黒子 の バスケ ss。 隠れてエロSS : 黒子のバスケ

【黒子のバスケ】【黒子のバスケSS】黒子 キセキ えっなんで? 黒子っちへのお触り禁止令を出されたキセキの1週間

黒子 の バスケ ss

保守がてら桃黒を投下します。 勢いで打ったので文章が変かもですがご容赦下さい。 途中で規制が入らない事を祈りつつ… 帝光中時代みんなで海合宿に来ていて、 黄瀬が気を利かせて黒子と桃井を二人きりにしたという設定で (これは願ってもないチャンスだわ…きーちゃんありがとうーっ!!!) 心の中で桃井は黄瀬に感謝した。 手には「これ塗ってもらったらいいんじゃないスか?」と黄瀬に渡された日焼け止めがある。 実は日焼け対策万全で来たのだが、このチャンスを逃す手はない。 男ばかりの部活なら、それはまさに日常。 口を開けば堀北マイとおっぱいの話の幼馴染をはじめ、 男の子達は胸の大きさはどれが最高だとか、 ヤるならアイドルのどの娘がいいだとか、そんな話ばっかり。 つい先ほども男子達は、部活の休憩時間に低俗な話題を続けていた。 自分がいても全く意に介さず声も潜めないので、嫌でも耳に入ってきてしまう。 「ほんと、男の子って…」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : 木リコの前に以前書いてた桃リコの軽い百合ネタ投下 【意地悪してごめんなさい】 誠凛バスケ部のプール練習に水着姿で来るわ、リコに対してギリギリBとか言ったり 大雨の中、ずぶ濡れてバスケ部の練習中に「テツ君いますか?」と来て、風邪ひいちゃうとTシャツとタオル貸したら、胸がキツイんですけどとまで言う女。 それが桃井さつき。 リコは桃井が来ると必ず意地悪というかナチュラル?に嫌味言われるので、極力顔を合わせたくない。 胸のサイズを部員たちの前でほぼ間違っていないとはいえ、バラされた時のあの恥ずかしさと屈辱感。 イライラしている。 「ダメダメ、こんなんで怒っていたら疲れるだけだわ」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : あのWCから2年後。 氷室は大学の夏休みを利用して1人アメリカへ行った。 もちろん、目的はアレックスに会うためだ。 「おいおい、いきなりこっちに来るなんてびっくりしたぞ」 呼び出され満面の笑みをうかべるアレックスに氷室は目を細める。 「ああ、ちょっとね」 いつからバスケの師匠から「女」を意識したのか忘れた。 「アレックス、ひとつお願いしてもいいかな」 「おう、なんだ?甘えたいのか。 よしよし」 アレックスはいつものように抱きしめて氷室の背中をポンポンたたく。 身長差が殆どなくアレックスの吐息と、香水もつけてないはずなのにいい香りがする。 ごくり、思わず息を呑む。 「ア、アレックス。 オレもうハタチなんだよ。 いい加減子ども扱いはやめてくれないか」 「そうかそうか。 で、タツヤのお願いって何だ?」 誰もいないストバスのコートのベンチに有無を言わさず押し倒した。 「ずっと貴女が好きだった。 アレックスが欲しい」 「ハ?何を言って……う、んんんっ!?」 アレックスが言葉を発する前に強引にキスをする。 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : 「……あれ、もうこんな時間?」 リコは腕時計と部室の時計と見合わせて小首を傾げた。 確かに部活も終われば真っ暗にはなる時間ではあるが流石にこんな時間まで学校にいるのはマズい。 「作戦立てるのは楽しいんだけど、やはりマネージャー位は欲しいわねー。 まぁ、雑用ばかりじゃなくて、そう、そうよ。 女同士でグダグダどうでもいい事したいんじゃー!!」 「はーい!監督さーん!立候補!立候補!!」 部室のドアを内側から開けた途端に、桃井が部室の外で意気揚々と両手を上げ、リコの独り言に賛同する。 その瞬間、リコは内側からドアを思い切り閉めた。 「え~!酷い!監督さぁあああぁん!!!」 桃井が泣きながらドンドンと部室のドアを叩く。 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : さつきは紫原を見上げながら、困ったように眉を下げていた。 街中でチームメイトとはぐれ、更に道に迷った紫原を彼らの宿泊しているホテルまで案内したのはいい。 しかし、寄ってけば?と言う紫原の言葉に頷いたのは良くなかった。 珍しく笑みを浮かべる紫原の、その眸に潜む色を確かに認めながらも頷いたのは。 「…ムッく、ん…」 緊張に掠れたような声が零れる。 こうなる事は分かっていたのだ。 「なーに?さっちん」 さつきの両手首をしっかりと押さえつけながら、紫原は応える。 彼女の身を預かるベッドは柔らかく、しかしさつきの気持ちを僅かにも和らげてはくれない。 「は、はなし、て……」 「やーだ」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ :.

