ワイモバイル スマホプラン。 【2020年7月版】Y!mobile(ワイモバイル)の新料金プランを解説!新プランや料金確認、プラン変更方法

「Y!mobile(ワイモバイル)」の新料金プランはお得? 3つのポイントでチェック【2020年最新版】

ワイモバイル スマホプラン

SPONSORED LINK 「スマホベーシックプラン」がワイモバイルの新料金プランに これまで、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プランは「スマホプラン」でした。 しかし、ワイモバイルがスマートフォン向けの新料金プラン「スマホベーシックプラン」を発表したことで、2019年10月1日より「スマホベーシックプラン」が新たなスマートフォン向けの料金プランとなります。 これに伴い、スマホプランの新規申し込み受付は終了となり、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込む場合「スマホベーシックプラン」を利用するようになります。 ただし、現在スマホプランを利用しているワイモバイルユーザーは、2019年10月1日以降も継続してスマホプランを利用する事ができます。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは 画像引用元: ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」とは、契約期間 縛り なしの料金プランで、簡単にまとめると下記のような料金プランになります。 また、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の月額料金などについて詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホベーシックプランの月額料金 上記では、スマホベーシックプランの月額料金を紹介しましたが、スマホベーシックプラン本来の月額料金は下記のようになっており、• スマホベーシックプランS:月額2,680円• スマホベーシックプランM:月額3,680円• スマホベーシックプランR:月額4,680円 新規割などの割引が適用されることで、スマホベーシックプランを月額1,480円~利用する事ができるようになります。 というのも、スマホベーシックプランに適用される「新規割」という割引には、適用期間が設定されているためです。 新規割には、6ヶ月間という適用期間があるので新規割の適用期間が終了すると、• スマホベーシックプランS:月々4GB• スマホベーシックプランM:月々12GB• しかし、データ増量無料キャンペーンは2年経つと、適用終了となります。 その際、データ増量オプションを継続して利用する場合、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は変わりませんが、データ増量オプションの月額料金500円が発生するようになります。 また、データ増量無料キャンペーンの適用終了後、データ増量オプションを解約すればデータ増量オプションの月額料金は発生しませんが、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB が少なくなってしまうので、ご注意ください。 関連サイト: スマホベーシックプランの通話料 ワイモバイルのスマホベーシックプランには、通話無料サービスがセットになっており、1回10分以内の国内通話であればかけ放題となっています。 そのため、1回10分以内の国内通話であれば、何度電話をかけても通話料が発生することはありません。 また、通話無料サービスはスマホベーシックプランに含まれているサービスなので、通話無料サービスを利用するにあたって利用料金は発生しません。 スマホベーシックプランは契約期間 縛り ・違約金 契約解除料 なし ワイモバイルのスマホベーシックプランの最大の特徴は、2年縛りなど契約期間がないという点です。 ワイモバイルの旧プラン「スマホプラン」では、2年間の契約期間が設定されており、契約期間中にワイモバイルを解約・ワイモバイルから他社に乗り換え MNP転出 を行うと、違約金として契約解除料が発生するようになっていました。 しかし、ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」は契約期間がないので、いつ解約や乗り換えを行っても、違約金が発生することはありません。 ワイモバイルの「スマホプラン」と新プラン「スマホベーシックプラン」の比較 ここまで、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」について解説してきましたが、• スマホベーシックプランは料金プランの月額料金が安くなった• スマホベーシックプランは契約期間と違約金がなくなった• ただし、スマホベーシックプランは スマホベーシックプランRが一番高速データ通信容量 GB が多いプランとなっており、スマホプランのように20GBを超える大容量プランがないので、その点には注意が必要です。 関連サイト: ワイモバイルの「スマホプラン」から新プラン「スマホベーシックプラン」へ変更する場合 現在、ワイモバイルでスマホプランを利用している方の中には、 スマホベーシックプランについてわかったし、ワイモバイルに申し込もう。 と思っている方もいるでしょう。 新プランのスマホベーシックプランは、2019年10月1日より受付が開始されるので、ワイモバイルに申し込んでスマホベーシックプランが利用したいのであれば、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込むようにしましょう。 また、ワイモバイルの申し込み方法については、下記の記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。 関連記事: ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは・まとめ• スマホベーシックプランはワイモバイルのスマートフォン向けの新しい料金プラン• スマホベーシックプランは月額2,680円~利用できる• スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は「S:4GB」「M:12GB」「R:17GB」• スマホベーシックプランは1回10分以内の国内通話がかけ放題• スマホベーシックプランには契約期間 縛り がなく違約金も発生しない• スマホプランよりもスマホベーシックプランのほうが月額料金が安い• スマホベーシックプランには大容量プランがない• スマホプランからスマホベーシックプランに変更する際条件を満たせば違約金はかからない 関連サイト:.

