3,197円 15円 2019年07月18日 3,446円 15円 2019年06月18日 3,304円 15円 2019年05月20日 3,123円 15円 2019年04月18日 3,272円 15円 2019年03月18日 3,361円 15円 2019年02月18日 3,343円 15円 2019年01月18日 3,137円 15円 2018年12月18日 3,176円 15円 2018年11月19日 3,247円 15円 2018年10月18日 3,197円 30円 2018年09月18日 2,858円 30円 2018年08月20日 3,083円 30円 2018年07月18日 3,171円 30円 2018年06月18日 3,065円 30円 2018年05月18日 3,220円 30円 2018年04月18日 3,363円 30円 2018年03月19日 3,447円 60円 2018年02月19日 3,508円 60円 2018年01月18日 3,870円 60円 2017年12月18日 3,992円 60円 2017年11月20日 4,181円 60円 2017年10月18日 4,316円 60円 2017年09月19日 4,384円 60円 2017年08月18日 4,339円 60円 2017年07月18日 4,274円 60円 2017年06月19日 4,276円 60円 2017年05月18日 4,463円 60円 2017年04月18日 4,282円 60円 2017年03月21日 4,424円 60円 2017年02月20日 4,356円 60円 2017年01月18日 4,222円 60円 2016年12月19日 4,156円 60円 2016年11月18日 3,690円 60円 2016年10月18日 3,965円 60円 2016年09月20日 3,828円 60円 2016年08月18日 3,989円 90円 2016年07月19日 4,313円 90円 2016年06月20日 3,887円 90円 2016年05月18日 4,084円 90円 2016年04月18日 4,139円 90円 2016年03月18日 3,969円 90円 2016年02月18日 3,629円 90円 2016年01月18日 3,725円 90円 2015年12月18日 4,136円 90円 2015年11月18日 4,365円 90円 2015年10月19日 4,348円 90円 2015年09月18日 4,265円 90円 2015年08月18日 5,252円 90円 2015年07月21日 5,850円 90円 2015年06月18日 5,893円 90円 2015年05月18日 6,109円 90円 2015年04月20日 6,112円 90円 2015年03月18日 5,691円 90円 2015年02月18日 6,471円 90円 2015年01月19日 6,745円 90円 2014年12月18日 6,416円 90円 2014年11月18日 6,912円 90円 2014年10月20日 6,379円 90円 2014年09月18日 7,277円 90円 2014年08月18日 6,936円 90円 2014年07月18日 7,224円 90円 2014年06月18日 7,284円 90円 2014年05月19日 7,182円 90円 2014年04月18日 7,138円 90円 2014年03月18日 6,672円 90円 2014年02月18日 6,529円 90円 2014年01月20日 6,719円 90円 2013年12月18日 6,545円 90円 2013年11月18日 6,690円 90円 2013年10月18日 6,907円 90円 2013年09月18日 6,585円 90円 2013年08月19日 6,307円 90円 2013年07月18日 6,825円 90円 2013年06月18日 6,804円 90円 2013年05月20日 8,224円 90円 2013年04月18日 7,851円 90円 2013年03月18日 7,611円 90円 2013年02月18日 7,271円 90円 2013年01月18日 6,717円 90円 2012年12月18日 6,093円 90円 2012年11月19日 5,816円 120円 2012年10月18日 6,280円 120円 2012年09月18日 6,387円 120円 2012年08月20日 6,649円 120円 2012年07月18日 6,584円 120円 2012年06月18日 6,371円 120円 2012年05月18日 6,693円 120円 2012年04月18日 7,400円 120円 2012年03月19日 8,105円 120円 2012年02月20日 8,002円 120円 2012年01月18日 7,432円 120円 2011年12月19日 7,212円 120円 2011年11月18日 7,650円 120円 2011年10月18日 8,058円 120円 2011年09月20日 8,070円 120円 2011年08月18日 8,595円 120円 2011年07月19日 9,496円 120円 設定来累計 7,735円• 上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。 基準価額・基準価額 分配金再投資 ・分配金は、1万口当たりです。 基準価額・基準価額 分配金再投資 は、運用管理費用(信託報酬)控除後の値です。 基準価額 分配金再投資 は、分配実績がある場合には分配金(税引前)を再投資したものとして計算していますが、分配実績のない場合には基準価額を表示しています。 なお、単位型投資信託の場合、分配金は再投資されませんのでご留意ください。 過去1年の月報• 過去の運用報告書 全体版•

次の

ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配)[42311052] : 投資信託 : 運用実績 : 日経会社情報DIGITAL : 日経電子版

