抗原抗体検査。 新型コロナウイルス、簡易検査キット3社を比較

【HBV抗原・抗体】血液検査でみるHBsはB型肝炎感染の有無をみる

抗原抗体検査

日本臨床微生物学会、日本感染症学会、日本環境感染学会の3学会は5月25日、 新型コロナウイルス感染症( COVID-19)に対するPCR検査、抗原検査、抗体検査の特徴と使い分けに関する指針「」を公開した。 指針では、外来患者に対して、医師が検査を必要と判断した場合にいずれかの検査を行うとしており、検査の適応とその後の流れをフローチャートとして示している( 図1)。 これまでは PCR検査を中心とする遺伝子検査が広く行われ、陽性・陰性の確定診断に用いられてきた。 5月13日にCOVID-19に対する国内初の 抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」が承認・保険収載された(関連記事:)。 抗原検査は特別な機器が必要なく、外来で検体を採取してから約30分で陽性・陰性を判定できる。 PCR検査と比較した陽性一致率は66. 7%、陰性一致率は100%とされている。 抗原検査は感度がやや劣るが、迅速性に優れ偽陽性が少ないという特徴を挙げ、陽性であればCOVID-19の確定診断が可能とするアルゴリズムを示した。 この場合、入院措置もしくは宿泊施設・自宅待機での療養を指示する。 一方、抗原検査で陰性の場合には感染を否定できない。 この場合は経過観察や抗原検査の再検査となるが、陰性でもCOVID-19を強く疑う場合には、医師の判断でPCR検査の実施を考慮すると位置付けた。 なお、抗原検査もPCR検査と同様、鼻咽頭ぬぐい液を検体とすることから、検体採取には十分な感染対策を行う必要がある。 患者血液の特異抗体を検出する 抗体検査は、PCR検査や抗原検査と比較すると、検体採取時の感染リスクが低いと考えられる。 しかし、特異抗体の産生には通常、感染後2~3週間の期間が必要であり、感染・発症していても抗体検査で陽性にならない場合がある。 ただし、COVID-19では感染から発症、受診まで2週間ほど経過している症例もあることから、こうした場合には抗体検査が診断に役立つとしている。 抗体検査については、特別な機器を必要とせず、イムノクロマト法により迅速にIgM抗体またはIgG抗体を検出し、陽性・陰性を判定する定性検査キットが既に複数存在するが、指針では有用性に関して現在検討中としている。 日本感染症学会は抗体検査キット4種の性能評価結果を公開しており、感度・特異度ともにキット間の性能の際が大きく、使用するキットによっては結果に大きく影響すると指摘している(外部リンク:)。 疫学調査に抗体検査を活用 健常人を対象としたサーベイランスとして、感染の既往の疫学調査を行う場合には 抗体検査が有用としている。 現在、ELISA法(Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay; 酵素結合免疫吸着測定法)などを用いて抗体価を定量測定する検査法が開発されており、専用の機器が必要であるものの多数の検体を迅速に検査でき、感染の既往を示す抗体を保有しているかを把握できる。 イムノクロマト法による定性の抗体検査は、感染初期に偽陰性を示す可能性が高い点が課題となる。 抗体検査を基にした感染の蔓延状況を経時的、地域別に解析することにより、集団免疫の進行状況を把握することが可能になる。 一方、現在進行中の感染の蔓延状況を把握するためのサーベイランスには、大規模集団を対象とした PCR検査などの遺伝子検査が最も信頼性が高い。 ただし、検体採取の煩雑さや感染リスク、検査時間、コスト、マンパワーなどの観点から困難な場合が多いとしている。 PCR検査で院内感染のスクリーニング.

次の

抗原検査はどうやってやる?検査時間やPCR検査との違いは何?