次の

Y!mobile(ワイモバイル)のプラン変更を適用タイミングなど詳しく解説

ワイモバイル スマホプラン

この記事の目次• 結論:ワイモバイルの2年縛り無し新プランは超オトク! 結論から言うと、ワイモバイルの新プランは非常にオトクでした!下記の新プランの料金表をご覧ください。 プランS プランM プランR 月額基本料 2,680円 3,680円 4,680円 データ容量 4GB 12GB 17GB 割引 新規割: 700円 半年 家族割: 500円 最安月額料金 1,480円 2,480円 3,480円 大手キャリアだと平均でも月々9,000円以上かかる携帯代ですが、 ワイモバイルの新プランなら最安1,480円から利用可能! しかも、この料金にはこれらのような• テザリング• 通話オプション• 留守番電話 大手キャリアでは有料オプションになるサービスがすべて含まれているんです。 格安SIM他社でも、 通話オプションまで込みでこの値段は、ぶっちゃけ破格です…! 大手キャリアで何千円も損をする前に、ワイモバイルに乗り換えてオトクなスマホライフを送りましょう! ワイモバイルの2年縛りなし新プラン「スマホベーシックプラン」とは? 2019年10月1日から提供が開始された「スマホベーシックプラン」ですが、どのようなプランなのかを紹介します。 月額料金とデータ容量 スマホベーシックプランは、月額2,680円から利用可能。 従来同様に3つのデータプランS、M、Rが用意されています。 月額料金とデータ容量は次のとおりです。 データ容量も、増量無料キャンペーンで大幅にアップしています。 ただ、データ容量の増量は1年間のみ無料で、2年目からは月に500円が必要です。 2年縛りがなくなった 2019年10月から 電気通信事業改正法が適用され、その影響で各社から2年縛りがなくなりました。 ワイモバイルもスマホベーシックプランの提供と同時に2年縛りを撤廃しています。 機種販売価格の見直しと支払い方法の選択肢が増えた 新プランへの移行に伴い、ワイモバイルで販売されている機種の販売価格が見直しされました。 なお、2019年10月1日時点での販売価格なので、時期によって価格が変動することに注意しましょう。 その他、機種販売価格の見直しの他に、支払い方法に36回払いが増えました。 一括払い• 24回払い• 36回払い トータルで支払う金額は変わりませんが、月々の支払額は安くなるので、毎月の出費を抑えたい方には嬉しいですね。 現在利用中の人がベーシックプランへ移行する際のポイント・注意点 現在スマホプランを利用していて、スマホベーシックプランへの移行を検討している場合、いくつか注意点があります。 契約更新月以外に新プランに移行すると契約解除料9,500円が必要になる• 端末の分割代金は、プランを移行しても継続する 順番に解説します! 契約更新月以外に移行するには契約解除料9,500円が必要 従来の2年縛りがあるプランから移行する場合、 契約更新月以外に移行すると契約解除料9,500円が必要になります。 なお、契約更新月は契約から2年後の月と、その翌月、翌々月の3ヶ月間です。 更新期間を確認する方法 ご自身の契約更新月がわからない場合でも、My Y! mobileから簡単に確認することができます。 わざわざ手続き等をしなくても確認できるので、気になる方は下記の記事を参考にチェックしましょう。 公式 条件を満たせば契約解除料は不要 特定の条件を満たした場合、契約解除料である9,500円は免除されます。 条件は以下の通りです。 スマホプランを2年以上利用していること• 機種変更と同時にプラン変更すること 上記2つのうち、どちらかを満たせば免除されるので、一度ご自身の契約状況を確認してみましょう。 端末代金を分割で支払っている場合、残債の請求はプランを移行しても継続する 当然ですが、 解約・プラン移行をしてもスマホの本体代は免除されません。 まだ分割代金が残っている場合は、継続して支払う必要があるので注意しましょう。 