おんな の こ でも。 女性

いい女はセックス上手 第2弾 [夫婦関係] All About

おんな の こ でも

秀吉からは「おかか」と呼ばれている。 「秀吉殿のおかかの務め」が口癖で、普段は内助の功に徹しているが、ここという時には秀吉に対しても一歩も引かない芯の強さも持っている。 序盤では秀吉の大胆な行動に肝を冷やすことが多かったが、回を重ねるにつれ肝が据わってきた。 家中の人間関係に腐心したり、秀吉の女癖の悪さや唯我独尊的な行いに何度も秀吉と衝突したりと苦悩することが多く、人間的に包容力のある女性として描かれている。 また夫が出世を繰り返し「城主の妻」「関白の妻」となった際は、環境の変化に順応できず戸惑うなど、貧乏性が身に付いている面もある。 秀吉在命時は豊臣家のことを大事に考えていたが、秀吉死後に豊臣家臣団同士の対立と信長の姪(信長の妹・市の娘)の淀殿との溝が深まるにつれ、豊臣家は秀吉殿と私が築き上げたものと考え、大坂城を去って京都の三本木で隠棲する。 隠棲後は豊臣家では天下を治めるのは困難と考えるようになり、実力者・徳川家康に泰平の世への悲願を託す。 やがて出家し高台院と称し高台寺で過ごす。 物語はねねが炎上する大坂城を見届け、背を向けて去っていくところで締めくくられた。 ねねとは何度も衝突するが、内心ではとても頼りにし、「日本一のおかか」と思っている。 長浜在住時までは明るく、殺生嫌いの面が強調されていたが、大坂に移住したあたりから非情な権力亡者の顔が見え始める。 身内に対しては大切にしたい一方で、厳しく対応しなければ天下に示しが付かないという葛藤に晩年は苦しむ。 死後はねねの前に霊魂として登場初期の若々しい姿で(最終回の終盤のみ壮年期の姿だった)度々現れてねねを励ます。 西田敏行は、このドラマより30年後に放送された『』(、)でも、豊臣秀吉役を演じている。 演: 秀吉の母で、ねねと区別する意味からか秀吉からは「おっかさま」と呼ばれている。 百姓に誇りを持っていて侍嫌い。 秀吉の築いた城を見物するため長浜に来るまでは秀吉と共に暮らそうとしなかった。 秀吉をずっと「藤吉郎」と呼んだり、「たわけ!」と叱り飛ばしたり呆れ返るシーンが多いが、内心は秀吉のことを愛しんでいる。 それゆえ、自分が人質であるという裏の意味を察した上で岡崎城へあさひを見舞ったりするなど、秀吉のために協力することもある。 秀吉の朝鮮出兵には終始反対で、それに関する愚痴を述べているうちに倒れ、秀吉のことを「たわけ」とうわ言で呟きながら亡くなる。 皮肉なことに報せを受けた秀吉が名護屋城をたった時には既に亡くなっていた。 軍事面、政務面で手腕を発揮する。 ねねとなかと共に暴走癖のある秀吉に対するブレーキ役であり、秀吉とは度々衝突するも強力な信頼関係で結ばれている。 人間関係の調整能力に長けた秀長の死後、豊臣家の家中はギクシャクしたものへと向かっていく。 なお、この作品では秀吉の同父弟という説を採用している。 あさひは秀吉の同父妹として描かれている。 演: 元は播磨の百姓の娘だったが、播磨攻めで来た秀長と出会い、結婚を申し込まれる。 一度は「秀長には武将のおかか(正室)にふさわしい身分の娘を」と考える秀吉の猛反対に押し切られて播磨へ戻り、別所長治率いる三木城の女中となるが、秀吉の城攻めにより落城すると、秀長と運命的な再会を果たす。 兵糧攻めの影響もあって失明しており、秀長の誘いを振り切ろうとするもその熱い思いに負け、受け入れる。 ねねの機転もあって秀吉の猛反対も振り切り、めでたく夫婦となる。 秀長の死後は播磨に帰り、彼の菩提を弔う形で物語から姿を消す。 演: 秀吉の姉で弥助の妻。 兄弟姉妹の中では唯一子宝に恵まれる。 また、戦嫌いがほとんどの秀吉家中の中で、夫や一門の出世を強く願う唯一の人物だが、全面的に戦を肯定しているわけでもない。 秀次や秀勝を秀吉の養子に出したこともあり、秀吉に負けず劣らずの親バカぶりも見られる。 その反動からか、実の子に対する秀吉の行いに徐々に不信感を増幅させ、秀次死後は出家し、秀吉の元を離れる。 