日本 クロス ビデオ 協会。 日本スカイクロス協会 » ホームページ

行政・自治体関連|一般社団法人 日本経営協会

日本 クロス ビデオ 協会

ご挨拶 全日本クロスボウ協会はスポーツとして楽しむクロスボウの正しい使用法や管理体制の普及に努めていけるよう2014年に設立いたしました。 現在、日本ではクロスボウ(ボウガン)を使用したクロスボウスポーツ(射撃競技等)が各地で行われております。 クロスボウを統括する国際競技連盟 I. U( Internationale Armbrustschuetzen Union)の国際基準競技をはじめ日本国内では大型クロスボウを用いた射撃競技まで様々な競技があり、参加人口も増加しておりますが、その一方で近年クロスボウを使用した悪質な事件・事故等が発生し、問題視されてきております。 当協会ではクロスボウに関わるすべてのみなさまが、安心・安全にクロスボウを楽しんでいただくため、また一件でも多くの事件・事故を防止すべく以下の内容の取り組みを進めていきたいと考えております。 クロスボウ本体の登録制度を設け所有者の把握と悪質利用の防止に務めてまいります。 クロスボウ販売店の加盟店制度を設け適切な販売と安全な使用法等の情報提供を行ってまいります。 クロスボウを扱う利用者の協会員登録制度を設け安全な使用法等の情報提供を行ってまいります。 ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。 crossbow.

次の

日本クロスミントン協会公式サイト

日本 クロス ビデオ 協会

クロスカントリー県体協指導員のビデオメッセージが届きました。 (競技本部クロスカントリー部長の浅井氏からのメッセージを掲載) 5月に入り三重県体育協会指導員メンバー4人が鈴鹿に居住を開始しました。 6月からは、傳田選手も鈴鹿入りします。 残念ながら指導員達による指導や交流はお預け状態となっています。 星野選手からの提案もあり、今後はネット配信などで、メッセージや技術指導、自身のトレーニング動画などを公開していただき、県内選手達の意識、レベルの向上を目指したいと思います。 今回は第一弾としての配信です。 また、指導員達からは「聞きたいこと、疑問に思う事があれば何でも言ってね!」と言われています。 個別に質問などが殺到してしまうと負担になりますので、窓口は浅井で行います。 早くみんなで集まれる機会が持てるように祈ります。 カテゴリー: 投稿ナビゲーション.

次の

スピードミントン

日本 クロス ビデオ 協会

その後国際スピードバドミントン協会は 2016年1月1日から クロスミントンと競技名、スポーツ名の名称を変更した。 このスポーツの一番の特色はネットが要らないので、どこででもできること。 2人のプレーヤーが12. 8メートルの距離を挟んでそれぞれ5. 5 x 5. 5 メートル四方のコートに向かい合わせに立つ。 1セットは16点までですべての得点をカウントする。 先に2セットを取ったほうが勝ち。 歴史 [ ] スピードミントンは、バドミントンを屋外で行うためのバリエーションを試行していた在住の Bill Brandesによって考案された。 通常のバドミントンを屋外でプレーしようとするとバドミントンが軽いためによってプレーに支障が出てしまうためである。 その後国際スピードバドミントン協会は 2016年1月1日からクロスミントンと競技名、スポーツ名の名称を変更した。 2003年には国内で競技人口が約6,000人にものぼった。 ただし、ドイツでの競技人口は増えたが近隣諸国を含めた国外での普及度は低い。 これは、Speedmintonが特許により独占されており、Speedmintonも登録商標登録されていて自由に使えないことが普及を妨げている。 2005年には最初のチャンピオンシップがベルリンで開催されている。 2011年からは2年ごとに世界選手権大会が開かれ、2015年の第3回大会には日本から20名の選手団がアジア圏から初参加した。 欧米を中心として約40カ国でプレーされており、日本では2005年から行われるようになった。 それから5年後の2011年、全世界をカバーする国際組織ISBOが設立され、 29カ国から373人の選手が参加し、第一回世界大会が開催された。 2013年には第二回世界大会が開催され、2014年にはヨーロッパ選手権大会がポーランドワルシャワで行われました(7月24日〜26日)。 日本からは2名の選手がアジアから初めてゲスト参加し、 ドイツチャンピオンチームと親善試合を行った。 2015年の第3回世界選手権には日本から20名の選手団がアジア圏では初参加した。 隔年で、ヨーロッパ選手権と世界選手権が交互に行われる。 日本国内でも、近年では年に2回の世界大会が開催されており、日本クロスミントン協会は2020年のアジア選手権東京大会・2021年世界選手権東京大会開催を目指している。 コート・用具 [ ] スピードミントンのコート図 コートはサイドにある5. 4865 m 四方の正方形のエリア(以下 スクエアと称す)二つからなる。 スクエア間の最短部の距離は12. 8018 m で、を縦に半分にした広さでプレーできる。 コートは場所を選ばず、芝生、砂浜、雪上ありとあらゆる場所でプレーされる。 はスピードミントン専用のものを使う。 ラケットのデザインはバドミントンのものとは大きく異なる。 ラケットボールのラケットやテニスの変形デカラケ(wilsonの杓文字型ラケット)に似ている。 スカッシュのラケットより柄がかなり短い。 シャトルボールはバドミントンのものより重くデザインも違う。 スピーダー( Speeder)と呼ばれるもの。 倍近い9グラムの重さで頭の部分がゴルフボールのようにディンプル加工されており、最高で時速280キロ以上ものスピードが出る。 この写真の商品は非常に古く、現在販売されていない。 ルール [ ] ゲームの目的は相手側のスクエアにスピーダー(Speeder)を直接打ち入れることである。 サーブを失敗した時• スピーダー(Speeder)が相手のスクエアに届かなかった時• コートに着いてから打ち返した時• 二度打ちした時• スピーダー(Speeder)が体に当たった時 以上の場合は、相手の得点となる。 ゲームはどちらかが16点を取れば1セットとなる。 ただし15点もしくはそれ以上のスコアで同点となった時は2ポイント差がつくまで延長して行う。 3セット制でどちらかが2セット取れば勝ちである。 1セットごとにサイドを交代する。 サーブはアンダーハンドで行い3点入るごとに交代する。 ただし、スコア15対15以上になった時は交互に行う バリエーション [ ]• ダブルス : ダブルスもシングルスコートの中に2人ずつ入って行う• ブラックミントン: 蛍光材を使った用具で夜にプレーするスピードミントン。 脚注 [ ].

次の