仏壇 の 引っ越し。 仏壇の引っ越しと移動…手順や費用、依頼先も解説

お仏壇の引っ越し(移動)でお経は2回?お布施の金額・表書き・水引は?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

仏壇 の 引っ越し

引っ越しなどで仏壇を動かさなければならなくなったときに、どうすればいいか悩んだことはないでしょうか。 家の中で行う移動にはそのまま静かに移動させれば問題ないようですが、引っ越しなどで新しい住まいに移動させる際にはしかるべき儀式が必要です。 こちらでは、引っ越しなどで仏壇を移動させるための方法や注意点などについてお話します。 仏壇って移動させても大丈夫なの? 仏壇の移動する際、特に何も考慮することなくただの家具として動かしてしまえばいいと思われる方が多いかもしれません。 ですが、仏壇は基本的には移動させてはいけないとされています。 仏教界の宗派(浄土真宗を除く)の考え方では、仏壇を購入して安置する場合は開眼供養(魂入れ)を行い、また仏壇を移動したり買い替えたりするときは閉眼供養(魂抜き)を儀式として行います。 僧侶に開眼供養をしてもらい、本尊や位牌を安置して日々手を合わせてお参りしている仏壇には仏様や故人の魂が宿っているとされていますので、仏壇を単なる家具として扱ってはいけません。 移動しなければならない場合は、まずは菩提寺や宗派の寺に相談されて慣習通りに行うのがいちばんかと思いますが、僧侶に閉眼供養(魂抜き)をお願いし、移動先に安置したら開眼供養(魂入れ)を行って平常に戻すというのが一般的かと思われます。 浄土真宗の儀式ついて 浄土真宗には魂という概念がないので、魂抜きや魂入れという言い方はしません。 代わりに遷座法要や遷仏法要というという儀式を行います。 閉眼供養の依頼方法と費用について 閉眼供養(魂抜き)は基本的には菩提寺の僧侶に依頼をします。 すぐに対応してもらえるわけではありませんので、引っ越しの1か月くらい前には依頼し、引っ越しの1週間前~前々日くらいまでに行ってもらうのがベストです。 菩提寺がない、または近くにない場合は、お葬式やお墓などをお願いした寺院に問い合わせてみてください。 閉眼供養は法要の一種になりますので、お布施・お車代・お膳料を用意することが一般的ですが、最近ではお布施のみの寺が多いようです。 金額についてはそれぞれ地域差がありますが、数千円~10万円くらいです。 どうしても分からないときは、住職に直接相談するのが良いでしょう。 引っ越しで仏壇を移動する際に注意すること 仏壇を運ぶ際にも気をつけなければいけないことがいくつかあります。 まず気をつける点は、仏壇は横にしないこと。 必ず立てて運ぶようにし、トラックなどに積んだときにも、倒れないように業者の方に固定してもらいましょう。 そして、本尊や位牌はたとえ魂抜きをしていても、再び魂入れを行う大切なものです。 段ボールに入れて引っ越しトラックで運ぶのは汚れたり壊れたりする恐れがあるので、なるべく自分の手で持ち運ぶことをおすすめします。 開眼供養の方法と費用について 新しい住まいに仏壇を移動させたら、ご本尊をお迎えする開眼供養あるいは仏壇開き(魂入れ、お性根入れ、入仏式)が必要です。 当日は菩提寺の僧侶を招いて読経をしてもらいます。 引っ越し先が遠方で、閉眼供養をしてもらった寺にお願いできない場合は、引っ越し先の近くの寺院を紹介してもらうと良いでしょう。 お布施はあくまでも気持ちが大事ということで金額は決まっておりませんが、相場は2~5万円くらいです。 どうしても分からないときは、住職に直接相談するのが良いでしょう。 開眼供養の準備:例(地域や宗派によって異なります) 現在のご注文状況(最新30件)- 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 06月13日 埼玉県 12,280円 06月13日 滋賀県 16,770円 06月13日 秋田県 128,000円 06月13日 秋田県 19,630円 06月13日 秋田県 6,150円 06月13日 大阪府 25,800円 06月13日 東京都 14,590円 06月13日 神奈川県 4,700円 06月13日 東京都 2,580円 06月13日 大阪府 7,770円 06月13日 新潟県 13,880円 06月13日 東京都 58,320円 06月13日 宮城県 77,800円 06月13日 宮城県 18,460円 06月13日 宮城県 59,800円 06月13日 埼玉県 7,360円 06月13日 神奈川県 11,010円 06月13日 佐賀県 168,000円 06月13日 兵庫県 14,400円 06月13日 大阪府 1,240円 06月13日 兵庫県 11,480円 06月13日 徳島県 1,240円 06月13日 宮城県 13,480円 06月13日 宮城県 31,000円 06月13日 岐阜県 10,180円 06月13日 岐阜県 2,040円 06月13日 福井県 13,480円 06月13日 岐阜県 88,000円 06月13日 岐阜県 20,310円 06月13日 岐阜県 20,460円.

