コッコちゃん 10匹目。 コッコロのちゃん・アニメプリコネ・プリコネアニメが話題

ペコちゃんあんどメバルちゃん|メバルちゃんファミリー物語

コッコちゃん 10匹目

なおてん通信でございます。 ナオちゃんテンくんコンビが我が家にやってきて、一年になりました。 もう一年!? 早いですねー。 二人は変わらずの食っちゃ寝生活で、羨ましい限りです。 テンくんがご飯の時だけ限定で、「お手」を覚えました。 ナオちゃんはかわらずご飯皿の前が定位置です。 二人仲良く寝ているかと思えばテンくんがにゃんこベッドから飛び出ることもよくあります。 H様 消臭チップ6袋 明石市 F様ご夫婦 かつおおやつ24本、ワンコのおやつ1袋 京都府 M. Y様 消臭チップ7袋 東京都 Y. H様 手袋3箱、成猫用ドライフード6袋 明石市 H様 にゃんぶくろ3つ 南あわじ市 Y. N様 5000円 洲本市 M. F様 10000円 たくさんのご支援をありがとうございます 大切に使わせていただきますね 定期的にご支援くださってる方、里親様、そして新たにこちらの保護部屋を 知ってご支援くださった方 本当にありがとうございます にゃんたちが幸せな生活を始める日まで 皆様に命を繋いでいただいております では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~ レモンちゃん 卒業おめでとう! 幸せそうな様子でこちらも幸せを感じます。 良かったね。 優しい里親様にたくさん たくさん可愛がって頂いて下さいね。 ゴマちゃんの食欲がもどって良かったですね。 心配しました。 なんてふっくらして可愛くたったのでしょう。 あれ? ミツ線… ハニーナちゃん 大きくなりましたね。 幸せな証拠ですね。 ラムちゃん コッコちゃんの幸せそうな様子! いいですね〜 テンくんのお手はすご〜いですね! 我が家の今日のビッグニュースです。 病院で保護されていた子たちもそれぞれ新しいご家族様に 迎えられたらきっと表情が明るくなるのでしょうね。 素敵な里親様が見つかる事を祈っています。 部屋の端っこに置いてある座布団に初めて座った日、家族の仲間入りをしたと実感しました。 仕舞い忘れた枕に乗って毛繕いしてる姿を見ては、自分でお気に入りのベッドを選んだんだのだと嬉しく思いました。 動くとちゃこちゃんが逃げるからと硬直したまま喜びを感じてました。 ゆっくり慣れてくれる子は、そうゆう楽しみが長いこと続くのですね。 ミクちゃんもゆっくりゆっくり慣れて、長い事里親様を楽しませてくれますね。 4 水曜日, 21 1月 2015 00:48 和代さん イリ君トイレもご飯も大丈夫だったそうなのでほっとしています 慣れたら先住猫さんと遊び始めるかな 病院では先生がお世話してくれるからお外の猫さんに比べたら とっても幸せかもしれませんが 人間に甘えて暮らして欲しいです 良いご縁がきっと見つかりますよね O. Yさん 卒業生たちの幸せな姿を見ると私たちも幸せな気持ちになります テン君にはほんとビックリですね 病院の子達もあきらめたらずっとゲージです いっぱい甘えて、誰かの宝物になる日が来るはずだから 頑張って運命の糸探して結びたいです ちゃこ・千ままさん ちゃこちゃんが慣れるまでの間、そんな風に楽しみながら ドキドキしながらいろんな発見や展開を見守ってくださっていたのですね ミクちゃんの里親様もきっと昨日できなかった事が今日はできた時 普通の猫さんでは何でも無い事も感動しますね 大変ですが、猫との生活が里親様も幸せであって欲しいと いつも思っています•

