ポチ ごっこ。 ポチごっこ。 上 (ヤングジャンプコミックス)

ポチごっこ。 上 (ヤングジャンプコミックス)

ポチ ごっこ

こちらの記事では 2019年9月5日 に発売された ポチごっこ。 の最新話『15話』のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 ポチごっこ。 の最新話『15話』のネタバレ 兄の迎え 「誰だこいつ」 ここは、とあるビルの警備室。 監視カメラの映像に映るのは、 ビルの屋上で、 友の頭を瓶で殴りつける高校生らしき少女。 行方不明の弟・友を捜すため、 なんとか彼の最後の映像が映った監視カメラに辿り着いた友の兄は、 その映像に映る 少女のカバンに見覚えがありました。 顏は見えませんが、 友を捜す過程で一度話した少女に間違いありません。 「お兄さん、警察にいきましょう! 」 友の元同僚の女性は、 彼が監禁されているのではないかと想像を膨らませて焦ります。 彼女は、一度逢った少女を覚えていないようで、 兄は「あんた馬鹿か」とあざ笑います。 「あのガキ、なんかおかしいとは思ったんだよな」 そう言いながら兄は、 自分の右の親指の爪を苛々と咬んで顔をゆがめるのでした…。 …こうして辿り着いたのが 花の家です。 呼び鈴に対応して、 花の姉が彼を迎えました。 …家の中では、 兄の訪問に気が付いた友が影に隠れ、 買い物袋を床に落として、 大汗をかいたまま息を殺して様子をうかがっています。 うそだろ。 なんで… 視線だけで、兄の方を見ると、チラっと兄もまた室内に目を向けます。 みつかりたくない友は、バッと身を隠し、 彼がなぜここに辿り着いたかを考え続けます。 姉は見知らぬ男の訪問を営業マンかと思ったようで、 矢継ぎ早に断りの言葉を並べますが、 兄はひるまず「コイツを見たことありませんか」 と 友の顔写真が載った人探しのチラシを彼女に見せました。 「ああ!あなたコイツのお兄さん?! 」 やっと合点がいった姉は、友は家にいるからと喜んで応じようとします。 …その様子を 末の妹が物陰からこっそりと聞いていました…。 進路のことなんて考えたことなかった 一方 花は、カフェでパフェを目の前にして、友達とおしゃべり中です。 家庭教師を雇ったおかげで 成績が上がり始めたと喜ぶ花を、 友達はにわかには信じてくれません。 が、花は自信満々で 「本当ですから。 見ててよ今度のテスト」と嬉しそうにしています。 「この段階で成績上がれば進路の幅広がるよね」 と別の友人が励ましてくましたが、 その言葉で花は初めて気が付きました。 「進路なんて考えたことなかった…」 そこに、妹からスマホに連絡が入ります。 しばしスマホの文字を眺めていたかと思うと、 花は突然立ち上がり走り出そうとしました。 「ゴメン、先帰る」 友達を残し、急いで店を出ていくのでした。 『花ちゃん、大変。 今ポチさんお兄さんが来てる』 『ポチさん、連れて帰っちゃいそう』 その言葉に、花は必死に走ります。 逃げて何が悪い 「お~い、犬。 お兄さん来たぞ~」 行くところがないから置いていたけれど、 迎えが来て良かったと姉は言います。 和やかに、友の引き渡しが終わってしまいそうな雰囲気が流れ、 友は隠れたまま脂汗を流し固まっていました。 あ~~~~でていきたくねえ~~~ でも出ていくしかないと想いながらも、 彼の足はガタガタと震えて、動かすことが出来ません。 友の兄が、 友のこの家での様子を尋ねるので、姉は素直に教えます。 