次の

魂抜きは絶対?仏壇の引越しはどうする

仏壇 の 引っ越し

お仏壇を引っ越しさせるときの基本的な作法・儀式が3つあります。 最後に家(旧居)を出て、最初に家(新居)に入る• なお、作法や儀式は宗派や地域によって変わりますので、引越が決まった段階で、普段お世話になっているお寺さんや住職さんに作法について確認しておくことをおすすめします。 細かい仏具は丁寧に個別包装して、ひとつのダンボールに詰めましょう。 荷造りをする前に仏壇全体の写真を撮っておくと、引っ越し後の設置に役に立ちます。 専門業者に依頼する 基本的にお仏壇の搬送は引越業者に依頼できますが、より丁寧な作業を希望する場合は専門の業者に依頼するのもいいでしょう。 お仏壇のプロが解体から梱包、搬出、組み立て・設置までを行ってくれるので安心です。 なおアーク引越センターでは、お仏壇クリーニングのサービスも行っております。 無料でお見積をしますので、ぜひお問い合わせください。 神道の神をまつるための神棚も、引っ越しの時に特別な作法が必要となるもののひとつ。 円滑に引っ越しを済ませ、快適に新生活をスタートさせるためにも、丁寧に引越し作業をしましょう。 引っ越しの作法 中に収められているお神札を取り出して白い紙や布に包み、それを、引越し前日か荷物搬入の前に改めて中に収めます。 お神札を抜く際は、息がかからないように注意しましょう。 神棚は、お仏壇同様、新居には最初に運び込むのが良いとされているので、新居に荷物を運び入れる前に設置しましょう。 また、神職さんを呼んで清祓いする場合もありますが、これは行わなくても問題はないようです。 不明な点があれば、お近くの神社に問い合わせて確認するといいでしょう。

