すーぱーあずさ。 あずさ監査法人

【ミス東スポ2019候補】スーパーあずさ2号の自慢は大きな美尻

すーぱーあずさ

2 mm 全高 3,905 mm 車体 MT69(許容回転数7000rpm) 編成出力 3,600 kW(6M6T時) 量産先行車:逆導通 量産車:素子 ・ブレンディングブレーキ 直通予備ブレーキ 耐雪ブレーキ , E351系電車(E351けいでんしゃ)は、に在籍していた。 「」を中心に運用された。 (5年)に営業運転を開始し、(平成30年)3月16日をもって「スーパーあずさ」の定期運用を終了した後、同年のラストランをもって全車両が引退した。 この形式からJR東日本のを含む新製車両には、に「E」を冠することになった。 「E」とは「EAST」の「E」であり、JR東日本所属車両を意味した。 1994年通商産業省(現・)グッドデザイン商品(現・日本産業デザイン振興会)に選定された。 概要 [ ] で使われていたの老朽取替・高速化のために開発された電車である。 並行するに対抗するため、装置を採用し、曲線区間でのスピードアップを可能とした。 振り子装置の有無と最高速度の違いにより所要時間に差が生じたことで、本系列使用列車は「スーパーあずさ」、183系・189系使用列車を「あずさ」とし、列車名を使用車両ごとに区別した。 製造は・である。 当形式と同時期に製造された特急用電車にがある。 形式 [ ] 編成表 [ ] 量産先行車(製造時) [ ] E351系付属編成と基本編成の連結部 はの際のの保護を理由に特急用の651系に準じた高運転台構造となっている。 651系では先頭車は非貫通構造であったが、本系列では非貫通構造のほかに、走行中の編成間の移動を可能とするために、基本編成と付属編成を連結した際に中間となる先頭車にはが設置され、連結部分の通り抜けが可能な自動装置を搭載した。 非貫通構造の先頭車前面には式の大型表示器が設置され、側面のは字幕式となっている。 客用ドアは183・189系電車と同様に各車両の両端2箇所に設置されており、乗降時分の短縮を図っていた。 屋根上の機器はとのなど、最小限に削減された。 熱交換器のカバーは量産先行車は肩が丸いタイプだが、量産車では角ばったものとなっていた。 また、量産先行車では熱交換器脇のランボードが大きく張り出していた。 制御・電装機器 [ ] :量産先行車の落成当初の菱形パンタグラフ(PS26C形)の画像のをお願いします。 ( 2018年8月) 装置により(M車)1両に4個装着されている定格出力150のを駆動する。 VVVFインバータ装置は日立製作所 製および製で 使用されるは量産先行車では逆導通(4,500V - 2,300A)であったが、量産車は(3レベル)に変更された。 12両編成中の電動車と(T車)の構成は電動車を6両組成する6M6Tである。 制御装置筐体は寒冷地仕様で、耐寒耐雪構造となっている。 補助電源装置は製のGTOサイリスタを使用した昇降圧チョッパ式(SIV・定格出力190kVA)を採用した。 パンタグラフは軽量なシングルアーム式のPS31A形を搭載した。 屋根上に直接搭載せず、車体内を通るワイヤで台車枠と直結した可動式の支持台に搭載されていた。 これは、地上架線設備の対応工事を行わずとも曲線で車体を傾斜させてもパンタグラフの架線からの逸脱を防ぐための機構で、車体傾斜時でもパンタグラフと架線の位置関係が変わらないものだった。 は曲線通過時の車体傾斜をコンピュータ制御する「制御付自然振子式」を採用した。 これは、車上のコンピュータにあらかじめ路線の情報を入力し、 地上子の位置情報を利用して適切な位置で傾斜を行うものであった。 台車の振り子機構自体は同様のコロ式であるが、車体傾斜を曲線通過時の遠心力のみに頼る「自然振子方式」の同系列に比べて「振り遅れ」と「揺り戻し」が抑えられ、乗り心地を改善していた。 振子装置は - 間で使用し、 - 八王子間や信濃大町 - 間では、振子機能を停止して走行した。 後に大糸線内では振子機能は使用しなくなり、八王子駅 - 松本駅間での使用に限られた。 