月々の割引金額が変わる スマホプランからスマホベーシックプランへ移行すると、月々の割引金額が変更、または適用解除になる場合があります。 以下が、割引額の変更、または適用解除になる割引キャンペーンの一覧です。 おうち割光セットA (スマホプランM,Lから移行の場合のみ減額)• 月額割引 (減額されない場合あり)• ワンキュッパ割 (適用解除) 現時点で適用されている割引があれば、移行後の月額料金がいくらになるのか確認しておきましょう。 ワイモバイルの2年縛りなしプランで利用できる基本的な割引 次に、スマホベーシックプランで利用できる基本的な割引をご紹介します。 新規割(半年間) 新規割は、契約から半年の間毎月700円オトクになる割引です。 申請などの手続きは必要なく、新規契約であれば自動的に適用されます。 新規割が適用された場合の月額料金 スマホベーシックプランSの場合、新規割を適用すると以下の金額になります。 ベーシックプランSの場合… 基本料金:2,680円 新規割: -700円 家族割: -500円 月額: 1,480円 新規割も適用すると、半年間利用料金は1,480円!めちゃくちゃオトクです。 家族3人で利用した場合の合計月額 こちらは、家族3人でワイモバイルを利用した場合の月額表です。 家族割の注意点 非常にオトクな家族割ですが、以下のような注意点があります。 主回線(1人目の契約者)には適用されない• 親族であれば、同居でなくても適用できる• 同棲が証明できれば同姓のパートナーや婚前のカップルでも適用できる 最も注意すべきなのは、 主回線には適用されないこと。 表の場合だと、主回線であるお父さんだけは家族割が適用されません。 また、 家族割は夫婦や親族でなくとも適用可能。 もしパートナーがいるなら、一度適用条件を確認してみましょう。 しかし、本当にオトクになったかはきちんと料金の内訳を比較しないと不透明です。 そこで、旧プランと新プランの料金やデータ容量を徹底比較して、新プランが安いかどうかを検証してみました。 データ容量の比較 まずはデータ容量の比較から。 下記が新旧プランのデータ容量をまとめた表です。 特に プランRは、比較すると7GBも差があります。 ただ、新プランには 20GBまで利用できるプランが用意されていないため、ヘビーユーザーにとっては残念かもしれません。 月額料金の比較 重要となってくるのが、月額料金。 下記は、旧プランと新プランの月額料金をまとめた表です。 新プランであれば、別契約なしの家族割で500円の割引が受けられるので、最終的にオトクですね。 ワイモバイルの2年縛りなしプランによりオトクに乗り換えるには? 最後に、新プランによりオトクに乗り換える方法をご紹介します。 キャンペーン情報も載せているので、ぜひチェックしてください。 現在利用中の場合は契約解除料に関わらず月末に行う ワイモバイルでは、 解約月の料金は日割り計算されません。 月初に解約しても、1ヶ月分の料金は丸々かかるので、新プランへの移行はなるべく月末に行いましょう。 他社を利用している場合、新規契約・乗り換えはワイモバ正規代理店のオンラインストアから 他社から新規・乗り換えでワイモバイルを契約する場合は、必ず正規代理店のオンラインストアから手続きしましょう。 今なら、 新規・乗り換えで現金20,000円がキャッシュバックされる限定キャンペーンが開催中です! 別サービスへの契約などもなく、 ヤングモバイル経由で契約するだけで現金で20,000円が貰えるので、かなりオトクです。 ヤングモバイルのオンラインストアでしか20,000円は貰えないので、必ずチェックしましょう! まとめ よりオトクになったワイモバイルの新プラン。 2年縛りもなくなったので、契約のハードルも下がったのではないでしょうか? 大手キャリアからの乗り換えだと、 違約金を支払っても月額料金の差額ですぐにペイできる場合も多いです。

次の

ワイモバイルのスマホベーシックプランも2020年7月から変わる。UQに続き対抗開始。変更点は?