次の

仏壇の引越し費用・料金相場と荷造り手順【HOME'S

仏壇 の 引っ越し

【質問】お寺さんとの関係について 我が家には以前より長くお付き合いをしているお寺さんがございます。 お彼岸やお盆、年末は家におつとめに来ていただいてお経を唱えてもらいます。 これは嫁いだ時からのことですし、ごく当たり前の行事のように考えておりました。 この度、引越しをすることになったのでお仏壇も移動しなくてはならないのですが、お仏 壇の引越しには決まりがあると知りました。 それも、おつとめの後にお茶を飲みながら話している時にご住職から教えていただき ご先祖の為にも行ったほうが良いと提案がありました。 普通に移動して良いものだと考えておりましたので、抜魂、入魂の儀式があることも、その 度にお寺さんにお願いすることも知りませんでした。 友人などに聞いたところ、お布施の金額もけっこうかかるそうです。 私もお金に不自由していなければきちんと形式通り行いたいのですが、年金で暮らしており 余裕がありません。 だからといって、お寺さんとの関係を壊すようなことはしたくないと思っております。 これから息子の代になっても長く続いていく関係ですし、狭い地域ですので何か噂され ても嫌だなと思います。 断らずにお願いしたほうがよいのでしょうか。 金銭的に困難な旨を相談しても失礼にはならないでしょうか。 アドバイスをお願いいたします。 ただでさえ大きいですし、普通の家具と違って先祖を祀っているものなので粗末にできません。 仏壇の引っ越しに関して、絶対にこうしなければならないという決まりはありません。 宗教活動があまり盛んでない日本でもたくさんの宗教がありますね。 一番多いのは仏教徒だと思いますが、同じ仏教でもたくさんの宗派があります。 仏壇の引っ越しに関しても宗派ごとに考えが違います。 また、住職さんによっても変わったりします。 なので、檀家となっているお寺やお世話になっているお寺に相談するのが手っ取り早いですが、 ここでは一般的な仏壇の引っ越しの概略をご紹介します。 仏壇の引っ越しでは、仏壇を動かす前にまず「魂抜き」をしてもらいます。 この儀式が終わると、先祖の魂は一旦仏壇から離れます。 新居に移ったら、今度は「魂入れ」をしてもらいます。 この儀式が終わると、先祖の魂は再び仏壇に戻ります。 宗派によって、「お精抜き」「お精入れ」と呼んだり、「お性根抜き」「開眼法要」と呼んだり さまざまですが基本的な考え方はこのような感じです。 宗派によっては、引っ越しの際、まず最初に仏壇を運び出し、新居には最初に 仏壇を入れるというところもあるようなので、お寺に確認してみるといいでしょう。 浄土真宗には「魂」という概念がないため、魂抜き等はないと勘違いされることがあります。 確かに「魂抜き」「魂入れ」は行われませんが、代わりに「閉扉法要」「遷座法要」などの 儀式をします。 (呼び方は浄土真宗内でもいろいろあります。 ) ただ、「閉扉法要」は略すことが多いと僧侶の方もおっしゃっていますし、浄土真宗は 厳格ではないのかもしれません。 いくら包めばよいかわからない場合は思い切ってお寺に聞くのが確実な方法です。 相場は1~3万円程度で別途交通費等が必要になります。 この金額はあくまで相場で、金額は檀家となっているお寺やお住まいの地域により異なります。 参考までに、以下の二つのお寺のお布施金額をご紹介します。 ・ある浄土真宗のお寺 「お精抜き」「お精入れ」合わせて1~2万円 ・ある臨済宗のお寺 閉眼法要 2万円 (開眼法要は別途) 参考になさってください。 また急に引っ越しが決まった場合ですと、事前にお寺に依頼をし、 引っ越し前に来ていただく時間を作るのは大変でしょう。 魂抜きは絶対にしなければならないのでしょうか? 最近ではこういった儀式はあまり行われていないようです。 遠方への引っ越しの際はされる方も結構いるようですが、近隣への引っ越しの場合、 省略される方が多いようです。 魂抜きや魂入れをしなかった方全員に祟りが起きた、罰が当たったということは聞きません。 では、お金も時間もかかるのになぜ魂抜きをする方がいるのでしょうか? 理由の一つとして、信仰心が強いなどの宗教的理由が考えられます。 また、先祖代々やってきているからという理由もあるでしょう。 実は多い理由が、お寺との関係を悪くしたくないという理由です。 一度檀家になったらそうそう変えることはできませんので、長い付き合いになります。 仏教のいろいろな決まりは住職さんに教えていただくことになりますから、 住職さんに引っ越しするなら魂抜きと魂入れが必要だと言われたら断りにくいですよね。 何も言わずに引っ越しをしても、いつかは仏壇にお線香をあげにきていただくことになります。 後から引っ越ししたことが伝わってもなんだかお互い気分が悪いですよね。 このように、お寺との関係を良好に保ちたいならば魂抜き等を行った方がいいでしょう。 お布施は気持ちと言われていますので、例えばお金をキャッシングで借りてまで 相場の金額を払う必要はないのです。 お寺もこちらの懐事情は十分に理解してくださると思いますよ。 ただわざわざ出向いていただくわけですので、お車代はしっかりと出した方がいいかと思います。

次の