大阪市 西区 皮膚科。 大阪市西区の皮膚科の病院・クリニック 21件 【病院なび】

口コミ・評判 15件: なかむら皮フ科

大阪市 西区 皮膚科

皮膚科小手術 皮膚の表面やその直下には様々な色素斑や盛り上がったできものが発生します。 中には生まれた時から存在するものもありますが、たいていは気づいたらできていた物や、はじめは小さかったのにだんだんと大きくなってきたということが多いかと思われます。 受診される目的として、そのできものが何なのか、悪いもの(悪性)ではないのかを知りたい、できれば切除してしまいたいなどの要望があると思います。 手術方法として当院では、隆起性皮膚腫瘍を中心にメスを使用する場合や、短時間でメスを使わない方法(レーザー)などがあります。 以前からあるイボやホクロが急に大きくなった場合、最近新たにイボやホクロが出てきた場合、易出血性である場合や表面が汚い場合は速やかな処置が必要となりますので、まずはご相談ください。 生まれながらの物と、思春期ころに現れるものとがあります。 通常は発毛は伴いませんが、思春期ころから目立ってくる少し濃い発毛をともなうベッカー母斑もあります。 扁平母斑は自然には消えることはありませんので、ご本人が気になるものが治療対象となります。 従来はドライアイスをあてたり、グラインダーで削ったりしていましたが、レーザーを照射すると消失したり、薄くなる事が期待出来ますが、レーザーを照射してしばらくは消えていたものが次第に再発したり、レーザーが効かない場合もあります。 太田母斑や蒙古斑に比べて再発率は高いことは承知しておいてください。 当院のレーザーは偏平母斑に保険が適用されています。 画像:皮膚病アトラスより アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎とは、先天性過敏症の一種で、湿疹を伴う皮膚炎のうちでアレルギー反応と関連があるものをいいます。 症状としては痒みを伴うこと、ジクジクしたぶつぶつ(丘疹ができ、皮がむけてカサブタになる 状態です。 発疹はおでこ、目のまわり、口のまわり、くび、肘・膝・手首などの関節周囲、背中やお腹などに出やすいです。 アトピー性皮膚炎の原因としては、発汗、環境、細菌真菌、接触抗原、ストレス、食物などが考えられますが、個人個人によって原因はそれぞれ異なります。 診断の参考になるものとして、家族に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎があるか、過去に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などがあったか、血清IgE値の上昇があるかなどが挙げられます。 しみ シミができる最も多い原因は「紫外線」。 紫外線が肌に当たると、メラニン色素が作り出されて、肌を守るために肌を黒くします。 その結果シミができます。 健康な肌のターンオーバーが行なわれている状態なら問題はないのですが、長い時間太陽光にあたり過剰にメラニン色素が作り出されたり、肌のターンオーバー機能が低下すると、メラニン色素が肌に残り、シミになってしまいます。 10年前、20年前の紫外線照射がシミとなってあらわれます。 加齢によってできるシミは、新陳代謝が衰えることも一因です。 紫外線や加齢以外には「ストレス」もシミの遠因になります。 ストレスが貯まると肌のターンオーバー機能が狂いがちになるためと考えられます。 女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが多く分泌されると、シミができやすくなることがわかっていますので、ピルなどホルモン剤を服用している人は注意が必要です。 男性型脱毛症(AGA) 男性に多くみられる脱毛症のことです。 他の脱毛症と違い思春期以降に生え際や頭頂部の髪が薄くなり進行していくのが特徴です。 また、AGAは進行性で、何もせずにいると徐々に進んで行きます。 まずは早めのケアが大切です。 『プロペシア錠』は、1日1回の内服薬。 抜け毛の原因物質へ変換する酵素を阻害し、男性型脱毛症の進行を抑えます。 プロペシア錠は、アメリカをはじめ世界60カ国以上で承認されている安全性と信頼性の高い製品です。 両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる• 思春期より後になってから抜け始め進行している• うぶ毛のような毛が多くなりハリ・コシがなくなった• シャンプーやブラッシングした時の抜け毛が多くなった• 枕元に残った抜け毛が以前より多くなった 上記の項目はいずれもAGAの特徴を示しています。 1つでも当てはまる方や気になる方は早めにご相談ください。 ボトックス BOTOX(ボトックス)とは、1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認されたボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。 筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉を萎縮させる作用があります。 もともとボトックスは、眼瞼痙攣や顔面痙攣を抑えるため、筋肉を萎縮させる治療薬として使われていました。 ボトックスが小顔やシワの解消の治療に使用されるようになったのは、筋肉を萎縮させる作用にあります。 他にも、ふくらはぎの筋肉が発達して太くなってしまっている人は、ボトックスによる痩身治療の効果が期待でき、多汗症に悩んでいる人には、ボトックスでアセチルコリンを抑制すれば、多汗症の改善につながります。 このように多様に使える事と、気軽に受けれる事で、近年ボトックスを希望される方が増えております。