次の

黒子のバスケカテゴリの人気SS一覧

黒子 の バスケ ss

「この手だけは使いたくなかったのに…」 彼はそう、憂鬱そうに呟いた。 黒子テツヤ、28歳。 地方にある出版社の正社員である。 大学進学後、公式競技としてバスケをすることはすでに限界になっていた彼は、サークルはバスケ部には入らず、かねてより好きだった本に囲まれた生活をしたいと文芸部に所属した。 そして、サークルの先輩のツテでこの出版社に就職して早3年。 彼はかつてないピンチに差し掛かっていた。 インターネットの普及による急激な紙離れは、出版業界に大ダメージを与え続けている。 たとえるなら毎ターンクリティカルヒットだ。 黒子が務めている出版社のメインはいわゆる業界紙系であるため、さほど大きなダメージがないとはいえ、やはり皆無なわけではない。 とくに、本業の片手間で作っているような文芸誌は常に廃刊の危機にさらされていると言ってもいいだろう。 それでも何とかやってこれたのは、長い歴史とそれを支えてきたファンがいたからだ。 しかし半年前に長くこの雑誌を支えてくれていた編集長が定年で辞めてしまってから、社内で廃刊の声が高まってきたのである。 そしてついに、購買数を向上させるような策がないなら、次の雑誌には「廃刊のお知らせ」を掲載すると言う最後通牒が突き付けられたのだ。 もちろん、かかわっている者たちはそれぞれ知恵を出し合ったがこれと言ったものが見つからず、部はあきらめムードになり始めたのだ。 そんな中、黒子より一つ、二つ先輩の女性が「有名人がコラムとか連載してくれたらいいんですけどね」と、呟いたのだ。 いつまでもその策が続くとは限らない。 基本的には時代遅れの雑誌なのだ。 消えてしまうのも仕方がない。 だが今の連載陣が全員連載を終えるか、別の掲載雑誌が見つかるまでは何とか廃刊を引き延ばしたい。 それが全員の願いだ。 そして、黒子には偶然にも〝有名人〟に知り合いがいた。 それも一人二人ではなく、複数人だ。 その中でも一番知名度のある人物に、黒子は恐る恐るメールを出したのだった。 お願いしたいことがあります。 黄瀬涼太。 モデル出身のマルチタレントで、現在は俳優業に重きを置いている。 当初はモデルの時のイメージのまま、さわやかな好青年役が多かった彼だが、ある監督が彼をある役に大抜擢した。 愛を知らず、狂気と執着を持つと言うその役は、物語における重要な位置にいた。 原作ファンを中心に、イメージが違うと前評判ではさんざん叩かれたが、彼は見事に演じ切った。 今までお茶の間で見せていたような笑顔はなく、凍りついた心そのままに、瞳にまで狂気を宿らされた彼に、関係者は手のひらを返した。 一部、既存のファンがこんなのは認められないと引いたようだったが、その年の主演男優賞を軒並みかっさらっていくと言う偉業を前には些細なものとかすんでいった。 それ以来、演じる役柄にも幅が出てきており、いま波に乗り始めた役者の一人だろう。 「と、言うわけで。 毎月4000文字程度のコラムをお願いしたいんです」 だめならだめでいいです。 もう最後の手段なんです。 なりふり構ってられないだけです。 いつも以上に座った目をしてそう言う友人に、黄瀬は苦笑いを浮かべた。 モデルとして雑誌に出てから、さらにテレビで成功してから、黄瀬には自称「親友」やら「友人」が爆発的に増えた。 顔も知らない親友に、いちいち感情を波立たせるような軟なメンタルをしている黄瀬ではないが、やはり愉快なことではない。 しかし、高校時代、ともにコートで競い合った仲間たちだけは、どれだけ黄瀬が有名人になろうとも態度を変えなかった。 たまには敬ってくれないかなと、黄瀬がぼやくほどに変わらない彼らは、高校入学当時に、キセキの世代として注目され、特別扱いされた経験から非常にありがたい存在だった。 そんな彼らの筆頭ともいえる黒子が、なりふり構っていられないと頭を下げてくるのだ。 本当に、彼が言う以上にせっぱつまっているのだろうと黄瀬にはわかった。 「黒子っち」 「わかってます。 虫のいい話だってことは、直接黄瀬君にお願いするのだってルール違反でしょう。 っていうかそもそも黄瀬君が毎月4000字文字もの文章を書ける気がしない。 あ、やっぱやめときましょう」 「ひどっ!」 相変わらず黒子っち容赦ない。 と、黄瀬はさめざめと涙を流した。 「すみません。 