秀吉の死後は高台院とともに暮らす。 最終回では大坂夏の陣で豊臣家が滅亡の瀬戸際にあるのに対し、「秀吉が出世などしなかったら」と嘆くねねに、「誰かがこの国を統一しなければ、乱世は終わらない。 秀吉はそれを成し遂げた」と述べて慰めた。 元々百姓で侍になることには消極的だったが、ともの一押しで侍になり、秀吉に仕える。 特別な手柄を立てることこそなかったが人の悪口を言わない温厚な性格で、常に秀吉を立てることを忘れない。 親バカぶりが暴走しがちなとものブレーキ役でもある。 秀次事件の余波を受けて讃岐に配流、自らは出家。 そのまま物語から姿を消した。 常に明るく天真爛漫な性格で、義姉となったねねを慕う。 秀吉配下の嘉助の妻となっていたが秀吉によって強制的に離縁させられ、の正室となる。 家康からは慈しまれ、後には聚楽第へ返される。 だが甚兵衛のことが忘れられず、猿楽一座に入っていた甚兵衛と駿府と京都で遭遇し、遂には身分を隠して何度も会いに行くようになる。 そして甚兵衛が一座とともに去った後、一座の跡地で嘆き悲しんでいるうちに雪の中で倒れ、その無理がたたって病死してしまう。 侍に憧れ、あさひやねねの反対を押し切って秀吉に懇願し、家臣の一人となった。 あさひを徳川家康に嫁がせるため秀吉に離縁を迫られ、豊臣家にひと騒動起こっている中出奔し、その後猿楽一座に加わりあさひと何度か顔を合わせる。 あさひ死去の際は、雪の降る中あさひの葬列を身をひそめて遠くから見守り、生まれ変わったらまた一緒になろう、また一緒に百姓をやろう、と言って涙する。 秀吉の死後ねねの元を訪れ、にてねねに仕える。 最終回の最終盤ではの天守に火の手があがっていることを高台院と日秀に知らせに来る。 大坂城の様子を見ようと屋外に飛び出した高台院を追いかけようとするが、「1人にしてやるように」と日秀に制止される。 浅野家 演: ねねの妹。 当初から秀吉のことを嫌っており、ねねと秀吉の結婚に大反対し、その後も秀吉の所業に度々批判的な意見を述べる。 性格も姉ねねと正反対で、思ったことをストレートに口に出すことが多い。 秀吉の補佐役として秀長につぐ働きをみせる。 (あさの よしなが) 演: 長政とややの子でねねの甥。 (またえもん) 演: ねねの養父。 演: ねねの養母。 姉はねねの母・。 演: ねねの姉。 三折全成の妻。 於次秀勝と恋に落ちるが死別してしまう。 人格者のねねとの対比から、わがままで気位が高いという典型的な淀殿のイメージが明瞭に描かれ、羽柴家に引き取られた際に妹たちと違い秀吉夫妻の厚意を素直に受け取らず、「自分たちは人質同然」と卑下したり、嫁ぎ先を考えようとするねねに反発したりしていた。 嫁入りを拒否しているうちに秀吉との関係が縮まり、彼の子を産んだことで権勢をふるうようになる。 龍子、やや、まつなど、ねねに近しい面々は彼女が権力を握ることを懸念していた。 秀吉の死後は徳川家康に天下を託すべきだというねねと対立。 ねねを「もはや豊臣家の人間ではなくなった」と見なし、より冷淡な態度をとるようになるが、大坂夏の陣開戦の際はねねに自らの敗北を認め、達観した言動を見せていた。 (たつこ) 演: 秀吉の側室・松の丸殿(京極殿)。 本能寺の変の折に長浜城を奪い、後に初の夫となるの姉。 淀殿につぐ寵愛を受け、それ故、の際にはねねの次に杯を受ける順序について淀と争いを起こす(第45回)。 淀殿とは違い、常にねねを立てており、醍醐の花見の争いもねねを蔑ろにする淀殿への義憤もあってのことであった。 (ちぐさ) 演: 秀吉の側室・南殿。 秀勝の母。 秀吉とは京で知り合い、彼に呼ばれて長浜城にやってくる。 ねねにはずっと反抗的な態度をみせていたが、ねねが重病の秀勝のために口移しで薬湯を飲ませるのを見てからは態度が変わり、秀勝の死後、長浜を去って行った。 演: の妻。 宇喜多家および息子のを守るため、家臣から秀吉の側室になることを強要されるが、ねねの助言に従って出家し、操を守り、以後は夫の菩提を弔う。 演: 加賀殿。 利家の娘。 柴田勝家の元へ人質となり、佐久間十蔵と婚約する。 