ワイモバイル スマホプラン

この記事の目次• 結論:ワイモバイルの2年縛り無し新プランは超オトク! 結論から言うと、ワイモバイルの新プランは非常にオトクでした!下記の新プランの料金表をご覧ください。 プランS プランM プランR 月額基本料 2,680円 3,680円 4,680円 データ容量 4GB 12GB 17GB 割引 新規割: 700円 半年 家族割: 500円 最安月額料金 1,480円 2,480円 3,480円 大手キャリアだと平均でも月々9,000円以上かかる携帯代ですが、 ワイモバイルの新プランなら最安1,480円から利用可能! しかも、この料金にはこれらのような• テザリング• 通話オプション• 留守番電話 大手キャリアでは有料オプションになるサービスがすべて含まれているんです。 格安SIM他社でも、 通話オプションまで込みでこの値段は、ぶっちゃけ破格です…! 大手キャリアで何千円も損をする前に、ワイモバイルに乗り換えてオトクなスマホライフを送りましょう! ワイモバイルの2年縛りなし新プラン「スマホベーシックプラン」とは? 2019年10月1日から提供が開始された「スマホベーシックプラン」ですが、どのようなプランなのかを紹介します。 月額料金とデータ容量 スマホベーシックプランは、月額2,680円から利用可能。 従来同様に3つのデータプランS、M、Rが用意されています。 月額料金とデータ容量は次のとおりです。 データ容量も、増量無料キャンペーンで大幅にアップしています。 ただ、データ容量の増量は1年間のみ無料で、2年目からは月に500円が必要です。 2年縛りがなくなった 2019年10月から 電気通信事業改正法が適用され、その影響で各社から2年縛りがなくなりました。 ワイモバイルもスマホベーシックプランの提供と同時に2年縛りを撤廃しています。 機種販売価格の見直しと支払い方法の選択肢が増えた 新プランへの移行に伴い、ワイモバイルで販売されている機種の販売価格が見直しされました。 なお、2019年10月1日時点での販売価格なので、時期によって価格が変動することに注意しましょう。 その他、機種販売価格の見直しの他に、支払い方法に36回払いが増えました。 一括払い• 24回払い• 36回払い トータルで支払う金額は変わりませんが、月々の支払額は安くなるので、毎月の出費を抑えたい方には嬉しいですね。 現在利用中の人がベーシックプランへ移行する際のポイント・注意点 現在スマホプランを利用していて、スマホベーシックプランへの移行を検討している場合、いくつか注意点があります。 契約更新月以外に新プランに移行すると契約解除料9,500円が必要になる• 端末の分割代金は、プランを移行しても継続する 順番に解説します! 契約更新月以外に移行するには契約解除料9,500円が必要 従来の2年縛りがあるプランから移行する場合、 契約更新月以外に移行すると契約解除料9,500円が必要になります。 なお、契約更新月は契約から2年後の月と、その翌月、翌々月の3ヶ月間です。 更新期間を確認する方法 ご自身の契約更新月がわからない場合でも、My Y! mobileから簡単に確認することができます。 わざわざ手続き等をしなくても確認できるので、気になる方は下記の記事を参考にチェックしましょう。 公式 条件を満たせば契約解除料は不要 特定の条件を満たした場合、契約解除料である9,500円は免除されます。 条件は以下の通りです。 スマホプランを2年以上利用していること• 機種変更と同時にプラン変更すること 上記2つのうち、どちらかを満たせば免除されるので、一度ご自身の契約状況を確認してみましょう。 端末代金を分割で支払っている場合、残債の請求はプランを移行しても継続する 当然ですが、 解約・プラン移行をしてもスマホの本体代は免除されません。 まだ分割代金が残っている場合は、継続して支払う必要があるので注意しましょう。 