台車・ブレーキ装置 [ ] 台車は量産先行車はDT62形(電動車)TR247形(付随車)、量産車はDT62A形(電動車)TR247A形(付随車)で、いずれも枕ばねにを用いたボルスタレス台車で、制御付自然振子装置を装着した。 床面高さを下げるため径を小さくし、810mmとしている。 を抑え高速走行時の安定性を確保するため、も装着されていた。 基礎ブレーキ装置にはを使用した。 ブレーキ装置は、列車密度の少ない区間での回生失効を考慮し、・ブレンディングブレーキ併用を採用している。 量産先行車の落成時は発電ブレーキは装備されていなかったが、1996年に行われた改造の際に追加された。 量産先行車では、電動車の床下スペースに余裕がないことから、バックアップ抵抗器は隣接する付随車に搭載していた。 他のJR東日本の新系列特急車と同様に、装置・を備えていた。 運転装置・保安装置 [ ] 運転台のは左手操作ワンハンドル式が採用された。 運転台にはさらに2基のを備え、車両の状況と運行情報の両方を表示可能だった。 保安装置はとを併設した。 以前はATS-Pとを搭載していたが、後にATS-S Nはへ変更された。 はと同じタイプが搭載されている。 室内設備 [ ] 振り子式車両であることから、車内の断面は上方に向かって絞られ、床面高さ・着座位置は一般車に比べ低い。 量産先行車では、下部は塞がれ、座席上の荷物棚の下にはを装備した。 量産車では座席下部を開放し、荷物棚下の蛍光灯は省略された。 座席背面にはカップホルダーとゴム式(一部車両は網)のマガジンラックを備えた。 背面テーブルは装備されず、肘掛け内に収納した。 肘掛け内蔵式テーブルを備えたほか、量産車では座席背面テーブル・フットレストを追加装備した。 座席表地の配色は、量産先行車は茶系、量産車は紫系を使用したが、のちに紫系に統一された。 内装仕様が量産先行車と量産車で若干変更されており、天井のデザインなどが異なっていた。 2007年3月18日からは全車禁煙とされ、喫煙車両のデッキ部にあったは撤去された。 一部車両には・式・板などの長尺物を置くことができる荷物置場を装備していた。 自動販売機は2008年4月1日に使用を中止した。 空調装置は、を床下に置き、熱交換器を屋根上に設置するセパレート式となっていた。 内気の吸入は車両中央のから行い、吹き出し口は室内蛍光灯付近に連続的に設置されていた。 これは量産先行車と量産車で仕様が異なっていた。 また、寒冷地の走行に対応するため暖房装置は強化されていた。 はと男性を備えており、汚物処理装置は真空式である。 量産先行車は登場当初、循環式であったが1996年に真空式へと改造された。 貫通扉設置車両を先頭に大糸線を走るE351系(2007年1月、) 1993年(平成5年)から振り子を固定した状態で臨時「あずさ」に導入され、(平成6年)から振り子機構を作動させ、「スーパーあずさ」に導入された。 量産先行車の落成当初、大糸線には付属編成が乗り入れていたが、その後基本編成が乗り入れるように改められた。 落成当初は南小谷方が付属編成であったが、1994年夏に東京方が付属編成に変更された。 本件事故後の処理は、手続きをせず代替の車体を日立製作所で新造し、この車体に使用可能な部品を整備のうえ取り付け、原番号で復旧した。 事故発生から代替編成新造までの期間は、編成不足を補うために一部先行開業に伴い余剰となっていた「」用の189系11両編成を車体塗装を変更せずに投入した。 (平成20年)まではとしてのにも充当されていた。 ・の両駅ではのライナー専用に停車していたが、有効長は10両編成分であるため、1 - 3号車の客用ドアはとなっていた。 そして、同年からは「」に充当されるようになった。 E351系ラストラン列車の特製方向幕 (平成20年)に初めて夜行快速の「」92号に充当され、2009年も同列車に使用されている。 2010年3月まで朝の「スーパーあずさ」6号が信濃大町駅始発として設定されていたが、同月のダイヤ改正で松本駅始発に変更されたため、大糸線での定期列車の運行は消滅した。 