後に秀吉の側室となる。 信長の六女。 秀吉の子 (つるまつ) 演:富塚大介 秀吉の子。 母は淀殿。 母は淀殿。 父は徳川秀忠。 母は小督。 父は織田信長。 (ひでかつ) 演:橘慎之介 秀吉の子。 母は千種。 父は徳川家康。 父は前田利家。 母はまつ。 母は秀吉の姉・とも。 小吉秀勝と秀保の兄。 秀吉の後継者として関白になるが、秀頼誕生でその立場が危うくなり、最期は謀反の罪を着せられて高野山で切腹する。 母は秀吉の姉・とも。 秀次の弟で秀保の兄。 母は秀吉の姉・とも。 秀次と小吉秀勝の弟。 木下家 (きのした いえさだ) 演:小林一三 ねねの兄。 (すぎわら いえつぐ) 演: ねねの実母の兄。 つまり、ねねの伯父。 (きのした かつとし) 演: ねねの甥で小早川秀秋の実兄。 関ヶ原の戦いではねねの身を案じ、伏見城を出て三本木のねねの屋敷を警護する。 「毛利には実力があるが野心はない。 三成には野心はあるが実力がない」と評し、実力・野心共に備わった家康こそ天下人にふさわしいと考えていた。 戦いの後領地を没収される。 ノイローゼになった秀秋の元にねねと共に訪れる。 関ヶ原の合戦では当初西軍につくも、兄・勝俊やねね、さらには実父家定の勧めを受け、東軍に寝返る。 しかし、自分の寝返りで勝敗が決したことに驚き、さらに豪姫(西軍についた宇喜多秀家の妻。 なお、戦後秀家の所領は秀秋に与えられた)の「裏切り者が憎い」という発言を聞き罪悪感に苛まれてノイローゼ状態に陥り、乱心したまま二年後に病没した。 豊臣家臣 (はちすか ころく) 演: 尾張の土豪。 斎藤竜興へ寝返ろうとするが、秀吉の熱意と秀吉を信じるねねに惚れ込み、織田家に臣従、秀吉の家臣となる。 豪放磊落で時に信長への罵詈雑言も平気で口にする。 また秀吉の立場を慮り、浅井長政、お市の方の嫡男、万福丸を処刑するなど自分の手を汚すことも辞さない。 秀吉が天下掌握後、病床に臥し、秀吉、ねね夫妻の見舞いを受けて病没した。 (ましだ ながもり) 演: (なつか まさいえ) 演:村上幹夫 (まえだ げんい) 演: (かとう よしあき) 演:島村卓志 (かたぎり かつもと) 演: (まえの ひょうごのすけ) 演: (おおの はるなが) 演: 森弥五六(もり やごろく) 演: 木下藤吉郎配下の足軽。 墨俣築城の頃から登場している。 秀次事件の後、石田三成暗殺を企てるが、失敗。 自害して果てた。 豊臣家侍女 こほ 演: 実在の人物(書状が残る、孝蔵主と同一人物とする説もある)。 ねねの侍女。 あさひが徳川家康に輿入れした時はあさひにつけられるが、後にあさひとともに秀吉の元に戻る。 だが、あさひの死に責任を感じ、ねねの元を去った。 (こうぞうす) 演: こほがあさひに伴い、徳川家へ赴いた後、奥向きを取り締まるために秀吉が付けた筆頭女中。 大坂冬の陣では初とともに和睦の使者として活躍するが、城の内堀まで埋められた大坂方から徳川方への内通を疑われたため、ねねの元を去り、以後は徳川方の庇護を受けた。 (おおくらきょう) 演: 茶々の乳母。 茶々が懐妊して淀城に入ったのを機に秀吉が呼び寄せ、以後は淀殿と行動を共にする。 演: 徳川家康が征夷大将軍になった頃から登場。 家康を擁護するねねを罵倒する。 鐘銘事件の際は大蔵卿とともに駿府に赴くが、家康に体よく騙され、片桐且元を非難するなど、終始思慮の浅い人物として描かれている。 みつ 演: 秀吉が侍大将だった頃から密偵として働く女性。 ねねとも深く関わる。 実はキリシタンで清原マリアとは幼なじみ。 その関係から本能寺の変後は細川たまの元にも出入りする。 秀吉がキリスト教を禁教した頃、物語から一時姿を消す。 秀頼誕生後にねねに召しだされ、秀次乱行の噂が真実かどうかを、ふみと森弥五六とともに探った。 関ヶ原の戦いの直前、細川たまを救おうとするが、死を決意した彼女を翻意させることはできなかった。 以後はねねに従い、大坂方の情勢を探るなど最終回まで活躍した。 が、後に女である事が露見し、侍女としてねねに仕えるようになる。 