次の

金魚の飼育、我が家にやって来た2匹の赤い和金。デカちゃんとチビちゃんが元気良く餌を食べる|こーちんの庭

コッコちゃん 10匹目

親戚が赤ちゃんの時に購入して飼育していたのですが病気のため長期入院するので飼えなくなって、うちにやって来ました。 最初はコッコち ゃんも緊張していたのか、大好きなお父さん 飼育してた親戚 が居ないので不安だったのか羽わ広げて冠を逆立ててシャーと言って威嚇しまくりでした。 おじさんからこの子は優しいけど怒っている時、威嚇してる時は見たらわかるからその時は絶対に手を出したり触ってはいけないよ、あの嘴見て?あれで噛まれたら簡単に指は取れちゃうからね。 と言われていたので恐ろしくて近寄ることもできませんでした。 一週間経って威嚇もしなくなり、よく鳴くようになったのですが、その鳴き声がうちのお母さんの笑い声そっくりなんです。 おじさんに動画を送ったら、これは妹 うちの母 の真似をしているんだよ。 成長してるなぁ。 おじさん所ではこんなのしなかったのにと言ってました。 だんだん可愛くなり放鳥している時にうんこの躾をしようとYouTubeで見た、躾の仕方で手に止まらせてゴミ箱の上で「うーんこ、うーんこ、」ってゆうと1発出てきたのでわしゃわしゃしながら褒めたら次から失敗しないでできるようになりこいつは天才だと思いました。 あと、自分が母を呼ぶ時に「おかーさーん」と言うのですが、それも真似します。 時々どっちかわからないと母は笑ってます。 コッコちゃんとの生活が楽しくなって来たのですが、最近コッコちゃんがハマってる遊びでとても困っています。 こないだまでは階段や家の柱をカジガジ噛んでいたのですが、自分家だし、折れない程度なら噛んでもよしとお父さんがいうので噛ませたい放題にしてましたら、今度は電気のコードをかみ始めました。 すぐに噛みちぎるので通電していたら感電死してしまいます。 なのでお店でコードカバーを買ってきて何重にもして噛みきれないようにしました。 それは、クリアしたのですが問題はスマホの充電器です。 ぐるぐる巻にすると持ち運びに不便なのでクッションで隠して充電してましたが、それもすぐにバレて嘴でサッとクッションをどかして1発でパッチーンと切っちゃいます。 オオバタンを飼育中の方、または詳しい方にお聞きします。 コードの噛みちぎりを辞めさせるにはどうしたらいいですか? とってもとっても明るい投稿で、読みながら笑ってしまいました。 コッコちゃんとコッコちゃんをとりまく家族の様子が実に生き生きと描かれていて… 何回も読んでしまいました。 赤ちゃんの時からコッコちゃんを育てていたけど、長期入院でコッコちゃんを妹一家に託した伯父さん。 「この子は優しいけど怒っている時、威嚇してる時は見たらわかるからその時は絶対に手を出したり触ってはいけないよ、あの嘴見て?あれで噛まれたら簡単に指は取れちゃうからね。 」 と、甥っ子に一番大事な点を伝えたところから始まります。 突然、伯父さんのもとを離れて、知らない場所で、最初は緊張して、冠を逆立ててシャーと言って威嚇していたコッコちゃん。 次第に持ち前の好奇心で新しい家族になじむ。 観察力鋭いコッコちゃんは、いつも朗らか、家族の太陽、よく笑うお母さんの真似をするように。 「これは妹 うちの母 の真似をしているんだよ。 成長してるなぁ。 おじさん所ではこんなのしなかったのに」と、コッコちゃんの順応ぶり、すくすく成長する様子にに安心する伯父さん。 指に止まらせてゴミ箱の上で「うーんこ、うーんこ、」って教えると、一発で覚えた賢いコッコちゃん。 こいつは天才だとコッコちゃんの才能に気づいて感心する質問者さん。 「おかーさーん」と言う時、コッコちゃんか、息子か、時々どっちかわからないと笑っているお母さん。 それがとても素敵です。 オオバタンは齧る破壊力、鳴き声の大きさ、羽から出る粉、掃除の大変さ、どれをとっても、狭い現代日本で飼うのがとても難しい。 だけど、朗らかなお母さんは、喜んでコッコちゃんを迎え入れ、いつも笑っている。 「自分家だし、折れない程度なら噛んでもよし」と言うお父さん。 なんておおらかで、小さいことを気にしないけど、決断力があるお父さん。 しかし、だから噛ませたい放題にしていた…家族そろって天性のおおらかが災いし、問題が起きてくる。 クッションで隠して充電しても、それもすぐにバレて嘴でサッとクッションをどかして1発でパッチーンと切っちゃうコッコちゃん、なぜか毎回見守ってしまう質問者さん。 コッコちゃんに噛ませない対策、「高くていいので一番強い充電器下さい」と言って迷彩柄の激高い充電器を買ってくる。 30分もたずに破壊されてしまうことに。 すべてが生き生きと描かれていて、幸福そうでとっても素敵です。 これからも、困ったときはコッコちゃんの質問をしてください。 そして回答です。 私は大型インコを飼ったことがないのですが、回答しますね。 オオバタンの寿命がとても長いので、1歳半、ということは、人間にしたら、まだ小学校入学したてぐらいであろう、コッコちゃん。 