みぞおち。 みぞおちに感じる違和感や圧迫感の原因は?

放置は危険!みぞおちが痛い時に考えられる重大な病気とは

みぞおち

なんだか みぞおちの辺りに 違和感を感じてはいませんか? その違和感、実は 胃痛かもしれません。 胃痛は胃が 炎症を起こすことで起こる痛みで、胃痛が起こる原因は様々な種類があり、簡単に特定することはできません。 ですがご安心ください!胃痛の原因は自分の普段の 生活習慣を振り返ることで特定することが出来ます。 今回の記事では みぞおちあたりに感じる胃痛についてご紹介します。 みぞおち辺りに感じる胃痛の原因 みぞおち辺りに違和感や痛み、圧迫感を感じた場合、胃が何らかのダメージを受けて痛んでいることが考えられます。 胃は食べ物があまり 消化されずに入ってくる場所なので、ほかの消化器官に比べるととても頑張って働きます。 何か 食べ過ぎたときや変なものを食べたときに お腹を壊したり、胃が痛い、吐き気・嘔吐してしまうのは胃が 拒絶反応を起こしているからです。 でも胃痛の原因はこれだけではなく、様々な 環境的要因と 病理的要因が考えられます。 胃痛の原因となる 環境的要因と 病理的要因を見ていきましょう。 胃痛の原因となる環境的要因 みぞおちは殴られると痛いですが、これは胃に多くの神経が密集していて、 ダメージに 敏感なためです。 実は胃はとてもデリケートで、 脳疲労を起こして胃の働きが悪くなったり 免疫機能が落ちたときに 異常緊張をして胃痛になりやすいと言われています。 他にも 環境的要因はありますので一覧で見てみましょう。 ・暴飲暴食• ・タバコ• ・ストレス・緊張• ・過労• ・睡眠不足 上記の原因以外にも胃痛を起こす原因はありますが、胃痛の原因として最も多いのはこの5つです。 飲み会や普段の食生活で 暴飲暴食をすると膨満感を感じませんか? 食べすぎ飲み過ぎは胃に 負担をかけるため、胃痛の原因になりやすいです。 なるべく空腹から満腹まで食べようとせず、腹八分目に抑えることで 胃痛改善に 効果を 発揮します。 タバコは肺への影響が大きいと言われていますが、実は胃にも悪影響を及ぼしていて、胃の粘膜の血流を低下させて粘膜の 保護力を下げてしまいます。 結果的に 消化性潰瘍 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 を招いてしまいますが、肺がんなどと関連して胃がんのリスクも高まると言われています。 ストレスや緊張をすると自律神経が乱れ、キリキリとした痛みをみぞおち辺りに感じるという人がいますが、これは過度の 緊張状態によって胃筋肉が収縮し、 痛みとなって現れた状態です。 過労や 寝不足によって受けるストレスも胃へダイレクトで届けられてしまい、胃痛となって身体に現れます。 胃痛の原因となる病理的要因 環境的要因によって胃痛は起こされると思われている方が多いですが、実は病気によって痛みが出ていることもあります。 有名なもので 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍ですが、胃痛を起こす病気はこの2つ以外にもありますので代表的なものを見てみましょう。 ・機能性ディスペプシア• ・胃がん• ・慢性・急性胃炎• ・逆流性食道炎 病気ごとに詳しく見ていきましょう。 機能性ディスペプシア 機能性ディスペプシアは近年になって見つかった 新しい病気で、胃に痛みを感じるのに 内視鏡検査をしても異常はない疾患のことを指しています。 以前は ストレス性胃炎として診断されていましたが、新たに 機能性ディスペプシアという 新しい病気として定義されました。 食後に 胃もたれを感じたり、少し食べるだけでお腹がいっぱいになる 食欲不振、みぞおち辺りに感じる 痛み、 胸焼け吐き気、 げっぷが症状として現れます。 原因ははっきりとは特定されておらず、 ストレスや過食・不規則な 食生活、喫煙、アルコール・コーヒーの摂取、香辛料などの刺激物の摂取などが原因ではないかと言われています。 病院で 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍、胃がん、胃炎、逆流性食道炎、ピロリ菌検査など胃の中を詳しく検査したにもかかわらず健康体でそれらの診断が下せない場合に 機能性ディスペプシアの診断が出されます。 