ちょっと冷静になってきました」 「それもどうなのって感じっス。 でも黒子っちは運がいいっスよ」 「はい?」 首をかしげる黒子に黄瀬が説明したところによると、今度のドラマでは黄瀬は小説家の役をやるらしい。 それにただやみくもに書けと言ってもかけるものでもないので、どうしようかという話をしていたというのだ。 「渡りに船っていうか、練習って言ったら黒子っち達に失礼かもしれないけど。 よろしければさせてほしいッス。 間違いなく安堵だろう。 まずは正式な文章で事務所に連絡してほしいと言う黄瀬に、黒子もうなずく。 後はとんとん拍子で話は進んでいき、果たして雑誌は売れに売れた。 ちょうど新しく始まったドラマの役作りの一環と言うこともオープンにされたため、脚本家が興に乗ってドラマの世界と現実世界がリンクするような構成にしたのも大きいだろう。 なんと最終話には雑誌の担当者として黒子も登場したのだ。 もちろん友人たちには速攻でばれた。 ついでに、恋人に黄瀬がコラムを連載しているのが自分の雑誌でかつ担当も自分だと言うことがばれた。 別段秘密にしていたつもりはないのだが、〝涼太だけテツヤと仕事なんてずるい〟と言いだし、最後には〝テツヤとの共同作業を最初にするのは僕のはずだったのに!〟と嘆きだしたのだ。 黄瀬や青峰が同じことを言いだしたらどてっぱらに掌底を繰り出してその場で放置すること請け合いの黒子だが、女子供と恋人にはすこぶる甘い彼は、どうにかなだめられないかと奮闘した結果、普段やらないようなことまでさせられたのだった。 大体、あの赤司が黄瀬のコラムが掲載されている雑誌が黒子の勤め先だと言うことぐらいとっくに把握しているはずなのだ。 「すまない、やりすぎたね」 あらぬところが痛む体をよたよたと引きずって歩く黒子を笑顔で支える恋人の顔に、黒子はますますその考えに確信を持つのだった。 「そういえば、涼太のコラムは来月最終回じゃなかったかい?」 「えぇ半年の予定でしたから」 なんだかんだ言って黄瀬も忙しいのだ。 彼の今のスケジュールを考えれば、半年一度も休載せずに続けられたことがある意味で奇跡だ。 しかし、コラムが終わると別の問題が上がる。 せっかく伸びた発行部数だが、彼の連載が終われば途端に下がることは目に見えている。 もちろん、黄瀬のコラム目当てだったとしても、雑誌そのものを気に入ってくれた人もいるだろう。 しかしその数がごく少数であることはまず間違いない。 「次の連載は」 「あ、今をときめく人気コメンテイターの高尾君にお願いできました」 「テツヤっ」 三回連載ですけど、連載が終わっていない話もあと2本だけですし、それまでは他に移った人が短編を寄せてくれると言う話ですし。 と、シレッと答えた黒子に、赤司が信じられないと首を振る。 その後、黒子の人脈…と言うよりも身内総動員により何とか一定の発行部数を維持し続けた雑誌は、それから二年後に廃刊となった。 その廃刊となる半年前から連載されたコラムは、現在の日本で多くの人間が知る某大企業社長による「わが暗黒の歴史」というタイトルの中学高校の話であった。 今までコラムを担当してきた面々の当時のエピソードをふんだんに盛り込まれたその連載は大いに話題にもなり、雑誌は有終の美を飾ることができた。 ただ、タイトルも含めて、毎回吊るし上げにされる関係者たちが毎回ガクブルしながら雑誌を購入していたという話もあるのだが、それはまた別の話である。 「暗黒のって、黒れき」「だまるのだよ」(シッと、隣から緑間に口を押えられた) 「自覚はあったんだね、赤ちん」 「赤司てめぇぇ、いいかげんにあれは忘れろ!!」 「ちょ、イメージ商売してんのに台無しっすよ!!」 それぞれの場所で、半泣きになったり苦笑いを浮かべたりしているキセキの世代を見る限りは、どうやら真実らしい。 ちなみに身内総動員には、NBAに行ったカガミンや青峰、ピアニストになった緑間、パティシエの紫原、トレイナーのリコ、その他それぞれの分野で一定の活躍を見せている当時の仲間たちです。 もう最終的には「雑誌っていうよりもうお前らの寄せ書きじゃん、文化祭の部誌レベルだろ」みたいな状態でしたが、そんな中でも腐らず黙々と連載続けた二名の作家さんが、連載終了後しばらくして出した単行本は、それなりに売れたそうです。 (コラム連載中だけ購読して、結局どう終わったんだと気になって買った層が一定数いた模様).