オウムは足も器用で、いろんなものをつかみますね。 とてつもなく器用ですね。 動かしたり噛んだりがとても大事です。 ホームセンターには木端やコッコちゃんが齧れるような木材が安価で売っています。 100円ショップも、インコのおもちゃ作りの宝庫です。 家のセキセイインコはガチャガチャのカプセルが大好きで、えんえん遊びます。 振り回して下に落したり、いろんなことをします。 気に入った遊ぶのが大好きなのです。 アイスの棒、洗濯ばさみ、何かのフタ、丸めた新聞紙、積み木、鈴、いろんなおもちゃを、ケージの中で与えて上げて下さい。 お金をかけておもちゃを買う必要はなく、家にあるものや拾ったもの、段ボール、そんなものでよいと思います。 ケージの中でおもちゃで遊ぶ習慣がつけば、そこまで何でも噛まなくなると思うのです。 コッコちゃんは学習能力が高いからきっと、理解できるはずです。 アオメキバタン、雄を生後5か月から飼っており、現在4歳ですが、コードはかじりませんよ。 しつけないとダメです。 ウンチができるなら、もちろん教えさえすればできますよ。 放鳥中は目を離しませんよ。 初めてのものとかは必ずこちらを見て、かじっていい? と目くばせしてくれますよ? ダメ、ダメと何度も合図以上のことをする時もありますが、安全に関わるものは、絶対にダメなんだと根気よく教えてます。 年齢的に、最期までこの子を面倒見れないと分かっているので、次の飼い主が見つかりやすいよう、きちんとしつけはしたいと思っています。 とにかく、子供と同じようにしつけること! 興奮していたら、タイムアウトすること。 子供のうちにきちんとルールを教えておかないと、後々大変です。 家族できちんと話し合って、同じルールを徹底してください。 家族でそれぞれ違う基準だと、鳥は混乱します。 単純に白黒つけてください。 あれもこれもダメではなく、かじっていいものをたくさん与えてくださいね。 鳥はかじるのが一番大好きなんですよ。 音が出るもの、噛み心地の違うもの、いろんなプラスチックや、木のおもちゃを与えてますが、破壊できるもの、私たちが普段使っているものが好きですね。 いろいろ工夫してあげてくださいね。 うちはヨウムですが、根本的にかじってはいけないものはかじらせない かじっても良いと認識させない ように教えています。 コード類に手を出されると怖いので、床におろしません。 その為、飛べるので好きなように動いていますが、床に意図的におりることは稀です。 降りても緊張しているので、すぐに回収して止まり木の上などにうつします。 簡易な手当てとしては、鳥さんの苦手なものをかじられたくない物の所におくと寄り付きません。 しかし、慣れてしまえば役に立ちません。 できれば、タイムアウトなどの躾をされることをオススメします。 心配になったので書かせていただきますが… かなり気になったのですが、オオバタンの性質などをご両親共に十分に理解して引き取りましたでしょうか? まだ一歳半ということで、可愛らしいお人形のような状態だと思いますが、 白色オウムの雄、それもオオバタンになると、性成熟を迎えた後、しっかり躾をしておかないと手がつけられなくなる恐れがあります。 躾という言葉は適切ではなくて、人間と共存していくルールを教える、です。 性成熟前でも、3歳頃になると、どんどん自我が発達し、接するのが難しい場面が増えてくると思います。 家を破壊しているそうですが、質問者さんのお家で生涯飼えるのであれば問題ありません。 でも… オオバタンは非常に長生きする可能性があります。 その年月の間に、質問者さんのお家で飼えなくなり、里親を募集する可能性もあると思います。 その時に、家を破壊する、気に入った人以外を攻撃する、などの問題を抱えていると、里子に出してもたらい回しにされ、鳥にとって非常に可哀想な状況になる可能性もとても高いです… そもそもオオバタンを飼える環境の家はとても少ないですし… 是非、質問者さん、ご両親共に、白色オウムの飼い方をしっかり勉強されることを、本当にオススメします。 性成熟後のオオバタンの雄はパートナーを決めると、パートナー以外を排除し、非常に攻撃的になる可能性が高いですから。 鳥友さんの鳥友さんのオオバタンは、焼きもちで人の首を噛み、3ヶ月の入院になった事もあるそうです。 コバタン雄でも、興奮して飼い主の眉間に噛みついたという事故も、鳥友さん経由で聞きました。 しっかりルールを教えても事故はありますが、何も教えないと大変な事になります。。。 出来れば、同じオオバタンやキバタンなどを飼っている方々とつながり、情報共有して、ルールを教えていかれることをオススメします。 白色バタン会という集まりがありますので、Twitterやblog検索でヒットしたら、繋がってみるのも良いと思います。 お節介で申し訳ありませんが、鳥さんが飼い主さんたちと幸せにこれから暮らせるといいなと思い、書かせていただきました。 オオバタンは愛情深い、本当に素晴らしい家族だと思います。 大切に育ててくださいね。