JR東日本では2014年2月に機器の老朽化した本形式の置き換えを目的として、を新造することを発表した。 2017年から営業運転を開始し、スーパーあずさ8往復のうち4往復がE353系に置き換えられた。 のダイヤ改正で「スーパーあずさ」全列車がE353系に統一され 、本形式は「スーパーあずさ」の運用を終了した。 また、「中央ライナー」の運用も終了し、E257系に統一された。 そして同年4月7日に行われた「ありがとうE351系 松本〜新宿ラストランの旅」をもって全ての運用を終了した。 2017年12月24日付でS2+S22編成とS5+S25編成が廃車された。 残る3編成も2018年4月4日付けでS1+S21編成が、同月8日付でS3+S23編成とS4+S24編成がそれぞれ廃車され 、本来置き換え予定だった183系・189系より先に形式消滅となった。 その後、60両全車が解体され、保存車両は存在しない。 本系列はJR東日本の車両の中でも、制御振子装置という特殊設計により維持・管理に莫大な費用がかかることから、同じ特急形車両のの一部(スーパーひたち・フレッシュひたち用)、(成田エクスプレス用)、(フレッシュひたち用)、(あずさ・かいじ・さざなみ・わかしお・しおさい・あやめ用)や通勤形車両の(中央総武緩行線・山手線用)、(京浜東北根岸線・南武線用)、の一部(吾妻線・上越線・信越本線・両毛線用)のように他線区への定期特急列車及び臨時列車の転用が行われずに1次車は経年25年、2次車は経年22年に満たなかった車両もある中での廃車解体となった。 なお、JR東日本導入車両の全車解体は通勤形車両の以来となり、特急形車両で形式全車を解体するのは初となった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2014年2月4日 , p. 3 , 2015年8月31日閲覧。 GOOD DESIGN AWARD. 2015年8月30日閲覧。 鉄道ファン. 2010年9月11日. 2015年8月31日閲覧。 「インバータ制御電車開発の物語」 レールアンドテック出版 p158• 東洋電機製造「東洋電機技報」1994年7月号(第89号)4P。 同誌には東洋電機製造から主電動機、VVVFインバータ装置、補助電源装置を納入したことが記載されていた。 東洋電機製造「東洋電機技報」1994年7月号(第89号)4P。 東日本旅客鉄道 2009年5月15日. 2015年8月31日閲覧。 レスポンス 2014年2月5日. 2015年4月23日閲覧。 『』・鉄道ニュース. 2014年2月5日. 2015年4月23日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2017年12月15日 , 2017年12月15日閲覧。 - 東日本旅客鉄道八王子支社、 2017年12月15日 2017年12月15日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道長野支社, 2018年2月22日 , 2018年2月23日閲覧。 『』・鉄道ニュース. 2018年4月7日. 2018年4月9日閲覧。 - 産経フォト 2017年10月29日• 『JR電車編成表』2018夏 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2018年 p. 356• 『JR電車編成表』2019冬 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2018年 p. 356 参考文献 [ ]• 東洋電機製造「東洋電機技報」1994年7月号(第89号)4P。 日本鉄道サイバネティクス協議会「鉄道サイバネシンポジウム論文集」第31回(1994年)「E351系電車主回路システム」論文番号501。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【ミス東スポ2019候補】スーパーあずさ2号の自慢は大きな美尻