女とばれた後もしばらくは男装していた。 出家して高台院となったねねにも最終回まで付き従った。 織田家中 織田家 (おだ のぶなが) 演: 秀吉の主君にして尾張の城主。 本作では従来の英雄像のみならず、組織の上司としての側面も描写されており、ねねと秀吉の結婚祝いに訪れたり、秀吉の浮気に悩むねねを元気づけるなど、人懐っこい性格に設定されている。 一方で苛烈な言動は定説通りで、人殺しを嫌う秀吉にとって厳しい主君であるという点も強調された。 秀吉とねねの間を取り持とうとしたことが縁で、秀吉夫婦と家族ぐるみの付き合いを終生続けることになる。 秀吉に出世を追い越されても決して妬むことなく、むしろ周囲と摩擦を起こしがちな彼を心配するなど、今作では「人格者」「律儀者」という点が強調されていた。 秀吉が天下を掌握しても彼とねねへの友情は変わることなく、晩年はねねの言葉すら耳を傾けなくなった秀吉を処罰覚悟で叱責したこともあった。 演: 前田利家の正室で、ねねの親友。 ねねは最初は利家に恋心を抱いていたために彼女に対して複雑な思いを抱くが、実直な性格のまつとすぐに打ち解ける。 子供がいないことに悩むねねの気持ちを慮り、赤子だった四女の豪姫を二人の養女にするべく差し出した。 しかし柴田勝家には同じく三女のまあを養女に出していたため、秀吉と勝家が対立した時には夫共々苦悩することになる。 その後もねねとの親交は続き、醍醐の花見では淀と龍子を仲裁する目的で、ねねの次に杯を受けることを申し出、見事仲裁に成功する(第45回)。 利家没後は前田家存続に腐心し、家康の要求に従って江戸に人質として赴いた。 (まえだ としなが) 演: その他 (しばた かついえ) 演: 織田家古参の家臣。 信長存命中も秀吉との折り合いが悪く、本能寺の変後はそれが決定的になってしまう。 最終的に賤ヶ岳の合戦で秀吉と戦い、敗北を悟ると部下だった前田利家に秀吉に下るよう諭し、妻のお市と共に自害した。 (にわ ながひで) 演: (たきがわ かずます) 演:川崎桂 (いけだ つねおき) 演: (いけだ てるまさ) 演: (もり らんまる) 演:森下陽 佐久間十蔵(さくま じゅうぞう) 演:遠藤義徳 柴田勝家の家臣。 利家の娘まあと婚約する。 (めんじょう かつすけ) 演: (もうり しんすけ) 演:小田島瑛 (はっとり こへいた) 演:竹田寿郎 その他の武将と血縁 徳川家 (とくがわ いえやす) 演: 賤ヶ岳の合戦後から登場。 小牧・長久手の戦い以後、秀吉を翻弄。 政略結婚で嫁いできたあさひの心中を察し、彼女に優しい言葉をかけ慰め、慈しむ。 大政所を人質にしたことを契機に上洛して秀吉に臣従。 以後は秀吉を立て、大政所重病を機にあさひを秀吉の元に返したりもした。 秀吉死後、権力闘争を勝ち抜いて天下人となる。 身びいきせずに自身の実力を認めてくれるねね(北政所)を常に立てることを忘れず、よき理解者でもある。 泰平の世のために、自分が作った豊臣家を犠牲にしなければならないねねの心痛を痛いほど察している。 賤ヶ岳の合戦の後に秀吉に家臣として取り立てられ、かつての恩を忘れずにいてくれたことに感泣する。 みね 演: 勘造(かんぞう) 演: 甚兵衛が身を寄せた猿楽一座の座長。 美代(みよ) 演: 清須城下の足軽の女房。 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p. 演じる大和田伸也は小早川秀秋を演じる大和田獏の実兄である。 演じる大和田獏は木下勝俊を演じる大和田伸也の実弟である。 『』()でも同役を演じている。 一部放送日時の変更あり• 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ• の小説『豊臣家の人々』に収録されている「駿河御前」の章でも、あさひの最初の夫(こちらでは佐治日向)の本名を「源助」もしくは「嘉助」としている。 これは単なる偶然ともいえるが、ドラマ制作よりも10年以上前に出版された『豊臣家の人々』もNHKの番組スタッフが参考資料としていた可能性がある。