次の

【ゼルダBotW】ミニチャレンジ「消えた コッコちゃん」の攻略手順!にわとり達のいる場所まとめ【ブレスオブザワイルド】

コッコちゃん 10匹目

登場人物は、6人と1匹 イラストで紹介できるのは、Kinちゃん、メバルちゃん、ひらめちゃん、コッコちゃんきんchanがこっそり教えてくれる(?)メバル家の人々のエピソード読んでね。 ひらめちゃんのお友だち。 ひらめちゃん2歳の誕生日(七夕の日)にファミリーになりました。 その日とうさんは、かあさんとひらめちゃんに大漁を約束して、朝早くから友達と釣りに出かけました。 ・・・ でも残念ながら坊主。 (坊主ってぜんぜん釣れないことだって。 )帰りに寄った縁日でぼくはとうさんと出会いました。 とうさんは釣りは坊主だったけど、金魚すくいは上手だった。 (寒)とうさんは家に帰ると「ひらめの友達を連れてきた!」ってぼくを紹介しました。 ひらめちゃんは近所に同じくらいの遊び友達がいなくて淋しい思いをしていました。 大喜びのひらめちゃんは、次の日一緒にお砂遊びをしようと思ってぼくを水槽から連れ出しました。 その声にかあさんが気づいて洗濯物を放り投げて飛んできてくれて事なきを得ました。 かあさんはひらめちゃんによく話して聞かせて、その後は、ぼくは水槽の中で平和に暮らしています。 その晩とうさんはかあさんに「あなたがきんちゃんをひらめの友達だって言うから大変だったのよ」って、こってり絞られたそうです。 ひらめちゃんにメバルちゃん、釣り好きのとうさんらしい名前の付け方(子供全員に魚の名前を付ける気満々だったらしい)、3人目も「かれいちゃんとかだったりして」って思っていたけど、それはメバルちゃんが頑張って阻止しました。 ひらめちゃんの話によると学校で名前のことで随分からかわれ(でもメバルちゃんは負けてないそうだが)、妹にそんな思いはしてほしくないって「普通の名前にして」ってとうさんにハンストまでして抗議したらしい。 ちなみにかあさんもほっとして胸をなでおろしたらしい。 こうして無事「琴子」ちゃんってかわいい名前になりました。 後日談・・・結局コッコちゃんって呼ばれているので今度は「トリかよっ!」だって メバルちゃんペコちゃんに魅せられる メバルちゃんは現在中学3年生。 見た目は、金髪、ウェーブ、ガングロのおしゃれさん。 これには理由があります。 小さい頃から「とうさんっこ」のメバルちゃんは、釣りについて行って、年中真っ黒。 とうさんも自分似のメバルちゃんを連れて行くとみんなから「かわいい!そっくり!」と賛辞の声に満更でもなさそう。 そういった事情でメバルちゃん若干3歳にして、髪は日焼けで金髪、とうさんゆずりのテンパー、海の男いや女?で・・・バリバリのギャルになったのです。 (見た目だけ) 中学校に入った時も、容姿のことで先生と当然もめたそうです。 とうさん登場で校長先生もあっさり納得。 証明書発行してくれたそうです。 高校受験の面接にとうさんを連れて行こうか真剣に悩んでいるそうです。 現在のメバルちゃんは、海の男(女)は卒業して、「不二家のペコちゃん」に凝っています。 洋服を着せ替えたり、いろんなタイプのペコちゃんを集めたり、かなりお小遣いをつぎ込んでいる。 とうさん(???)に「ペコちゃんとお揃いの服を作って」って、おねだり中らしい。 それにはひらめちゃん、コッコちゃんも「わたしも!」「わたしも!」って参加!3姉妹とペコちゃんオソロの服が出来上がるのを楽しみに待っている。 少女マンガみたいだねと酷評。 小説の中に登場したアイスと同じものを欲しがった。 難しかった。

次の