ピクテ グローバル インカム 値下がり

安心して長期保有できる、「毎月分配型」の投資信託を2本紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「分配の【実績】と【適正度】のダブルでチェック! 長期で安心の【分配型投信】11本」を掲載。 「毎月分配型」など、分配の回数が多い投資信託の場合、「途中で分配金を減らされないか」「無理な分配をしていないか」など、心配がつきもの。 そこで、この特集では、減配リスクが少なく、長期で安心して保有できる分配型の投資信託を11本紹介している。 今回は、その中から2本の投資信託を抜粋! 商品の魅力・リスクに加えて、分配金の推移や投資対象、販売会社なども詳しく紹介するので、投資先選びの参考にしてほしい! 長期的に安心して保有できる毎月分配型の投資信託を2本紹介! 実際に儲かっているかがわかる「本当の利回り」も確認しよう ダイヤモンド・ザイ12月号の特集「分配の【実績】と【適正度】のダブルでチェック! 長期で安心の【分配型投信】11本」では、「毎月分配型」などの分配回数が多い投資信託を対象に、 「この10年で分配金を減らしていない」「無理な分配をしていない」という2つの条件でチェック。 そのうえで、長期的に安心して保有できる投資信託を11本絞り込んでいる。 国内外の債券型もあれば、リート型、バランス型の投資信託も。 ここでは、その中から「グローバル債券型」と「先進国株型」の毎月分配型の投資信託を紹介していこう。 なお、紹介する際は、の投資信託の特集ではおなじみの 「本当の利回り」も取り上げている。 「本当の利回り」とは、 基準価額が下落した場合、その下落分を分配金の合計から差し引いた利回りのこと。 高い分配金を受け取っていても、基準価額が合計分配額より下落していたら、元本取り崩しが行なわれたことになり、「本当の利回り」はマイナスとなる。 「」は、北米、欧州、オセアニアの3地域の「ソブリン債」に投資している。 「ソブリン債」とは、政府または政府の関係機関が発行したり保証している債券のことで、具体的には国債や政府機関債のこと。 利率は低いが、信用格付けが高い点が魅力。 この投資信託の場合、3地域に分散投資しており、しかも先進国の国債、それも格付けA以上の債券の比率が8割以上と多いため、 リスクはかなり限定的といえる。 3%で、そこから計算される適正分配金は25. 実際の分配金は30円なので「適正分配度(利益からみて適正な分配金を、実際の分配金を割って算出。 高いほど健全)」は85%と、無理な分配はしていない。 基準価額は安定的に推移しており、安心感は高い。 「本当の利回り」の3年平均は3%超と、こちらも魅力的な水準だ。 ただし、各地域で景気減速の懸念が高まっている点は、リスク要因なので注意しておこう。 「新光ピクテ世界インカム株式ファンド(毎月決算型)」は 米国への投資比率が高く、米国の景気の影響を受けやすい 次に紹介するのは、「先進国株型」の「」だ。 「」は、電力会社や天然ガス供給会社など、先進国の好配当の公益株に投資する。 「グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド」と「ピクテ・グローバル公益株ファンド」の2つの投資信託に投資する「ファンド・オブ・ファンズ」の形態をとる。 基本の投資比率は前者が70%、後者が30%。 2019年8月末の投資比率もほぼ同様だ。 どちらの投資信託も、米国への投資比率が60%以上となっており、 米国の景気動向に影響される度合いが大きい点は留意したい。 なお、組み入れ上位銘柄は「グローバル・ユーティリティーズ・エクイティ・ファンド」のもの。 分配金は10年間、毎月30円を継続。 2019年8月末の予想配当利回りは両ファンドとも3. 8%で、適正分配金は20. 「適正分配度(利益からみて適正な分配金を、実際の分配金を割って算出。 高いほど健全)」は69%と、まずまずなレベルだ。 さて、ここまで安心して保有できる「毎月分配型」の投資信託を2本紹介した。 ダイヤモンド・ザイ12月号では、そのほかに9本の分配型の投資信託を掲載。 さらに、株主優待株メインで投資する個人投資家の座談会や、多くの株主優待株を分析してわかった、「株主優待の廃止・改悪を避けるための3つの注意点」なども紹介している。 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ12月号は、新連載の「AKB48武藤十夢のわくわくFX生活」や「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」「NISAの【買い】と【売り】の年末戦略」「人気の毎月分配型100本の『分配金』速報データ」「定年退職までのロードマップ【番外編】シニア限定の割引サービス40連発!」「かんぽって何が問題? 郵政ブランドはなぜ地に落ちたのか」など、今月もお得な情報が充実! ダイヤモンド・ザイ12月号は、全国の書店や・で好評発売中!.

次の