月々の割引金額が変わる スマホプランからスマホベーシックプランへ移行すると、月々の割引金額が変更、または適用解除になる場合があります。 以下が、割引額の変更、または適用解除になる割引キャンペーンの一覧です。 おうち割光セットA (スマホプランM,Lから移行の場合のみ減額)• 月額割引 (減額されない場合あり)• ワンキュッパ割 (適用解除) 現時点で適用されている割引があれば、移行後の月額料金がいくらになるのか確認しておきましょう。 ワイモバイルの2年縛りなしプランで利用できる基本的な割引 次に、スマホベーシックプランで利用できる基本的な割引をご紹介します。 新規割(半年間) 新規割は、契約から半年の間毎月700円オトクになる割引です。 申請などの手続きは必要なく、新規契約であれば自動的に適用されます。 新規割が適用された場合の月額料金 スマホベーシックプランSの場合、新規割を適用すると以下の金額になります。 ベーシックプランSの場合… 基本料金:2,680円 新規割: -700円 家族割: -500円 月額: 1,480円 新規割も適用すると、半年間利用料金は1,480円!めちゃくちゃオトクです。 家族3人で利用した場合の合計月額 こちらは、家族3人でワイモバイルを利用した場合の月額表です。 家族割の注意点 非常にオトクな家族割ですが、以下のような注意点があります。 主回線(1人目の契約者)には適用されない• 親族であれば、同居でなくても適用できる• 同棲が証明できれば同姓のパートナーや婚前のカップルでも適用できる 最も注意すべきなのは、 主回線には適用されないこと。 表の場合だと、主回線であるお父さんだけは家族割が適用されません。 また、 家族割は夫婦や親族でなくとも適用可能。 もしパートナーがいるなら、一度適用条件を確認してみましょう。 しかし、本当にオトクになったかはきちんと料金の内訳を比較しないと不透明です。 そこで、旧プランと新プランの料金やデータ容量を徹底比較して、新プランが安いかどうかを検証してみました。 データ容量の比較 まずはデータ容量の比較から。 下記が新旧プランのデータ容量をまとめた表です。 特に プランRは、比較すると7GBも差があります。 ただ、新プランには 20GBまで利用できるプランが用意されていないため、ヘビーユーザーにとっては残念かもしれません。 月額料金の比較 重要となってくるのが、月額料金。 下記は、旧プランと新プランの月額料金をまとめた表です。 新プランであれば、別契約なしの家族割で500円の割引が受けられるので、最終的にオトクですね。 ワイモバイルの2年縛りなしプランによりオトクに乗り換えるには? 最後に、新プランによりオトクに乗り換える方法をご紹介します。 キャンペーン情報も載せているので、ぜひチェックしてください。 現在利用中の場合は契約解除料に関わらず月末に行う ワイモバイルでは、 解約月の料金は日割り計算されません。 月初に解約しても、1ヶ月分の料金は丸々かかるので、新プランへの移行はなるべく月末に行いましょう。 他社を利用している場合、新規契約・乗り換えはワイモバ正規代理店のオンラインストアから 他社から新規・乗り換えでワイモバイルを契約する場合は、必ず正規代理店のオンラインストアから手続きしましょう。 今なら、 新規・乗り換えで現金20,000円がキャッシュバックされる限定キャンペーンが開催中です! 別サービスへの契約などもなく、 ヤングモバイル経由で契約するだけで現金で20,000円が貰えるので、かなりオトクです。 ヤングモバイルのオンラインストアでしか20,000円は貰えないので、必ずチェックしましょう! まとめ よりオトクになったワイモバイルの新プラン。 2年縛りもなくなったので、契約のハードルも下がったのではないでしょうか? 大手キャリアからの乗り換えだと、 違約金を支払っても月額料金の差額ですぐにペイできる場合も多いです。

次の