胃がん がんは現代病の一つとして有名で、患者数は年々増加しています。 胃がんの脂肪率は男性の方が女性よりも高く、喫煙やお酒が好きな人が胃がんになりやすいと言われています。 胃がんは胃壁の内側にある胃粘膜内の細胞ががん細胞になることを言います。 がんが進行しているにもかかわらず、症状が全く出なかったり、早い段階から 痛みや 胸やけ、黒い便などの症状が出る事があります。 お酒やたばこが大好きで胃に違和感を感じている方はもしかしたら胃がんの可能性があるかもしれません。 時間が経過すると末期がんとなる恐れもあるため、 早期発見・早期治療が最善の対処方法です。 慢性・急性胃炎 慢性胃炎と 急性胃炎の違いは常日頃から胃に痛みを感じているのか、そうでないかの違いです。 慢性胃炎は アルコールの摂取や 香辛料・コーヒーなどの刺激物を日常的に摂取することで胃壁を覆っている胃粘膜にダメージが蓄積され、胃酸が胃壁へ触れることで痛む病気です。 食生活の改善や胃腸薬を飲むことで対策が可能です。 急性胃炎の場合も同様に コーヒーや 緑茶、香辛料、アルコールの摂り過ぎによって分泌された胃粘膜が剥がれ落ちて痛みを感じる病気です。 1日安静にして過ごすことで解消したり、市販薬の服用やおかゆを食べるなどん 民間療法で治ることが多いです。 急性胃炎を繰り返すことで慢性化し、慢性胃炎となるため注意しましょう。 逆流性食道炎 逆流性食道炎は胃酸が食道へ逆流する病気で、寝起きや食後にげっぷが出る人は注意が必要です。 食道は胃粘膜のような保護組織がないため、胃酸が直接食道を傷つけて焼けただれたような状態になるため焼けるように痛く、症状が進行するにつれて痛みが増していくのが特徴です。 本来は胃酸が食道へ移動することはありませんが、ぜん動運動が弱まっていたりすると胃酸が逆流してしまいます。 胸やけの不調を訴える人が多く、胃痛の悩みを抱える人で逆流性食道炎の方は最近 増加傾向にあります。 予防するのが難しく、 薬物療法、手術療法、生活習慣の改善によって治療を進めていくのが主な方法となっています。 胃痛が起こっている場合の対処方法 では 胃痛が起こったときはどうすれば良いのでしょう。 意外と知っているようで知らない 対処方法もご説明します。 ぜひ当サイトの情報を参考に、今感じている胃痛を鎮めてください。 しかし、これからご紹介する方法はあくまでも 胃炎など 軽い病気に対しての対処方法です。 背中や腹部にかけて強い痛みを感じる場合はすぐに医療機関を受診して医師の診断を受けて正しい治療を行ってください。 暴飲暴食を避ける 日々の食事に気を使うことは大切ですが、まずは 暴飲暴食を避けるようにしましょう。 過剰に飲食を行うことで、胃の機能は低下し、 消化不良などが起こり胃が荒れてしまいます。 バランスの良い食事を続けている人ほど急な暴飲暴食をを行うと 急性胃炎になりやすく、回復まで時間が必要になります。 急性胃炎が続くことで慢性化し、悪化すると腹痛を伴った 便秘や 下痢などの症状が現れてしまいます。 既に暴飲暴食を行ってしまい、胃痛が起きている方は市販の胃薬を利用したり、消化の良い食べ物を食べて安静にしましょう。 暴飲暴食によって腹痛が強い場合は早めに病院を受診して 漢方薬などを処方してもらいましょう。 塩分やアルコールは控える 仕事のストレスで毎日お酒を大量に飲んでいるという人や主食は味のしっかりついた食事を摂っているという人は 要注意です。 これらの食事は胃へ必要以上の負担をかけることになるため、 塩分や 脂分、アルコールは控えるようにしましょう。 暴飲暴食をしなくても毎日 不摂生を続けることで胃痛のリスクが高まるといわれています。 おへそからみぞおちにかけてゆっくりと痛みを感じるようになり、やがて我慢できないほど激しい痛みが生じることとなりますので日ごろから予防を心がけることが大切です。 また、 塩分・脂肪分、アルコールの摂り過ぎは 心筋梗塞や 脳梗塞などの命にかかわる病気につながる恐れもあります。 まとめ いかがでしたか? 今回は、みぞおち辺りに感じる胃痛についてご紹介しました。 暴飲暴食や ストレス、睡眠不足などによって胃に鈍痛や違和感、圧迫感は発生します。 痛みを感じる場所が背中やみぞおちの左側の場合は何か重大な病気の可能性があります。 他にも違和感のある場所を推すと痛い、下痢が止まらない、苦しいなど通常の胃痛とは考えられない症状が出たらすぐに専門医を受診してください。