すーぱーあずさ

JR東日本の中央本線を走る電車「スーパーあずさ」「あずさ」に乗ったので感想を紹介します。 新宿からの下り線で「あずさ」に乗り、同じ日に上り線で「スーパーあずさ」に乗りました。 狙って乗ったわけではありません。 ただ、帰りは時間に余裕があるのでせっかくだから「スーパーあずさ」に乗ってみようと思ったのです。 行きの下りは着時間を調整したところ「あずさ」に乗りました。 出発駅は「新宿」から降りたのは終点「松本」です。 中央本線は何度も乗っていて新幹線じゃない在来線は揺れるし乗り心地が悪いというイメージです。 スーパーあずさ 首都圏と中央線主要駅を結ぶ特急列車として、スーパーあずさで使用しているE351系の後継として2017年12月23日に営業を開始しました。 今回改めて中央本線「あずさ」に乗ったらやっぱり揺れるしガタガタだし酔いそうだなぁと心配になりました。 とは言ってもいつものことなのであまり気にすることもなく目を閉じて休憩していました。 結構揺れるのでスマホを見ても酔いそうですので到着まで大人しくしているしかありません。 さて帰ることになり時刻表を検索しました。 調べているときに「そうだ!スーパーあずさ」に乗ってみようとひらめきました。 僕の頭の中では「そうだ 京都、行こう。 」の曲が流れ、疲れて帰る電車が楽しくなっってきた瞬間です。 同じ日に「あずさ」と「スーパーあずさ」に乗ったので違いがはっきりわかりました。 今後中央本線に乗り、「あずさ」か「スーパーあずさ」か悩んでいる方の参考になると思いますので、ぜひご覧ください。 カッコイイ ホームにゆっくりと入ってくるスーパーあずさを見てカッコイイと思いました。 成田エクスプレスに似ていると言われいるデザインは近未来的。 乗るだけなら関係ないといっても、外観がカッコイイのは悪い気がしなく、むしろ優越感を感じます。 自家用車でもカッコイイか気に入っているかが重要な要素ですよね。 それと同じよにどうせ乗るならカッコイイ電車のほうが満足感が高い。 心の中でおぉぉぉと心躍りながら乗り込みました。 カッコイイのは良いことだ。 シートが快適 スーパーあずさに乗り込みシートに座った感想は快適、快感! 細かい使用は抜きにして、とにかく広いし座り心地は良いしゆったり座ることができます。 あずさは真っ直ぐ座っても隣の人に触れるくらいの狭さですが、スーパーあずさのシートは普通に座っていても隣との圧迫感がありません。 数センチの違いかもしれませんが、はっきり言って全然違います。 シートの肉厚も多いので座面のクッション性も高い。 ペラペラな板のようなシートと違い、高級なシートを使ってるなぁと思いました。 シートに座ってリラックス気分になるのは、あずさのシートとは大きな違いですね。 シートが超リラックスできるよ。 シートの枕がたまらん スーパーあずさのシートのヘッドレスト部分には上下に可動式の簡易枕のようなものがあります。 30センチくらい上下に移動し、頭の位置に合わせて調節できるようになっています。 初めに見た時、こんな小さな枕っぽいのは雰囲気重視だなぁと気にもしませんでした。 実際に座って自分の頭に合わせ枕を調節し、僕はゆっくりと頭を後ろに倒すと「何これ??超快適なんだけど!!」 車や乗り物のヘッドレストは高さがあまり調節できずあってもなくてもよいものですよね。 頭をつけてもイマイチフィットしない。 スーパーあずさの調節式枕はそんな常識を覆しました。 シートの背もたれに体重をかけ、ここに枕があったらなぁというポイントに調節できるのです。 しかもクッション性もあり形も真ん中がちょっと凹んで頭の位置をサポートしてくれます。 枕の質感も文句の言いようがありません。 この小さな枕によってリラックスモード全開になりました。 あずさ 中央本線東京・新宿~甲府・松本間に運転されている「あずさ」、「かいじ」に使用されていた183系・189系の取替用として投入されました。 テーブルがある あずさにはなかったシートのテーブルがスーパーあずさにはあります。 ちょっとした食事やなにか物を置くにしても便利です。 ほかの車両にはある場合も多いので、あって当然かも知れません。 あずさとの比較という意味でテーブルがあるか無いかは車両を選ぶ基準になるかもしれませんね。 コンセントがある 今の時代、喫茶店や交通機関などにコンセントがある場所が多くなってきました。 スーパーあずさにも前シートの足元辺りと肘掛け下辺りにコンセントが設置されています。 パソコンやスマホを使いたいけど電池が気になるという心配ななくなりそうですね。 コンセントのある無しも人によっては重要な要素かもしれませんよね。 一番違うのは乗り心地 電車が走り始めて最初に感じたのは「全然揺れない」ということです。 あずさとスーパーあずさではこんなに違うのかというほど違います。 たとえるなら軽バンと普通乗用車くらい違います。 もしかしたらスーパーあずさは高級乗用車並に乗り心地が良いかもしれません。 あずさに乗ったときは在来線を飛ばしているんだから揺れるのは仕方ないと思いっていました。 でもあずさからスーパーあずさに乗り換えると、車両技術でこんなに変わるのかという感動すら覚えました。 新幹線よりは揺れや振動はありますが、あずさとは雲泥の差。 同じ線路を走ってこんなに違うのかと松本から新宿までの間ずっと感動していました。 電車酔いしやすいというかたにはぜひスーパーあずさを選んでほしいと思います。 まとめ はっきり言って、同じ値段ならスーパーあずさに乗るしかない!ですね。 スーパーあずさに乗るには自分の予定を調整する必要があるかもしれません。 でも僕はちょっと早くなったとしてもスーパーあずさに乗りたいと思うようになりました。 というより、松本方面に行く場合はスーパーあずさを積極的に選ぼうと決めました。 今回は同じ日にあずさとスーパーあずさに乗ったので違いがはっきりわかりました。 もしスーパーあずさだけ乗っていたらこんなものかと何も感じなかったかもしれません。 新幹線と比べると乗り心地は落ちます。 でも今までの車両と比べると非常に快適になっています。 細かい違いはありますが、やっぱりいちばん違いは乗り心地。 とても良くなっています。 中央本線に乗る機会があれば、ぜひ「スーパーあずさ」に乗ってみてください。 楽しく快適な旅になること間違いありませんよ。