抗原抗体検査

【B型肝炎をチェック!】健康診断、HBs抗原・HBs抗体って何? 健康診断では、「HBs」という項目があります。 これはB型肝炎が陽性かどうかを判別する検査です。 詳しく見てみましょう。 HBs抗体とは? B型肝炎ウイルス(HBV)は、血液や体液を媒介してB型肝炎を起こすウイルスです。 HBs抗体とは、このB型肝炎ウイルスに対抗する抗体(ウイルスの表面にくっついて、ウイルスが活動できないようにする働きのあるたんぱく質)のことを指します。 このHBs抗体が陽性の場合は、過去にB型肝炎ウイルスに感染したことがあるが現在では治癒しており、ウイルスに対して免疫ができていることを示しています。 (ただし、過去にB型肝炎ワクチンを接種した人の場合は、ワクチンの効果が続いていれば陽性となります) 名前が似ているものとして、比較的最近にB型肝炎ウイルスに感染したことを示すIgM-HBc抗体、高値なら現在の感染、低値なら過去の感染を示すIgG-HBc抗体、ウイルスの増殖がおさまりつつある状態を示すHBe抗体があります。 ただしこれらは、病気を発見する目的の健康診断で調べることはあまりなく、B型肝炎に感染している可能性がある人や、すでに治療を始めている人の、治療状況のチェックに用いられます。 実際には専門の医師でないと正確に判断することが難しいので、検査を行った医師に説明してもらいましょう。 HBs抗原とは? 症状 B型肝炎は、感染しても多くの人は特に症状のないまま治癒します。 しかし一部の人はB型急性肝炎を発症します。 B型急性肝炎の症状は、全身けん怠感・食欲不振・悪心・嘔吐・濃い茶色の尿・黄疸などで、通常1ヵ月から6ヵ月の潜伏期間を経た後に現れます。 ほとんどの場合は、肝臓の働きを助ける薬を使用することで治癒しますが、まれにB型慢性肝炎に移行する場合もあります。 B型慢性肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染した後に完全にウイルスを排除することができず、ウイルスがずっと体の中にとどまった結果、肝臓に慢性的な炎症を起こす病気です。 この多くは出生時や乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染した後に起こります。 生後数年は無症状で、体内の免疫力が上がった思春期ごろになると、B型肝炎ウイルスと一緒に感染した細胞をも壊してしまうようになり、肝炎の症状が慢性的に起きるようになります。 最終的には肝硬変や肝臓がんを引き起こす可能性もあり、治療が必要です。 なお、低い確率で症状が急激に悪化して重篤な状態になることがあります。 これは劇症肝炎と呼ばれます。 劇症肝炎になると、体の化学工場の役割を果たす肝臓の機能が大きく破壊されるため治癒は難しく、6割の患者が死亡するといわれています。 このため、劇症肝炎には注意しなければいけません。 感染経路 B型肝炎の感染のしかたは、出生時に母親血液が子どもの体内に入ることで感染が生じる垂直感染と、その後に何らかの形で感染する水平感染に分けられます。 日本では1986年以降、出産前に予防注射を打つ母子間ブロックが普及し、現在では出生時の垂直感染は防ぐことができるようになっています。 水平感染は血液・体液を介して起きる感染で、不衛生な器具による医療行為(現在の日本の医療機関では通常考えられません)・入れ墨・ピアシング・注射器の乱用などによっておきます。 現在では性的接触による感染が増えており、若い人を中心に多くなっています。 HIV(エイズウイルス)の感染者が重複してB型肝炎ウイルスに感染していることも多く見られます。

次の

新型コロナ「抗原検査」を保険適用、まず抗原検査行い、陰性患者にPCR検査を―中医協総会(1)