次の

黒子のバスケ (アニメ)

黒子 の バスケ ss

保守がてら桃黒を投下します。 勢いで打ったので文章が変かもですがご容赦下さい。 途中で規制が入らない事を祈りつつ… 帝光中時代みんなで海合宿に来ていて、 黄瀬が気を利かせて黒子と桃井を二人きりにしたという設定で (これは願ってもないチャンスだわ…きーちゃんありがとうーっ!!!) 心の中で桃井は黄瀬に感謝した。 手には「これ塗ってもらったらいいんじゃないスか?」と黄瀬に渡された日焼け止めがある。 実は日焼け対策万全で来たのだが、このチャンスを逃す手はない。 男ばかりの部活なら、それはまさに日常。 口を開けば堀北マイとおっぱいの話の幼馴染をはじめ、 男の子達は胸の大きさはどれが最高だとか、 ヤるならアイドルのどの娘がいいだとか、そんな話ばっかり。 つい先ほども男子達は、部活の休憩時間に低俗な話題を続けていた。 自分がいても全く意に介さず声も潜めないので、嫌でも耳に入ってきてしまう。 「ほんと、男の子って…」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : 木リコの前に以前書いてた桃リコの軽い百合ネタ投下 【意地悪してごめんなさい】 誠凛バスケ部のプール練習に水着姿で来るわ、リコに対してギリギリBとか言ったり 大雨の中、ずぶ濡れてバスケ部の練習中に「テツ君いますか?」と来て、風邪ひいちゃうとTシャツとタオル貸したら、胸がキツイんですけどとまで言う女。 それが桃井さつき。 リコは桃井が来ると必ず意地悪というかナチュラル?に嫌味言われるので、極力顔を合わせたくない。 胸のサイズを部員たちの前でほぼ間違っていないとはいえ、バラされた時のあの恥ずかしさと屈辱感。 イライラしている。 「ダメダメ、こんなんで怒っていたら疲れるだけだわ」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : あのWCから2年後。 氷室は大学の夏休みを利用して1人アメリカへ行った。 もちろん、目的はアレックスに会うためだ。 「おいおい、いきなりこっちに来るなんてびっくりしたぞ」 呼び出され満面の笑みをうかべるアレックスに氷室は目を細める。 「ああ、ちょっとね」 いつからバスケの師匠から「女」を意識したのか忘れた。 「アレックス、ひとつお願いしてもいいかな」 「おう、なんだ?甘えたいのか。 よしよし」 アレックスはいつものように抱きしめて氷室の背中をポンポンたたく。 身長差が殆どなくアレックスの吐息と、香水もつけてないはずなのにいい香りがする。 ごくり、思わず息を呑む。 「ア、アレックス。 オレもうハタチなんだよ。 いい加減子ども扱いはやめてくれないか」 「そうかそうか。 で、タツヤのお願いって何だ?」 誰もいないストバスのコートのベンチに有無を言わさず押し倒した。 「ずっと貴女が好きだった。 アレックスが欲しい」 「ハ?何を言って……う、んんんっ!?」 アレックスが言葉を発する前に強引にキスをする。 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : 「……あれ、もうこんな時間?」 リコは腕時計と部室の時計と見合わせて小首を傾げた。 確かに部活も終われば真っ暗にはなる時間ではあるが流石にこんな時間まで学校にいるのはマズい。 「作戦立てるのは楽しいんだけど、やはりマネージャー位は欲しいわねー。 まぁ、雑用ばかりじゃなくて、そう、そうよ。 女同士でグダグダどうでもいい事したいんじゃー!!」 「はーい!監督さーん!立候補!立候補!!」 部室のドアを内側から開けた途端に、桃井が部室の外で意気揚々と両手を上げ、リコの独り言に賛同する。 その瞬間、リコは内側からドアを思い切り閉めた。 「え~!酷い!監督さぁあああぁん!!!」 桃井が泣きながらドンドンと部室のドアを叩く。 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ : さつきは紫原を見上げながら、困ったように眉を下げていた。 街中でチームメイトとはぐれ、更に道に迷った紫原を彼らの宿泊しているホテルまで案内したのはいい。 しかし、寄ってけば?と言う紫原の言葉に頷いたのは良くなかった。 珍しく笑みを浮かべる紫原の、その眸に潜む色を確かに認めながらも頷いたのは。 「…ムッく、ん…」 緊張に掠れたような声が零れる。 こうなる事は分かっていたのだ。 「なーに?さっちん」 さつきの両手首をしっかりと押さえつけながら、紫原は応える。 彼女の身を預かるベッドは柔らかく、しかしさつきの気持ちを僅かにも和らげてはくれない。 「は、はなし、て……」 「やーだ」 引用元: 黒子のバスケでエロパロ タグ :.

次の