「家事も全部やってくれたんでまあまあってとこですかね」 と無邪気な対応です。 が、友の兄は 「家事って…みっともねえ」と一笑しました……。 続く、彼の言葉は、 友をこき下ろすものばかりでした。 兄のいう事をきいてなんとか人並みにやれるだけで、 世の中の役に立たない弟だととまで言うのです。 …そんな言葉を黙って聞いていた花の姉が、ついにキレました。 「そんなことねーわ」 それまで、社交辞令的に大人な対応をしていた彼女は、 普段の地の態度で話し始めます。 「家事のどこがみっともないんだよ。 立派なことだろうが。 」 家事と言っても、ただの家事じゃなかったと告げます。 「バスタオルはふわふわ、ウインナーは絶対タコさんにするし、」 「庭なんて剪定して石まで並べてんだぞ」 そう弁護する姉に、 兄は 「仕事もしないでそんなことやったって ただの逃げでしかないだろ」 と、バカにした態度を変えません。 「逃げて何か悪いのかよ。 」 「役に立ったってお前みたいに 根性が曲がってるやつより、あの犬の方がいいわ」 そういわれた兄は、 イラついたように、もういいから友を出せと言います。 が姉は、改めてチラシの写真を眺めて言いました。 「この人…うちで飼ってるのとちょっと顔が違うみたい。 勘違いでした。 」 兄は、そんな姉に食って掛かります。 「調子に乗りやがって。 お前らなんて警察いったらすぐ…」 そんな友の兄の袖口を、 花の妹の小さな手が引っ張り 「お帰り下さい。 」 と彼に言います。 花の姉も言いました。 「うちに友寄友なんて人はいません。 お帰り下さい。 」 花の姉妹二人が、友の兄と対峙、友をかばってくれるのでした……。 ポチごっこ。 の最新話『15話』や最新刊を無料で読む方法って? 以上がポチごっこ。 の最新話『15話』のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 ポチごっこ。 の最新話『15話』の感想と考察 「家事のどこがみっともないんだよ。 立派なことだろうが。 」 姉のこの言葉に救われた人が、 この世の中にどれだけ多いかと考えさせられる回でした。 未だ、家事が楽だとか、 誰でも出来ることだとか、 勘違いしている人間は多くいます。 それは別に男性だけではなく、 女性にもそんな考えがはびこっています。 が、家事は突き詰めると、 とても学際的知識や実践が必要な、 高度な作業です。 もちろん知識や感覚的な才能も大事ですが、 そこに心が加わることで、一層輝きを増します。 と、そこまで大げさに弁護しなくても、 花姉が言う通り、 友は彼女たちの家で立派に家事をこなし、 彼女たちの助けになっていました。 ほんの短い付き合いながら、 兄と対峙したことで、 姉も友の窮状を察したと思われます。 これまでは姉は迷惑そうでしたが、 正義感が強そうな彼女の事なので、 友を全面的に保護する方向で動く気がします。 とは言え、 友の弱さをそのままにするタイプでもないと思いますが…、 少なくともあの兄のもとにすぐに帰す気はないでしょう。 この家で、友が心身ともに成長するのを望まずにはいられません。 頑張れ友! まとめ ここまでポチごっこ。 の最新話『15話』のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダでポチごっこ。 の最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

