病院 夏のボーナス。 基本給から分かるボーナスの平均額【大企業・中小企業編】

コロナでボーナスカット!?それって許されるの?法律的に考えてみる

病院 夏のボーナス

コロナでボーナスはどうなる!?リーマンショック時に匹敵する大幅減額か 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、2020年夏のボーナスは大幅減少になる見通しです。 前年比でー7. 内訳としては、製造業:493,650円 -4. 一方、 国家公務員の2020年夏のボーナスは、687,600円と前年比1. ただし、こちらは昨年から夏よりも多かった冬のボーナスを均等に支給しようとした結果増えたにすぎず、実際には伸びは鈍化しているといいます。 関連記事 中小・零細企業でより業績悪化の影響を強く受けるか 特にコロナウイルスの影響によるボーナス減少の影響が大きいのが中小企業です。 大手企業と比べて、直近の業績がボーナスに反映されやすい中小企業では、足元のコロナウイルスの影響を強く受けて、ボーナスの支給打ち止めや大幅減額を行うところも多いことが予想されています。 ボーナスだけではなく、残業代等の減少も悪化 また、ボーナスだけにとどまらず残業代なども大幅減少の可能性が高いと見られています。 コロナが拡大しはじめた3月以降、営業時間短縮や工場の停止といった動きがみられ、さらに緊急事態の発令によってこのような動きは一段と加速していく見通しです。 景気の急激な悪化に伴い、所定外給与の減少や失業率の上昇なども見込まれています。 もし給料が減っても、将来のためにどうにか貯蓄はしたい コロナが終息して、すぐに景気が回復してくれればいいですが、この先の経済状況がどうなっていくかは、不安は続きますよね。 もし景気がさらに悪化すらば、直近のボーナスだけでなく、その先のボーナスや月収も下がる可能性はあります。 そんな最悪な状況に備えて、今のうちに貯蓄は増やしておきたいという方も多いと思います。 自分の収入や年齢、家族構成を考えて、どのくらい貯金をしていけばいいか分からない方は、一度 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに無料相談してみるのもおすすめです。 ファイナンシャルプランナーの無料相談サービスでは、• いまの年齢・家族構成でどのくらい貯蓄が必要なのか?• 今の収入のうち、貯金にいくら回すのがいいのか?• そもそも無駄な出費や、過度な保険プランに入っていないか? など、お金に関する悩みをファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれます。 税金、貯金、保険などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、今のような先行きが不透明な経済状況下では、とくに役立つと思います。 おすすめは、株式会社リクルートが運営しているです。 日本全国で対応していて、厳選されたファイナンシャルプランナーがあなたの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので今後の貯蓄計画に不安な方や、一度プロのアドバイスをもらいたい方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

病院 夏のボーナス

東京女子医科大学労働組合HPより 東京都を中心に新型コロナの新規感染者数が増加するなか、ネット上ではある医療機関の対応に注目が集まっている。 東京女子医大で夏のボーナス(夏季一時金)を支給しないと労組に回答し、看護師約400人が退職を希望していると言われている問題だ。 400人という数は全職員の2割を超えるとんでもない数字だ。 しかし、東京女子医大組合連合が発行する「組合だより」(2020/6/29)によると、それでも病院側には危機感はなく「深刻だとは思うが、足りなければ補充するしかない」「今後の患者数の推移を見ながら、足りなければ補充すれば良いこと」「このままの財政状況が続けば、冬の賞与も出せない」と回答しているという。 この「足りなければ補充すればいい」という東京女子医大側の言い草に対し、SNS上では〈しょせん看護師は金で雇えば良いと思ってる ディスポ(使い捨て)みたいな扱いだよ〉〈コロナで普段よりも忙しいうえに、院内感染が起れば世間から袋叩き そのうえ、ボーナスカットって言われたら、続ける方が難しい〉と批判が巻き起こっているのだ。 さらに、新型コロナに対応してきた看護師がボーナスカットされるという事態に対しては、政府の責任を問う声もあがり、多くの賛同が寄せられている。 〈逮捕された国会議員にボーナスが支給されて、コロナで頑張った看護師さんのボーナスが全額カットされるってどういうことですか?〉 〈バカげたGoToキャンペーンに出す1. 7兆円があったら、医療機関に回せ。 〉 東京女子医大の場合は大学当局側の対応にも問題があるが、しかし、医療機関が経営的に切迫しているという問題は東京女子医大にかぎったものではない。 新型コロナの患者を受け入れた病院も、そうではない病院も、いま多くの医療機関が深刻な経営悪化の状態に追い込まれているからだ。 というのも、新型コロナの拡大を受けて感染を恐れて外来・入院患者が減った上、病院にとって大きな収入源となっている手術も減少。 実際、日本病院会と全日本病院協会、日本医療法人協会が6月5日に発表した「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査(追加報告)」によると、今年4月のコロナ患者を受け入れた病院の医業利益の赤字割合は78. 2%、受け入れなしの病院で62. 4%にものぼっている。 このような赤字がつづけば、ボーナスカットはもちろんのこと、廃業に追い込まれる病院が出てくることは必至。 政府はコロナ患者受け入れに対して診療報酬を増やしたり、確保した空き病床の補償などをおこなっているが、コロナ患者を受け入れていない病院も打撃を受けている上、現状の支援策だけでは足りないという声が医療現場からもあがっている。 たとえば、東京女子医大の問題を取り上げた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でも、岡田晴恵・白鴎大学教授は医療機関の現状に対し、「赤字の損失補填を4月にさかのぼってやらないと、国民の病床を確保できないというふうに私は思います。 現場の声もそうでございます」とコメントしていた。 一方、西村康稔・コロナ担当相は現在の感染拡大に対して「数字が基準以上に増えたとしても、医療体制に余裕があれば心配ない」(神戸新聞8日付)などと述べて緊急事態宣言の再指定は必要ないという姿勢をとっているが、このままでは経営悪化によってその医療体制が崩れかねないのだ。 しかし、この東京女子医大の問題をはじめ医療機関が経営的に切迫している問題をぶつけられても、政府はいまだに対応をとろうとはしていない。