次の

大阪市西区・本町駅/皮膚科・美容皮膚科は桃源会クリニックまで

大阪市 西区 皮膚科

診察順番予約についてのお知らせ 2020. その際は改めて番号を取っていただくことになりますのでご注意ください。 新型コロナウイルスへの感染対策 2020. 13 新型コロナウイルス院内感染防止のため、当院に受診の際には マスクの着用をお願いします。 受付時には、まず手指消毒を行ってください。 待合室ではできるだけ間隔を空けてお座りいただき、会話も最小限にお控えください。 院内の混雑の緩和のためアイチケットの予約番号ギリギリにお越しください。 ご協力よろしくお願い致します。 風邪の症状や発熱、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)などのある方は来院をお控えください。 当院に定期通院中の方は、お電話でお問い合わせください。 新型コロナウイルス感染症について、大阪市在住の方は下記ホームページをご参照ください。 木曜日の診察について 2013. 07 木曜日は手術等で予約をされている方のみで一般の診察は行なっておりません。 開院いたしました 2013. 07 平成25年5月7日にくらち皮フ科クリニックを開院いたしました。 あらゆる皮膚の疾患・トラブル、長引く慢性的な症状でお困りの場合はお気軽にご相談ください。 くらち皮フ科クリニックは、地下鉄中央線九条駅6号出口前のナインモール九条商店街入ってすぐにあり、主に保険診療を中心に乳幼児から大人まで皮膚のトラブルに関する診療を行います。 クリニックは1階にあり、バリアフリーになっていますので、車いすの方も安心してお越しください。 アトピー性皮膚炎、じんましん、ニキビなどの一般皮膚疾患から、すり傷、ヤケドの治療、ホクロや粉瘤、脂肪腫などの切除、悪性腫瘍の診断・治療まで、幅広い皮膚科疾患に対応いたします。 特に皮膚腫瘍外科、創傷治癒、褥瘡、糖尿病患者様の足のケア等を専門として多くの臨床経験を積んで参りましたので、皮膚に関するお悩み、つらい症状がある場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