次の

みぞおちが痛い!真ん中や左右で原因が違う?胃以外の病気かも!

みぞおち

水が落ちる場所だから「みずおち」 まず「みぞおち」という読み方ですが、これは「みずおち」が変化したもので、もともとは飲んだ水が落ちる場所という意味からきているといいます。 いっぽう「鳩尾」という漢字は、この部分が鳩の尾の形に似ているからそう書かれるようになりました。 この「鳩尾」、そのまま「はとお」と読むこともありますが、身体以外で使う場合は「きゅうび」と読むケースも少なくありません。 「鳩尾形(きゅうびがた)」というと三角形や台形のことを指し、すなわち、「みぞおち」の部分が三角形(鳩尾形)になっているので「みぞおち=鳩尾」というわけです。 蛇足 「鳩」の字を「きゅう」と読むのは「九」の字が入っているからと考えられますが、もともとはハトの鳴き声(=クー、キュー? )からできた漢字だそうです。 九(クー)と鳴く 鳥で 鳩というわけですね。 ただ、「鳩(鸠)」という漢字は中国語にもありますが現在ではこの字は使われず、ハトのことは中国語で「鴿子(鸽子)」と書くそうです。 面白いのはこの「鴿子(鸽子)」というのもハトの鳴き声(クーツー)が由来といわれていること。 興味深いですね。

次の

みぞおちに感じる違和感や圧迫感の原因は?