次の

2020年夏のボーナス支給時期はいつ?コロナの影響は?

病院 夏のボーナス

「スト決行中」のゼッケンを着け、街中や電車内も歩く 白衣姿の医師や看護師らの組合員8人が、背中を向けてずらりと病院の玄関横に立っている。 背中には、赤字で「スト決行中」のゼッケンがあり、「ストライキ決行中」との横断幕も掲げられた。 これは、船橋二和病院の労組の1つが2020年7月10日に行ったストの様子だ。 労組のフェイスブックに7枚の写真が投稿され、そのうちの2枚がツイッター上で紹介されて、反響を集めている。 白衣の医師らがゼッケンを着けて、街中や電車内も歩いており、かなり目立っていたようだ。 フェイスブックなどの情報によると、この病院では、2019年冬のボーナスが過去最低の1. 0か月分になり、20年春までに70人もの医師や看護婦らが辞め、病棟も一部閉鎖された。 コロナへの対応が迫られる中でも、残った医師らは働き続けたが、夏のボーナスがさらに下がって0. 9か月分になった。 しかし、病院側は、診療報酬改定による減収や病院建て替え計画、さらにコロナ減収でつぶれてしまうと我慢を求めてきたという。 労組は、7月7日に団体交渉を行い、ボーナス1. 5か月分の支給や退職金の減額提案の撤回、安全を守るための増員などを求めた。 しかし、交渉は決裂してストの実施を決め、10日に実行に移された。 「労組の要求は承知しているが、ボーナスのことはコメントしない」 労組の執行委員長が組合員にあてたストの指示書では、「なぜ、『コロナ減収』の補填に労働者の賃金がつぎ込まれなければならないのか」と不満を訴え、「われわれは、もうこれ以上我慢し、『仕方ない』と受け入れることは出来ない! 」と決意をつづっている。 ストでは、20人ぐらいの支援者も集まって、船橋市や千葉県にも申し入れを行った。 県に対しては、病院労働者への一律10万円の独自給付や病院の減収補填などコロナ禍に対応できるような環境整備を求めている。 同時に、記者会見も行ったが、告知が遅かったこともあってか、1社だけしか参加しなかったという。 ストの様子を伝えるフェイスブックのコメント欄には、「応援します!頑張ってください」「国を動かす力にもなります!」などとエールが相次ぎ、労組側も、1つ1つお礼の返信をしていた。 船橋二和病院を運営する千葉県勤労者医療協会は7月13日、「労組から要求が出ていることは、承知しています。 しかし、ボーナスについては、コメントしていません」と担当者がJ-CASTニュースの取材に答えた。 ただ、70人退職とされたことについては、定年退職やグループ内での移籍も含まれていると説明した。 病棟閉鎖についても、複合的な理由があり、退職者が多かったからとは一概に言えないとしている。 労組は複数あり、ストをしたのはそのうちの1つという。 NHKなどの報道によると、コロナ禍で医療機関の受診控えが相次ぐなどしており、日本医療労働組合連合会の調べで、夏のボーナスを前年より引き下げた加盟医療機関が3割にも上った。 また、2つの医療機関でボーナスゼロの報告があり、そのうち東京女子医大病院は、看護師400人以上が退職を希望していたという。 こうした状況について、ツイッター上などでは、「医療スタッフの善意におんぶに抱っこで甘えていたら、いつかは先細る結果になる」「現場を離れる医療関係者が続出したら、それこそが医療崩壊につながりかねない」「国が何らかの補償をしないと、他の病院でもストが起きると思う」といった意見が出ている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の