抗原抗体検査

抗原と抗体(感作、抗体の種類) アレルギーは私たちの体にもともと備わっている免疫機構によって起こる病気です。 感染症など細菌やウイルスから身を守るために免疫はとても重要な役割を果たしています。 他にも、免疫系はがん細胞を殺す作用も有しています。 そのため、生きていくために免疫は必要不可欠な機構の一つです。 しかし、この免疫が過剰に反応してしまうと悪影響をもたらすようになります。 免疫が病原菌やがん細胞だけを攻撃してくれるのであれば問題ありませんが、この免疫が過剰反応して無関係な物まで攻撃してしまうことがあります。 これによって、アレルギー反応が引き起こされます。 抗原と抗体 感染症から回復するために免疫系が大切になります。 そして、この時に重要となる物質として 抗体があることはご存知かと思います。 抗体は細菌やウイルスなどに対抗するための武器となります。 例えば、麻疹(はしか)や風疹(ふうしん)などの感染症に一度罹ると、この病気を二度発症することはまれだとされています。 この理由ですが、一度感染症に罹るとその病原微生物に対する免疫を獲得することができるためです。 もっと詳しく言えば、抗体が既に出来上がっています。 一度目の感染で抗体が作られているため、二度目に病原微生物が侵入してきたとしてもあらかじめ作られていた抗体によって防御することができます。 この原理を利用した感染症への予防方法がワクチンであり、あらかじめ抗体を作らせておくことで免疫を獲得することができるのです。 なお、このときに獲得する免疫反応としては、最初の反応よりも二度目の反応の方が素早くて強い反応を示します。 つまり、何回も触れるほど免疫応答が強くなっていきます。 例えば、ワクチンを一度接種するよりも二度接種した方がより強い免疫を得ることができます。 これは、触れる回数が多いほど免疫応答が強くなるためです。 このとき、「免疫系が作り出す病原微生物に対抗するための物質」を抗体と言いますが、この抗体が標的とする物質を 抗原と呼びます。 抗原としては様々な物質が該当します。 例えば、感染症から回復するために作られる抗体は病原微生物に対して作用します。 そのため、この時の抗原は病原微生物となります。 他にも、花粉症はスギ花粉に対して抗体が作用することで引き起こされます。 この時の花粉症における抗原はスギ花粉になります。 このように、抗体がターゲットとする物質が抗原になります。 なお、病原微生物やスギ花粉以外にも、食物が抗原になることもあるます。 この時は食物アレルギーとして症状が表れます。 つまり、ここまでの話から「 抗原に何回も触れれば触れるほど免疫応答が強くなる」ということや「抗原には多くの種類がある」という事が分かります。 感作とは アレルギーがなぜ起こるかと言うと、本来は無害な物質に対して免疫系が反応してしまうために発生します。 病原菌を免疫系が攻撃してくれるのであれば問題ありませんが、卵や牛乳、小麦、ダニ・カビなどを免疫系が攻撃し始めるとアレルギー反応が起こります。 このときは卵や牛乳、小麦、ダニ・カビなどが抗原となります。 また、スギ花粉を免疫系が攻撃し始めると花粉症として症状が表れます。 この時はスギ花粉が抗原です。 前述の通り、抗原に触れる機会が多いほど免疫応答が大きくなります。 つまり、花粉症であれば抗原であるスギ花粉に触れる回数が多いほど大きい免疫応答となります。 そして、ある一定の免疫応答の値を超えた時に花粉症を発症します。 これは卵アレルギーや小麦アレルギーなどであっても同様です。 つまり、 アレルギー反応が表れるまでには「抗原に何回か触れることによって少しずつ免疫応答が大きくなっていく期間」が必要になります。 このアレルギーが起こるまでの準備状態を 感作(かんさ)と言います。 このような感作が起こることによって、アレルギー反応を発生させるための準備が整っていくことになるのです。 抗体の種類 病原微生物から体を守るために抗体が重要な役割を果たしますが、免疫の過剰な反応であるアレルギー反応にも抗体が関わっています。 このように免疫で重要となる抗体ですが、抗体にはその種類によって大きく五種類に分けることができます。 抗体は以下のような種類があります。 そうではなく、「抗体にはいくつか種類がある」という事を認識できれば問題ありません。 その中でも、アレルギーを理解するためには IgEという抗体を理解できれば良いです。 IgEは抗体の名称であるため、例えば「IgEの関与によって……」という文章があれば「抗体が関与している」という事が分かります。 このように、「IgEという単語が抗体を意味している」という事柄を認識できることが最も重要となります。

次の