次の

三山ひろしニューシングル『北のおんな町』のジャケット公開、撮影現場に密着

おんな の こ でも

(2019年01月18日 00:17)• インド北部、デリー。 高層ビルが林立するすぐ裏に、古びた褐色のアパートが所せましと並び、クモの巣のように電線が巡っている。 曲がりくねった路地を進み、ひっそりとし… (2017年10月09日 02:04)• テーマ「白黒つけたい」に、「『白黒』ではなく『黒白』が正しい表現では?」というお便りをいただきました。 確認したところ両方正しい表現と分かり、疑問に白黒つけられ… (2017年9月25日 02:08)• いきなりで恐縮ですが、うちのメンバーの松岡昌宏君があの「遠山の金さん」の主役を演じます。 しかも今夜8時から放送とのこと。 母の影響もあり、私も子供の頃から金さん… (2017年9月25日 02:07)• 未婚で職業をもつ女でもない。 つまりは無職で親のすねかじりだ。 こんな暮らしを続けて20年になる。 自分の存在がつ… (2017年09月25日 02:07)• 人間の愛って強い。 強くて暴走する時がある。 そう、言葉が凶器になるように、愛もまた武器になる。 相手を生かすこともあれば、愛で相手を殺してしまうこともある。 私が… (2017年9月25日 02:07)• 西原 苦みが出るんですよね。 枝元 うん。 芽だけ取れて先に焦げちゃうし。 砂肝は外側の一番厚い部分… (2017年09月18日 02:07)• 耳が聞こえないのは生まれつきですが、周囲が気付いたのは3歳ごろ。 両親と弟は聴者(耳が聞こえる人)で、話しかけても振り向かないのをおかしいと思ったそうです。 ろう… (2017年09月18日 02:07)•