みぞおち

なんだか みぞおちの辺りに 違和感を感じてはいませんか? その違和感、実は 胃痛かもしれません。 胃痛は胃が 炎症を起こすことで起こる痛みで、胃痛が起こる原因は様々な種類があり、簡単に特定することはできません。 ですがご安心ください!胃痛の原因は自分の普段の 生活習慣を振り返ることで特定することが出来ます。 今回の記事では みぞおちあたりに感じる胃痛についてご紹介します。 みぞおち辺りに感じる胃痛の原因 みぞおち辺りに違和感や痛み、圧迫感を感じた場合、胃が何らかのダメージを受けて痛んでいることが考えられます。 胃は食べ物があまり 消化されずに入ってくる場所なので、ほかの消化器官に比べるととても頑張って働きます。 何か 食べ過ぎたときや変なものを食べたときに お腹を壊したり、胃が痛い、吐き気・嘔吐してしまうのは胃が 拒絶反応を起こしているからです。 でも胃痛の原因はこれだけではなく、様々な 環境的要因と 病理的要因が考えられます。 胃痛の原因となる 環境的要因と 病理的要因を見ていきましょう。 胃痛の原因となる環境的要因 みぞおちは殴られると痛いですが、これは胃に多くの神経が密集していて、 ダメージに 敏感なためです。 実は胃はとてもデリケートで、 脳疲労を起こして胃の働きが悪くなったり 免疫機能が落ちたときに 異常緊張をして胃痛になりやすいと言われています。 他にも 環境的要因はありますので一覧で見てみましょう。 ・暴飲暴食• ・タバコ• ・ストレス・緊張• ・過労• ・睡眠不足 上記の原因以外にも胃痛を起こす原因はありますが、胃痛の原因として最も多いのはこの5つです。 飲み会や普段の食生活で 暴飲暴食をすると膨満感を感じませんか? 食べすぎ飲み過ぎは胃に 負担をかけるため、胃痛の原因になりやすいです。 なるべく空腹から満腹まで食べようとせず、腹八分目に抑えることで 胃痛改善に 効果を 発揮します。 タバコは肺への影響が大きいと言われていますが、実は胃にも悪影響を及ぼしていて、胃の粘膜の血流を低下させて粘膜の 保護力を下げてしまいます。 結果的に 消化性潰瘍 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 を招いてしまいますが、肺がんなどと関連して胃がんのリスクも高まると言われています。 ストレスや緊張をすると自律神経が乱れ、キリキリとした痛みをみぞおち辺りに感じるという人がいますが、これは過度の 緊張状態によって胃筋肉が収縮し、 痛みとなって現れた状態です。 過労や 寝不足によって受けるストレスも胃へダイレクトで届けられてしまい、胃痛となって身体に現れます。 胃痛の原因となる病理的要因 環境的要因によって胃痛は起こされると思われている方が多いですが、実は病気によって痛みが出ていることもあります。 有名なもので 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍ですが、胃痛を起こす病気はこの2つ以外にもありますので代表的なものを見てみましょう。 ・機能性ディスペプシア• ・胃がん• ・慢性・急性胃炎• ・逆流性食道炎 病気ごとに詳しく見ていきましょう。 機能性ディスペプシア 機能性ディスペプシアは近年になって見つかった 新しい病気で、胃に痛みを感じるのに 内視鏡検査をしても異常はない疾患のことを指しています。 以前は ストレス性胃炎として診断されていましたが、新たに 機能性ディスペプシアという 新しい病気として定義されました。 食後に 胃もたれを感じたり、少し食べるだけでお腹がいっぱいになる 食欲不振、みぞおち辺りに感じる 痛み、 胸焼け吐き気、 げっぷが症状として現れます。 原因ははっきりとは特定されておらず、 ストレスや過食・不規則な 食生活、喫煙、アルコール・コーヒーの摂取、香辛料などの刺激物の摂取などが原因ではないかと言われています。 病院で 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍、胃がん、胃炎、逆流性食道炎、ピロリ菌検査など胃の中を詳しく検査したにもかかわらず健康体でそれらの診断が下せない場合に 機能性ディスペプシアの診断が出されます。 胃がん がんは現代病の一つとして有名で、患者数は年々増加しています。 