次の

あずさ監査法人

すーぱーあずさ

ニュース・歴史• 2019年3月16日ダイヤ改正で「特急スーパーあずさ」を廃止、「特急あずさ」に統一• 2018年3月17日ダイヤ改正から全列車がE353系で運転• 2017年12月23日から一部列車で新型車両E353系の運転開始• 1993年12月23日から運転開始 JR中央本線の種別• JR中央本線の列車• 特急スーパーあずさ• 沿線のお出かけ情報 関連イベント JR東日本の長野総合車両センターが見学できる一般公開イベント。 中央本線や信越本線などを走る車両展示や体験コーナー、グッズ販売など多彩な催し物が楽しめる。 JR中央線を走る通勤型車両や特急車両が間近で見学できる。 沿線でおすすめの旅行先&お出かけスポット。 住所:長野県松本市丸の内4番1号 安土桃山時代末期から江戸時代初期に建造された現存天守が国宝に指定されている城。 その黒い姿から「烏城(からすじょう」とも呼ばれる。 旅館やホテルで過ごしたい定番温泉地。 かみこうちおんせん 梓川の美しい風景が人気の上高地に点在する温泉宿が人気 最寄駅:新島々駅 かみすわおんせん 諏訪湖の東岸に古くからある温泉地、駅からも近く都心からのアクセスも良い 最寄駅:上諏訪駅 たてしなおんせんきょう 北八ヶ岳の麓にある歴史ある温泉郷で、人気の旅館やホテルが点在 最寄駅:茅野駅.

次の