次の

木下皮フ科クリニック | 大阪の美容皮膚科

大阪市 西区 皮膚科

皮膚科小手術 皮膚の表面やその直下には様々な色素斑や盛り上がったできものが発生します。 中には生まれた時から存在するものもありますが、たいていは気づいたらできていた物や、はじめは小さかったのにだんだんと大きくなってきたということが多いかと思われます。 受診される目的として、そのできものが何なのか、悪いもの(悪性)ではないのかを知りたい、できれば切除してしまいたいなどの要望があると思います。 手術方法として当院では、隆起性皮膚腫瘍を中心にメスを使用する場合や、短時間でメスを使わない方法(レーザー)などがあります。 以前からあるイボやホクロが急に大きくなった場合、最近新たにイボやホクロが出てきた場合、易出血性である場合や表面が汚い場合は速やかな処置が必要となりますので、まずはご相談ください。 生まれながらの物と、思春期ころに現れるものとがあります。 通常は発毛は伴いませんが、思春期ころから目立ってくる少し濃い発毛をともなうベッカー母斑もあります。 扁平母斑は自然には消えることはありませんので、ご本人が気になるものが治療対象となります。 従来はドライアイスをあてたり、グラインダーで削ったりしていましたが、レーザーを照射すると消失したり、薄くなる事が期待出来ますが、レーザーを照射してしばらくは消えていたものが次第に再発したり、レーザーが効かない場合もあります。 太田母斑や蒙古斑に比べて再発率は高いことは承知しておいてください。 当院のレーザーは偏平母斑に保険が適用されています。 画像:皮膚病アトラスより アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎とは、先天性過敏症の一種で、湿疹を伴う皮膚炎のうちでアレルギー反応と関連があるものをいいます。 症状としては痒みを伴うこと、ジクジクしたぶつぶつ(丘疹ができ、皮がむけてカサブタになる 状態です。 発疹はおでこ、目のまわり、口のまわり、くび、肘・膝・手首などの関節周囲、背中やお腹などに出やすいです。 アトピー性皮膚炎の原因としては、発汗、環境、細菌真菌、接触抗原、ストレス、食物などが考えられますが、個人個人によって原因はそれぞれ異なります。 診断の参考になるものとして、家族に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎があるか、過去に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などがあったか、血清IgE値の上昇があるかなどが挙げられます。 しみ シミができる最も多い原因は「紫外線」。 紫外線が肌に当たると、メラニン色素が作り出されて、肌を守るために肌を黒くします。 その結果シミができます。 健康な肌のターンオーバーが行なわれている状態なら問題はないのですが、長い時間太陽光にあたり過剰にメラニン色素が作り出されたり、肌のターンオーバー機能が低下すると、メラニン色素が肌に残り、シミになってしまいます。 10年前、20年前の紫外線照射がシミとなってあらわれます。 加齢によってできるシミは、新陳代謝が衰えることも一因です。 紫外線や加齢以外には「ストレス」もシミの遠因になります。 ストレスが貯まると肌のターンオーバー機能が狂いがちになるためと考えられます。 女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが多く分泌されると、シミができやすくなることがわかっていますので、ピルなどホルモン剤を服用している人は注意が必要です。 男性型脱毛症(AGA) 男性に多くみられる脱毛症のことです。 他の脱毛症と違い思春期以降に生え際や頭頂部の髪が薄くなり進行していくのが特徴です。 また、AGAは進行性で、何もせずにいると徐々に進んで行きます。 まずは早めのケアが大切です。 『プロペシア錠』は、1日1回の内服薬。 抜け毛の原因物質へ変換する酵素を阻害し、男性型脱毛症の進行を抑えます。 プロペシア錠は、アメリカをはじめ世界60カ国以上で承認されている安全性と信頼性の高い製品です。 両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる• 思春期より後になってから抜け始め進行している• うぶ毛のような毛が多くなりハリ・コシがなくなった• シャンプーやブラッシングした時の抜け毛が多くなった• 枕元に残った抜け毛が以前より多くなった 上記の項目はいずれもAGAの特徴を示しています。 1つでも当てはまる方や気になる方は早めにご相談ください。 ボトックス BOTOX(ボトックス)とは、1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認されたボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。 筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉を萎縮させる作用があります。 もともとボトックスは、眼瞼痙攣や顔面痙攣を抑えるため、筋肉を萎縮させる治療薬として使われていました。 ボトックスが小顔やシワの解消の治療に使用されるようになったのは、筋肉を萎縮させる作用にあります。 他にも、ふくらはぎの筋肉が発達して太くなってしまっている人は、ボトックスによる痩身治療の効果が期待でき、多汗症に悩んでいる人には、ボトックスでアセチルコリンを抑制すれば、多汗症の改善につながります。 このように多様に使える事と、気軽に受けれる事で、近年ボトックスを希望される方が増えております。

次の