胃がんの脂肪率は男性の方が女性よりも高く、喫煙やお酒が好きな人が胃がんになりやすいと言われています。 胃がんは胃壁の内側にある胃粘膜内の細胞ががん細胞になることを言います。 がんが進行しているにもかかわらず、症状が全く出なかったり、早い段階から 痛みや 胸やけ、黒い便などの症状が出る事があります。 お酒やたばこが大好きで胃に違和感を感じている方はもしかしたら胃がんの可能性があるかもしれません。 時間が経過すると末期がんとなる恐れもあるため、 早期発見・早期治療が最善の対処方法です。 慢性・急性胃炎 慢性胃炎と 急性胃炎の違いは常日頃から胃に痛みを感じているのか、そうでないかの違いです。 慢性胃炎は アルコールの摂取や 香辛料・コーヒーなどの刺激物を日常的に摂取することで胃壁を覆っている胃粘膜にダメージが蓄積され、胃酸が胃壁へ触れることで痛む病気です。 食生活の改善や胃腸薬を飲むことで対策が可能です。 急性胃炎の場合も同様に コーヒーや 緑茶、香辛料、アルコールの摂り過ぎによって分泌された胃粘膜が剥がれ落ちて痛みを感じる病気です。 1日安静にして過ごすことで解消したり、市販薬の服用やおかゆを食べるなどん 民間療法で治ることが多いです。 急性胃炎を繰り返すことで慢性化し、慢性胃炎となるため注意しましょう。 逆流性食道炎 逆流性食道炎は胃酸が食道へ逆流する病気で、寝起きや食後にげっぷが出る人は注意が必要です。 食道は胃粘膜のような保護組織がないため、胃酸が直接食道を傷つけて焼けただれたような状態になるため焼けるように痛く、症状が進行するにつれて痛みが増していくのが特徴です。 本来は胃酸が食道へ移動することはありませんが、ぜん動運動が弱まっていたりすると胃酸が逆流してしまいます。 胸やけの不調を訴える人が多く、胃痛の悩みを抱える人で逆流性食道炎の方は最近 増加傾向にあります。 予防するのが難しく、 薬物療法、手術療法、生活習慣の改善によって治療を進めていくのが主な方法となっています。 胃痛が起こっている場合の対処方法 では 胃痛が起こったときはどうすれば良いのでしょう。 意外と知っているようで知らない 対処方法もご説明します。 ぜひ当サイトの情報を参考に、今感じている胃痛を鎮めてください。 しかし、これからご紹介する方法はあくまでも 胃炎など 軽い病気に対しての対処方法です。 背中や腹部にかけて強い痛みを感じる場合はすぐに医療機関を受診して医師の診断を受けて正しい治療を行ってください。 暴飲暴食を避ける 日々の食事に気を使うことは大切ですが、まずは 暴飲暴食を避けるようにしましょう。 過剰に飲食を行うことで、胃の機能は低下し、 消化不良などが起こり胃が荒れてしまいます。 バランスの良い食事を続けている人ほど急な暴飲暴食をを行うと 急性胃炎になりやすく、回復まで時間が必要になります。 急性胃炎が続くことで慢性化し、悪化すると腹痛を伴った 便秘や 下痢などの症状が現れてしまいます。 既に暴飲暴食を行ってしまい、胃痛が起きている方は市販の胃薬を利用したり、消化の良い食べ物を食べて安静にしましょう。 暴飲暴食によって腹痛が強い場合は早めに病院を受診して 漢方薬などを処方してもらいましょう。 塩分やアルコールは控える 仕事のストレスで毎日お酒を大量に飲んでいるという人や主食は味のしっかりついた食事を摂っているという人は 要注意です。 これらの食事は胃へ必要以上の負担をかけることになるため、 塩分や 脂分、アルコールは控えるようにしましょう。 暴飲暴食をしなくても毎日 不摂生を続けることで胃痛のリスクが高まるといわれています。 おへそからみぞおちにかけてゆっくりと痛みを感じるようになり、やがて我慢できないほど激しい痛みが生じることとなりますので日ごろから予防を心がけることが大切です。 また、 塩分・脂肪分、アルコールの摂り過ぎは 心筋梗塞や 脳梗塞などの命にかかわる病気につながる恐れもあります。 まとめ いかがでしたか? 今回は、みぞおち辺りに感じる胃痛についてご紹介しました。 暴飲暴食や ストレス、睡眠不足などによって胃に鈍痛や違和感、圧迫感は発生します。 痛みを感じる場所が背中やみぞおちの左側の場合は何か重大な病気の可能性があります。 他にも違和感のある場所を推すと痛い、下痢が止まらない、苦しいなど通常の胃痛とは考えられない症状が出たらすぐに専門医を受診してください。

次の