ポチごっこ。|最新話【第12話】ネタバレ・感想!2019年8月8日36・37号

ポチ ごっこ

本作は友寄と同様、疲れた心が花に癒されるところが魅力です。 急に部屋に連れ込み、今日から飼い犬にしてあげる、と無茶苦茶な展開から始まったこの関係。 花は時折、疲れた友寄の心に寄り添ってくれます。 まずは2人の出会いのシーン。 友寄が徹夜で仕事を持ち帰った翌朝、終わらない仕事を抱えたまま勤務先へ向かっていると、携帯に上司からの催促と思われる電話がかかってきます。 出ようか出まいか迷っていた彼に、まだ見知らぬ彼女はこう言うのです。 「出たくないなら出なくていいよ」 (『ポチごっこ。 』第1話より引用) 社会人であればそんな気まぐれは当然許されません。 しかし自分の存在価値を見出せないほど仕事に疲弊していた彼は、その瞬間だけ、今の苦しい現状から離れられたように見えます。 また、彼女に犬扱いされていることに反論した際には、こう返されます。 「ポチはさあー 誰の目気にして生きてんの?」 (『ポチごっこ。 』第3話より引用) まだ少女ということもあってか、常識ではなく、その人の生き方を尊重する考えです。 社会に揉まれていないがゆえの意見の純粋さや真っ当さに、友寄はしだいに心のよりどころを求めていきます。 ただ、彼女もまた、友寄と同じように何か事情があるようで……。 『ポチごっこ。 』の魅力をネタバレ! もどかしい2人の関係 また、本作は危うい2人の関係にも引き込まれていきます。 飼い主と犬という主従関係を宣言されてはいるものの、女子高生の部屋に20代半ばの男性が寝泊りしているという状況。 読者がつい期待してしまうようなことが、起きないわけがありません。 朝目が覚めると彼女が着替えの真っ最中だったり、花の家庭教師との名目で至近距離で勉強を教えたり、ドキドキする要素が満載です。 また、彼が勝手に連れ込まれた家に住んでいるのは、花だけではないことがのちに判明します。 そこにいるのは、彼女の姉と妹。 友寄がいることなど知るはずもない姉妹が、お風呂に入るためにバスタオルを押し入れに探しに来るシーンでは、2人が密着せざるをえない状況になってしまいます。 まだ連載が始まったばかりですので、今からでもすぐにストーリーに追いつくことができますので、彼らの行方をぜひご覧ください。 下のボタンからダウンロードできるスマホアプリで読めます。

次の

ポチごっこ。1巻は漫画村や星のロミの裏ルートで無料で読めるって本当?

ポチ ごっこ

スポンサードリンク 漫画『ポチごっこ。 』【第16話】のあらすじ・ネタバレ 夢からの連絡に慌てて戻る花。 しかし友寄は姉と夢の3人で食卓を囲んでいた。 何事もなかったような3人に、疑問を抱きながらもそうめんを啜りだす。 「え? お姉ちゃんが追い返した!?」 食事を終え、夢の部屋で今日の出来事を聞く花。 「お姉ちゃん なんだかんだポチのこと結構許してんのかな」 「なわけあるか」 否定しながら姉が部屋に入ってくる。 友寄の兄が警察に行く、と言っていたことを花に問い詰める姉。 花は動揺しながらも、わからないととぼける。 兄にはむかついたけど家族だから心配はしてるでしょ、と言いながら 「自分で拾ったんだから自分でちゃんとしなよ」 と花に言い聞かせる。 その夜、あずさが心配している姿を思い出していた花。 「そりゃ…するよね心配…」 昼間、友寄に散歩行くよ、と声を掛ける花。 犬扱いされて飼われてるなんて言えないですよね 「自殺しようとしたんでしょ?」 とぼけようとする友寄。 監視カメラの映像を見たあずさは、友寄が嘘をついていることは分かっていた。 あずさが必死に聞いてくるので、本当のことを話す友寄。 「…目標も…やりたいこともないし…」 「今は目標できたの?」 と言いながら、社会に戻れるように手伝わせて欲しいと頼むあずさ。 あずさがいなくなり戻ってきた花。 友寄とあずさの会話を裏で聞いていた花だが、友寄に何してた?と質問する。 「別に…ぼーっと…したから…」 嘘をつく友寄に悲しげな反応をする花。 「いいよ?出て行っても ポチの好きにしたらいいよ」 兄にも花の家にも迷惑かけて、このままじゃよくないと思っていた友寄。 「花さん…今までお世話になりました…」 スポンサードリンク 『ポチごっこ。 』【第16話】の感想・考察 ついに友寄とあずさが出会いましたね。 といっても花が会うように仕向けたのですが、兄の訪問で花の心情にも大きな変化がありました。 一応、自殺しようとしていたとはいえ、友寄を襲って気絶させ、拉致していますので兄やあずさが必死に探していることに罪悪感を感じたのもあるでしょう。 友寄に対する想いはあるでしょうが、その分余計に友寄があずさと会っていたことを話してくれなかったのは、傷ついたのではないでしょうか。 友寄もずっと、このままではダメだと思っていました。 花からの一言はダメ押しになりましたね。 しかし家も解約されてなくなっていますし、これからどうするのでしょう?.

次の