次の

いい女はセックス上手 第2弾 [夫婦関係] All About

おんな の こ でも

社会的な女性 [ ] 一般的に女性とはした女の子を指す。 日本では十代までを「女の子」「女子」、二十歳を超えたら女性と呼ぶのが一般的である。 1 - 19歳「女の子」「女子」• 1 - 6歳「」• 7 - 19歳「」• 20歳 - 「女性」「婦人」 は女である子供・女児の意味だが、では「若い女性 girl 」を意味する。 ガール(girl)は通例9 - 12歳まで、大きくても15歳以下とされる。 10 - 12歳「」 : preteen• 13 - 19歳「」 : teenager• 13 - 14歳「」 : early teen• 15 - 16歳「」 : middle teen• 17 - 19歳「」 : late teen 生物学的な女性 [ ] 一般的なのに相当する。 生物学的には女性性の根拠は、まずおよび内性器に求められる。 出生時に女性外性器の存在が確認されたヒトは、女性であるものと認められる。 現代の立場から言えば、だけでなく内性器もまた重要である。 女性は、を生産し種々のをする、を体内で育てるためのといった器官を持っている。 女性の場合、に卵巣が発達し、女性ホルモン分泌が増え、が出現する。 の発達が始まる(乳房のII) ことで思春期に入るため、この時点で思春期に入った事に気づきやすい。 次に、女性器が発達し始め、・が生え始める。 身長の伸びがピークを迎えた後に筋肉に比べてが急速に増大。 これは子供を産むためにそなえているものだが、腰回りがふくよかになる。 思春期開始からの1年以上前は大人の体型への変化し始めでがまだ前傾傾向(女児型)のままで子供の体型に近いが、初経を挟む前後1年間に急激に体型が変化し、骨盤が直立傾向(女性成人型)に転換し始め、がまっすぐにが大きくなり始め、初潮の1年後以降に骨盤が直立傾向(女性成人型)となり、がくびれ、大人の体型に近くなる。 このようなは根本的には、の型に由来する。 上記のような解剖学的な意味での女性は、多くの場合、としてX性染色体のみをもつ XX。 発生の段階では、積極的なミューラー管のを起こす因子が存在せず、から男性生殖器の一部を誘導するがないために、自然にのアポトーシスが起こり、ミューラー管が発達する。 また、女性には特有の甘い香りが発生することが判明しており、そのニオイの正体はやなどの香りの構成成分と同じならびという化合物である。 このラクトンは男性が「女性らしさ」「若々しさ」「魅力度」を認識する要因に深く繋がることが確認されており、視覚との相乗効果で女性に関心を持つ確率も高くなることが研究結果で明かされている。 またこの甘いニオイは10代と20代の女性から多く放出されており、30代以降はその年齢層より減少し、「曲がり角」となるニオイの放出限界の時期が35歳であることも同時に明かされている。 様々な的または外的要因により、厳密には当てはまらないケースも存在する(参照のこと)。 しかしながら、概ね上記に当てはまれば通常その人は、女性と見なされる。 そのボーダーライン上の判定は、非常に難しく多分に個別的であるが、染色体型はその判定に大きな役割を果たす。 性染色体がXY型またはXO型で発現が女性である実例はあるが、その多くは本人も周囲も女性として受けとめられている。 前者は、例えばY性染色体上の因子によって作られるの受容体が機能しないや、男性ホルモンの分泌障害である副腎性器症候群などであり、後者はいわゆるである。 稀に、生物学的性別と一致しない〈男性〉としてのを持ち()、剤の投与やなどで、男性的な外見を持つ事例もある。 女性的な外見を持ち法的な男性または無表記から戸籍の性別が女性に変わるものもいる。 日本では2003年にが成立し2004年に施行されて、性同一性障害者のうち特定の要件を満たす者は家庭裁判所の審判により法令上の性別を変更することが可能となった。 文化と社会 [ ] 男性と女性の果たす役割はどの文化においても異なるものとされてきたが、そのの中身は各文化によって千差万別であり、また必ずしも対極をなすものでもなかった。 一方で、女性が社会の主導的な立場に立つことは、特殊な場合を除いてどの社会においてもほとんど存在しなかった。 社会はたいていの場合家族の集合によるが、父母のどちらを重視するかによって、、、そしての3つに分かれていた。 父系制の場合父の権力が一般に強いのに対し、母系制社会では一般に家庭内における父の権力は弱く、母が実権を握っていることが多いが、母系制社会においても女性が社会の実権を握っているわけではなく、母方の伯父など母方男性の権力が強かった。 母方女性が社会権力を握る母権制社会は、かつてそのようなものが存在したと想像されたものの実在が確認されず、空想上の概念であると理解されている。 女性は社会的に不利な条件下に置かれることが多く、この改善を求めて18世紀末以降、女性の権利拡大や男女同権を求めるが徐々に勢力を拡大した。 初期フェミニズムの重要な目標はの獲得であり、のにおいて世界初の女性参政権が承認され (ただし、被選挙権は1919年から)、これを皮切りに世界各国で女性参政権が認められるようになった。 1979年にはでが採択された。 日本では1972年に勤労婦人福祉法が成立し、さらに1985年にはこれを改正して「」(男女雇用機会均等法)が成立した。 1999年にはが施行された。 上記のような改善は見られるものの、未だに女性が男性に比して不利な条件下に置かれることは多い。 一例として、世界全体での女性の非率は男性の非識字率よりもはるかに高く、2000年には男性の非識字者が14. 女性記号 [ ] の記号は、惑星としては金星を表わし、の(ヴィーナス)、ではを表わすが、では女性の性を表わすための記号となっている。 においては、この記号はを表わし、と関連していた。 脚注 [ ] []• 思春期前の間に「思春期前乳房隆起」が発症する場合がある(ほとんどが2歳以下で発症)• (武田薬品工業)• 2018年2月14日• 「文化人類学キーワード」p62-63 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷• 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷• 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷• 「フェミニストたちの政治史 参政権、リブ、平等法」p204 大嶽秀夫 東京大学出版会 2017年2月28日初版• 「国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ」p39 千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷• Fadu, Jose A. , ed 2014. LuLu Press. 337. May 1962. 11 4 : 109—113. 2019年7月19日閲覧。. 331 7531 : 1509—10. 2019年7月19日閲覧。. 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の